2017年02月01日
2017年2月1日
 

昨日久々にドライブに行ったんですが(運転手は友達)、タイワンニンの車は我々の車をガンガン追い越していく(もちの論で追い越し禁止)。街でバイクを見てても、人が歩いているのを見ててもいつも思うが、何故タイワンニンはそんなに一番になりたがる?バイクでは猛烈ダッシュでフライングしてでも一位になろうとしてるし、歩いている時にお互いが鉢合わせになりそうな時は速度を緩めずむしろ上げて絶対に自分が先に行こうとする。車でも同じでどうして前の車を抜きたいのか?わからない。うちらの車が遅いんじゃなくて、前の車とちょうどいい車間距離で走っているだけなのにそれでも前に入る。で、入った後どんどん前に行くのか?と思いきやその場にとどまって走る。外から外人とはわかっていないだろうが外国人に対する嫌がらせだろうか?そして昨日悟った事は、タイワンニンドライバーは皆、追い越し走をしている感覚なのかもしれないという事。追い越す、前に入る、次の人が追い越すのを待つ。で、追い越されたらまた追い越す・・・・。これは嫌がらせとかではなくスキンシップなのかもしれないという事で、ドンドンやり返せとドライバーに指示笑 ホント台湾での車の運転ってストレスたまる(←運転してないけど笑) 

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 14~18度
台中 曇り 14~23度
高雄 曇り 16~23度
花蓮 雨/晴れ 16~22度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2672NTD
1NTD→3.590JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2017.1.30発表)/03,07,08,10,18,31/第二区ナンバー04
大楽透(2017.1.31発表)/04,11,16,28,33,46 /特別ナンバー17
ロトの購入方法など詳しくはこちら
*2月7日まで旧正月期間の特別ロト「大楽透/春節大紅包」も同時に開催されています詳しく今日のニュースをご覧ください。

<今日のニュース>
「春節期間 765万人がお出かけ 鯉魚潭、獅頭山、八卦山が人気スポットに」
春節連休は全台湾がお天気に恵まれ、多くの方がレジャーを楽しんだようです。交通部観光局の統計によれば、1/28の旧正月元旦から1/31までの期間で全台湾の観光スポットにおよそ742万人が訪れたとされており、その中でも上位3位となっている風景区は花蓮鯉魚潭、苗栗獅頭山、彰化八卦山と発表されました。またテーマパークでは劍湖山が最も人が訪れた場所であったことも合わせて発表されました。これに加え、農委會林務局管轄の18カ所の森林遊樂區、3か所の平地森林園區と4か所の林業文化園區にも23万5000人が訪れ、合計で765万人もの人たちが連休期間中にお出かけになったようです。
また観光局からは2015年対比で考えるとレジャー人数は1%減少となっているようですが、2/2、3が木曜日、金曜日でこの二日間を休んだ場合はその後の土日と合わせて10連休となることからレジャーに出かける人たちも分散したことから単純にマイナス成長となったのだろうと分析しています。
林務局管轄の18の森林遊樂區は旧正月三が日の人出が合計で9万3111人となっており、昨年の8万1048人と比べ14%増しとなったと発表されました。最も人気だった場所は阿里山、太平山、武陵が上位三か所で自然の美しさを有する場所が上位を占めました。具体的な訪問人数は阿里山が27000人あまり、太平山が約11000人、武陵も約9500人となっています。春節に合わせて各遊樂區では新春祈願イベントなども開催しており、その場所を訪れる事で一年の平安をもお願いできる場所として多くの方が訪れています。
各カテゴリー別の訪問人数ランキングは風景區ベスト10が花蓮鯉魚潭、苗栗獅頭山、彰化八卦山、宜蘭大里地區、台東池上大坡池と伯朗大道、嘉義布袋高跟鞋教堂(ハイヒールの形をした教会)、南投日月潭、嘉義東石漁人碼頭、屏東原住民族文化園區(山川琉璃吊橋含む)、台中谷關地區となっており、テーマパークのベスト5が劍湖山、六福村、小人國、義大世界、麗寶樂園となっています。
(情報:中時電子報
いよいよ本日で旧正月の連休が終了。明日は爆竹の雨あられでしょう。街中を歩くときに油断しているといろんなところで至近距離で破裂する爆竹の音で心臓が止まりそうなぐらいビックリするので常に用心しておきましょう。昨日は連休中にも関わらず高速道路を使う、北海岸へ行く、烏来に行くなど数々の渋滞しそうな人気スポットに行ったにも関わらず全く渋滞にはまらないという幸運。今日あたりはもう高速道路大渋滞でしょうね。新幹線も、台鉄もすごいことになっていそう。そして台北駅のいつもの通勤路は荷物をいっぱい持ってちんたら歩いている人が殺到しているはずなのでイライラしないで歩かないと!
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード