独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

桃園メトロ空港線乗車レポート

2017年3月2日、待ちに待った空港直通のMRTが開通しました!

快速(直達車)に乗ればわずか35分で桃園国際空港へ到着。いままでは高速バスで1時間前後かかっていたのに比べるとかなりの時間短縮になります。乗車料金は普通車、直達車ともに160元。2017年3月中は半額で乗車できるキャンペーンを実施中。各種ICカードも使用できます。

今回の記事は2月の試乗期間に1号が桃園空港第2ターミナル→台北駅、3月の正式開通後にOK号が台北駅→桃園空港第2ターミナルまで乗車したのを各々のニュースでレポートしていたのですが、せっかくなのでまとめ記事としてここに残しておきます。ぜひ雰囲気と車内の様子をご覧くださいませ。


【2017年2月20日 1号試乗レポ(代筆OK号)】

まず、現在試乗するには整理番号が必要です(試乗期間はすでに終了)。
配布の時間は7:40、9:40、11:40、13:40の一日4回。
この日1号は桃園空港第二ターミナルにて整理券配布時間の10分前に到着。
そうしたらなんと並んでいる人数はさほど多くなく、32番の整理券(と紅包袋)をゲット。1号曰く、桃園空港ならば空港利用者のみが並んでいるっぽいので例え5分前でも整理券を手にすることができる可能性は高いかも。かなりの穴場。とのこと。
乗車するターミナルも第一だと第二で乗ってくる乗客が多いため、満席の可能性も高いけれど、第二ならば座れる可能性も高い。ただし直達車に限るとのこと。
1_20170220181455130.jpg 2_20170220181456821.jpg 3_2017022018145803c.jpg

すぐにきた電車は普通車で込み合っていた為見送り。しかし次にやってきたのはなんと始発でなんなく座席をゲット。 スーツケースは置けないけれどそこまで圧迫感は感じない座席幅と車内は飲食禁止なのになぜかついている簡易テーブル。そしてなんと列車は後ろを向いたまま台北に向かって走行し続けたとのこと。確認した所、列車は回転させないので直達車の場合、座席によっては後ろ向き走行があるとのこと。
4_201702201814590d0.jpg 5_20170220181501e6c.jpg 6_201702201823249e3.jpg

手もたれについているこのボタン。リクライニングなはずなのに使えない!と腹を立ててみたけれど上を見上げると読書灯だったというおち。
7_201702201823264e4.jpg 8_20170220182327ff0.jpg

列車はなじみのないのどかな風景を走っているかと思いきやものすごい高いところを走ってみたり、飽きずに外を眺めているとあっというまの35分。無事台北駅に到着です。
9_20170220182329c42.jpg 10_20170220182330a5a.jpg 11_201702201825008dc.jpg

さてここからは新しい空港線の台北駅構内の写真をご覧ください。地図や表示はこのような感じになっていて、普通車と直達車も乗る場所が違うようです。

12_2017022018250241e.jpg 13_20170220182503a17.jpg 14_20170220182505aa7.jpg 15_20170220182506d15.jpg

何度かトップニュースでも取り上げた自動チェックインと手荷物預け機のコーナーに券売機はイメージカラーの紫。
16_2017022018265579b.jpg 17_20170220182657f69.jpg

ものすごく天井の高い構内。見上げると上に通路があるのがおわかりでしょうか。
18_201702201826585eb.jpg

試乗の感想はどうだったか聞いてみると「ものすごく便利!」とのことです。無料試乗期間は3月1日まで。桃園国際空港ご利用の方は配布時間が近ければならんでみると1号のように案外すんなり乗れるかもしれませんよ。


【2017年3月3日 OK号乗車レポ】

台北駅から桃園空港第二ターミナルまで直達車に乗ってまいりました!
本日OK号は地上から駅へ行きました。場所は以前の国光バスターミナルの真後ろの位置です。
P1100005.jpg P1100006.jpg P1100007.jpg
ただここ、人気はないのですが車通りが結構激しいので車にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

こちらの位置は出口1。駅からの距離はこのくらい。
P1100014.jpg P1100011.jpg P1100010.jpg

この階はがらんとしていますが改札は下にあるので下へ下へと下がっていきましょう。
P1100009.jpg P1100019.jpg P1100024.jpg

切符売り場はこんな感じで色分けしているから直達車と普通車で買う券売機が違うのかと思いきや、紫は券売機、青はカードのチャージ機のようです。
P1100028.jpg P1100031.jpg P1100030.jpg

そしてここがこの駅のポイント。直達車と普通車で乗り場が違うのでお間違いのないように。これらのスポットに行きたい方はこの駅で降りてくださいね。
P1100035.jpg P1100036.jpg P1100037.jpg

P1100041.jpg P1100044.jpg P1100042.jpg

さて中に入ります!入ってみるとボックス席が端の方にいくつかありますが基本的には同じ方向を向いています。ただ、前を向いている方と後ろと向いている方で半々くらいに分かれていますので車酔いしやすい方は進行方向をご確認の上乗車されるとよいでしょう。荷物置き場もいくつかあって、3段式なので新幹線よりも収納量が多そうで安心。
P1100047.jpg P1100051.jpg P1100045.jpg

そしてチェックしたかったことがWi-Fi。試乗時の台湾の記事を読んでいたらあまり接続状態がよくない、みたいなことがあって気になっていたんです。でもそんな心配は全くなしで、すぐ繋がるし安定の速度でした。便利。「Ty Metro」というやつです。オレンジのボタンを進んでいくと完了。利用時間は30分です。
P1100059.jpg P1100063.jpg P1100065.jpg

台北を抜けて、工業地帯、のどかな水田など眺めながらしていると、
P1100057.jpg P1100068.jpg P1100071.jpg

安定の35分で到着です!平日の日中は混雑もせず楽々で座れました。ちなみにこのシートの配列は直達車のみで普通車は台北MRTのような横一列配列のプラスチックイスのシートです。

そして改札を出て、あれなんだかここは見覚えのある所だぞ!って思ったら地下の美食街、フードコートのある場所でした!

P1100093.jpg P1100094.jpg P1100119.jpg

<OK号のちょっとひと言>
実は普通車にも乗車しました。平日の帰宅時間だったのですが結構な乗車率で台北市内のMRTと同じような車内雰囲気。まだ開通したばかりとは思えないような、すっかり市民に溶け込んだ雰囲気を醸し出していました。ちょっとあれ?と思った点は台北から乗車の場合は普通車、直達車と乗り場が違いましたが、桃園国際空港第2ターミナルから乗車するときの乗り場は1ヶ所で、乗務員さんに聞いてみたところ、やはり同じ場所から発車するとのこと。一つのホームに普通車も、直達車もやってきますので目的地に合せて乗車しましょう。そこだけがちょっと混乱。でもずっと待っていただけに全てきれいな施設や新しい車両、ここはどこなんだろう、という見たとのない風景を見るたのしみ、いろいろなわくわく感があって、これもいつかはふつうの感覚になってしまうのでしょうがしばしこの気分を楽しみたいと思います!

お薦め度★★★★★(ぜひぜひ一度お試しください!やっぱり便利)
快適度★★★★★(早い、楽ちん、Wi-Fi 繋がるといまのところ文句なし)

(担当特派員:TOPOK号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


2017年3月10日

出勤時には地下鉄を利用し台北駅の通路を通り、オフィスまでやってきているのですが、地下鉄下車後、いつも乗る横並びになっているエスカレーター4機すべてが停止され、うち3機が点検中。多くのひとがぞろぞろと残り一つの停止されたエスカレーターを上っていたのですが、なんだかいつもと雰囲気も違い、煙の臭いもする。どうやら早朝、そのエレベーターより出火ではないのですが煙が発生し、6:30から7時頃まで淡水線、板南線の列車は台北駅を停車せず通過していた模様です。かなり霞がかった構内の映像がテレビからも流れていました。台北駅で下車したかった乗客はさぞ不便だったことでしょう。メインステーションでのトラブルは影響も大。しっかりと原因の追究と修復をお願いしたいところです。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨 16~18度
台中 曇り/雨 17~23度
高雄 曇り/雨 21~27度
花蓮 曇り/雨 16~23度
週末のお天気→北部、東部以外は気温も上がり、南部では最高気温30度の予報がでています。お天気は北部15~22度 曇り/雨、中部16~27度 曇り、南部19~30度 曇り/晴れ、東部19~25度 曇り/雨の予報です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2614NTD
1NTD→3.671JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.3.9発表)/06,07,18,20,24,32/第二区ナンバー07
大楽透(2017.3.7発表)/06,12,22,31,41,44 /特別ナンバー02
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「世界で最も美しい喫茶店が台湾へ 新光三越信義新天地A9館にて開店」
消費傾向の変化に合わせ、伝統的百貨店もまた、レストラン、カフェの名店を積極的に導入することで顧客を惹きつけます。新光三越信義新天地ではA11館の大改装の他にも、多くの有名店をテナントに迎え入れました。結果業績は少なくとも20~30%上昇しました。そして、この度導入したテナントの中には「世界で最も美しい喫茶店」と呼ばれるイタリアの「Caffé Florian(福里安花神咖啡)」が入店。消費者はベネチアに行かなくともA9館の2階にてイタリア式珈琲と軽食を味わうことができます。
Caffé Florianの起源は1720年12月29日、イタリアベネチアにおいて誰もが知る喫茶店の名店で「ベネチアのリビング」と褒め称えられています。また、世界で最も美しい喫茶店のひとつとして選ばれたこともあり、アジアの旅行客にとってはベネチアを旅行した際には必ず訪れる名店のひとつとなっています。今回、この新光三越台北信義新天地A9館へはアジアで2店舗目の出店となっており、これはかなり台湾市場を重要視していることの表れでしょう。
Caffé Florianブランドの最高経営責任者Marco Paoliniは自らのチームを引き連れて来台しました。彼によると、台湾を除いて、参考にしたのは日本市場とのことで、台湾人が国外ブランドの受け入れ度が高いということ、台北市のレストラン市場もまた、発展が成熟している傾向が見受けられ、アジア第2号店を台湾にすることを決定付けたようです。平均客単価は約1000元を予想しているとのこと。この度、新光三越とCaffé Florianの合弁会社創立が成立し、このことはCaffé Florianにとってもアジアの強力なパートナーを得たこととなるでしょう。
新光三越によると、Caffé Florianアジア第1号店は中國蘇州で今回の台北は2号店にあたります。同時に世界6ヶ所に現在支店があり、その他には半年の間に中国重慶にもう1店舗出店させることを計画しています。
Caffé FlorianはA9館のトップ坪数で130坪を占有しています。座席は130席(テラス席30席含む)を提供。様々な珈琲、飲料、フード類、小売商品の販売を行う、最も精鋭なCaffé Florian経営モデルです。店内は正統派イタリアコーヒーのほかにはアフタヌーンティのスイーツも伝統的なメニューのひとつとなっています。また、Caffé Florianの代表的な銀のトレーによるサービスもしっかりと導入されており、Marco Paolini氏は我々はコーヒーだけではなく、イタリアンライフスタイルの提供を行ないますと強調していました。
(情報: 鉅亨網
このニュースを目にした時、OK号は小さく悲鳴をあげました。昔、コーヒーの勉強をしていたことがあり、テストとかも受けていたのですが、「ベネチア最古の喫茶店といえば?」というのは定番の問題で、なので「カフェフローリアン」という名前はずっと頭にあったのですが、まさかその支店が台湾にオープンするなんて。しかも日本未上陸。きっとこれから世界中に展開していくのかもしれませんが、内装、コーヒーの味、雰囲気、すべてがたのしみでしょうがありません。行列なのかしら。なんだかそわそわ。期待してしまいます。
(担当特派員:TOPOK号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード