FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(小琉球) 離島・小琉球のビーチと行き方を紹介します

人生2度目の離島・小琉球に行きます。台湾人の20号ですが、小琉球に対する思い出は5歳の時、お父さんと一緒に大きな岩がある海辺できれいな水の中にいる小さな魚をすくうことだけです。それ以外何も記憶に残っていません…。今回は海がきれいなことを事前に聞きまして楽しみにしながら出発しました。

小琉球に行くにはまず高雄まで新幹線で行きます。高雄からまた車で60分くらいで「東港」という港まで移動します。「東港」は屏東市に所属していますが高雄駅からと屏東駅からはほぼ同じ距離なので車の場合は高雄駅から行くほうがお勧めです。電車(台鉄)に乗る場合は、最寄り駅の「林邉」まで乗ってそこから車で約20分です。「東港」ではクロマグロの水揚げが有名なのでここに寄りましたら是非クロマグロを食べてから言ってください!

001_20181107152444543.jpg
写真上の星印は東港の場所です。そこから定期便のフェリーに乗って20分程度で小琉球島に到着。

002_2018110715244685c.jpg
上記のようなデカいフェリーです。運営するのは民営の会社と公営の会社があり、それぞれのダイヤルが異なりますが、大体30分~1時間ごとに船があります。ちなみに、決まった時間に行っても決まった時間で出航しませんのでご留意ください。私たちは今回、午後15:30の便に乗るつもりですが、到着するときは14:30で14時の便がまだ残っていますので載せてくれました。私たちとしてはラッキーですがすでに乗っている乗客に対しては30分も遅延されて大の不満でしょう。ちなみに平日だけど意外と超満員でした。小琉球ってすごい人気なのかな?

0021.jpg
↑こちらは小琉球から東港に帰る時、船から撮った写真です。バイクも一緒に乗っています。

0001_20181107152443329.jpg
小琉球のホテルにつきましたら早速ロケハンに出ておりました。こちら↑はホテル(小琉球地中海旅店)からもらった観光マップです。小琉球は車で一周しても1時間かかりませんので地元でバイクをレンタルすることがお勧めです。

003_20181107152447adf.jpg 004_20181107152449fb4.jpg
005_20181107152450459.jpg 006_20181107152452513.jpg
まずは小琉球のシンボルである「花瓶岩」にやってきました。あの特徴のある岩がなんか見覚えがあるから早速お母さんにLineしてここが子供のころお父さんと一緒に来たところか?と確認ました。そしたらやはり間違いなくここでした!5歳なのにちゃんと覚えている自分に感心(笑)。地元の人(ドライバーさん)の話によるとこの「花瓶岩」に来なければ小琉球に来たことにはなっていないそうです。海はとてもきれいで全く汚染されていないような透明さです。ただここはさすがに小琉球一の観光地でもあり、平日の午後でも人でいっぱいでした。

007_20181107152453108.jpg 008_20181107152455a3d.jpg
009_20181107152456155.jpg 010_20181107152458e9f.jpg
続いて見に行きましたのがドライバーさんイチオシの秘境・「龍蝦洞」。そのまま日本語訳すると「伊勢海老洞窟」になってしまうんですが伊勢海老がいるの?は不明。ここでは壮大な海景色が見れるのですがやはりサンゴ礁の地形となっています。(小琉球島ではサンゴ礁地形が多いようです。)

013_20181107152518066.jpg 014_20181107152519b14.jpg 011_20181107152459952.jpg
012_20181107152501c80.jpg 015_201811071525214b8.jpg
016_2018110715252248f.jpg 017_201811071525243ff.jpg
「岩場はもう大丈夫」と言っているカメラマン。それで小琉球で数少ない砂浜の一つ「蛤板湾」に来ました。砂浜が言っても極細かい砂ではなく砂利。素足で踏んでみるととても気持ちが良かったです。ここのビーチもとてもきれいで居るだけで居心地良かったです。

018_2018110715252548b.jpg 019_2018110715252790c.jpg
これは「龍蝦洞」の近くにある崖。マジで怖いですがここから見た海がすごいです。近くの道路も通る人が少なくきれいな絵が撮れました。

020_20181107152528004.jpg
これがまたどこか忘れましたが、すごいワンちゃん発見しましたので撮りました。飼い主と海の中で何往復も泳いていてすごい体力だなとみんな感心しました。さすが島の小琉球、人も犬も水泳上手です。

021_2018110715253143f.jpg
この日の夜、レストランでクロマグロの大トロを堪能。美味しかったです。

<基本データ>
アクセス:高鐵(新幹線)「左営駅」から車で60分、もしくは台鐵(在来線)「林邉駅」から車で20分で「東港埠頭」まで行き、フェリーに乗り換えて20分で島到着。

<20号のちょっとひと言>
小琉球の海は感動的きれいでした。そして食事も地元の人(ドライバーさん)にチョーおいしい所を紹介されてみんな大満足でした。ただ今回は天候に恵まれていなく、月に一回しか雨降らないそうですが、撮影の本番の日に雨にあっちゃいました。雨降らない時ってきっと空も真っ青できれいでしょうね。そしてきれいな海を見て何よりも癒されましたので、お勧めです。

お薦め度★★★★★(ちょーお勧め。ホテルも合せてお勧め。一泊二日か、二泊三日でも全然行けそうな気がします。ゆっくりしたい方に二泊三日をお勧めしましょう。)
癒し度 ★★★★★(マジに癒されました。プライベートでも行きたいくらいです。バイクを借りてゆっくり島一週したいです笑。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード