独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台南)赤嵌担仔麺

いよいよ1号による集中的台南紹介編が本日をもって終了。最後を飾るのは地元の人がみんなここが一番うまいという台南名物「担仔麺」のお店。

看板 入り口
担仔麺を一躍有名にした度小月よりもこっちだ!と主張する人がなぜこんなにも台南に多いのか?その真実を探るべく上陸。

店内は結構席ある
屋台系の店ではなく立派なレストランな模様。席も結構ある。ただ冷房の危機はあまい。扇風機登場してた。真夏はもれなく冷房効いてるでしょうが、実は店に行ったのは4月だから(爆)。

さて、ではまさに地元の台湾料理的なメニューの数々の写真のみを紹介しましょう。
台南名物エビのすり身フライ 台湾ソーセージ 青菜の炒め
(左)エビのすり身フライ(台南名物)、(中)台湾風ソーセージ(甘い。で、ソーセージという名のサラミ風笑)、(右)青菜の炒め(これ確か地瓜葉(サツマイモの葉っぱ)。なぜサツマイモの葉っぱはいつも炒めるとベチャベチャになるのか?不思議)

スルメ 煮込んだ肉 説明しにくい物体(台湾風タロイモの茶わん蒸し?)
(左)スルメ(イメージは茹でた白いイカを食べるつもりで注文。何か違う)、(中)これ誰が頼んだのか?よくわからないが来た。で、食べてもなんだかよくわからない肉の煮物、(右)こいつは毎回説明しにくいんだよなぁ。タロイモを蒸してる。で、甘いソースをかけて食べる。碗粿っていう物体なんだがどうしてもうまいとは思えない。でもこれも台南の名物?的存在のような気がする。

肉燥飯 爌肉飯 名物担仔麺
(右)担仔麺。そんなに飛び上がるほどうまいともなんとも思わなかった。ただ多分こっちの方が度小月より味が薄い。要するに薄味大好きタイワンニンの琴線に触れる味って事なのね。(左)肉燥飯、(中)爌肉飯。これ両方とも煮込んだ豚肉のぶっかけ丼なんだけど、このぶっかけ丼は肉の大きさで名称が変更となるという事をここで説明しておきましょう。小さい順から魯肉飯(そぼろ的なひき肉)→肉燥飯、(さいの目切りぐらいの大きさの肉)→爌肉飯(もはや角煮レベル)となりますので全部が魯肉飯ではない。

いずれのメニューにも煮卵をお忘れなく
先ほど紹介したぶっかけ丼、麺には煮卵トッピングマスト!お忘れなく。

<基本データ>
住所:台南市中西區民族路二段180號(赤嵌樓横)
(台鉄台南駅から徒歩約15分)
TEL:06-220-5336
営業時間:11:00~21:00(もうちょっと遅くまでやってくれれば我々働きマンには最高のお店にグレードアップできるんだが・・・)

<コーディネーターのちょっとひと言>
えっと、今回いろんなメニューを紹介していますが、全部値段忘れました!ってことで写真とメニュー紹介のみでさらっと流してしまった1号(爆)。まっ、そんな高くないからご心配なくって事で飯食いながらーのビールって感じなら是非こちらのお店に行ってくなんしょ。いろんなメニューを一気に食べれる便利なレストランである事は間違いねーし。と若干八重の桜風に打ってみた。なんか結構今回台南のいろんな店を紹介したと思うんだが、この店&他の店が実は徒歩圏内で繋がるんだって事を最後にお伝えしておこうと思う。まずブログでは紹介してないが、この店の横に台南の有名な観光地「赤嵌樓」があり(隣だから徒歩30秒ね)→安いカラスミでお馴染みの「明興商行」(この店から徒歩5分以内)→関東系?蟹おこわと紹介したダイナミックな鶏鍋もあるレストラン「阿美飯店」(カラスミやから二分)ってな感じで繋がっちゃうわけです。意外と歩いて廻れる街だね。

お薦め度★★★★★(夜はやっぱりお酒飲みながら一緒に食事もしたいって感じならこの店にGO)
お薦めゴリ押し度★★★★★(お薦めを薦めてくるパワーは半端ない。これもタイワンニン的親切の一環なんだろうがかなりのゴリ押し度でもある笑)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード