2017年04月17日
2017年4月17日
 

最近の天気がだんだん暑くなってきて、もはや春の季節は過ぎて、夏に突入した感じです。夏と言えば、19号が大好きなスイカの季節です。19号が好きな果物はいっぱいあるけど、その中でスイカはダントツナンバーワンです。暑い天気の中で、喉が渇いた時に冷たいスイカを食べるのは最高ですね!しかしスイカを切るのにかなり苦労しませんか?そこで、19号はネットでスマートにスイカを切る方法を見つけました!その新しい方法というのは、まずスイカを半分に切って、次スイカの皮目から横で切ります。されに縦に格子状に包丁を入れれば簡単に切れるんですって。今日帰ったら早速やってみたいと思います。いつもスイカの切り方を困っている方もこの新しい方法を試してみてはいかが?
参考サイト:https://feely.jp/6942/

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨/晴れ23~34度
台中 雨/晴れ24~32度
高雄 晴れ/曇り26~31度
花蓮 雨/晴れ24~30度
今週のお天気→今週は各地暑い天気で、台北はおよそ18~29度で、火曜日以外晴れのち雨の予想です。台中は平均20~29度で、雨と曇りの天気です。高雄は22~29度の気温で、月曜以外ずっと曇りだそうです。花蓮はほぼ毎日が雨の予報で、気温は約18~30度前後です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2719NTD
1NTD→3.535JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.4.13発表)/01,07,09,19,30,37/第二区ナンバー04
大楽透(2017.4.14発表)/02,03,04,23,29,42 /特別ナンバー14
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「ミニ蒸気列車が登場 観光客に大人気」
台中駅は百周年を迎えるために、「緑空鉄道音楽フェス」が4/15、16日に台中古跡駅で登場。初めて鉄道の上にステージを立て、熱唱します。ミニ列車達人の林松雄さんが作った台湾で唯一走れるミニ蒸気列車も同時に登場し、市民が自由に乗ることができます。他にも不老青春同窓会、創作作品市場など設置され、市民と一緒に台中駅を百周年を祝います。
台中駅第二代駅「台中驛」は1917年に落成し、今年で百年になります。百周年祝うイベントの中で、「緑空鉄道音楽フェス」が先週末に開催しました。朝の10時から夜まで音楽フェスが続き、台中市長林佳龍さんも開幕イベントに参加し、市民と一緒に楽しんでました。
林佳龍さんにより、台中駅は台中の時空座標の原点で、縱貫線の開通によって、駅が北と南、過去と未来を繋ぎ、列車の中で見た景色や、人など、全部ぬくもりが感じられます。
そして、イベントに全台湾唯一走れるミニ蒸気列車も登場しました。文化局により、このミニ蒸気列車は列車達人の林松雄が創作し、高さと広さ、幅などを全部1:8.4の比率で小さくして、車体や部品など全て手作りです。この列車は蒸気と空気ポンプ2種類の動力があり、蒸気動力は市民に昔ながらの蒸気発動列車の楽しさを体験してもらうことができます。
15日は初めてミニ列車に搭乗ができ、16日の午後に展示。ほかにもBK10型ミニー列車があり、1:30~3:30の間に搭乗することができます。定員は300名で、チケットは1人につき100元です。このチケットで子供たちが駅長の体験もできます。二日間のイベントの中、第1ホームでは創作作品市場、専属切手、簡易郵便局、メトログッズ、鉄道模型や駅弁などのコーナーが設置されてます。
情報:中國時報
へえー、台中駅はもう百年ですね。今年は民国106だから、建国後6年目に出来たということですね。それは古跡と言っても過言ではありません。そしてミニ蒸気列車にも気になりますね!大人も子供も乗れるみたいから、家族で一緒に乗れたらきっと楽しいでしょうね。
(担当特派員:TOP19号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード