2010年01月18日
2010年1月18日
 

台湾には政府が認定している先住民が14民族いるそうで、それだけ民族がいれば、もちろん民族には民族の言葉があるので、台湾には色々な言語が存在するというわけなのですが、公共の乗り物で全部の言語を使用し案内をするのはお分かりの為無理なのです。と言うわけで、台湾で主に使用されている国語(北京語とほぼ同じの中国語)、と台湾南部などで特によく使用されている台語(台湾語・中国福建省の方言と同じ)、客家話の3つの言語+英語で公共の乗り物などでは案内放送があったりします。しかし、今年新年早々高鉄台北駅の駅係員が台語でのアナウンスを拒否し、問題になりました。お年寄りの中には普段から台語をよく使用しているため、国語があまり分らない方もいらっしゃるので、この台語でのアナウンス拒否は反感を買いました。台語の需要はかなり高く、台湾南部に行くと主に台語が聞こえてきて、台北などの北部でも市場などではよく台語を耳にします。これだけ需要の多い言語を無視して台湾の新幹線と言われている高鉄で台語のアナウンスをしないと言うのはありえない話のようです。日本では方言はありますが、基本標準語でOKなので、今回のような問題は日本では発生しないでしょうね。文化が違うと発生する問題も違うと言う事ですね。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ        18~22度
台中 晴れ/曇り         15~25度
高雄 晴れ/曇り         17~25度
花蓮 曇り/雨          18~23度
今週のお天気:台北市は水曜までは曇りのち晴れ、木曜から曇りのち雨のお天気。気温は木曜まで16~25℃前後、金曜以降14~20℃前後でしょう。台中は木曜まで晴れのち曇りまたは曇りのち晴れ、金曜からは曇りのお天気。気温は木曜までは16~28℃前後、金曜以降は14~24℃前後でしょう。高雄も木曜まで晴れのち曇りまたは曇りのち晴れ、金曜からは曇りのお天気。気温は木曜までは17~28℃前後、金曜以降は16~26℃前後でしょう。花蓮は今週も曇りのち雨の愚図ついた天気になるようです。気温は木曜まで17~26℃前後、金曜以降は16~24℃前後でしょう。今週は木曜以降が少し天気の崩れがあり、気温も下がるようです。特に北部と東部では外出の際折り畳み傘を用意しておいたほうが良さそうです。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→3418NTD
1NTD→2.834JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2010.01.14 発表)01,02,07,22,27,32/第二区ナンバー04
大楽透(2010.01.15発表)04,07,26,41,47,49/特別ナンバー03
ロトの購入方法など詳しくはこちら
    
<今日のニュース>
「永康街の冰館が無期限休業 店長の両親、元妻が貪欲で飽くことを知らないと涙の訴え」
開店より15年。マンゴーかき氷で有名な「永康冰館」が今月15日に予告無しに店を閉めました。店長が前の妻に支払う扶養費の紛糾で、休業になったようです。明け方には店内の物は運び出され、蛻の殻になっていました。冰館を訪れたたくさんの観光客や人々に無駄足を踏ませる結果となっています。付近の店の人は次のように述べています。明け方5時に引越し会社が暗闇の中冰館に入っていき、製氷機などの機械一切合切を運び鉄の扉を閉めて去っていきました。
店長の母親は次のように述べています。「私の息子の財産は全て元嫁にもっていかれ、家もすべてとられました。今では私は何もありません。」
冰館店長は去年再婚していて、元妻に、扶養費NT$3500万(約1億2250万円)を支払わなければいけないのですが、払いたくなく、夜逃げする形になりました。店長の両親は、この再婚に賛成です。店長のお母さんは冰館がいつ再開業するかについては分らないとの事です。
(情報:今日新聞
 店を閉めた理由は、家庭の事情ですか??予告無しで突然の休業とはホント折角台湾にきて、わざわざ「冰館」を訪れた旅行客にとってはひどい話ですよね。夏はお客さんが溢れているくらい繁盛していた店だけにびっくりです。お客さんが多いわりには店がちょっと小さめだったので、マンゴーの季節にお店が大きくなってリニューアルオープン??と言うことを期待して・・・・。

「龍山寺の光明燈(幸福を祈るために燈す明かり)を燈すのを奪い合う。割り込み、ケンカ!」
台北龍山寺の新年の幸福を祈る點燈(明かりを燈してお祈りする)のために、17日朝の6時から番号札が配られました。中には並んでいる列に割り込みする人もいて掴みあいになったり、あと少しでしたが番号札を受け取れず、激しく泣き叫ぶ人もいました。龍山寺側は、本来一日目は千枚の番号札を配る予定でしたが、みんなの激しい抗議により、最後には300枚の番号札を追加し配りました。
早朝6時、龍山寺は時間通りに番号札を配り始めました。1つの光明燈(幸福を祈るために燈す明かり)に明かりを燈すためにみんな必死です。多くの人が既に何日も前から並んでおり、本来配るはずだった千枚の番号札は朝8時10分の時点で配り終わりました。人々の抗議にあい、龍山寺は最後には300枚の番号札を追加で配りました。これにより、笑う人もいれば泣く人もいました。
(情報: 民視新聞網 ) 
 みなさん必死ですね。この明かりを燈す為に、何日も前から並ぶ人もいるとは・・・・。
毎年この明かりを燈すのに並ぶことは並ぶらしいのですが、今年は特に並ぶ人が多いとの事です。やはり不景気と言うこともあってか、皆さん必死みたいですね。この明かりを燈せた人にとっても、残念ながら燈せなかった人にとっても、2010年良い年になるといいですね。

(担当特派員:TOP8号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード