FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

考山路 人生好苦之泰居酒

台北の住宅街に、居心地のいいタイ料理があります。古い木の窓枠やガラスを無造作に組み合わせ、2018年の夏にオープンしたのに、もっと昔からそこにあったような佇まい。予約が取れなくなるほど有名になるのは困るけど、美味しいものはシェアしましょう。
MRT南京三民駅から徒歩8分ほどの「考山路 人生好苦之泰居酒」は、中国語で「カオシャンルー」。バンコクにある「カオサン通り」からとったようです。
11_20210323181038e0b.jpg 12_20210323181040a5a.jpg
平日のランチタイムのみの、セットメニューを食べに行ってみました。
13_20210323181041707.jpg

ガパオライス「打拋豬肉飯(170元)」。死ぬほど美味かった。
実は33號、辛い物が大の苦手です。どこかへ食事へ行くにも、タイ、韓国、四川は最初から外してもらい「辛いものは食った気がしねえ」と敬遠していました。
このガパオライスも、とても辛かった。でも、きちんと丁寧に作られた料理というのは、辛さを上回るしみじみとした旨さ、味わいがあるのだ。それを改めて、この「孝山路」のランチプレートに教えられました。プレートには、青いパパイヤのサラダと、キャベツの炒め物が添えられています。
これも死ぬほど美味かった。
ただのキャベツの炒め物ですやん。と思うでしょう。どうすればこんなふうに、綺麗に油が回って歯ごたえと甘みを引き出せるの?ランチプレートに料理を美味しく作る心と技が込められているのを感じ、久しぶりに
「シェフを呼んでくださらない」
と泣きながら言いたくなりました。
14_20210323181043d02.jpg
泰式奶茶(70元)濃厚なタイスタイルのミルクティの甘さが、辛い料理の息継ぎ。マイルドに和らげてくれます。ココナツジュース(70元)や無糖烏龍茶(40元)などもありました。
ランチセットはグリーンカレーや蝦つきパッタイなど6種類。

流れていたのは、穏やかなクラブ系音楽でした。最初はちょっとだけ、人を選ぶ店かな、敷居が高いかも、と思ったお店。でも、意識が高いとか、クラブ系で騒がしいとか、落ち着かなくなる要素はありません。昼さがりにしみじみと美味しいものを食べる、幸せな空間でした。

ランチ営業は月曜日から木曜日のみ。金、土は夜だけの営業で、2時間利用の制限つきです。

あまりにも美味しかったので、友達を誘って夜の部にも来てみました。椅子とテーブルの席のほかに、タイ式お座敷の席も。リラックスできそうですね。
15_20210323181044160.jpg

今回一緒に食べに行った友達はみな、タイ料理は初心者。メニューは中国語のみでタイ語や英語も記載はありません。お店の方に「おすすめ」を尋ねながら、注文をしました。
16_20210323181046987.png 17_20210323181047702.jpg
タイのビールは海外では「シンハ」が有名だけれど、せっかくだから初めて見る象のマークの「チャーン」にしてみます。すいすい飲めて、料理にもあうよう。私はシンハのほうが「異国」を感じ、チャーンは台湾ビールに近い、親しみを覚えました。グラスはタイ語で書かれたコーク、ファンタ、バヤリース。台湾居酒屋の台湾ビールやカルピスの小さいグラスとはまた一味ちがう可愛いものでした。タイのドラマで覚えた乾杯「チョーン」と言いながらグラスをあわせる日本人チームに、お店のお兄さんたちは「?」と首をかしげていました。

18_202103231810495d4.jpg
「唐揚鶏」(130元)。ビールが美味しいのでついから揚げを頼んでしまいましたが、日本式とは少し違う、ふわっとしたフリッターのよう。
19_20210323181050f1a.jpg
「松坂猪」(220元)は上品なサイズの豚肉ロースト。タイ式か塩味を選べます。柔らかく、柑橘を絞ると甘く香ばしい。
20_2021032318105291b.jpg
「泰式蘋果起士捲」(160元/2串)はタイ式りんごの肉巻きチーズのせ、オーナーのおすすめ! フルーツとチーズとお肉の組み合わせが好きな方はぜひ。
21_202103231811214da.jpg
「烤大頭蝦」(230元/5尾) 香ばしく焼いたエビ。シンプルに甘く、中華料理とはまた違う南国を感じる調理法、美味しいな。
22_20210323181123f9f.jpg
「綠咖哩焗烤起司馬鈴薯」(160元)。グリーンカレー味チーズポテト。辛いのかな?とみんなおっかなびっくり注文したけれど、まろやかでとても美味しかった。
23_20210323181124320.jpg
「涼拌青木瓜」(120元)青パパイヤのサラダ。ほんのり辛くてパパイヤの青さがさっぱりシャキシャキ、ピーナッツとパクチーを添えて。前菜にも、箸休めにもぴったり。夏にはこれを、ずっと食べていたい。
24_20210323181126230.jpg
「泰式炒河粉」(130元)。米粉の麺と野菜を炒めたもの。これがパッタイなのでしょうか?中国語しか書いてないのでよくわかりません。

ひとつひとつのポーションは小さめでお手頃。時間制限もあることだし、美味しいものをテーブルに沢山並べて微笑んでいた私達に、「平日なら時間制限なしだから……」とお店の方が教えてくれました。
「そういえば、全然辛くなかったね?」
帰り道にみんなで顔を見合わせるほど、辛さではなく、美味しかった記憶だけが残るタイ料理店です。
25_20210323181127c34.png

<基本データ>
所在地:台北市台北市松山區南京東路五段250巷2弄28-1號
(MRT「南京三民」駅から徒歩8分)
電話番号:非公開 ※予約はFacebookのメッセンジャーで
営業時間:月~木 11:30-14:30 、18:00-23:00 金~土 18:00~0:30(日曜休)
夜営業時はミニマムチャージ300元/1人

<コーディネーターのちょっとひと言>
店の外観は、台湾レトロのようで一味違うテイスト。台北でも、他には似たお店が無い独特の雰囲気です。夜の部は平日でも混んでいるので、必ず予約を。様子見でお昼に行くなら、早めだと入りやすいですよ。
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。




古一小舎 GUYI

気が付けば、台湾はカレー屋さんだらけ。台北を歩いていると、あちこちで小さなカレー店を見かけます。
カレーは家で作るもの。自分で作ったカレーが自分の口には一番あう。
と考えていましたが、先日食べに行った「古一小舎」のさらりとして深みのある味、飲み物の完成度、店の雰囲気は、どうやったって自分では作れそうもありません。
1_20210215154611142.jpg 2_202102151546143c2.jpg

場所は環河北路沿い。あまり馴染みのない住所かもしれませんが、迪化街の西側、淡水側脇と言えば、ピンとくるでしょうか。
大型トラックがブンブン走る道沿いなので、正面から店の写真を撮るのはかなりスリリングでした。無理をしないようにお願いします。

3_202102151546161e5.jpg 4_20210215154617e04.png
通り面した部分は一面ガラスだけど、明るすぎず、落ち着いた光の加減。音楽はかかっていたか、ちょっと覚えていません。テーブルは3つほどにそれぞれ3~4人のグループと、カンターに大人のカップル。大騒ぎする人はいなくて、静かすぎず、賑やか過ぎず。それぞれのテーブルが自分達のおしゃべりや食事を穏やかに楽しめる距離感と雰囲気、光の具合が心地良い店。オープンして2年ほどになるそうです。

5_2021021515461977b.jpg 6_202102151546209fe.jpg
カレーと飲み物、2枚だけのメニュー。コーヒーはありません。

7_20210215154622142.png
トマト・チーズ・ビーフカレー(240元)を注文しました。追加20元で卵も付けられるはずなのに「他のカレーは可能だけど、トマト・ビーフ・チーズカレーだけはその設定ではない」と謎な解説で断られてしまいました。きっとシェフのこだわりなのでしょう。さらりとしたカレーには、色んな野菜や果物が溶けているのがわかりました。メニューには唐辛子マークがひとつついていたけれど、ホットな辛さはなく、ジューシー&スパイシーという感じ。

8_20210215154623adc.png
友達はベジタリアンカレー(220元)。こちらは卵を付けられる設定です。野菜がたっぷり、美味しそう。唐辛子はトマト・チーズ・ビーフと同じひとつなのに、ベジタリアンカレーのほうが辛かったそうです。

9_2021021515462510a.jpg
飲み物は「秘制冰茶(100元)」。「つまりどんな飲みものですか?」と尋ねると「紅茶ベースで、レモンや蜂蜜を使った飲み物です」。それはレモンティーではなかろうか?と思ったのですが、出て来たグラスを見て「わぁ~」と乙女心爆発。「何かとても美味しい、さっぱりした少し苦くて少し酸っぱい、ほんの少し甘い、綺麗なものを飲んだ」と思い出してうっとりしています。

10_2021021515462635f.jpg 11_20210215154708650.jpg
店を出て、南京西路側の迪化街入口まで歩いて5分ほど。問屋街で買い出しや散策をしていかにも台湾的な食事も良いけれど、このカレー屋さんに来ると、ちょっと気分が替わると思います。

12_20210215154709247.jpg 13_2021021515471195e.jpg
迪化街帰りにカレーを食べて、水門をくぐり淡水河の方に出ると、河濱公園沿いに西門町まで歩いても行ける。食べて歩く、それも台北の楽しみ方の基本ですね。

<基本データ>
所在地:台北市大同區環河北路一段113號
(MRT「北門」駅から徒歩10分)
電話番号:02-2555-6011
営業時間:火~日 12:00-15:00 、17:00-20:00(月曜休)

<コーディネーターのちょっとひと言>
某チェーン店のカレーを食べたら胸やけが3日くらい続いたことがあり、私は外でカレーを食べるのは命がけです。でも、ここのカレーは身体的には後に響かず、心には残るものでした。時勢柄か店のポリシーなのか、6人は座れるテーブルに3人で、後からどんどん人が来ても相席にはなりません。人気店なので、予約がお薦めです。
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

夜問永春串燒居酒屋

今回は「永春駅」から徒歩約5分の場所にある小さな居酒屋さんをご紹介。日本風、台湾風の焼き鳥を食べながら軽くお酒を飲みたい時におススメの店。

1-1_20200413164334323.jpg

お店の外観はちょっぴり和風なのですが、入り口に香港のカンフー映画で見かける「赤い等身大の木(中国語では、木人樁と言います)」がディスプレイされていたり、じっくり見るとなかなかユニーク。

2-2_202004131643359ff.jpg

店内は全部で約30席ほどでしょうか?奥はテーブル席となっています。店内が非常に暗いので今回の写真は少し黄色い仕上がり、少し見えにくいかもしれません。

5-5.jpg

メニューは全て中国語。焼き物は鶏、牛、豚、海鮮、野菜など様々。その他揚げ物や主食(おにぎりや、お茶漬け、焼きうどんなど)お酒を飲まない方でも様々な料理が楽しめます。メニューは書き込み式となっていますので、食べたい料理の上に「正」の字で数量を書けばOK。メニューの下に描かれた「炎」のイラストは、お店のおススメ料理。徳利のイラストはお酒と共に味わいたい料理となっています。

3-3.jpg

店内カウンターの様子。常連さん風の方が店員さんとお喋りを楽しむ方もいました。今回奥のテーブル席を利用しましたが、店内一番奥に大きなテレビもあり、野球などのスポーツが開催されるときに利用すると楽しいのではないか?と感じました。

4-4.jpg

ビールは、サントリープレミアムモルツ、その後オリオンを注文しました。(大変申し訳ありません。値段失念しましたが、150元前後くらいの価格だと思います)

6-6.jpg 7-7.jpg

まずは「烤玉米筍(90元)」から。ベビーコーンをそのまま焼いたもの。出来立ては手で持てないほどの熱さですが、野菜の自然の甘さが嬉しい1品。甘めのタレがたっぷり絡まった焼き鳥(タレ)「醤烤鶏肉串(90元)」。ここまでは日本の味とあまり変わりません。お酒と共に食べると日本を思い出します。

7-7.jpg 9-9.jpg

ここからはほんの少し台湾テイストを感じる料理が続きます。明太子ソースが掛かったささみの焼き鳥「明太子鷄柳(100元)」は、マヨネーズたっぷりの明太子ソース。ぷちぷちした明太子の食感を期待していると、あれ?と感じてしまう1品ですが、23号的には好きな味です。若い方や女性が好きな味かもしれません。

10-10.jpg 11-11.jpg

ねぎ塩がたっぷり掛かったささみの焼き鳥「鹽蔥鷄柳(80元)」は、ごま油の香りが良く、塩加減も丁度で白いごはんと一緒に食べたくなる味わい。たっぷり塩コショウが入っているので、普段薄味な方のは少々濃く感じるかもしれません。

このあたりでハイボールにチェンジ(150元)

12-12.jpg

先ほどの葱塩と牛タンを焼いた1品「頂級盬蔥牛肉片(120元)」こちらは、焼肉の様な味。ささっと炙った牛肉と葱の相性が抜群です。鹹蛋という塩漬け卵の黄身を使って作ったソースが掛かった牛肉「金莎牛肉串(150元)」は、初めてこのソースを食べる方にとっては衝撃の味かもしれません。独特な香りがありざらっとしたソースなのですが、23号的にはちょっと苦手な食感でした。

13-13.jpg 14-14.jpg

まるでサムギョプサルの様にアレンジされた、豚の塩焼きレタス巻き「生菜梅花豬(180元)」は、口直しにぴったり。刻んだトマトも爽やかでおいしくいただけます。

20-20.jpg

最後に〆でおにぎりを注文しましたが、お皿を見てびっくり!焼きおにぎり。しかも甘い台湾風マヨネーズがたっぷり掛かったものまであります!私が食べたのは明太子マヨネーズが掛かったもの。小さ目サイズで丁度良い感じでした。

19-19.jpg 18-18.jpg

この他様々な料理が楽しめますが、この日は軽く飲みたかっただけなのでここで終了!こじんまりとした店内もなかなか居心地がよく、店内の壁を見るとで少し「台湾にある日本」を楽しむ事ができます。たとえばこんな感じ。

16-16.jpg

また店内奥には「これは台湾!」という雑貨が置かれたスペースもあります。郵便局員さんの人形や、大同のキャラクター(男の子)の人形など可愛いものがいっぱい。

17-17.jpg

熱炒といった台湾式居酒屋もなかなかですが、たまにこういった店を訪れるといつもと異なるお酒を楽しむ事ができます。最後に冷蔵庫の中には日本のビール以外にも!勿論台湾ビールもありますよ♪

<基本データ>
住所:台北市信義區松德路12號
(MRT板南線永春駅4番出口から徒歩約7分)
電話:02-2720-6206
営業時間:18:00~23:30(定休日記載なし)

<23号のちょっとひと言>
オーナーがとても元気でなかなか活気のある店。このエリアで居酒屋さんを探そうとすると数軒しかないので、近くを訪れた際はたまに利用しています。文中でも書きましたが、お酒を飲まない方でも食事だけで十分楽しめるかと思います。塩漬け卵のソースが気になった方はぜひ一度チャレンジしてみてください。

お薦め度★★★★(路地裏にある店なので、結構穴場的な感じかします。これからの季節、美味しく冷えたビールが飲みたい時に訪れてみてください)
メニューの解読難しさ度★★★★(どのお店でも同じかと思いますが、書き込み式メニューは漢字だらけなので、初めて訪れた際文字を読むのに時間が掛かります、笑)
(担当特派員:TOP23号)

傷心酸辣粉

今回は信義区B級グルメ集散地、「永吉路30巷」にあるお店の一つ、傷心酸辣粉を紹介します。

WeChat 圖片_20191003152505 WeChat 圖片_20191003152519
ある日友達と一緒に見つけたお店です。最初看板のゆるキャラに惹かれました。しかも店名も面白いです。中国語の「傷心」の意味は「悲しい」ですけど。本当の意味は悲しいじゃなくて、酸辣粉を食べる時に辛くて涙が止まらない、顔が悲しいに見えるので店名を付けました。

WeChat 圖片_20191003152524 WeChat 圖片_20191003152532 WeChat 圖片_20191003152621
店内です。あんまり広くないです。壁の上のメニューで一つ一つ料理の写真があります。

WeChat 圖片_20191003152608 WeChat 圖片_20191003152612 WeChat 圖片_20191003152603 WeChat 圖片_20191003152616
食器とソースのスペースです。傍に飲み物「檸檬冬瓜」(レモン冬瓜茶)を無料提供しています。ちょっと酸っぱい味といい加減の甘さしています。凄く美味しかったです。しかも辛いものを食べる時に、いい味方になります。

WeChat 圖片_20191003152528 WeChat 圖片_20191003152542 WeChat 圖片_20191003152537
メニューの中でも写真あります。料理の種類が多いです。

WeChat 圖片_20191003152600
涼拌川耳/NTD40
冷やし味付けキクラゲです。ちょっと酸っぱくて爽やかな味です。唐辛子あるけど辛くないです!(辛いが大好き25号個人的な感じ)

WeChat 圖片_20191003152625 WeChat 圖片_20191003152644
綜合酸辣粉條(豬)/NTD179
豚肉と豚の血が入った麺です。酸っぱくて辛いです。「粉條」は春雨みたいな麺です、でも春雨よりもちもち食感を持っています。

WeChat 圖片_20191003152639
招牌酸辣湯粉條(豬)/NTD129
もし豚の血がこわいと思ったら、こちらの豚肉だけ入り粉條がおすすめです。

<基本データ>
住所:台北市信義區永吉路30巷158弄1號
(MRT市政府駅から徒步5分)
電話:02-2766-0222
営業時間:11:00~22:00(火休)

<25号のちょっとひと言>
永吉路30巷本当にB級グルメの宝庫ですね。傷心酸辣粉は凄く美味しかったお店です。今度また行きたいです。
お薦め度★★★★★(麺類が美味しい!しかも種類が多くて迷っていました!無料の冬瓜檸檬もすごく美味しかったです。)
激辛度★★★★★(辛いが好きな方におすすめです!料理本体(?)も辛いですけど、もっと辛い味を望めるなら店内の唐辛子ソースお絶対お試してください!)
(担当特派員:TOP25号)

本日もクリックお願いします!

小日慢慢

先回紹介したお店「花甜果室」の近所にある朝食屋さんです。ネットでよく「日系朝食」(多分デザインと店内の雰囲気かな?)って言われました。台湾に来て必ず食べる朝食「蛋餅」が有名です。

WeChat 圖片_20190927135817 WeChat 圖片_20190927135900
お店の外観と看板です。日系お店みたい爽やかなシンプルデザインです。

WeChat 圖片_20190927135852
外に店内人気メニューランキングがあります。写真もありますので、迷ったらこちらに参考ができます!

WeChat 圖片_20190927135905
店内もシンプルの感じです。店員のお兄さんは二人しかいないです。

WeChat 圖片_20190927135915
メニューです、種類が結構多い、そして全部おいしそうに見えますので、当日25号もちょっと迷っていました。

WeChat 圖片_20190927135932 WeChat 圖片_20190927135936
原味蛋捲/NTD
結局原味蛋捲と棉花糖起士蜂蜜吐司を注文しました。原味蛋捲(オリジナル)ですけど、上にニンニクを乗っています(普段のお店は醤油と胡椒だけです)。珍しい組み合わせです。そして蛋捲も普通のお店より分厚いでrす!

WeChat 圖片_20190927135941 WeChat 圖片_20190927135947 WeChat 圖片_20190927135952
棉花糖起士蜂蜜吐司/NTD45
朝食後のデザート(?)です。中にマシュマロとハチミツがたっぷりです!凄く甘いです!甘すぎて甘党の25号もちょっと無理です。でも中に入ったチーズの塩味に救われたです。甘いが苦手な方、この料理は要注意です。

<基本データ>
住所:台北市大安區敦化南路一段160巷37-4號
(MRT忠孝復興駅から徒步10分)
電話:02-2778-8275
営業時間:00:00~15:00(月休)

<25号のちょっとひと言>
台北市内で台湾の伝統な朝食を食べることができるお店の一つです、店内雰囲気も店名と同じゆっくりしています(慢慢って)。今回あんまり食べなかったですので、次も他の料理を試してみたいです!
お薦め度★★★★✩(清潔感がある店内、そして交通も便利、シンプルな食事環境が好きな方におすすめです。)
美味しい度★★★★✩(蛋捲が普通に美味しいです、ちょっと残念ですけど料理の味が普通でした。)
(担当特派員:TOP25号)


本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード