FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2011年5月17日

使っているIphoneが電波の受信状況が悪いを始め数々の問題を抱えている事は既におなじみだと思いますが、今回ロケで台北中を行ったり来たりして、いつも電波が受信できなくなるという障害発生エリアがある程度特定されてきました。基隆路×忠孝東路の阪急デパート近く、復興南路×市民大道微風デパート近く、中山南路×忠孝西路周辺、圓山ホテル近くの4か所。このエリアを通過する時必ず電波が落ちる。で、バカIphoneは自分で電波を探しあてられなくなる。このエリアに何か仕掛けがされているのでしょうか?最近は若干軍に疑いを持ち始めた1号。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 20~23度
台中 曇り/雨/雷 23~26度
高雄 曇り/雨/雷 26~30度
花蓮 曇り/雨 23~28度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→3481NTD
1NTD→2.789JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2011.05. 16発表)03,08,17,21,29,37/第二区ナンバー08
大楽透(2011.05. 13発表)16,19,21,29,36,42/特別ナンバー10
ロトの購入方法など詳しくはこちら
    
<今日のニュース>
「美食博覧会 爭艷館で流水席(伝統的テラススタイルテーブル席)を設置」
花博は終了しましたが「2011年世界シェフ選手権美食博覧会」が26日~30日まで花博爭艷館で開催。300名を越す内外のシェフが技を競い合います。同時に毎日台湾の流水席(伝統的テラススタイルのテーブル席)も用意され、入場者の胃袋は満たされる事でしょう。台北市餐飲職業工會は「2011年世界シェフ選手権美食博覧会は2007年から2年に1度開催されているイベントで今回3回目を迎えます。今年はカナダ、オランダ、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、香港、マカオ及び中国から300名ものシェフが同じステージで技を競い合います」と発表。
シェフの競技会以外にも主催者は各スタイルグルメエリアを用意。入場者の皆さんは中国の天子宴、日本の懐石料理、韓定食、西洋のグルメ、台湾の特色ある小吃などご賞味頂けます。
美食博覧会開催当日は1つの会場に80テーブルをご用意したディナーパーティーを開催。また開催期間中毎日祝い事や誕生会等を開催する時の流水席(伝統的テラススタイルテーブル席)が30テーブル限定で準備されます。
主催者の発表によると「2011年世界シェフ選手権美食博覧会」の入場料は200元(日本円約600円)、優待券は180元(日本円約540円)、ナイトチケットが100元(日本円約300円)で25日前はインターネットまたはコンビニエンスストアでの予約購入の場合10%の割引購入と会場内で利用可能な50元クーポンがプレゼントされるとのことでえす。詳細はこちらのHPをご覧ください⇒http://www.cookking.com.tw
(情報:中央社
花博会場二次利用が始まったのでしょうか?(笑)。このパビリオン爭艷館は元々サッカー場だった所をパビリオンに変更したもので、今更元に戻してもしょうがないからこのままコンベンションセンター的に使うのがいいでしょう。台湾サッカーしている人全然いないのになぜこんなサッカー専用会場があったのか?も不思議だったし、実際の使われ方はコンサートや台湾におけるミュージックステーションスペシャル的なイベントの時しか使われてなかった。でも松山空港に離発着する飛行機の通り道でもあり、この手の音楽イベントとには全く適していない場所でもあったので直さなくていいって全くイベントに関係ないコメントで〆てみようと思う(笑)

「台湾経済自由度 世界25位」
ワシントンDC伝統基金会とニューヨークウォールストリートジャーナルが近日共同で公布した「2011年経済自由指数」(2011 Index of Economic Freedom)によると台湾の経済自由度は世界179の経済エリアの中で25位にランキングされました。経済自由指数は80ポイント以上を「自由」、70~79ポイントを「大部分が自由」、60~69ポイントを「中規模自由」、50~59ポイントを「大部分が不自由」、50ポイント以下を「不自由」の5ランクに分けています。
報告によれば世界でたった6つの経済エリアが「自由」にランキングされました。その中で香港の89.7ポイントで世界最高レベル経済自由度の栄誉に輝き、続いてシンガポールの87.2ポイント、オーストラリアの82.5ポイント、ニュージーランドの82.3ポイント、スイスの81.9ポイント、カナダの80.8ポイントと続きます。
世界でたった6つの「自由」レベル経済エリアの中の4つがアジア太平洋エリアという価値ある結果となりました。アメリカ日本、台湾は「大部分が自由」に共に属しています。ランキングはアメリカが77.8ポイントで第9位。日本が72.8ポイントで20位、台湾は70.8ポイントで25位です。アメリカは過去2年間「自由」に属していましたが、今年は「大部分が自由」に降格。韓国は69.8ポイントで「中規模自由」に属しています。蓮キングは世界35位。中国は「大部分が不自由」に属しており52ポイントで第135位となっています。8大工業国の経済自由度ランキングはカナダが80.8ポイントで第6位、アメリカ9位、イギリスが74.5ポイントで16位、日本は20位、フランスが64.6ポイントで64位、イタリアが60.3ポイントで87位、ロシアが50.5ポイントで143位となっています。5大金産出国は南アフリカが62.7ポイントで74位、ブラジルが56.3ポイントで113位、インドが54.6ポイントで124位、中国が135位、ロシアが143位。世界中で最も不自由な経済エリアは北朝鮮で獲得ポイントはたったの1ポイント。世界10大経済不自由エリアは東ティモール、イラン、コンゴ、リビア、ミャンマー、ベネズエラ、エリトリア、キューバ、ジンバブエと北朝鮮。この経済自由指数は10要素で構成。企業の自由、貿易の自由、財政の自由、政府の規模。貨幣の自由。投資の自由、金融の自由、財産権、腐敗の状況及び労働者の自由が主な項目となっています。
(情報:中央社
台湾の人達ってこういうランキングネタが好きな様な気がする。どっからネタを拾ってきてるのか?よくわからないけど台湾が世界で何位とか好きみたい。このランキングの構成内容は記事でわかるけどどうだから何点とか全然わからない。大体香港がどうして自由なのか?むしろ昔と比べると規制が増えてやりにくい場所になっているような印象があるんだけど全然そうじゃないってことなんでしょうねきっと。評価項目の中の腐敗の状況。これ調べられるなら摘発も出来るのでは?(笑)。とにかく見たこともないような国名がてんこ盛りでチリの勉強しているみたいで楽しかった。実は社会科、とりわけなぜか地理が好きな1号なのであった(地学は嫌い)。

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード