FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

徳也茶喫

今回は一人で楽しめる茶芸館としまして、お一人様で中国茶を楽しむと言う観点でご紹介して行きたいと思います。

CIMG0986.jpg  CIMG0987.jpg
シェラトン台北ホテルの真裏です。ちょっと隠れ家チックなこちらの茶芸館。交通アクセスはとても便利です。

CIMG1000.jpg  CIMG0999_20100802150246.jpg
こち店内は木のテーブル、木の椅子、柱にも木が使用されていて茶芸館の雰囲気がしっかりと出ていている洒落なお店です。

CIMG0990.jpg CIMG1004.jpg
平日のお昼(月曜日~金曜日の11:30~14:00)はお茶の葉を使ったメイン料理が食べられるランチセットがあるとの事で、今回8号はNTD220のセットをいただきました!!メイン料理は7種類から選べます。お店の人にお薦めを聞くと、紅燒獅子頭(ウーロン茶で煮込んだ豚肉団子と野菜煮込み)との事でしたので、この紅燒獅子頭をいただきました。ウーロン茶の風味はあんまり感じませんでしたが、さっぱりとした肉団子で食べやすかったです。このランチセットにはメイン料理以外に、麺かご飯・前菜・季節の野菜・スープ・季節の果物・デザートが付いています。8号関西人だけあって?薄味好みなんですが、薄味8号が食べてもこちらの料理は素材の味が生かされまくった味にしか思えませんでした。野菜炒め・・・調味料は使われているのだろうか?と思うくらい野菜そのものの味しかしません。量は十分お腹いっぱいになりました!!お腹いっぱいになりましたが、折角茶芸館に来たのでお茶を頂かないと。ですよね。こちらランチセットを頼むと、+NTD100 or +NTD150でお茶&お茶請け(宮廷菓子)を頂くことができます。お茶の種類によってプラスの値段が変わってきますので、お店で確認して下さい。

CIMG1018.jpg   CIMG1026.jpg
お待ちかね?のお茶です。今回8号は店員さんお薦め「金萓茶」(きんせんちゃ)をいただきました。こちらのお茶は香りがとってもいいです。お茶にしては甘めの香りがして、とても落ち着きます。今回お一人様でお茶を楽しませていただきました8号。お一人だと写真左のお茶セットになります。中国茶と言えば、写真右のような茶器を思い浮かべると思いますが、こちら徳也茶喫では写真右の茶器は2名様以上の際に出てくるとの事です。でも折角来たんだから、お一人様でも写真右の茶器でお茶を飲んでまったりしたい!!と言う方。可能ですが、プラスNTD150払うか、お茶の葉をもう1種類(計2種類)買わなければいけないとの事。茶葉は持って返れるので、茶葉をもう1種類買う方がお薦めのようです。

CIMG1019.jpg
お茶を楽しむ際には席のとなりのこの薬缶を置いてくれます。お湯がなくなったらお店の方に言えばまたいただけます。他の茶芸館で言うお湯代は特に必要ありません。
ではお一人様中国茶の飲み方です。

CIMG1021.jpg
先ほどの薬缶のお湯を、こちらの急須に半分ほど入れます。茶葉は既に急須に入っています。

CIMG1022.jpg
急須に蓋をして蒸らす事10秒経ったら湯飲みに注ぎます。お茶の濃さは好みによってお湯を入れてお茶の葉を蒸らす時間を調整して下さい。

CIMG1023.jpg
香りと味をまったりと楽しんでください。

CIMG1024.jpg
こちらのお茶請けはいわゆるカボチャやヒマワリなどの種類や甘い梅干類ではなく、宮廷菓子が出てきます。そうお洒落なんです。今回またまた店員さんのお薦めを選んだ8号。荷花酥(蓮の花パイ)と言う点心を頼んでみました。見た目が花のようで見た目にも楽しめます。こちら温かいお菓子になります。こしあんの入ったさくさくパイです。甘すぎず、バターの味でしょうか?少ししょっぱい味もして美味しかったです。ただ、パイなんですよね・・・ボロボロと食べにくいのが欠点です。写真を見て頂くとお分かりだと思いますが、こちらの宮廷菓子、4つございます。さっきお腹いっぱいランチを頂いた後に、4つは・・・入りません。お茶をいただきながらのんびり1つ、可能ならば2ついただき残りはお持ち帰りがベストですね。

お土産に、自分用に。。お茶の葉や茶器やお茶請け(一般の梅干など)の購入も可能です。
入口入って右手に茶器が並んでいますので、お茶を頂いた後にでもゆっくり鑑賞してはいかがでしょうか。

CIMG1008.jpg  CIMG1013.jpg
CIMG1011.jpg  CIMG1015.jpg
茶葉や茶器が所狭しと並べられています。渋いものからキレイなものまで。

CIMG0996.jpg  CIMG1016.jpg
お茶請けも棚にたくさんならんでいます。(写真左)またお茶の葉の香りを楽しみたい方は自由に楽しめます。(写真右)そして、試飲してみたい方はお店の方に言うと試飲できます。

<基本データ>
住所:台北市鎮江街3-1號号
(MRT板南線善導寺駅より徒歩約3分) 
TEL:02-2396-8036 
営業時間:11:00~22:00 (2010.8.1より営業時間が変わっています)
(旧暦の大晦日から旧正月2日目まで休み)

<新人8号のちょっとひと言>
今回お一人様で楽しめる茶芸館ということでこちら徳也茶喫を尋ねてみました。都会に有るとは思えないくらいまったりくつろげる空間です。1人でカフェで読書などをする代わりに、こちらで中国茶と宮廷菓子を楽しみながらくつろぐのもまた風情があっていい感じです。8号が1人でお茶を楽しんでいると、お隣でお茶を楽しんでいた方(こちらもお一人様)と少し仲良くなり、台湾のお茶は高度の高いところで栽培されているので、味と風味が強くなるのだと台湾茶について教えて頂きました。お一人様で楽しむと、このように現地の方とお話出来るチャンスもあるかもしれません。平日の昼はランチセットが有りますが、ディナーは無いようです。週末は終日お食事ができるとか。週末もお食事を食べてお茶を注文するとお茶代は優待料金になりますが、宮廷菓子は付いていないようです。また、平日(月曜日~金曜日)の14:00~16:45はアフタヌーンティーセットがあります。お一人様NTD199でお茶と宮廷菓子のセットが頂けるようです。お茶の葉持参の場合は、お湯代NTD150でお茶を楽しめるようですよ。こちら徳也茶喫ではお一人様当たりの消費代金が決まっているようで、1人お茶セットか食事を注文しなくてはいけないとの事です。スタッフの方で日本語が少し話せる方がいますので注文は日本語でも大丈夫です。色々なところに行き疲れてホットしたい時などにどうぞ。

お薦め度★★★★(お茶請け、お茶、雰囲気、サービスどれもOKですが、お料理もう少し味をつけていただきたい・・・。)
お一人様満喫度★★★★★(ゆったりまったり。お店の雰囲気もいいですし。お一人満喫できます。)

(担当特派員:TOP8号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


コメント
はじめまして。台湾を愛する大姐です。6月に出張でシェラトンに泊まりました。裏側になんか渋いお店があるなあとチラチラ見て気になっていたのですが、一人で入る勇気がありませんでした。是非是非次回は本を片手に訪ねたいと思います。なんかワクワクしてきました。
2010/08/14(土) 02:58 | URL | 雪花 #/CbPOGAQ[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード