2017年03月01日
2017年3月1日
 

そういえばネットで少し話題になっているのをみたのですが日本では3月6日に台湾の代表的なスイーツ、タピオカミルクティとパイナップルケーキのチロルチョコが発売されるようです。パッケージも客家花柄を用いていて、とても台湾らしくて素敵。先日も東京ではドリンクスタンドCOCOや仙草スイーツの有名店「鮮芋仙」がオープンしたようですね。多くの人で連日賑わっているようで、しっかりと続いている台湾ブームをこちらでもひしひしと感じています。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 16~18度
台中 曇り/晴れ 20~23度
高雄 晴れ/曇り 23~26度
花蓮 曇り/雨 20~23度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2636NTD
1NTD→3.641JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.2.27発表)/18,20,25,32,37,38/第二区ナンバ-01
大楽透(2017.2.28発表)/6,14,15,19,30,43/特別ナンバー31
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「桃園機場捷運試運転 試乗客は一ヶ月で115万人へ」
桃園機場捷運の試乗期間がまもなく終了しますが、桃園市長の鄭文燦は228連休の最終日、A8長庚醫院駅を視察し、観光客などはみな親指を立て賞賛をしていました。試運転期間で現在発生している問題点は車内の揺れ、看板の大小、駅内の雨漏り、プラットホームでの雨、車内の蒸し暑さなどが上げられており、逐一改善解決へ努めていくとされています。合せて市民へは最後の一日の試乗を呼びかけました。
試乗期間の一ヶ月が終了しますが、現在乗客数は115万人に上り、前々日の27日、乗車人数は17万人に達しました。26往復の臨時運行便を出し、多くの出国帰国の旅行客が機捷の乗車を選択しました。また、多くの人は桃園での一日観光やショッピングも楽しむ乗客も多くおり、機捷効果はゆっくりながらも見えてきた兆しです。運転量やスタッフ達ももだいぶこの状況に慣れ、スキルなども大幅にレベルアップを図ることができたようです。
鄭文燦は現在の契約で高鐵工程局へ再び直達車廂を一両提供してもらうことや未来の営業運行量の成長への希望、車両を増やし、運行ペースの密度を上げることなどを言及しました。3月2日いよいよ正式営業がはじまりますが、この月は乗車が半額となりますので、乗客はそれぞれの駅の付近の施設を熟知したり、空港へのアクセスもより便利になります。台北、新北、桃園の3つの生活圏のつながりもより緊密になることでしょう。
鄭文燦によると、捷運に蓋をして12年、確かに施設設備は新しく改善することが必要でした。現在既に22の駅の巡回検査が完了し、欠点部分は整備を進めていますとのこと。また、桃園捷運董事長の劉坤億は乗客の反応があった列車の振動はデータを集め微調整を行なっていく、わかりずらい案内については再製造、駅の雨漏りや屋上の排水に関しても配水管の改善などを行い、これらの件に関してはすでに高鐵局と特別案件チームを創立し、防風防雨設備の増設について討論を行なっていきますと発言しました。
(情報:中時電子報
先ほどニュースを見ていたら、この連休で林口にある三井アウトレットでは3日間で客数が20万人に達したとか。高鉄駅直結のグロリアアウトレットも盛況だったようで、桃園機場捷運開通による経済効果はしっかりとありそうですね。いよいよあすからは正式運行。各駅には魅力的なスポットも潜んでいそうなので記事にもあるように、最初の半額期間でお得なプチトリップをしてこようかな。
(担当特派員:TOPOK号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード