FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店

台北で美味しい地ビールを飲みながら、タイ料理が食べられるお店で、真っ先に思い浮かぶのは「Jolly手工釀啤酒泰食餐廳」。今日は慶城店をご紹介いたします!
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 1

場所はMRT松山新店線と、文湖線にある南京復興駅。7番出口を出て正面に真っ直ぐ歩けば徒歩5分で到着します。長春商務旅館のすぐ先に、大きな銀色のビールタンク、ライトアップされたJollyの看板が目印です。また斜め向かい側には日本交流協会があります。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 2

外にもいくつか席があります。人気店の為予約なしで訪問すると、外の席でのお食事をお願いされることもあります。店内でゆっくりなさりたい方は事前の予約をおすすめします。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店5 (2)

店内入口右横の壁には、様々なメディアで取り上げられた記事が掛けられています。これを読めば、どれほど人気店なのか一目瞭然です。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店5 (1)

ビールのメニューはこちらです。お食事は、サラダ、揚げ物、炒めの、もちろんタイ風カレーなど、数多い料理を目の前に今日は何を注文しようかな?と悩んでしまいます。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 5

こちらのお店でお試しいただきたいのはもちろんビール!Jolly Beer Set(6種類)です。この他3種類のセットもありますよ。お好きなテイストが見つかれば、もちろんおかわりですね!サイズはS(250ml)、M(375ml)、L(600ml)、XL(800ml)があります。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 6

サービスのスティックパン!少し酸味のあるピリ辛ディップを付けてお楽しみください。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 7

この日はエビやイカ、白身魚にトマトなどが入ったタイ風シーフードサラダを注文しました。ナンプラーがベースとなったドレッシングですが、ほどよい酸っぱさとパクチーや玉ねぎの香りが食欲をそそります。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 8

パッタイにもチャレンジしてみました。シャキシャキしたもやしやニラ、干し蝦もよいアクセント、レモンをたっぷり絞って、ピーナッツを掛ければ更に食欲も進みます。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 9

タイ風の焼き鳥(サテー)も注文しました。そのまま食べるのも良いですが、甘めのピーナッツ風ソースを付けても美味!またピタに鶏肉を挟みスイートチリソース(透明のソース)を掛け食べれば「あら!不思議!」別のお料理を食べる感覚に襲われます。全ての料理がそこまで重くもなく、とてもおいしくいただきました。
<加工済>Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 11

この日も店内はお客様の熱気で溢れかえっていました。お食事は勿論、ビールだけを軽く飲みたい時にもふらりと立ち寄れるこちらのお店、2次会などで訪れてみるのもよいかもしれませんね。
<加工済> Jolly手工釀啤酒泰食餐廳慶城店 10

<基本データ>
住所:台北市松山區慶城街29號
(MRT松山新店線と、文湖線にある南京復興駅7番出口から徒歩5分)
電話:02-8712-9098
営業時間: 11:30~14:30、17:30~24:00

<23号のちょっとひと言>
今回は慶城店をご紹介いたしましたが、台北にはこの他2店舗あり店内のコンセプトもそれぞれ違っていてどの店舗を訪れても楽しいです。慶城店の場合外国のお客様も多く、中国語ができない場合はスタッフの方が英語で対応してくれるところもポイントが高いです。お料理のメニューが非常に多いため、お好みの料理をスタッフに伝えると、お薦め料理を紹介してくれますよ!
お薦め度★★★★★(大人数で訪れ、お料理をシェアすることをお勧めします!)
ビールのおいしさ度★★★★★(どのビールを飲んでもおいしいです)
(担当特派員:TOP23号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

六順豆花

猛暑の最中、自然にカキ氷を食べたくなります。でも、今回紹介したい店はマンゴーカキ氷じゃなくて、タロイモのカキ氷です。六順豆花は個性派カフェ、ショップが多い民生社区に人気のカキ氷屋さんです。祝日の午後や夜にはいつも混んでいます。昔六順豆花は黒糖豆花がメインの商品でしたが、タロイモカキ氷を開発してから、一気に人気な店になりました。
店の看板がぼろぼろですが、人気度が全然変わりません。これは土日の午後の状態です。
店紹介ブログー六順_180817_0049 店紹介ブログー六順_180817_0050

店の内装は実に地味です。訪れる日は丁度夜ご飯の時間ですから、人がまだ並んでないです。店も大きくないです。
店紹介ブログー六順_180817_0029 店紹介ブログー六順_180817_0025

柱に貼り付けてる写真はこの店の名物―黒糖カキ氷とタロイモ黒糖カキ氷です。
店紹介ブログー六順_180817_0030

メニューは基本的に壁に書いてありますが、最近注文用の用紙ができました。ただし、残念なのは日本語メニューがありません。注文したいものをクレヨンで紙に丸を囲みます。
店紹介ブログー六順_180817_0032 店紹介ブログー六順_180817_0016 店紹介ブログー六順_180817_0024

黒糖カキ氷やタロイモカキ氷を注文したら、4種のトッピングを選べます。ショーケースの中から好きな物を選びます。10~25元をプラスと、トッピングをもっと追加できます。
店紹介ブログー六順_180817_0020 店紹介ブログー六順_180817_0021

ここには必ず注文してから、空いてる席を探します。そうじゃないと店の人に叱られます。
店紹介ブログー六順_180817_0027

今回注文したタロイモのカキ氷です。正確な名前は芋泥火山冰=芋泥刨冰です。タロイモペーストがたっぷり。(芋泥刨冰 NTD75)
店紹介ブログー六順_180817_0034 店紹介ブログー六順_180817_0037

一部の氷を食べますと、タロイモペーストがまるでマグマのように流れてきます。これが火山冰と呼ばれる理由です。タロイモペーストはあまり甘くないで、さっぱりの味です。氷にかけた黒糖シロップが丁度いい甘さです。
店紹介ブログー六順_180817_0039

掘り続けますと注文したトッピングがやっと見えます。今回注文したのはタビオカ、タロイモの団子、黒糖の団子、愛玉子ゼリーです。団子とタビオカは少し歯ごたえがあっていい食感です。
店紹介ブログー六順_180817_0048

22号が一番好きな豆花も注文しました。一番シンプルな豆花でも一品のトッピングが選びます。22号いつもタビオカを選んでいます。(傳統豆花 NTD45)
店紹介ブログー六順_180817_0045

タロイモカキ氷以外黒糖カキ氷、黒糖豆花にも人気があります。冬になると、お汁粉など暖かいデザートも売ってあります。

<基本データ>
住所:台北市松山區新東街26巷1-1號
電話:02-2766-1778
営業時間:火~日13:00~22:30
       日15:30~22:30 月定休

<22号のちょっとひと言>
22号は昔からずっとこの店の豆花を食べています。でも、この店がインスタ映えの名店になってから、毎回並びすぎで、入れなくなりました。平日の午後の方が人が少ないですので、並びたくない方は混んでる時を避けて行った方がおすすめです。

お勧め度★★★★(場所はかなり地味ですが、豆花やカキ氷は美味しいです。)
インスタ映え度★★★★★(火山氷のアイディアが面白いですので、インスタ映えする食べ物間違えません。)

(担当特派員:TOP22号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。





DOMANI

ここ数か月、17号のリピート率が一番高いお気に入りのイタリアンをご紹介。

パッと目を引く斬新なデザインのビルが何棟か立ち並ぶエリアがミラマーガーデンホテル
のちょうど対面にあります。

そのうちの一棟のまだまだ築浅なスタイリッシュなビルの一階にDOMANIはあります。
入口は市民大道の裏側になる為、とても静か。
外観

エントランスの前のスペースはとても広くテラス席になっています。
テラス席

店内に入ると二階まで吹き抜けになった窓から客席の奥のオープンキッチンまで
光が差し込みます。
店内

二階は完全個室、貸切スペースになっています。
このスペースの貸切料金を聞いたのですが、すごーく高いということは
記憶にありますが、正確な料金は忘れてしまいました。(すみません。)
店内階段 ソファー席

メニューは主にこの二枚。至ってシンプル。
メニュー1 メニュー2.

ミネストローネ
ミネストローネ

オニオンスープ、絶品。
オニオンスープ

生ハムとパルメザンチーズ入りサラダ
こちら料金は少々アップしますが、生ハム多め、チーズを多めになど
我儘なリクエストも可能です。
サラダ

生ハムとマルゲリータのビザ
ピザ

アスパラと黒トリュフソースのスパゲティー 温泉たまごのせ
パスタ

以上が初回以降毎回頼んでしまう定番メニュー。
決してお安くはないお店ですが、日本人が安心して
間違いのないイタリアンを楽しむことのできるレストランです。

<基本データ>
住所:台北市大安區建國南路一段65巷7號
TEL:02-8772-3355
営業時間:11:30~15:00, 17:30~22:00、金・土(~23:00)

<17号のちょっとひと言>
かなり空腹状態で、今このコメント欄を書いてるので今晩また行ってしまうかも。
生ハム大好きな17号はいつも同じメニューしか注文しないので、次回は6人くらい
友人を誘って全メニューを制覇してみたい!

お薦め度★★★★★(味、サービス、居心地とも言うことなし。また訪れたくなるお店)

隠れ家度★★★★★(入口が裏通り。しかも高級マンションやハイセンスな家具ショップが入居するスタイリッシュなビルの一階でなかなか気が付きにくい場所なのです。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(2018ミシュラン/ビブグルマン)浜松や

1_20180529172459f96.jpg

ミシュランビブグルマンレストランシリーズ、今回は鰻の「浜松や」さんです。

場所は中山区、日本人街の林森北路。
台湾にはいくつか鰻の店があり、どこも日本よりも安く、上質な鰻が食べられるということで在住日本人、台湾人の方にも人気でどこもいつも賑わっています。

浜松やさんももちろん昔からの有名店、鰻の名店として知られています。
台湾産の日本輸出用の上質な養殖鰻は店内の水槽で生きたまま保管されていますのでやはり鮮度が違います。
P1320327.jpg

さて、お店は林森北路の繁華街の中。
P1320307.jpg

この辺りは店構えも和の店が多いのですが、浜松屋さんも非常に格調高い和の雰囲気を醸し出しており、非常に綺麗なお店です。
P1320308.jpg P1320309.jpg

お店はカウンターとテーブル席がいくつか。そんなに広くはありません。
非常に清潔感があって明るい店内です。
P1320330.jpg P1320329.jpg P1320331.jpg

メニューは鰻の他にも一品料理が豊富で、夜などはお酒と一緒に美味しい和食が楽しめます。
P1320312.jpg P1320313.jpg P1320314.jpg

P1320315.jpg P1320316.jpg P1320317.jpg

P1320318.jpg P1320319.jpg

この日はランチで伺ったのですが、ランチタイムにはお得なサービスメニューがいただけます。
P1320310.jpg P1320311.jpg

テーブルの上には鰻まぶしと白焼きのおいしい食べ方が。
P1320322.jpg P1320323.jpg

この日はビブグルマンでも評価されていた「鰻まぶし(950元)」をいただきます。
おすすめの食べ方では途中で山芋をのせていただくのですが、こちらは別料金(30元)ですので追加で注文します。

まず最初に野菜サラダ。
P1320334.jpg

食べ終わったころにどどんと「鰻まぶし」がやってきました。
P1320336.jpg

ぱかっと開けると・・・
P1320338.jpg

美味しそうに焼かれた鰻に思わずため息が。ふっくらとしていて見るからに美味しそうです。
P1320340.jpg

テーブルの「浜松や鰻まぶし」の食べ方に基づくと、まず蒲焼をごはんと一緒に4等分。
①そのうちの1つを鰻丼としていただきます。
P1320351.jpg

②次の1/4はとろろをかけて鰻とろ丼に
P1320354.jpg

③さらに1/4は温泉卵をトッピングして温泉卵丼に
P1320358.jpg

④最後の1/4はわさびをのせて、浜松や自家製出汁を注いで鰻茶漬けにしてファイナルです。
P1320361.jpg

一度に4つの味わいを堪能できる「鰻まぶし」。
浜松やの美味しい鰻を余すところなく堪能できる素晴らし味わい方でした!
この日は平日の昼間だったのですが、すぐに席に通してもらえゆったりと食事を楽しむことができました。

<基本データ>
所在地:10491台北市中山區林森北路119巷12號
(MR T中山駅2番出口より徒歩約10分)
電話番号:02-2567-5705
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:30

<OK号のちょっとひと言>
決してリーズナブルに食べられる鰻、というわけではないのですが確実に美味しい鰻を落ち着いて食べるのならばここ、的なお店と感じました。ふっくらと丁寧に焼かれた鰻はまさに美味。うな重以外の食べ方をはじめてしたのですが、バリエーションを変えて色んな味を食べれられるので鰻まぶしは特に女性にはおすすめかと思います。日本語も可なので安心して利用できるお店です。

お薦め度★★★★★(しっかりと美味しい鰻がいただけます)
満足度
★★★★★(店内のきれいさ、日本語可、美味しい鰻と大満足)
(担当特派員:TOP14号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

金代山産薬膳坊

みんなが一気に知りたがってるかも?緊急アップ!

1_20180725182150129.jpg
またここかよ!ってぐらい最近頻繁に出入りしているこの台北市内でもベスト3に入る来たくない場所の一つの中にまんまとあるんだなこの店は涙

2_20180725182152805.jpg 3_2018072518215340a.jpg
ぐいぐい入っていって最後は・・・はい、華西街アーケードで右折してイン。

4_20180725182154cfc.jpg 5_2018072518215656e.jpg
入って20メートルぐらいの場所(左側に)にオープンエアなデザインで気軽に入れそうな感じで営業中。BUT入り口には巨大な蛇、右も左も蛇蛇蛇。開放的なデザインでもそう簡単には入れませんから。ここに来るとわかるスゴイ威圧感と恐怖感有w

この店は蛇料理の専門店なんですね。って事で食べれる料理の具材はほぼ蛇中心。
7_20180725182211d48.jpg
メニューをみれば一目瞭然な感じ。主役の蛇はスープに炒め、甘煮などでお楽しみいただけます。蛇以外のメニューが宜しければ、スッポン、蜂の子、ネズミなどもどうぞ。何故かアイスサンデーというメニューも右上にありますがどう考えても何かが含まれていそうで怖くて頼めないw これらの料理は滋養強壮によく効くって事でお店の名前も薬膳坊って事らしいです。

今後この店はきっと多くの方が訪れるでしょう。って事でおまけもご紹介。

聖地ポイント1は奥の個室。個室の名前は「出会いの間」
6_201807251822093be.jpg

聖地ポイント2。階段下の地下室。この場所の名前は「覗き見の間」
8_20180725182213352.jpg 9_2018072518221434f.jpg
ちなみにこの「覗き見の間」は普段解放されていませんので階段の上からのぞく的見学にとどめて下さいませ。

おまけのおまけ。あの店の制服?
10_20180725182216bbd.jpg

<基本データ>
住所:台北市萬華區華西街48號
(MRT龍山寺駅から徒歩8分ぐらいかな)
電話:02-2302-1247
営業時間:15:00~23:00(無休)

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここはレストランとしてのニーズより箱、ビジュアルとしての魅力が高いので何らかのロケに使う(主に写真撮影系)というのがよくある依頼。ただーし、電話でアポ取ろうと思ってもそう簡単にはいきませんのでまずは訪問しなければならん。そしてお店の方に直接交渉でアポをとるという昭和システムw。で、人間関係が成立すればそこは人情味あふれる仁義大切エリアにつき細かいことなんて何も言わんから好きにやれ!って感じで快く引き受けてくれるから勝手にシャッターは閉める、店のモノ移動する、いつものお祈りはちょっとお休みしてもらうなど等数々のご協力を賜る。とにかく今はいろいろありがとう&大感謝!って感じ。

お薦め度★★★(レストランとしてのお薦め度ではなくこういうビジュアルが好きか嫌いかだから好きな人は行って見て。ただ行って中にも入らず写真撮って帰るとかは失礼。仁義だけでなく礼儀も大切!聖地巡礼?で写真撮りたいなら蛇も食べましょう)。
昭和度★★★★★(自分も生きてなかったような時代の昭和感たっぷり。この店は多分ほとんど昔のまんまだろうからまさにセットのような作り)
(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード