2017年02月16日
2017年2月16日
 

このニュースの記事を書いていると天気予報に敏感になる。でも一向に詳しくはなれずまったく予測不可能な日々。相変わらず毎日の服装に頭を悩ませています。本日は全台湾20度超えで、さっきお昼を買いに行っていた15号が今日はあったかいよ!と教えてくれました。きっと上着要らず。外を眺めてみてもぴかぴかの青空。今週台湾にいらっしゃる方はなかなか快適な気候の中過ごせると思いますよ。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ 21~26度
台中 晴れ 20~25度
高雄 晴れ 23~25度
花蓮 晴れ 22~25度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2621NTD
1NTD→3.661JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.2.13発表)/04,09,21,22,25,33/第二区ナンバー07
大楽透(2017.2.14発表)/10,11,21,23,28,37 /特別ナンバー24
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「桃園機場捷運本日自由試乗スタート 同時にA1台北駅においてチェックインも可能に」
桃園機場捷運は3月2日正式に運行を開始します。本日16日から3月1日まで、毎日2万名の一般乗客を乗せた自由試乗を行ないます。あわせて、桃園機場公司は本日より、A1台北駅にて自動チェックイン機、並びに自動手荷物預け入れのサービスも開始しました。多くの市民が誰よりも早く、この試乗を体験したいと思っていると思いますが、桃園捷運公司は一度の列車には多くても200~300人までの乗車人数としますので、多くの乗客が押し合いをすることなく乗車できることを望みますと市民に呼びかけています。
待つこと20年、念願の桃園機場捷運がついに正式運転を開始します。桃園捷運公司も正式運行の半月前の本日より、毎日2万枚の整理券を配布し、自由試乗を開始しました。この最初の整理券配布時間は7時40分からでしたが、多くの市民は早朝5時ごろから整列を開始し、試乗を心待ちにしていました。
桃園捷運公司の総経理陳凱凌は16日、列車の最高搭載人数は400~460人前後だが、安全と快適性を考え、列車ごとの最大乗車人数を200~300人前後に制限します。
なぜならば多くの乗客がA1台北駅からA21中壢駅まで約70分間の乗車時間となることでしょう。最初から最後までストレスと感じることなく乗車できるよう我々は出来るだけコントロールを行ます。どうぞみなさん一斉に押しかけることなく試乗しに来てくださいと呼びかけました。
続けて、陳凱凌によると、桃園機場捷運は正式運行の状況にならって、15分毎に直達車、あるいは普通車の運転を行なっているとのこと。A1台北駅から桃園国際空港まで直達車で約35分、普通車だと終点まで70分となっています。その他、この無料試乗期間に併せて、桃園機場公司はA1台北駅での自動チェックイン、並びに手荷物預け入れサービスも同時にスタートしました。乗客はチェックインを済ませたあと、駅内の6つの自動手荷物預けれいれ機、あるいは8つの有人カウンターにて手荷物の預け入れが可能となります。
(情報:中央廣播電台
ついに、待ちに待った一般市民の試乗がスタート。ニュースはその話題で持ちきりです。整理券の行列はこのような感じのようです。
1_201702161705146ce.jpg

(出典:総合新聞網
なかなかこの期間に乗車するのは難しいかな。いずれにしても35分で空港まではほんとうに魅力的。早く利用したいです。

(担当特派員:TOPOK号)
本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード