fc2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2011年5月10日

フィリピン沖にてアイリ発生!アイリ、実はこれ台風の名前なんですが、今年初の台風となり、台湾からはそれるものの少なからずこの台風の影響を受けそうです。進路を台湾の東沖に変えつつ北上している模様です。台湾東部、台東、花蓮では大雨、強風となりそうです。日本では、台風○号と号数で数えますが、台湾では台風を英語名でよびます。また、台湾では台風警報が出た場合、学校はもちろんのこと会社もお休みとなります。なので、台風が発生した場合、朝ニュースから目が離せません。朝のニュースでは、テロップで「台北市 会社、学校お休み」といったように一斉に告知されます。子供が学校が休みになって嬉しいのと同じように、大人も台風の影響を心配しつつ休みを期待していたりします。日本では考えられない会社の台風休み。何も会社まで休みにしなくても、、、と最初は驚いていましたが、ここ台湾における台風の強度は日本より強いようです。風は強いうえに、街を歩くのも危険なのです。なぜ、街を歩くのが危険なのか?台湾にこられたことがある方ならご存知だと思いますが、街中看板だらけなのです。そして、台風がくるとこの看板が風にあおられ飛び落ちてくるのです。台風がくるたびに、看板があたって大怪我を負ったというニュースを目にします。看板もメンテナンス業務を必須化したほうがよいのではないでしょうかね。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ27~34度
台中 曇り/晴れ27~34度
高雄 曇り/晴れ28~34度
花蓮 曇り/雨 26~31度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→3468NTD
1NTD→2. 799JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2011.05. 09発表)03,15,25,31,35,36/第二区ナンバー03
大楽透(2011.05. 06発表)06,22,23,24,36,44/特別ナンバー03
ロトの購入方法など詳しくはこちら
    
<今日のニュース>
「避難コンテナ30車両 王預言師:3年分の食料を確保」
5月11日に台湾で14級の大地震が発生し、大津波が起きると予言している王預言者。王さんはすでに台北から南投(ナントウ)の避難コンテナ車両に引越ししています。避難コンテナには、米、ミネラルウォーター、木炭、重油等をたくわえ、30のコンテナ車両は避難物資でうめつくされています。地震がきたとしてもこの避難物資で3年は生き延びられると述べています。また、地震がきてもここから動かないとコメントしています。
この預言日まで残すところ2日となりましたが、南投にある王さんの避難コンテナには次々と物資が運びこまれており、米だけでも9000袋にもなります。山のように積まれたコンテナには、40トンの米9000袋、トラック3台分のミネラルウォーター1800箱、木炭30トン、重油1000リットルがたくわえられています。
王さんの避難コンテナは、外観はおおよそ完成しており、コンテナのある一面全体が窓になっていたりと採光も十分です。一方、コンテナ内をのぞくと、フルーツのダンボールが積み重なったり、室内には大きな冷蔵庫、机がおかれていたりと多くの物資や雑貨が整理されていない状態です。王さんいわく、整理されていないのはここ数日息子を連れてホテル住まいだったからと。
近くに住む多くの住民は、王さんが大規模な避難コンテナの建設をしていることを聞きつけ、好奇心から現場を見にきているようです。今では、一つの観光スポットともなっています。一方で、王さん自身は、騒ぎ立てられるのを望んでいないようです。
王さんは次のようにコメントしています。「地震が来るまでの間、ゆっくり整理すればいい。私自身はここにいる、どこにも行きません。」
(情報: TVBS
ここ数週間この話題がニュースでとりあげられていたので、UPしてみました。日本の震災があったことによりメディアがこの話題に注目しているのもあるようですが、王さんはそっとしておいてほしいと。ただ、預言とはいえ、こういった生命にかかわることをメディアが大きく取りあげることで、少なくとも不安や危機感を抱く人が増えるのは事実ですよね。東日本大震災が発生してから、☆号も友人と災害バックの準備、避難所の確認、電信系統が絶たれたときの連絡方法を確認しあいました。友人は早速災害バックを用意したそうですが、意気込みすぎて一人では背負え切れない重さになってしまったと。必要最低限とは難しいものですが、王さんは自ら災害バックの中に入ってしまう形を選んだようですね。

「新婚夫婦ウェディングフォトを撮るため訪台 フォト業者を訴える」
香港の新婚カップルはウェディングフォトを撮影するために台中へ来ました。この夫妻は香港で開催されたウェディングフォト展で、7888香港ドルというパックを契約しました。しかし、台湾に来るなり、撮影追加料金を請求された上に、ウェディングドレスが10種類しかないことを知らされました。さらには、撮影時に代々伝わる翡翠のアクセサリーをスタッフの不手際で壊され、怒りが頂点に達しました。一方業者は、契約時に別途料金がかかることを伝えており、コミュニケーションのとり方が今回の問題を引き起こしてしまったとコメントしています。
4月4日この新婚夫婦は胸を躍らせながら台湾へ向かいました。しかし、貴重な翡翠をウェディングフォト業者のスタッフに割られ、この業者を訴える形となってしまいました。「お母さんが金庫からとりだした、とても貴重な翡翠です。結婚の記念にもらったものなので、納得できない。」と。また、現場ではスタッフが謝っただけで、業者から弁償金に関して一切ふれることはありませんでした。杜さんが一通のメールで賠償請求を行ったことにより和解交渉が始まりました。
杜さんは、ウェディングフォト展で説明を受けたときには、7888香港ドル(約29000台湾元)と聞いていたのに、諸費用として別に1万元強を請求されるとは思いもよりませんでした。写真の出来上がりを美しくするためといい、業者は化粧品を買わせ、さらにはドレスは10着しかなく、指定以外のドレスを選ぶとなると追加料金がかかるといわれました。杜さんは、外国人(香港人)だからといってバカにしてるのでは?と思うほどでした。
台湾のウェディングフォト産業に影を落とす出来事となりそうです。
(情報: TVBS
このウェディングフォトですが、台湾は日本に比べると格段に安いのです!ということで、日本からもこれだけのためにこられている人も結構いらっしゃるとか。ガイドブックなどで変身写真が撮れると紹介されているところでも、ウェディングフォト撮影をしていたりします。内容も豊富なうえにお値段も安いということで是非おすすめしますが、このような問題が発生しているのを聞くと、やはり契約時には十分気をつけたほうがよいようですね。でも、いままであまり悪いうわさや批評は聞いたことがないので、契約時にはっきりとした内容、金額を確認していれば問題ないのでは?と思います。また、実際にお店に足を運んでから、説明を受け契約するといった方法のほうが確実だとおもいます。

(担当特派員:TOP☆号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。動画配信も開始!TOPTAIWAN Youtubeチャンネルでご覧いただけます。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード