独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

伍中行/伍宗行

このタイトル見た方々は疑問に思うことはあるでしょうか。「ん?これは同じ店の名前?それとも違う店の名前?」実は、これはそれぞれ違う店の名前です。下の写真は、よく取材で使わせて頂いたお店で、ちょっと前に、この店の本当の名前は「伍中行」ではなく、「伍宗行」だということを衝撃受けました!!なぜ?、下の写真をご覧下さい。
1_20170331153707eb1.jpg 2_201703311537095e7.jpg 3_20170331153710ab9.jpg
そう!あっちこっちの看板に「伍中行」って書いてあります。お店の人に話しを聞くと、創業当時は確か「伍中行」でしたが、ここの元オーナーが手放してもとの従業員さんたちが引き続き商売を営んでいるようです。その後は店名を「伍宗行」に変えたんですが、看板はそのまま残し、店内に一枚だけ手書きの紙には正しい店名の「伍宗行」が書いてあります。誰も見ないような場所の看板が正しい店名の看板なんて!
4_201703311537119e8.jpg
そのせいで、とにかく混乱が生じています。とりあえず正しい名前で探しても全てのネット情報と見た目が全部「伍中行」ですので、お店の名前は「伍中行」にしておいた方が逆に安心という状態です。1号曰く「伍宗行」は本名だけど、芸名が「伍中行」って事でいいんじゃない?芸能人の名前だって本名言われてもわからないんだから」という事です。

じゃあ、みんながもしかしたらまだ知らない?現在の本当の「伍中行」はどこ?何屋さん??その元オーナーが別の場所で開いたお茶専門店です。実はこの店の正式名称は「台灣伍中行」です。お店の立地は閑静な住宅街にあり、入り口のところに緑がいっぱいで、雰囲気が抜群です。
1_201703311537322eb.jpg 2_20170331153733187.jpg 3_201703311537352e4.jpg 
店内に入ると、広めの空間で、お茶や茶器がずらーりと並んでます。
4_201703311537369db.jpg 5_20170331153738478.jpg 6_20170331153739317.jpg
そして壁の一面に「Since 1945」って書いてあって、創業は1945年で、もう既に72年の歴史がある店です。
7_20170331153741956.jpg
奥にはテーブルを置いてありますが、店員さんの話によると、こちらのテーブルは一般客に店内でお茶飲む用ではなく、オーナーさんの友達が来る、招待用に使うらしいです。なので、お客さんは基本店内でお茶を飲むことはできません。ここはあくまでお茶や茶器などの商品を買うところだそうです。
8_201703311537420ba.jpg 9_20170331153744716.jpg
さらに、ここに取り扱っている茶器のほとんどがオーナーさんか、専門の茶器職人にデザインしたものです。お茶も全部自家製。つまりお茶の生産から製造までなどの工程も全部自分でやってるということで、しかも自分のブラントを持ってるし、お茶も茶器もここでしか買えないそうです。あと一部の茶器は日本の茶器職人が作ったもので、ここでも販売してるそうです。ただ日本人職人作った茶器だけ写真を撮っちゃいけないので、お見せすることができなくて残念。
10_20170331153745698.jpg 11_201703311537478ef.jpg
この白い茶器はオーナーさんがデザインしたものだそうです。他の茶器と違って、オシャレでわかいいです。
12_20170331153748c3e.jpg
そして、このデカイ甕に入ってるのは老茶です。老茶、いわゆる古いお茶です。こう見えて、実はこの老茶は貴重品です。中に入っているのはもう十数年前の老茶で、その価値は年数が重ねれば重ねるほど価値が上がるそうです。
13_20170331153750b26.jpg 15_20170331153753b2b.jpg
店内にはこういうかわいい電話もあります。もちろんこれはただの飾りで、実際に電話かけることができないです 笑。
15_20170331153753b2b.jpg
最後に、これも自分のブラントの醤油と缶詰めです。もちろんこれもオリジナル商品で、ここでしか買えないのです。ちなみに、ここもからすみ売ってるらしいけど、展示されてないため、写真がないですが、ここのからすみは野生のからすみなので、一般のからすみよりは高級で、値段ももちろん高いです。
16_20170331153755b59.jpg 17_201703311537563fc.jpg

<基本データ>
「伍宗行」
住所:台北市中正區衡陽路56號
電話:02-2311-3772
営業時間:08:30~20:30

「伍中行」
住所:台北市大安區潮州街109號
電話:02-2392-6388
営業時間:12:30~20:30(日曜休み)

<19号のちょっとひと言>
最初1号に何かおかしくないか?って言われた時に怒られる!と思ってかなり焦りましたが、ネットの情報を全部鵜呑みしちゃいけないこともよーく分かりました(1号はよくネットは全部適当だからそれを答えとして報告したら罰金と言っています)。そして、おかげさまでもう一軒の「台灣伍中行」は実はこんなに素敵な店を発見したから、今回は特別に紛らわしい看板を放置する「伍宗行」の経営者を許してあげます 笑。

お薦め度★★★★★(台灣伍中行に来たら、ここでしか買えないものだらけで、オーナーさんが一番いい商品をお客さんに提供したいっていう気持ちが伝わってきます)
紛らわしい度★★★★★(手書きの看板は本当に勘弁してほしい…みんな勘違えしますから。あの看板はいつ本物に替えるかな…てか、替える気あります?!笑)

(担当特派員:TOP19号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

2017年4月11日

昨日34度を超えたのに、朝の大雨があって、温度がすぐ下がった、服も半袖から長袖替えます。今年の天気がおかしいです、農産物の成長への影響されるでしょう、また産量が少ないので値段が高くなるや うまく成長できないので、美味しくないなど問題が出てくるでしょう..天気が平穏するように欲しいです
お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨 19~20度
台中 曇り/雷雨 23~24度
高雄 曇り 27~29度
花蓮 曇り/雷雨 21~24度

From1号→いつも通りに戻った感じ?やっぱりここ何回かは誰かが乗り移っていたのでしょう笑 はい、タイトルの数字全角入りました!行間ツメツメなどTOPスタンダードをことごとく崩壊。うん、間違いない戻った笑 おかえりなさい!歡迎光臨!!

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2687NTD
1NTD→3.575JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.4.10発表)/06,08,10,12,18,38/第二区ナンバー03
大楽透(2017.4.7発表)/19,23,31,32,37,49 /特別ナンバー26
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「淡海LRTは絵本作家のジミー(幾米)さんがパブリックアートを担当する」
新北市で建設中の淡海ライトレール(LRT、軽軌)の各駅に設置されるパブリックアートは人気絵本作家のジミー(幾米)さんが手掛けします。淡海ライトレールのためにデザインしたパブリックアートのタイトルは「閉上眼晴一下下」(ちょっと目を閉じて)です、沿線の11駅に無限な想像の旅にならせます
新北市市長朱立倫さんと絵本作家のジミー(幾米)さんは10日にパブリックアートのタイトル「閉上眼晴一下下」(ちょっと目を閉じて)を発表しました。ジミー(幾米)さんによって、これは淡海ライトレールのために創作した作品です、「観音山、段々畑、夕やみなど淡水の自然な風情を背景にして、主役の女の子は目を閉じるとき、「帽子」が発光して、無限の想像の旅を始め」のイメージで作ります。
 新北市市長朱立倫さんによって、ジミー(幾米)さんは淡海ライトレールのために創作したパブリックアートは民衆に生活中でしばらく「目ちょっと閉じる ゆっくりする」ことを励まして、今回ジミー(幾米)さんにとって初の正式な大型パブリックアート作品になってます。
新北市MRT局長趙紹廉さんによって、淡海ライトレールは新北市から第一条の建設工事です、淡海LRT緑山線は台北メトロ(MRT)淡水線紅樹林駅から北方面に伸びる路線で、現在は第1期区間の紅樹林-崁頂間の建設工事が進められています、淡海ライトレール台湾で第一条国産車両を使用する軌道交通システムです。ジミー(幾米)さんの作品は優しく温かみがありファンタジーな作風が特徴あり、沿線の11駅には色々なパブリックアートが配置され、利用者はジミー(幾米)さん特の世界観を体験することできます、当時に台湾内や海外のファン、観光客を引き付けることができます
情報:中央通訊社
2018年末で完成する予定の淡海ライトレール、電車 駅のデザインは人気絵本作家の作品を入れる自分の特色があるし多い人に注目されれると思います、正式に開通したら、多い人を引き付けるでしょう
(担当特派員:TOP15号)

From1号→「今回も初のパブリックアート」なんじゃそりゃ笑。っていうかそれだけじゃなくいわゆる15号のキラキラ感が随所に発揮されたらまばゆいほどの作品に。インパクトはそんなに・・・なんだが、ここんとこちょっとなぁ~と不満だったファンの多い人たちにはたまらない小さいキラキラが随所で光を放つ仕上がりとなりました。これからもこれでお願いしたいなと笑。まぶしー!

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード