独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

蘇杭點心店

■2016年1月20日情報■
いまさらですが、元々の住所の元祖店もリニューアル完了して美しバージョンアップの上再オープンしております。って事で二店舗あるのでどちらかの店舗でうまい小籠包とパイコーチャーハンを是非ご賞味下さい。

■2015年5月11日追加情報■
皆さんに愛されている「蘇杭點心店」に待望の支店(名称不明。勝手に命名)ができた模様。支店の基本情報は下記となります
<基本データ(支店?)>
住所:台北市民生東路4段76號1F
(MRT台北小巨蛋駅または松山機場駅から徒歩約15分)
なんと!15号がご丁寧にマップを作ってくれたので張り付けておきましょう。
台北小巨蛋駅からのアクセス→クリック
松山機場駅からのアクセス→クリック
*良く道に迷う15号は11分ってなってますが15分だって言い張っています笑
TEL:02-2716-0696
営業時間:11:00~20:30
なお元々あった本店?は、クローズではなく改装中。1~2か月はかかるようなのでしばらくの間は支店へお越しください。待ってまーす!byいつも元気なオーナー婦人
改めて地図を見てみたが、いい場所に作ったじゃン!みたいな。今話題の富錦街から徒歩圏内。そしてかのマンダリンオリエンタルや巷で話題の食いしん坊万歳さんのオフィスからも近いらしい笑。この辺、金融関係企業が多い場所だから結構混むかも?お店の雰囲気はどーなってるんだろう??近いうちに上陸して写真アップいたしやす。

この店ってガイドブックとかでも紹介されてるのかな?すっかり紹介スル―してた(汗)っていう大人の事情なコメントからスタート(3人ぐらいにしか伝わらない(笑))。

角度によっては見えない外観
店の前にある柱が正面から見た時にお店の名前をつぶしている為通り過ぎる危険あり。見逃さないように!

入り口脇ではセッセと小籠包作っております
店に入ると即右側ではめちゃくちゃ狭い厨房でたくさんの人が働いています。結構ギュウギュウ詰め。でもこれで慣れてるんだろうから広くなったりするともしかしたらかえってやりにくいのかも。なんかわかるような気がする(笑)。

席はこれしかないんですねぇ
実は2Fにも席はあるけどね。まっ、こんなもんですよ。でも昼時はすぐ一杯になる。で、ひとたび満席になれば2F開放ということでございます。

では早速名物の小籠包をご紹介しましょ。
ノーマル小籠包 ヘチマ小籠包
とりあえず紹介するメニューは二個だけってことで。他にもメニューはいっぱいあるんだけど、もうこちらの店は小籠包に尽きるので、そのすんばらしい小籠包のみを皆様にお届け。まずノーマル味の小籠包が8個入りで110元、ヘチマとエビの小籠包が同じく8個入りで200元。ヘチマはちょっと高くないか?って感じるかもですがそれはやむを得ないでしょうという検証をしてみようと思う。

接近してみると
まずノーマルに接近。見てください外から見ても中のツユダク感がわかるでしょ?小籠包の半分をスープが占領的な感じ。写真の丸の下は全部スープ。

その凄さがわかるでしょう
ヘチマに接近すると更にその凄さを感じるのは、完全に中に入っているヘチマのグリーンが透けて見えるではないですか!!これは相当な皮の薄さですぞ。この技術がヘチマをちょっとお高くしているのかもしれません。なんせこの薄い皮で中にたっぷりなヘチマが入っている訳ですからね。さっきのノーマルもだけど、これ重さは相当だよ。この重量を、超強烈な薄皮で持ち上げても破けないようにしている訳だから技術料がプラスされてもしゃーない。この金額は妥当と1号は判断。

うちらはこれで注文できるが
今日は二つしか紹介していないけど、炒飯やら麺やらスープやらと、とにかくメニューは豊富なんですよ。メニュー見れば一目瞭然でしょ?ただねおかずはない。ほとんどが小麦粉がらみメニューの炭水化物フェスティバル。

中国語がわからない方はこの香ばしいメニューでご注文を(笑)
なんとお店には日本語メニューまでもが存在していた。が、どうしてなのかこんなに香ばしい日本語がちりばめられているよ。アイテムの名前は何とかわかるが、カテゴリーがどうしてこんなにめちゃくちゃ?(笑)。<兆候が蒸し、洋菓子クラス>⇒中華食べたいんだけど・・・/肉まん入りスープは10時半には~11:30電源午前⇒には・・・ってことは10:30には何とか販売を開始するってことでしょうからもしかしたらお待ちいただくことがあるやもしれません。11:30には電源が切れるのでしょうね。販売終了とご察し頂ければと思います。<パスタ、トムポイント、粉末クラス>⇒ご安心ください。すべて固形です。スープのピクルス百ページ⇒料理本のページ紹介かと思いますが、雪菜と百頁豆腐っていう豆腐が入っているスープという事を伝えたい模様。<食事、新年のケーキ、小さいのいずれかです>⇒お餅とか、ちょっとした料理や点心系のものですという事が言いたいのです。一番困るのが「シルバー単一のボリューム蒸気」ですね⇒これは銀絲捲っていう蒸しパン。これは蒸した後揚げるバージョンもありますが、こちらのものはなんてったって「ボリューム蒸気」ですから揚げてないでしょう。もー直してあげたいけど楽しいからこのままにしておきましょうね(ブラック)。

<基本データ(本店?)>
住所:台北市羅斯福路二段14號
(MRT古亭站から徒歩約3分)
TEL:02-2394-3725
営業時間:11:00~20:30

<コーディネーターのちょっとひと言>
面白メニューはご愛嬌。とにかくこちらの小籠包の完成度はかなり高いと思われます。まず皮の薄さなんだけど、それ以外にもとにかく一個一個が他の店の比べてデカイ!このでかさ、このボリュームでこの皮、更にツユダク&中にデカイへチマを包んでいる。1号の中ではもはや小籠包域は逸脱してしまっているので、大龍包に認定いたします。味もですね一味違うんです。なんとノーマル小籠包改め大龍包は胡椒(だと思う)が入っていてかなり刺激的なスパイシーさ。この店でしか食べれないオリジナルの味で仕上がっているのです。いろんな小籠包店ありますが、皮の薄さや、味が濃厚とかさっぱりしている以外に明確な味の違いって見いだせないのがフトゥーなんですが、こちらの店はしっかりと他の店と違う味付けになっている。これポイント高しでしょ。このスパイシーな大龍包とたっぷりのヘチマが入った事で天然の甘さを感じることが出来るヘチマ大龍包は必食アイテムにエントリー。お店の人も非常に親切(ご家族で経営されているようです)なので気持ち良くうまい飯が食える店。笑顔もどっかの店の作り笑いではなく本物の笑顔ですからね。12:00~13:00はぶっちゃけ混んでる。けど回転は早いからそんなに待つこともないと思うけど、これからはどうだろうか?なんと総統夫人もお気に入りの店らしく、写真が貼ってあった。1号もお気に入りなので今度横に意味もなく写真を貼ってみようかと画策。しかし素顔はさらしたくない為写真は10号のものを拝借。

お薦め度★★★★★(衝撃のスパイシー大龍包ですから。大人味な新食感小籠包という紹介でいいでしょう)
友達連れてく度★★★★★(そろそろみんなも同じ店には飽きてきただろうからね。毎年遊びに来るIファミリーは来年ここからスタートしてもらおう。きっとまたお喜びになるはず)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード