独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2013年4月30日

GWが始まりましたが、今年台湾に来る日本の観光客は激減したようです。毎年この時期になると、台湾の空港では、日本からツアーの団体客で賑わい、台湾国内のガイドは一番忙しい時期のはずなのに、今年、ガイド友達曰く、休みが取れちゃうぐらい暇らしいです。それだけ、円安の影響が大きいということですね。その変わりに、日本の国内旅行はこれ以上にない活況のようです。やはりみんな海外へ行けないかわりに国内のどこかへ旅行するという選択をしたんですよね。GWの期間、休めなかった日本の友達は、「どこに行っても人ごみだ。だったら働くほうがいい」と言い聞かせるのに対し、GWの期間、休みを取った台湾のガイド友達は「せっかく円安だし、休み取れたし、日本へ旅行にでも行こうか」と、円高を願いつつも、人ごみの地獄へ飛び降りようとしています。為替レートの変動って本当にすごいなぁと痛感した今日のこの頃でした。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨22~31度
台中 曇り/雨22~31度
高雄 曇り/雨23~31度
花蓮 曇り/雨21~29度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2940NTD
1NTD→3.302JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2012.04.29発表)14,16,20,23,27,30/第二区ナンバー08
大楽透(2013.04.26発表)15,17,19,30,40,47/特別ナンバー25
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「旧山線復活、77年歴のあるSLが走る」
台湾鉄道局と苗栗県政府の共同会議により、旧山線は5月4日、5月11日、6月8日、6月15日の週末に復活することに決めました。参加するお客は77年もの歴史のあるSL(CK124)に搭乗することを体験できます。
CK124は1936年に台湾の鉄道に取り入れられましたが、1979年に鉄道電気化により、SLの運行は廃止されました。その後、苗栗県政府は週末にCK124の定期運行を台湾鉄道局に申し出ましたが、人力及び経費の問題で定期運行は実現することはできなかったです。苗栗県国際文化観光局は三義郷区役所と台湾鉄道局と会議を開き、今年の5月4日、5月11日、6月8日、6月15日の週末に、SL(CK124)の運行は決められました。SLは苗栗の三義-勝興-泰安の区間の旧山線路を走る予定です。
三義郷長は「旧山線の沿線は現在ちょうどアブラギリが満開しています。満開の花景色と三義、勝興、龍騰断橋などの観光スポットはきっと多くの観光客を引き付けるでしょう」と発言しました。
(情報:自由時報
旧山線は今年の3月頃も一回復活されました。まさかそんなにも早く復活されるとは思わなかったです。レア感はちょっと薄くなりますが、前回の電撃復活で搭乗できなかった鉄道ファンや一般のお客にとってはこの上にない朗報です。10号は旧山線を走るSLには1回乗りましたが、MRTや新幹線の現代運輸設備とは打って変わってスピード重視ではなく、ゆったりと沿線の景色を楽しめるように運行されています。先導車も客車も両方、古くて非常に情緒があります。年配の方なら、昔のことを懐かしみ、子供なら、一種のアトラクションとして楽しめるでしょう。チケットの予約ですが、さきほど鉄道局に確認した結果、残念ながら、チケットの予約方法はまだ正式に発表されていなく、この2、3日に発表される予定です。発表するとまたすぐ予約いっぱいになると思いますので、興味のある方は、この2、3日に、下記サイトをマメにチェックしてください。
「台鐵郵輪」
http://163.29.3.98/twrail_bicycle/cruise/index.aspx

(担当特派員:TOP10号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード