独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

RAW

先日は「MUME」。で、今日は「RAW」。オシャレストラン連発アップ。両方ともちゃんとゲストとして訪問。RAWは全然予約出来ない状態だったんですが、まさかのキャンセルでの繰り上がり当選みたいな状態で行けたというミラクル。実はこのパターン結構あるらしい。なので店に行っちゃって、キャンセル出たら入るスタンバイをしていれば入れる可能性あり噂は嘘ではなかった。ただみんなやっとの思いで予約出来てるからそう簡単にはキャンセルはしないらしいけど。。。。いずれにしても棚からボタ餅ディナーで初リアルご飯inRAW。

1_2017022816462117d.jpg 2_201702281646232df.jpg
滅多に行かない内湖エリア。そう中野ロスになってからは更に行かない場所に。そこにあるビルの1FがRAW。で、このビルの中は全部RAWを運営する会社が全部面倒見ているレストラン。半沢直樹でもお馴染みなVIP御用達料亭「錦水」もこちらのビルにあるのです。まさに究極のグルメビル。入り口は全面ガラス張りでこのドア重くて自力では開けれません。

3_20170228164623fe5.jpg
ウッディーで広々としたウェイティングスペース。

4_20170228164625165.jpg 5_2017022816462684e.jpg
真ん中はバーカウンター。もうは入れなくてもいいからここで一杯飲ませて下さいみたいな笑。このウェイティングスペースは実際どういった使い方なんだろう?席に座る前にココで飲むわけでもないし・・・・。今度取材に行った時に一体ここは何のためのスペースなのか?聞いてみよう。リアルに席がない人がここに来てお酒飲んでもいいのかもしれないし。で、キャンセル出たらあわよくば着席なんてことなら全然行っても構わない感じ。

6_2017022816463915d.jpg
「アジアのベストレストラン50」、2016年バージョンのプレートですね。2017年もしっかりランクイン。24位でもち台湾No1。

7_2017022816464123d.jpg
カトラリーは引き出しの中に。何をどう使うか?は食べたい人が自由に決めればよい。自分が食べやすい食べ方がベストって事なんでしょうけど箸は残念ながら入っていない。ちょっと使いたいタイミングが何度か・・・・笑。

8_20170228164642be6.jpg 9_20170228164644992.jpg
これがメニューなんです。料理名は書いてない。クロスワードみたいな感じでその料理の特徴的な素材名がかかれているのです。一品一品スタッフの人が持って来てくれた時に説明をしてくれる。そう、ここは食べる事を楽しむだけの場所ではなく、フレンドリーなスタッフたちと食べ物について語り合う楽しさも感じることが出来るレストランなのです(ただし中国語が出来ないとその楽しさは半減するかもですが笑 もちろん英語出来るスタッフもいますし、一説によると日本語出来る方もいる?らしい)。ドリンクメニューもあります。かなり豊富。ただここではコース料理に相性ピッタリなペアリングドリンクセットがあるのでそれを選ぶ方がいいかもですね(確か行った時は1400元ぐらいな5杯のセットだったと記憶)。

では、8品の魅惑のメニューをあっさりと紹介しましょう(こってりは紹介できない汗)
10_201702281646452a5.jpg
まずはスタータでこちら。お菓子のような前菜。コロンの皮(笑)のようなモノの上にタロイモアイス。ピーナッツパウダーとハーブを添えて。すぐになくなる。

11_201702281647112f3.jpg
ココからペアリングドリンクスタート。まずは白。色々説明してくれたけどゴメン。まったく覚えていないぞ汗。ただ全部フランスのワインだったと記憶。

12_2017022816471369b.jpg 13_2017022816471458c.jpg 
パンはお代わり自由で外カリッカリ、中フワフワナ素晴らしいハード系パン。バターもなんかコーヒーかな?パウダーかかってた。食べきれなかったら持ち帰りさせてくれた。バターも一緒に。そして二品目は春らしい彩りの一品。グリーントマトにグリーカレーのスパイスがかかり、緑の苺も添えられたシャレオツな一品。爽やかな味でワインにピッタリだった。

14_20170228164716885.jpg 15_20170228164717b3f.jpg 
なんか暗いけど、ロブスターと葱と白身魚の素揚げ盛り合わせみたいな一品。ここでまたワインもチェンジ。

16_201702281647347f2.jpg 17_201702281647353fa.jpg 
トウモロコシとチーズとポップコーンが入ったスープ。すごく面白い味。でペアリングドリンクはビール。

18_20170228164737ad9.jpg 19_20170228164738521.jpg
ここで台湾らしさ?豚の血を絡めたもち米で作った巻きもので中にはリンゴとキムチ。ハウスバーモンドカレーからヒントを得たのだろうか?辛いものに甘いモノみたいな。もう一つの豆の上には何とウニ!このウニ特別に我々にだけあしらってくれたって言ってたけど他の人には何が??メニューには海鮮としか書いてない。これもだけど見た目味があっさりしてるっぽい色合いですが全部パンチのある濃厚な味。なのでペアリングドリンクは必須かと。

20_201702281647406b1.jpg 21_20170228164812ec2.jpg 22_20170228164814d6c.jpg
最後はフランス風肉の煮込み。煮込む前の状態をちゃんと見せてくれる。こんだけの野菜と一緒に肉が煮込まれて仕上がったのが盛り付けされたものって事をちゃんとビジュアルで説明してくれるところが親切。牛はしっかりと台湾産使ってらっしゃいます。もちの論で赤ワインとの相性はバッチリ。

23_20170228164815de8.jpg 24_20170228164817917.jpg
最後スイーツはいわゆる豆花をレアチーズケーキのように仕上げ、その上に大豆や黒豆をあしらったヘルシーなスイーツ。アイスは黒糖アイスなり。そしてここでもペアリングワインをいただきます。ここでコーヒーなどにはならないのがポイント。

25_20170228164818cd8.jpg
最後の最後にエスプレッソ来ました。が、これもサービスって言われた。上に乗ってるクッキーもおいしかったぞ。ちなみに・・・量的には最後かなりお腹いっぱいだなぁってぐらいの量なので、前半から飛ばしすぎないように!

26_20170228164832664.jpg
そして振り返ったら・・・・もうお店の中誰もいなかった汗。食事に夢中で全然まわり見てなかったという。閉店時間22:00ですが帰ったの23:00。でも全然終わりです的な感じで帰そうとしない温かさに感動。

<基本データ>
住所:台北市樂群三路301號1F
(MRT劍南路駅から徒歩約8分)
TEL:02-8501-5800
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:00(月、火曜休み)
予約はこちらからどうぞ→予約システムにGO

<コーディネーターのちょっとひと言>
何度も予約にトライしたけど玉砕。で、たまたま知り合いが予約が取れたから一緒に行かないって事でのあやかりご飯でまったく何の努力もせずに食事が出来てしまった。持ってる?(笑) 実際、当日キャンセルが出たりした場合は突発的に食べれたりって事もあるらしいけど、通常の予約はレストランの公式HPの予約システムを使い、毎日12時に15日後の予約の受け付け開始と同時に予約にトライ。で、あっという間に撃沈されるか予約が取れるかの一か八かシステムで予約するしかないのです。ホント、毎回あっという間に全60席もある席が予約がいっぱいになってるらしい。どうも18:00~20:00とかで入れ替わるのではなく、その日何時に入ったとしても席の入れ替えは基本ないらしいから開店から閉店までいていいという事みたい。もう予約が取れたら思う存分RAWを楽しんできてくださいませ。ちなみに人数が多い場合の予約はそのシステムではなくメール?電話?かなんかで受け付けてくれるらしい。更に8名以上で予約すれば憧れのシェフズディナーも可能らしいからこういう予約の仕方の方がいいかも?コースは1680元+10%の1コースのみ(全8品)で昼夜一緒。メニューは三か月に一度変更される。たまたまい行った日が春メニューの初日。なので5月中旬までは今回紹介したメニューが提供されるでしょう。年間を通じて24品の料理を提供するシステム。この24品は台湾の暦として存在する「二十四節気」というものに基づいて作られているらしく、その季節に合った旬な料理がメニューに組み込まれているのです(日本でも暦ありますよね?台湾でも昔から伝わる台湾暦をベースに物事を考えるが料理に置いてもベストな選択だってことのようです)。ちなみに3か月に一回のメニューチェンジだと一年分としては足りないじゃんって話なんですが、どうやら最後の3カ月はその年のベストオブ8品+デザート的なコースを提供するらしいので最後のコースはその年のおいしいモノ全部食べれますという事になるらしい(値段は少し高くなるっぽいけどRAWで食べるなら値段はもう気にしない!)。とにかくおいしいものを食べるにも予約の難関を潜り抜けないとならないからそこがまずは大切。加油!

お薦め度★★★★★(もちろん最上級だけど一生の内何回行けるのだろう?って気も・・・)。
予約困難度(星5個を超えて∞(無限大)レベルです。スタッフの身内だって食べれないって嘆いてました。それぐらい公平にやってるっていうポリシーも素晴らしい。ある時は別々に予約をした有名芸能人同士が隣同士で食事。その周りは普通に一般人みたいなシチュエーションもあったと言ってた。それほど公平で平等なんだなと))

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


2017年3月3日

こちらのお菓子、
2C4CCFE2-86E4-43D3-B9CB-3536B33EF023.jpg
「乖乖」という台湾の昔からあるスナック菓子なんですがいい子いい子、よしよし、みたいな意味で、15号から教えてもらったのですが特にこの緑色のパッケージはPCの上に置いて、PCが機嫌悪くならないようによしよし、としてあげるんだそうです。なんだか可愛い発想ですね。そしてこちら、後ほど本日のニュースにもちらりと出てくるのですが、昨日桃園機場捷運の正式開通の記念品として特別パッケージのものが乗客に振舞われた模様。紫のMRTの車体も描かれちょっとうらやましかったです。笑

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 19~22度
台中 晴れ/曇り 21~24度
高雄 曇り/雨 19~20度
花蓮 晴れ/曇り 23~25度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2635NTD
1NTD→3.642JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.3.02発表)/03,08,14,19,28,34/第二区ナンバ-02
大楽透(2017.2.28発表)/6,14,15,19,30,43/特別ナンバー31
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「桃園機場捷運正式運行開始 ピークタイムでも空席あり 」
桃園機場捷運は昨日正式に運行営業をスタートしました。乗車数が跳ね上がった無料試乗期間に比べ、昨日は出勤ピーク時でも全ての運行列車に空席が見られる状況でした。桃園捷運公司では初期の連日の乗車人数は4.6万人程度と予測しておりますが、10万人を超えるとようやく収支のバランスがとれるとされています。桃園市長の鄭文燦も「営業の初期段階では必ず赤字にはなる」と述べており、輸送量はゆっくりと育てていくとのことです。
副總統の陳建仁は開通式典において、桃園機場捷運の開通は台北、新北、桃園市を代表するものとなり、この軌道は生活圏を成形することでしょう。と述べ、交通部長の賀陳旦は輸送量に関してはまずこの優恵料金の期間を通して乗客数を育てていくことができるでしょうと述べました。
記者は実際に乗車し、いくつかの駅で観察を行ないましたが、開通初日、直達車で出国旅客を乗せる以外、普通車では多数の空席が見られました。A1台北火車站、A21中壢環北站などの大きな駅では人も賑わいを見せていましたが、その他の小さな駅では駅員のみで乗客の姿は見かけないといったようなこともありました。
三井OUTLETと商業ビルがあるA9林口站では、昨日の出勤時間に駅区では2人の駅職員を見かけただけで、7時から9時までの利用者数は30人を超えない程度でした。サラリーマンの陳さんに伺うと、自分はすでに車出勤での生活に慣れているし、家と職場から機捷駅までの距離がある場合は乗車しないと思いますと語りました。
A8長庚醫院站へ進むと、駅職員より改札では機捷限定のスナック菓子「乖乖」が記念品として振舞われていました。ですが通勤者の数はやはりまばらで普通車では相変わらず空席がありました。
鄭文燦は「基本輸送量に関しては我々はゆっくりと育てていくつもりですので心配しないでください」と述べました。基本輸送量は出国、帰国、および通勤族によるもので、長庚醫院駅では2万人の出勤者、華亞科技園區駅では3万人の出勤者、空港も3万前後の利用者があります。その他にも沿線には病院利用者、ショッピングでの利用者もいるので人の流れは少なくはありません。
機捷の乗車券の運賃は、もともと当初算出されていてた試算では基本価格270元でしたが、後に現在の160元となりました。今月は半額の運賃で乗車できる施策を打ち出していますが、このことにより赤字が出ることは既に交通部において記載されていますので多くの助成を望みます。
鄭文燦によると、輸送量、列車本数、車両の増加、乗換えのしやすさ、これらはゆっくりと積み重なってゆくでしょうとのこと。試運転の一ヶ月間、多くの問題点も発見されました。桃捷公司によるとA9緊急停留所のレールの亀裂、プラットホームの雨漏り、改札機の破損はすでに解決しましたが、列車の空調システムの自動コントロールについてや、列車の開閉の警告音の音の小ささなどの問題については改善のスピードを上げていくとのことです。
(情報:聯合新聞網
いよいよ正式運行がはじまりました!
以前こちらでも取り上げた桃園空港→台北駅までの試乗レポートはこちら
実は本日このあとOK号も乗車してきます!↑とは逆ルートの台北駅→桃園空港までのレポートは追ってまたこちらに記載する予定です!

ただいま!台北駅から桃園空港第二ターミナルまで直達車に乗ってまいりました!
本日OK号は地上から駅へ行きました。場所は以前の国光バスターミナルの真後ろの位置です。
P1100005.jpg P1100006.jpg P1100007.jpg
ただここ、人気はないのですが車通りが結構激しいので車にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

こちらの位置は出口1。駅からの距離はこのくらい。
P1100014.jpg P1100011.jpg P1100010.jpg

この階はがらんとしていますが改札は下にあるので下へ下へと下がっていきましょう。
P1100009.jpg P1100019.jpg P1100024.jpg

切符売り場はこんな感じで色分けしているから直達車と普通車で買う券売機が違うのかと思いきや、紫は券売機、青はカードのチャージ機のようです。
P1100028.jpg P1100031.jpg P1100030.jpg

そしてここがこの駅のポイント。直達車と普通車で乗り場が違うのでお間違いのないように。これらのスポットに行きたい方はこの駅で降りてくださいね。
P1100035.jpg P1100036.jpg P1100037.jpg

P1100041.jpg P1100044.jpg P1100042.jpg

さて中に入ります!入ってみるとボックス席が端の方にいくつかありますが基本的には同じ方向を向いています。ただ、前を向いている方と後ろと向いている方で半々くらいに分かれていますので車酔いしやすい方は進行方向をご確認の上乗車されるとよいでしょう。荷物置き場もいくつかあって、3段式なので新幹線よりも収納量が多そうで安心。
P1100047.jpg P1100051.jpg P1100045.jpg

そしてチェックしたかったことがWi-Fi。試乗時の台湾の記事を読んでいたらあまり接続状態がよくない、みたいなことがあって気になっていたんです。でもそんな心配は全くなしで、すぐ繋がるし安定の速度でした。便利。「Ty Metro」というやつです。オレンジのボタンを進んでいくと完了。利用時間は30分です。
P1100059.jpg P1100063.jpg P1100065.jpg

台北を抜けて、工業地帯、のどかな水田など眺めながらしていると、
P1100057.jpg P1100068.jpg P1100071.jpg

安定の35分で到着です!平日の日中は混雑もせず楽々で座れました。ちなみにこのシートの配列は直達車のみで普通車は台北MRTのような横一列配列のプラスチックイスのシートです。

そして改札を出て、あれなんだかここは見覚えのある所だぞ!って思ったら地下の美食街、フードコートのある場所でした!快適快適。以上OK号の乗車レポでした!
P1100093.jpg P1100094.jpg P1100119.jpg
(担当特派員:TOPOK号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード