独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(金山温泉)舊金山總督温泉

丁度寒さも温泉にピッタリぐらいなどんよりした天気の日に来れて良かった!(負け惜しみではない笑)。ほとんどしたことがないドライブという行為の流れでこちらに。
1_201702081752345c4.jpg 2_20170208175236f1e.jpg
何とものどかな何もない場所にあるんだってことを初めて知る。

3_20170208175236f97.jpg 4_201702081752381fc.jpg
現在は終了してしまった懐かしの番組「世界温泉遺産」では多分3回ぐらい来てると思われるこちらの温泉施設。でも実際自分は来たことがなかったので今回はとある撮影の下見を兼ねて訪問してみた。車出してもらえたから来れたようなもの。Tちゃんに感謝。

5_20170208175239ad3.jpg 8_20170208175257088.jpg
受け付けはこちら。昭和ラブホの受付のような雰囲気なノスタルジック感。これは階段やデザイン全般的にそんな感じ。リアルに昔そーいう施設だったなんてことはないだろうな?笑
こちらでお金を払うとちゃんとタオル(大、小)を貸してくれるではないか!持ってこなくてもいいんだなと。個室風呂とかなんとか風呂とか種類があるけど、一般的に日帰り入浴の人って4Fの露天風呂だよなって事でココの料金は平日300元、休日は350元。露天風呂のみで男女別裸で入る風呂だす(台湾混浴水着入浴(何ともダサいスイミングキャップ着用)とかあるから要注意)。

6_201702081752548f8.jpg 7_201702081752555b4.jpg
昭和デザインの階段を上り、更に登って3Fへ。そこに関所有。ピンクのおばさんに紙を渡して更に4Fへ。

9_201702081752581ce.jpg 10_20170208175259c17.jpg
男湯、女湯それぞれの入り口

11_201702081753348e4.jpg
こっから男風呂。まずは行ったらこんなベンチがあって外が風呂。実はこのベンチの右端に洗い場みたいな場所がある。ここで普通に体洗ったりしてシャワーの角度を変えられるとびしょぬれの刑となるのでこれも要注意(かけてる本人は反対側も見ているので全く気付いていない為相当な勢いで濡れる)。

12_20170208175336bbc.jpg
鍵付ロッカーがあるからここで荷物も服も全部入れてて鍵閉める(20元。なお開ける時にお金が戻らない捧げるタイプのコインローカーらしい)。

13_201702081753378d6.jpg 14_20170208175338add.jpg
外に露天があるんだが湯船は三タイプ。一番左真水、真ん中一番温度が高い(43度位)、一番右はぬるま湯。行った日みたいにちょっと肌寒い日はぬるま湯に入ると寒くて身体出せない。しゃがんだまま風呂を移動。ここは温泉につかりながら海を眺められると思っていたんだけど実は半透明のバリアがされてるから入ってたら見えない。ちょっとだけ見えるところあるけどもしそこで立ち上がったら外から逆に丸見え。故に以前は丸見えだったという事だろう笑

そして事件が起きる
15_20170208175339802.jpg
Tちゃんは鍵を開けようとしたら鍵が折れた。当然ロッカーが開かなくなる。スタッフを呼ぶ。スペアキーを持って来て空けてくれるのかと思いきや・・・・。

16_20170208175355f07.jpg
解決方法は破壊笑 ワイルド

17_201702081753568a2.jpg
なお施設前にある無料の駐車場の脇にも共同浴場がある。うん?ここは・・・過去の10号が紹介した共同浴場だ!過去紹介記事はこちらをクリック
あの橋もチラッと写り込んでるではないか笑 そしてアクセスに関しては大変親切に入力されているのでご参考に笑

<基本データ>
住所:新北市金山區民生路196號
(とりあえず場所だけお知らせ。台北からは車で1時間位)
TEL:02-2408-2628
営業時間:9:00~22:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
懐かしの10号の記事にたどり着き、そして何度もお世話になった温泉でのんびり過ごす。ここに来ていたトップレンジャーズはみんな一生懸命働いていたんだろうが申し訳ない笑 って事で完全に旅人感覚でココの温泉について語るが、ぬるいところはマジでぬるい。が、肩までつかってればぶるぶる震えるような感じではないので、温かいお湯の所とぬるいところ交互に入ると長く入れる。で、温泉の泉質がどうなのか?よくわからないが海底から湧いている温泉を引いてきているようでかなりしょっぱい。それと多分硫黄をかなり含んでいると思われちょっとピリピリ系。肌がチクチクする感じはある。だからさっきの鍵の壊し方もワイルドだが、お湯の泉質も何だかワイルド感あり。

お薦め度★★★★(長く入りたいから休憩室とかあるといいんだけど、限られたスペースしかないのでそれが出来ないのが難点)。
混雑度★★★(露天風呂は30人までって人数制限をしているから混んでるって状態にはならない所はいいかも)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


2017年2月14日

今日は世界的なイベントバレンタインデーですね。台湾では日本と違い、世界の他国と同じくもちろんこの日も男性が女性に愛情を表現し、尽す日となっています。インターネットニュースによると、間違いのないバレンタインのプレゼントとしてチョコレート、イチゴのデザート、特別な豪華ディナーがあがっていました。最近の新しい風潮としては自らキッチンに立ちステーキを焼いたり、スパゲティーを作りもてなす料理男子が増えているとのこと!なんとこの一週間のインターネットサイトの輸入牛肉の売れ行きは50%増にもなるそうです。17号は全くこんな素敵なイベントとは縁遠い一日を過ごすことになりそうですが、みなさん素敵なバレンタインデーをお過ごしください。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ14~21度
台中 晴れ/曇り13~24度
高雄 曇り/晴れ16~24度
花蓮 曇り/雨15~20度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2650NTD
1NTD→3.623JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.2.13発表)/04,09,21,22,25,33/第二区ナンバ-07
大楽透(2017.2.10発表)/07,11,12,15,24,26/特別ナンバ-06
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「新幹線にもついにWi-Fiが  8月のユニバーシアード台北開催までに開通予定」
台湾新幹線乗ったことのある人ならだれでも、走行中の車内でのネットの繋がりにくさと電波の不安定さを感じていると思います。以前芸能人の呉宗憲さんがフェイスブック上で、台湾高鉄はすでに開通して10年も経つのにWi-Fiもないのかと批判して話題になりました。

中華電信は将来出来るだけ早期に、新幹線の車内にインターネット装置を設置するとしています。現在すでに現場での測定テストは完了しており、最速でユニバーシアード台北(世界大学運動会)の開催前に開通させ期間中乗車する乗客にインターネットサービスを提供したいとしています。

新幹線の速度は実際とても早いので、トンネルの中では電波が妨害され、走行スピードにおいつかなくなり、途切れ途切れの状態になります。以前より行政院は高鉄公司に対してユニバーシアード台北の開催前に車内のWi-Fiサービスを完成させる要求をだしていました。中華電信はこれに対し、引き続き新幹線の車内にWi-Fiを設置する作業を進めており、すでに現場での測定テストも完了している状態です。目標は台湾新幹線全線に4GとWi-Fiを8月のユニバーシアード台北開催前に開通させることです。

中華電信によるとMRT空港線ではすでに全線にて4GとWi-Fiが開通しており、新幹線ではすでに車両内での接続テストがはじまっています。高鉄の4Gアンテナは各電信業者と連携し、北部エリアでのトンネルでのインターネットクオリティーを強化し、乗客にとぎれとぎれでなく安定したネットサービスを提供しようとしています。目標は最速でユニバーシアード台北の開催前としており、8月の中旬には理想的なインターネット環境で新幹線の旅ができそうです。
 (情報:匯流新聞網
確かにありがたいお話ではあるのですが、一抹の不安もあります。
台湾新幹線の車内で大迷惑なのは、座席に座ったまま電話で大声で話している人が本当にたーくさんいることです。日本のように通話はデッキでなどという素晴らしい(というか当たり前?)マナーはどこにも存在いたしません。現在のような途切れ途切れの電波でもこの調子なのですから、Wi-Fiが完備されたらLINEなどのネットサービスの無料通話を利用する人もどんどんふえてくるでしょう。今後ますます台湾新幹線の車内騒音レベルは上がりそうな予感。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード