独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2012年6月20日

台風が上陸しようとしている中、皆様はちゃんと台風の対策を練りましたか?子供の頃、台風が来るたびに、家は必ず大わらわになります。外は大雨、老朽化した家の中は小雨です。昨日は久しぶりに実家に電話をすると、台風が来てもよしみたいに、もう準備万端だと母が自信げに言っていました。我が家は台風が来る前に、必ず準備しておくものは、カップラーメン、懐中電灯、蝋燭、大量のお菓子、湯船に貯水などなどです。昨日は母の言葉につられてコンビニでいっぱいお菓子を買っちゃいました。台風とは関係なく、ただただ食べたいだけです笑。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨26~29度
台中 曇り /雨26~29度
高雄 曇り/雨27~30度
花蓮 曇り/雨26~29度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→3701NTD
1NTD→2.623PY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2012.6.18発表)08,13,14,21,24,34/第二区ナンバー06
大楽透(2012.6.19発表)01,05,17,19,26,46/特別ナンバー47
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「新しいマンゴー品種、夏雪は身分証明書獲得へ」
高雄農業改良場はマンゴーの新品種「夏雪」の開発に成功しました。夏雪は土マンゴーと愛文マンゴーの風味を併せ持ちしており、フォルモサ物産国際株式会社が農業委員会から生産開発技術の権利を授受し、夏雪は台湾では始めて身分証明書を持つマンゴーの品種となりました。
夏雪マンゴーは長年に渡って高雄農業改良場所属のアシスタント研究員・李雪如氏の手によって開発されました。2008年4月にフルーツの正式名称を申請し、最初は「高雄3号」と登録し、のちに「夏雪」と命名されました。同年6月、夏雪品種の接ぎ木、接ぎ穂などの開発技術の権利を有料でフォルモサ物産国際株式会社に移転しました。
李雪如氏は「夏雪の色は橙色で開花の時期が早く、成長も早いです。実は大きい分、果肉も多いというメリットがあります。土マンゴーのような太い繊維はないが、土マンゴーのような風味があります。ビタミンAは愛文マンゴーより8倍もあります。収穫は5月下旬から6月まで」と説明しました。
夏雪は去年、初めて販売されましたが、1キロなんと250元の高値です。今年の落札価格は、1キロは250~300元ぐらいです。まだ大量生産できないので、独特の風味を持つ夏雪は収穫の前に、全部予約注文されました。
屏東縣農業處副處長・姚志旺氏は「現在、出回っているマンゴーの品種は約10種類あります。その中に、土マンゴー、愛文マンゴー、金煌マンゴーが一番多いです。品種によって違うが、収穫は2月~9月。品質不安定、炭疽菌(たんそきん)の被害、大量生産の需要などの問題に直面している中、新品種の夏雪の開発は、品質の改善と品種の多様化に貢献できると予想されています。」と説明しました。
「夏雪マンゴー接ぎ木宣伝管理センター」は今日、長治鄉榮華村でオープンされました。執行委員長・李禎宇氏は「接ぎ木から、栽培、技術の提供、商品の販売までの一連の作業は契約した農園で行われ、また全部の工程においてプロの方が付き添っています。収穫したマンゴーは会社が販売し、もしくは農園自ら販売してもいいです。将来は商品の輸出にむけて頑張りたいです」と言いました。
李禎宇氏は「夏雪の1株の苗木は200元です。3年後に収穫できます。現在、屏東県において約30ヘクタールぐらいの面積で栽培されています。拡大栽培をする計画をしているので、興味のある農家は、管理センターにお問い合わせください」と言いました。
(情報:中央通訊社
この品種のマンゴーは初めて聞きました。よく食べたのは上にも列記された土マンゴー、愛文マンゴー、金煌マンゴーです。好きな順で並べると、愛文→土→金煌。愛文は色が赤色に近く一番、ジューシーで一番甘いです。土マンゴーは色が緑で独特の酸味が効く甘みがあるのですが、種が大きい分、果肉は少ないです。いつも食べ終わった後はすっきりしない気がします。金煌は色が黄色でこの3種類の中で一番大きい品種ですが、味が薄いのであんまり好きではありません。ネットで調べると、新しい開発された夏雪は、なんと3日で炭疽菌が生えてしまう愛文より長持ちできるし、糖度も大きさも勝っているらしいです。冷蔵庫で冷やすと、台湾の有名な雪花氷(味付けカキ氷)みたいな食感があるという。味わってみたいが、夏雪の1キロの販売価格は、現在のマンゴー・キングの愛文より100元も高いと言われています。数少ないし、高いし、ちょっと手が届かない存在ような・・・。台風に襲われている中、今年のマンゴーは大丈夫かな?

(担当特派員:TOP10号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード