独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台南)中區武聖社區

ちょっとしばらく台南情報続くかも?ずっとアップしてなかったネタが眠っている・・・・。しょっぱなは昭和にタイムスリップな場所ね。台南はこういう場所てんこ盛りだけど、ここは特に昭和ね。

入り口
写真に作っている道は「新美街」って通りなんだけど、このエリアは台南の中區って場所にある武聖社區ってエリアみたい。

なんかいい感じじゃん
入ってみるとなかなか雰囲気いい感じ。ここだけ進化していない風なね。

まずはこちらのお店を除く
この通りの中にこのお茶屋さんがあるんだけど、ここがいい雰囲気なんだなぁ。

いいね~ わかりやすい!
お店すごく細長い作り。で、左にお茶、右に茶器。非常にわかりやすいレイアウト!

安っ! お茶を入れる壺が何ともかわいいではないか ここも絵になるねぇ
やっぱりこういう老舗感のお店は商売っ気がないのか?値段も昭和価格?安いよ、安すぎでしょ(笑)。みたいなね。で、値段も素敵なんだけど、置いてある商品がとってもクラッシックでいい味出してる。更にお店のデザインがさ、なんていうの?古いんだけどやけにビビットだったりするんだよね。画的にもこれまた非常――にいい感じ。気にいった!

ここに注目!
で、1号が最も気になったのはこの店の建築方法。なんか、入り口から徐々に上がってんだよね。なんでこんな作りなんだろう?って思って聞いたら、昔の家はこんな風に作って浸水対策してたんだって。まあ緩やかだからそれが本当に効果あるのか?いまいちよくわからないんだけど、この後いろんな台南の店に行ったら古い店はみんなこんな風に家の中に段差があった。災害対策だったんだねと。でもなんか寝っころがったり出来ないからちょっとかわいそうな気もしたけど、こういう伝統的な昔話もあるんだなと勉強。メモした!
<基本データ「金德春茶莊」>
住所:台南市中區新美街109號
TEL:06-228-4682
営業時間:9:00-20:00(日曜日は~18:00まで)

さっきのお茶屋さんに入ると狭い店なんだけど何故か30分以上は入れちゃう。お茶もくれるから(笑)。名残惜しい感じで店を後にして更に奥に探検すると・・・・

ここもスルーしそうだけど見逃さないように
店とは思えない見逃しがちなブリキ(だと思う)の工場を発見。ここでも物を売ってるのだ。

ブリキ?の工場なんだけど 全部商品なのだ
さっきのお茶屋さんでもお茶を入れる用の茶壺は売ってるけど、ここはブリキ製の筒を売ってる。これお茶入れるもOKだし、昔おばあちゃんの家にこういう入れ物で煎餅が入ってた。

お目当ては各種茶筒 色んな所から物が出てくる
一個いくらだったか忘れちゃったけど、大人買い出来る金額である事は間違いない。どれも100元とか200元とかそんなレベルの金額だったと思う。この店の住所とかは名刺とか存在していないのでわからず。でもお茶屋さんから左に歩いて10秒ぐらいね。

<コーディネーターのちょっとひと言>
こういう裏道的なところで知る人ぞ知る的な場所にはやっぱり興味をそそられる。さっきのお茶屋さんもこのブリキ屋さんも全然商売っ気がないからどんどん安い金額で話してきてくれて大丈夫?って心配になる感じ。ブリキ屋さんは直販を本来やっている訳じゃないから商品管理も何もされていない。その場にある在庫なら売ってくれるよって感じ。店の人も実際作った商品がどこにあるか?よくわかっていないらしく1号がたまたま頭上にある段ボールを発見し卸してみたら欲しいサイズのデカイのがわんさか出てきたというような商売方法だから(笑)。あのときも工場にあった茶筒を根こそぎ買ってっちゃったけどあの商品はどこかに卸すものなのではないのか?(笑)。まあそんな事はゆる~く適当に商売なさっているんでしょうから気にしなくていい模様。なんかこういうところにくるとふれあい旅みたいな感じで、初めて会った人たちなんだけど昔からの知り合いみたいにしゃべって笑ってじゃーねみたいな感じの旅が出来るので、結構面白い。中国語できないとチト厳しいと思うけど、ココの人たちは相手が中国語出来ない日本人だとしても一生懸命相手してくれるだろうから行ってみてあったかい台湾の人の温度でも味わって来てくださいな。

お薦め度★★★★★(他にも店があるかもしれない。もうちょっと奥まで攻めてみればよかった。今度ね(あるのか?微妙ではあるが笑))
昭和度★★★★★(相当ね。ここは間違いなく昭和30年代でしょう。なんかのポスター系CM撮影とかには良さそうだなと)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード