独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台南)明興商行

はい、また台南に戻りますよ。本日はカラスミね。

立派な看板です
台湾にはこういう何か木彫りの看板みたいなやつとか表彰状的なやつとかやたらと多い。なんか立派さとかを誇示する一つの勲章的なものなのだろうか?あくまで自分で作るものではなく贈るものっぽいんだけどってことで、よーく見てみたら阿霞飯店からのプレゼントらしい(笑)。やっぱりいろいろご近所付き合いはあるんでしょうね。って言いながらこの店ライバル(?)阿美飯店まで徒歩2分ぐらいのご近所なんだけどね(爆)。

お店は こんな感じ
店はそんなデカくないから間違いなくスルーしてしまう感じだけどそれを阻止するものがこれ↓

わかりやすい看板ですな
この看板ね。若干筆を加えるとタモリさんの画になりそうな危なさでもあるけど(笑)、これさえあればスルーせずに済むな。

カラスミの 分厚い事!
ここ安い。台北でも小NTD400、大NTD800ぐらいで安いと思うが、この約半分~2/3ぐらいの金額で買える。もちろん重さベースで最終的には変わるんだけど、小ぶりなものとかサイズ結構いっぱいある。そして値段もびっくりだが、もっとびっくりはこの厚さ。普段のカラスミを見てない人にはわからない驚きではあると思うが、よく見てる1号が言うのですから間違いございません。

炭火焼真空パックも売っているのである
で、更に炭火焼き済みカラスミって言う別の商品も登場。これこのまま食べれるじゃん!ありがたいぞこの商品は。これも値段大して変わらないからめんどくさがり屋の人はこっちを買った方がよろしいかと思います。

<基本データ>
住所:台南市中西區民権路二段198號
(台鉄台南駅から徒歩約17分)
TEL:06-222-2783
営業時間:08:00~21:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
カラスミって日本だとかなりの高級品らしいからこの台湾価格が好きな人にはニセモノなんじゃねーの?的衝撃的価格だと思うけどこれ普通。っていうかこの店は更に普通より安いけど(笑)。お店のオーナーは元気なおじいちゃん。こんなに安いのに全部手作りなんだって。手作りって値段上がらないのか?って思うんだが安い。この手作りがあの厚みの理由ね。通常台北で買うカラスミはかなり上からプレスされて平べったくされている。当然水分は抜かないとならないから上からプレスは手作りであってもするらしいけど、ここが人力と機械の違いね。手作りプレスでは機械のように平べったくは出来ないからこのような厚みが残るという事らしい。更に手作りだからサイズはバラバラ。当然重さもバラバラ。結局重さで値段は決まるので買いたいサイズのものを探すことも可能。お店の裏に巨大冷蔵庫がある。その冷蔵庫をひっかきまわすように探していいのです(笑)。これで小っちゃいサイズのカラスミのお土産も出来る(節約ね(笑))のだ。普通のカラスミだとやっぱり一回火であぶってから食べるのがベストな食べ方なので、その手間が省ける炭火焼きカラスミもかなりうれしい商品。「買い」ですなこれは。
カラスミと言えば悩みがあった。カラスミパスタって一体みんなどうやって作っているのだろう?1号はすり下ろそうとするとカラスミがネバネバになっておろし金にこびりつきとても店のモノのようには出来ない・・・・。

名刺の後ろをさりげなく見たらこんな日本語が・・・中国語ではない。なぜ日本語が?しかも「思ひで」的な文章
懐かしの日文

お薦め度★★★★★(この安さはある意味破格に近い料金設定ね)
冷蔵庫ひっかきまわす度★★★(これは人によって違うと思うが、極上の小さいものを買いたい場合は必死にかき回すことになり★が増える事になる。1号はおじいちゃんに任せたが)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード