FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

月島

2号がこよなく愛するお好み焼きの店。何食べよっか?って聞くと必ず4回に1回ぐらいは「お好み焼き」と答える2号。小麦粉大好き娘。なのかもしれません。で、いいよって答えた後必ず「じゃあどこ行く?」って話になるわけですが、その時に必ず最初に出てくる店名がここ「月島」。何度もお邪魔してますがそーいや紹介してなかったなって事で台北在住お好み焼きファンの方にご紹介。旅人の皆さんは「へー、こんな店も台北にはあるんだな」的にご覧あれ。

外観
なんか混んでた印象しかないんだが行った日はガラガラ。行く前の会話
1号「この前みたいにたまたま入れた系だったら危険。先に電話して予約してよ」
2号「そんなの必要ないよ。席あいてるって」
1号「何の確証があってそんな事をのたまっているんだ!」
2号「台湾人は暑いからお好み焼き食べないから」
1号「とりあえず電話してよ、席ないなら他の店にする。待ってまで食べる気なし。また行って席がないからってそこから移動するのも面倒」
2号「平気だよ」
1号「だ・か・ら、2号に聞いてるじゃない、店に聞いてるんだけど」
2号「わかったよ、予約するよ」

到着後・・・席ガラガラ
2号「ほーらね、言ったとおりでしょ?」鬼の首をとったかのように自慢げにのたまう
1号「別に。予約の必要があるかないか?が問題ではなく、確実に入れるか?が問題。今後も2号があいていると言ってもそれを信じて予約しないという事はないのであしからず」

スーパーA型 VS 驚異のB型の戦いは果てしなく続く。

メニュー
これメニューです。まずはビール。って言っても従業員その場を離れず。あのさ、入って席に着いた途端に注文できるわけないだろ。ビールって言ってんだから先にビールを持ってくるんだよ!酒を飲まない高校生みたいなやつにはそれはわからないのかもしれないがビールを販売する商売をしているならそれぐらい覚えろよ。わかったか少年。

大阪焼きとはお好み焼きです 文字焼きとはもんじゃ焼きです
ビールを待つ間廻りをきょろきょろしてみると大阪焼き(=お好み焼き)の焼き方と、文字焼き(=もんじゃ焼きの作り方の解説あり)。ちゃんと説明しています。

またビールです
「ブ―デーの素」ビール登場。また飲んでしまう・・・・

このヘラあるの凄いよね
このヘラってさ、もんじゃ焼き以外に使う??台湾でも別のレストランで見た事ないや。それぐらい使い勝手のないものをちゃんと揃えているところは偉いな。もんじゃ焼きを販売するという責任感を感じます。

広島風大阪焼き 豚肉青葱大阪焼き
とりあえず我々は広島風お好み焼きと、豚ネギお好み焼きを注文。台湾ではお好み焼きの事を大阪焼きと言うから広島風大阪焼きという訳わからんちんな名前になっちゃったらしい。広島風にはちゃんと麺が来たよ。わかってんじゃん。

ものすごいスピードで混ぜる店員
先ほど撮影した具をものすごい凄いスピードで混ぜる店員。指が入ったって気にしない

もんのすごいスピードでヘラをぶっさす店員
ものすごいスピードで混ぜた具を、鉄板に流し込み、もんのすごいスピードで叩きのばす店員。何もかもが「ものすごい」のです。そして驚くべき点は客に一言も「では具材を混ぜて焼きますね」とか「ではここなら何分ぐらいお待ちくださいね」とかひっとこともしゃべらないで勝手に全部やる事。あのさこのお好み焼きの使用権はうちらが持ってんだけど?一枚一枚役どころが全部ドバーって流し混み勝手に二枚同時に焼き始める店員。

最後はこんな感じに落ち着く
このまま放置なんですが、毎回違う店員がチラッと触りに来る。これは仕事してる風にする為か?ある店員が見た3秒後また別の店員が来るなどあたりまえ。

ものすごく注意したい
今日は「ものすごく」という言葉を一つのキーワードにしましょう。先ほどはものすごいスピード、手さばき系のご紹介ですが、この後はものすごく「注意したい」と言う事が沢山出てきます。注意したい事その1。焼く前の具材を空いているテーブルに置いておく事。これさ焼く前に持ってくればいいじゃん。なんてまだ焼かないのにこうやって放置しておくのか不明。不衛生。

切ってる途中 店員うまい具合に切りやがった
腹ヘリコプター状態でやっと完成したお好み焼きにありつけることになったTOPレンジャーズ。我慢できない1号。自らデカイヘラでお好み焼きをカットしてみんなにふるまおうとしたらマヨネーズをかけ始めた店員。そっか、そんなのもあったのね。鰹節や青海苔等もかける店員。おっと、お好み焼きにこの手のものをかけたりする事をすっかり忘れてたわい!(それぐらい腹ヘリコプターだったということかも)。カット中だった左のお好み焼きにマヨネーズなどのトッピングをお願いした1号。

べローン
結果、まだカット中だったものを勝手に人の皿に盛る店員。1/2+1/4×2枚。どこに盛りますか?とか全然聞かないで勝手に更に載せる店員。更に一番でかいのは2号の皿に載せ(怖い人が誰か?はわかっているのかもしれない(笑))載せた結果このようにべローンとなってても気にしない店員。載せますかと言う事を聞かない事も、これは誰に?とか聞かない事も何もかも、もんのすごく注意したいジジババ軍団TOPレンジャーズ。。

もんじゃの 作り方は ご存じな様子
で、続いてもんじゃ。もんじゃは明太子モチチーズとカレーの2種類を注文。また勝手に作りだす店員。出来あがってもどうぞお召し上がりくださいも言わない店員。なんかヘラでチョチョって2、3回だけさしに順番で来る店員。何もかもアリエナイザーなサービスで味がおいしい事等すべて吹っ飛ぶ。そう味はうまいのだ。多分他のお好み焼き屋より数段うまいと思う。大体もんじゃがある店がそんなにないからもんじゃが食べれる事だけでもいいこと。だが・・・・・続きはコーディネーターのちょっと一言改め「消費者のちょっと一言」(笑)にて。
しっかしもんじゃの写真っていただけないなぁ~(汗)
  
<基本データ>
住所:台北市忠孝東路四段126號之13
(MRT忠孝復興站の改札からは徒歩約10分ってところか?一番近い出口からなら出て15秒)
TEL:02-2721-5081
営業時間:11:30~15:00,17:00~22:00

<消費者のちょっとひと言>
サービスなんてあったもんじゃない。
「問題1」まず席に着いた時にやけに暑い席だから席を代わりたいんだけどあっちは涼しい?と質問。店員A「どっちも同じ」と答える。そんなはずはと思い移動してみる。寒いぐらい涼しい。故に第一の問題=平気で客にウソをつく。
「問題2」さっきもチラッと説明したけど、焼きましょうか?とか、出来ましたとので少々お待ち下さいとか客に対して自分の行動を説明しないでなんでも勝手にやり始める。第二の問題点=客がされるがまま
「問題3」これもさっき写真を見せたけど、注文したけどまだ焼き始める事が出来ないものをそのまま放置する。後でもってこいやこら!第三の問題点=食品管理に対して気を使っていない
「問題4」閉店時間を迎える直前。飯を食っているのに掃除開始。まっ、台湾の店は大体そうだが許される行為ではない。2号が立っている場所にも足に当たるギリギリぐらいまでモップを接近させ掃除。ゴミは2号に向かい巻き散らしてもOKらしい。
「問題5」もう掃除も始まっちゃったし帰るか。じゃあお会計して下さいと言った1号。店員「じゃあこちらに来て精算して下さい」はい??なんで俺らが精算にレジに行くわけ?この店のこのシステム絶対どうにかするべきだと思う。どういうつもりでこうしてるのか?理由を述べよ。眼と鼻の先にあるレジの中に従業員が5名いてクッチャべっている。その状態で見た目高校生ぐらいにしか見えない小娘どもが、大人のTOPレンジャーズに向かって「こっちに来い」だと!!おんどりゃぁ~~!!!!(怒)

猛烈に反省して頂きたく候。

お薦め度★★(味は多分ピカ一。サービスの悪さもピカ一。冷静に判断しゼロにはしないが久々の★×2個)
ものすごく反省して頂きたい度★★★★★★★★★★★★★(猛烈さを表現してまふ)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード