独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2013年9月3日

昨日イレギュラーで13:30に家に帰った。久々にマリアに会うなと思い、会った時の英語トークイメージまでしてから帰ったのに、あのお方不在。契約は13:00~16:00までお掃除なはずなのに!抜き打ちチェックにより、マリアさんは契約時間内のお仕事を全うしていないのにギャラを持って行っている疑惑が発生。ちなみに戻ったのはギャラを置き忘れていると思い、申し訳ないなという1号の「愛」による行動。その結果こんな事実が判明。トホホだな。浮気の発覚とかもこういう行動によるモノなんだろうな。なおギャラはちゃんと置いてありました。記憶虫垂がやられているらしいという事も同時に発覚。要リハビリね。ただ夜家に帰ったらちゃんと掃除はされていた。ちょっと遅れたけど、遅れた分延長してお掃除しているはず!と信じよう(とりあえず)。スーパーポジティブで生きるのが賢明。そー言えばまったく関係ない話だが、昨日久々に自分のベッドで寝た。多分10日ぶりぐらい?ソファー=ベッド生活があまりにも習慣づいている為(これ時に危険なんです。無意識に寝てるから目覚まし何てセットしていない。この前も7:45発のフライトに搭乗予定なのに起きたの6:30。で、間に合うという台湾ならではの奇跡。もちろん頭はボサボサね。飛行機で頭を椅子にこすり付けながら寝てセット完了!)、こちらもリハビリが必要。最も効果的なリハビリ方法はやはりベッドルームにTVを設置する事。これがあれば間違いなくベッドで寝るはず。2号叔父に依頼しているベッドに装着する介護用のテーブル同様なそこですべてを完結テーブル(色ピカピカ赤)は注文からすでに2カ月が経過しているが何の連絡もなく届かない。まさか2号の叔父だけに作ることすら忘れてるなんてことはないよな?今さらながらだいぶ心配(笑)。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ 21~30度
台中 曇り/晴れ 21~30度
高雄 曇り/晴れ 23~30度
花蓮 曇り/雨 23~30度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2920NTD
1NTD→3.324JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2013.09.02発表)02,08,13,20,21,29/第二区ナンバー08
大楽透(2013.08.30発表)02,21,24,27,36,46/特別ナンバー05
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「驚きの事実!基隆八斗子落石事件の現場にはもう一つの巨大な「姉妹石」が…」
連日の豪雨により各地で災害が発生。その代表的なものが31日基隆市北寧路で発生した巨大落石が白い乗用車に落石した事故。幸いにも全壊は免れ大きな怪我には至らなかったのですが、事故現場の検証で誰もが驚く事実が発覚。この事故現場の山の上にはもう一つの巨大な「姉妹石」が存在しており、この石が地盤の緩みにより落石するのではないか?と心配されています。巨大落石と乗用車の事故は車に取り付けられた監視カメラの映像にはっきり映し出されていました。この映像はすぐにネットで公開され多くのユーザーが視聴。乗用車が無事であった事に安どすると共に驚くべき自然災害の実態も広く知られました。
この事故の後、別のドライバーが濱海公路台二線82キロ付近を車で走行中にも3トンの岩が上空から落ちてきました。その結果ドライバーは重傷、一緒に乗っていた同乗者も車内に閉じ込められるという事故が発生しましたが近くの派出所の警官が「ボン」という大きな音に気付き事故を発見。すぐに救助が行われました。現在災害発生エリア付近にはたくさんの落石がある状況により、公路總局は周辺道路の安全確認を急ぎ行っていますが、あの巨大落石が発生した山の上にはもう一つの姉妹石がある事も発覚。その重量は50トン近いと見られています。基隆市長は行政院長に対し、この石を爆破する事を依頼。現在周辺の安全確認を行っており、一週間以内に軍による爆破が行われる予定です。
(情報:NOWnews
この恐怖の映像は日本を初め世界各国で放送され、世界中を恐怖のズンドコに陥れましたね。その巨大な石がなんともう一つあるなんて!早いとこ爆破をお願いしたい。あのーー、ココだけではなく他の場所の巨大な石も爆破してもらいたいんですが・・・・・。特に台湾で最も人気の観光地である花蓮タロコ峡谷。ここは連日小石が上から降ってくることから、観光する時にはヘルメット着用が義務づけられています。更に一年に一回開催されるタロコマラソン。このマラソンの時にもヘルメット着用でランというこれが役に立つのか?こんなことで安全管理が出来ているのか??って状態。小石も上から落ちてくれば相当な凶器になる訳だから、落石に対する対処はしっかりと行って頂きたく候。日月潭だって雨の日に走行してると当たり前のように石が落ちてるし、道路わきの山の斜面に対して一体どういう安全管理をなさっているのか?説明して頂きたい。この姉妹石はどうにかされるでしょうが、他の場所でまた同じような恐怖のズンドコ事件が起きない事を心よりお祈りいたします。で、1号は誓いました。雨の日は山沿いの道を絶対に走らないと。現状の対応を見ている限りではいくつ命があっても足りなさそう!

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード