FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

緑島その3「朝日温泉&脱出編」

いよいよファイナルです。登る朝日を眺めながらの温泉入浴が楽しめる究極の?温泉「朝日温泉」をご紹介しましょう。

入り口ね
なぜか言った時に人がたむろしていたんだが誰一人として入ろうとしていない。なんで??やっぱり朝日をみながら入りたいからか?ではなぜこの時間にここに来たのだ??どうやらこの温泉一回入るのに200NTDかかるらしい。で、なんと写真取るのにもお金払うんだよ(いくらか忘れた)。とにかくお金を払わないと入れないということでここに人があふれているのだろう。

入場料を払ったものだけがここに入れる
もちろん我等VIP隊は金も払わずエントリー

水着に着替えて下さい 食い物はない売店
こちらの温泉水着着用ですので水着をお忘れなく!食べ物打ってる店はない。飲み物はある。ただしおなかがすいてしまったあなたは究極の温泉卵なら食えまっせ。この施設のちょっと離れたところに温泉のガスが噴出しているところがあるんだけど、そこに玉子を入れておけば10分ほどで温泉卵が出来上がります。生玉子は売っているからそこに持っていってご自分で作って下さいませ

いよいよ温泉登場!
こんなプールのような 温泉と
温泉情緒のないプーロ(風呂とプールが合体)と

清潔感を感じることができない 室内温泉と
なんかここ使ってないんじゃないの?って感じの室内温泉。サビサビでちょっと汚い感じはぬぐいきれず。

ドバァーも可
ボタンを押したらこんなにドバーって出てきた。出すぎだろ。

ここがメインじゃないですよ。

歩いた先にある
歩いた奥にある

この3っつの穴ぼこ温泉で成立している
この3つの穴ぼこが温泉。ここに入浴しながら朝日を見るのである。が、今は15:00。そんなものみれるわけないので明日の朝出直します。でも朝日は見れるだろうか??

横の岩にも登ってみた
とりあえず温泉全体の俯瞰を見たいから横の岩に登ってみた(ちゃんと歩道有)

こんな素晴らし世界が広がっているんだが
なんか緑のじゅうたんみたいで気持ちよかった。が、奥まで行く気にはなれず。結構距離あるよ。

かなり危険
で、普通に温泉の写真を撮ろうと思ってはじまで行ってみたが、柵もなーんもない。そのまま落ちる可能性大。こわぁ

構造としては こんな感じです
ギリギリまで行って撮ったのがこの写真。ちなみにこの温泉丸いところ以外にも水がたまっているがそれは海だから。温泉じゃないから。

16:00第一回目の下見終了。朝日を見る為に翌日5:00に再び上陸
こんな
最初真っ暗だったんだけど6時ぐらいにやっと明るくなってきた。でも全然太陽出てこない。雲もあったから雲の後ろに太陽が出ちゃってんじゃないの?ってずっと思ってた。そしたら・・・・





うしろから ♪ハラヘリハラヘラ~♪みたいな叫び声が聞こえたから後ろみたら、現地の人が海の方を指差しているので見てみてみると・・・・










感じで
でた!!



太陽は
すげぇ~!!



出て
すげーオレンジ!!




来るのだ!
太陽デケー!!!



ってな具合ですんげーでっかい朝日を見る事が出来ちゃったわけです!!ちょっと感動。1号初めてここでわかったんですが、太陽って明るくなってから1時間後ぐらいに出てくるんですね(汗)。明るい=太陽が出てるって思ってて、てっきり雲の後ろに太陽があると思ってたからびっくり&感動。これはすごいよ。

さすが朝日温泉ですな
さすが朝日温泉。名前の通りのすばらしさでございました!

<基本データ>
住所 台東県緑島郷公館村温泉167号
TEL 089-671-386
営業時間 夏(4-9月)24H/冬(10-3月)06:30-22:30
入場料NTD200/1人
温泉の泉質は・・・お湯の温度は41℃くらい。泉質は硫酸塩泉(こんなのあるの?)。無色無臭で、胃腸病、神経痛、関節炎、アレルギー性疾病、慢性皮膚病などを改善できるらしいよ。

感動のフィナーレを向かえ、家路につく為に今度は空港へ!来る時の船が本当にひどかったからわらにもすがる思い出飛行機にて脱出

外観 カウンター
さすがにちっちゃい島だからデカイ飛行機なんかこない。そして本数も少ないのだ。

●台東→緑島 チケット料金NTD1,028
安 DAC 7301 島Green Island 08:20 8:35
安 DAC 7303 島Green Island 12:05 12:20
安 DAC 7311 島Green Island 15:55 16:10

●緑島→台東 
安 DAC 7302 島Green Island  9:05 9:20 ←これで脱出
安 DAC 7304 島Green Island  12:50 13:05
安 DAC 7312 島Green Island  16:40 16:55

カウンターに1時間前に行ったら誰もいやしない(笑)。まあいいよ。ちゃんと搭乗手続きとかはできるらしい。いざ乗り込みです。

乗る飛行機はこれ かなり小さい
これさ18人しか乗れないんだけど。ラスベガスで乗ったセスナの次に人生の中で小さい飛行機に登場。

プロペラが動力だからすげーうるさいし揺れる。でも何とか飛んだ。その直後・・・・

冷房が入ったとたんに
冷房が入り、吹き出し口から毒ガスのようなものが出てきたと思ったら・・・

煙が充満し
下からステージ上のドライアイスのようなものも噴出してきて

最後はここまで豪快に
最後はこんな幻想的な世界になってしまいました。フライトタイムは15分。無事に台東空港到着です!


以上緑島の旅レポートでした。


<コーディネーターのちょっとひと言>
ここまで行くともう究極だよね。温泉っていう情緒はないがちゃんと温泉沸いてるし入れる。海にある温泉ってそうないよぁって思ってるんですが日本のどっかにもあり??それにしてもあの朝日は生でみないと絶対あの感動はわからないと思う。すごいですよぉ~!動画撮ればよかったなぁって後悔。なぜ?きっと二度と行かないだろうから(爆)。仮に行ったとしてもあの朝日がまた見えるって保証もないし。ちなみにですが夏は3日に1回、冬はなんと10日に1回の確率でしかこんなにキレイな日の出は見れないということでかなりラッキーだったようだ。それともう一つ恐ろしい情報を聞いたんだが、夏のオンシーズンには日の出の時間帯にこの3つの穴ぼこ温泉周辺に2000人~3000人もの人がいるって言う話。島の人口と同じぐらいの人間がここにいるのか?と疑いたくなったが、港に停まっている尋常じゃないバイクの数をみるとその話もあながちウソではないかもしれないと・・・・。しかしせっかくの美しい朝日をとんでもない数の人間と見るとなると感動も薄れてしまう。ってことで今回はホントベストな環境で、最高の朝日を見れたことに感謝!見てみたい方はがんばってここまでいらして下さいませ。元旦の初日の出をここでなんていかがでしょうか?

お薦め度★★★★★(温泉どうのこうのではなくこの朝日はすごいのひと言。風呂に入りながらこの朝日は結構気持ちいいですよ)
人の優しさ度★★★★★(全然関係ないけどこの島の人すごく親切。そしてまじめ。この温泉の園長さん?だって朝4:30ごろから来てて掃除して更に温泉卵用の卵まで持ってきてくれた。夜中に入りたかったら電話してくれば入れてあげるとまで言ってくれた。なんといい人達ばっかりな島なんでしょ)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード