独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台東)萬富商號

仕事で台東を訪れる機会があり、一番楽しみにしていたのがこのエリアへの訪問。
THE GARAGE
庫空間 THE GARAGE」 2015に砂糖工場の跡地に造られた台東の最先端が集まるニューエリアです。

そのエリアの一角に砂糖工場時代の倉庫を再利用した、「萬富倉庫」があり
本日ご紹介する「萬富商號」はその倉庫スペースでカフェや雑貨展示室、アトリエ工作室を展開しています。
萬富倉庫

一階のカフェの入口がこちら
カフェ入口
入口を入るとすぐにこの子たちがお出迎え
カフェ玄関
二階に上がると心地良いカフェスペースが広がっています。
2Fカフェ
更にその先にはオープンテラス席が。開放的な素敵な空間
2Fカフェテラス
今回は残念ながら時間がなくてカフェで食事ができなかったのですが、カフェにはオーナーの楊さんが毎日
オープンキッチンの大オーブンで焼き上げるケーキやパンの他に、台東地元の食材を使った地鶏の食事メニューもあります。
カフェメニュー

一階のカフェの入口の向かい側の網戸はアトリエ工作室への入口です。
アトリエでは洋服やバックのデザインなど手作業が行われていますが、その中でも目に留まったのがコチラのバック!
月桃カゴバック キャンパス地持ち手
職人さんがアミ族のおばあさんが丁寧に編み込んだ月桃のカゴに白いキャンパス地で縁と持ち手を取りつけていました。
コレを見た途端に一目ぼれ~。ちょうどラッキーなことに2個あったので日本からのゲストとお揃いでお買い上げしました。
現在月桃の葉は山の中奥深くでないと手に入らない上、すべての幅を均等に丈夫に編み込むのはかなりの技術を
必要するので、アミ族の中でも数人のおばあさんしか作れない貴重なものだそうです。
お値段は1880元と決してお安くはないのですが、大満足なお買い物でした。

その他にも持ち手がレザーになっているタイプ
月桃カゴバック レザー持ち手
大きいほうが2800元、小さいのが1880元

また縄を編み込んだ持ち手のバックや、前後に太いキャンパス地のハンドルがついたミニバックなど、大小さまざまな大きさや形、なデザインがありました。
月桃ミニカゴバック

アトリエの隣には雑貨の展示スペースがあります。
1F雑貨店舗. 1F店内
こんなに素敵な空間なのですが、マンパワーが足りない為、常にオープンはしておらず
カフェを訪れたお客さんからリクエストがあれば開けると言う状態とのことですので興味のあるかたは
是非声をかけてみてください。

この雑貨スペースには世界各国の雑貨があつめられているのですが、台東ご当地ならではの商品をご紹介。
小米酒石けん 釈迦頭石けん
コチラの棚はすべて石けん。でもただの石けんではありません。台東ならではの素材を用いた石けんなのです。
左は「小米酒」、右は台東名物「釈迦頭」。その他ビンロウもありました。
一番小さいサイズで260元、中は420元、一番大きいサイズは880元。

その他紹介しきれないくらい、まだまだたくさん素敵な物がありました。
きっとみなさんのお気に入りも見つかると思います。

<基本データ>
住所:台東市中興路二段191號(東糖文化創意產業園區的萬富倉庫內)
TEL:089-233590
営業時間:11:30~21:00(火、水曜休み)

<17号のちょっとひと言>
台東は台北やその他の都市のように公共交通機関が発達していないので移動が非常に不便です。それでも台東にいらっしゃったらタクシーに乗ってでも是非訪れる価値のあるスポットだと思います。ちなみに台東駅からはタクシーで約10分ほど、およそ250元とのことでした。帰りはお店の方がタクシーを呼んでくださいます。
先住民が作った似たようなデザインのカゴやアクセサリー類などは良く見かけるのですが、萬富商號のテイストは洗練されていてひと味もふた味も違います。ちょっと高くても、この値段でも欲しいと思わせるデザインの商品を開発することでオーナーの楊さんはじめスタッフの方はアミ族の伝統文化をサポートしています。

お薦め度★★★★★(台東へ行かれた際にはぜひとも足を延ばしていただきたいスポットです。)
物欲そそられ度★★★★(17号だけでなく遠くは日本からのゲストも思わず散財するという結果に。)

(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

2017年5月16日

IMG20170430122341.jpg IMG20170430122407.jpg
ここは19号の家から歩いて5分のところにある田んぼです。ここは元々田んぼではなく、ただ使われてない土地で、里長がこのまま放置するのもったいないから、ここを開放して、近くに住んでる方に自由に野菜などを栽培したりすることができるようになりました。申請すれば指定されたところで自分が育てたい野菜や果物を栽培することができます。自給自足ではないけれど、自分で野菜を育て、日々成長していく過程の楽しさが味わえるので、19号もいつかここで野菜を育ててみたいと思います。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨22~23度
台中 雨24~24度
高雄 雨28~29度
花蓮 雨24~25度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2570NTD
1NTD→3.731JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.5.15発表)/06,11,12,14,27,31/第二区ナンバー04
大楽透(2017.5.9発表)/02,09,18,22,25,35 /特別ナンバー14
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「カフェショップが端午の節句に冷たいチマキを発売 モカやさつま芋などの餡入りで夏にぴったり」
端午の節句になると、もう夏が訪れるということです。各カフェの業者もこれを機に、いろんな新商品を開発。例えば、統一グループのスターバックスは、コーヒーの元素を冷たいチマキに入れ、独特な新感覚のチマキを作り出しました。85℃は日本和菓子の作法で冷たいチマキを作り、蘇澳一米特創意美食館は親子を招いて一緒にチマキを作ったり、楽しい端午の節句を一緒に過ごしてもらいます。
統一グループのスターバックスは今年(2017年)また新商品を開発し、今日から単品で購入できる「さつま芋」、「モカピーナッツ」味のチマキ、お土産セットで限定の「抹茶と小豆」「芋とクリーム」味の星冰粽(冷たいチマキ)の販売を開始します。「星冰粽」お土産セットは今日から5月24日までに10%OFFの割引を提供し、注文後3日間以内に店頭までに取りに行くことができます。さらに、A店舗で予約をして、B店舗で注文した商品を受け取るサービスも提供しています。また5月25日から6月2日の間にスターバックス店頭でも直接に買うことができます。
そして、スターバックスは13種類新しい柄のマグカップも発売。値段は100~1400元の間です。端午節句伝統のドラゴンボートの柄や、絶滅危惧種となっている台湾動物の柄、夏にぴったり鮮やかなフルーツの柄など、マグカップや、水筒、コップの蓋などの商品にも使われ、今年の夏や端午の節句にプレゼントするには最適の選択肢です。また、端午限定で手描きパッケージのモカやアンズのクッキーなども販売し、6月6日までに購入すれば、親友シェア券をプレゼントします。
85℃が開発した「小豆ミルク」や「ピーナツミルク」、「芋ミルク」味の冷たいチマキは、他の商品を区別をさせるために、特別に日本和菓子の作り方を用いて、冷たくてモチモチの餅に餡を入れます。5月30日までにドリンクを購入するば、プラス29元で極上冰粽(冷たいチマキ)をゲットすることができます。一回のお会計で10個以上のチマキをを購入すると、原価15%OFFで298元でお得プライスも提供してくれます。さらに、ドラゴンボート形のお土産セットも販売しており、プレゼントするには最適です。今年は20万個以上の極上冰粽を販売できる見込みです。
端午の節句はチマキを買って食べるのもいいですが、自らチマキを作ってみるのもいいかもしれません。蘇澳一米特創意美食館6月9日到6月12日の間に、百人チマキ作りイベントを開き、今日から予約開始し、一つで100元で販売しております。子供も大人も自分でチマキを作る楽しさを味わってもらいます。チマキを包む笹の葉っぱをドラゴンボートに作り、小河に入れてレースをし、共にいい端午節句を過ごしましょう。
情報:卡優新聞網
台湾では、伝統的な冷たいチマキの食べ方は、冷やしたチマキの上に砂糖をかけて食べるのが普通です。でも最近新感覚のチマキが次々誕生したから、今まで食べたことなのい味のチマキも是非試してみたいと思っております!皆さんもよかったら試してみてはいかが?意外に癖になるかもしれませんよ!
(担当特派員:TOP19号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード