FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

香宮


最近家族の誕生日パーティーに美味しい広東ダックを食べました。場所は遠東国際ホテル6階にある「香宮」という広東料理のレストランです。「香宮」と言えば、飲茶の料理屋さんと思われますが、実際にこのレストランの広東ダックは台北にTOP4に入れ、「龍都酒樓」に負けないくらい広東ダックの名店です。
ホテルからエレベータに乗って、6階に降りましたら、まずはこんな高級感が溢れる感じです。
thumb_IMG_7795_1024.jpg thumb_IMG_7796_1024.jpg

レストランの席は中国式の円卓です。
thumb_IMG_7799_1024.jpg

今回は家族と一緒に食事しますので、個室に予約しました。
thumb_IMG_7797_1024.jpg

早速本日の主役―広東ダックを注文しました。レストランにより、広東ダックは「烤鴨4吃」(4種類の食べ方)もありますが、今日選びましたのは基本の広東ダックとアヒルお粥です。(広東ダック二吃NTD1980)
thumb_IMG_7804_1024.jpg thumb_IMG_7806_1024-2.jpg

シェフはテーブルの傍でアヒルを切り分けます。
thumb_IMG_7808_1024-2.jpg

肉と皮を分けて、アヒル形のお皿に盛り付けてあります。
thumb_IMG_7809_1024.jpg thumb_IMG_7813_1024.jpg

皮の味はぱりぱりで、肉の味は柔らくて、ジューシーですけど、さっぱり感じですから、何枚も食べられます。テンメンジャンは甘くないで、わりと肉の旨みを味わえます。
thumb_IMG_7812_1024.jpg

アヒルお粥は広東式で、すごくまろやかです。トッピングもいろいろ自由に入れます。
thumb_IMG_7822_1024.jpg thumb_IMG_7823_1024.jpg

ほかの料理も注文しました。このXO醬大根餅炒めは少しピリ辛の味で、大根餅もちゃんと味を染みこんでますので、美味しいです。(XO醬炒蘿蔔糕 NTD480)
thumb_IMG_7815_1024.jpg

スペアリブです。見た目は綺麗ですけど、味は意外にちょっと甘いです。(咖啡排骨 NTD688)
thumb_IMG_7817_1024.jpg

野菜が足りないと思いましたので、ミニ白菜のクコ煮込みを注文しました。だしが栄養満点です。(杞枳上湯淨娃娃菜NTD480)
thumb_IMG_7821_1024.jpg

ホテルのレストランですので、料理の味が大体繊細です。残念なのは、ダック以外の料理がちょっと特徴が足りないです。レストランの雰囲気がすごくお洒落ですが、値段がかなり高です。でも、高級感のレストランで、おいしい広東ダックを食べるのは特別な家族行事に絶好な場所だと思います。大切な日やお祝いなら、このレストランの広東ダックをお薦めです。

<基本データ>
住所:台北市大安區敦化南路二段201號6F
電話:02-2378-8888#6888
営業時間:11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
       18:00~21:30(ラストオーダー21:00)

<22号のちょっとひと言>
味は人それぞれですけど、22号は「龍都」より、このレストランの広東ダックの方が好きです。ほかの料理の味は普通ですけど、ダックは本当に美味しいです。ただし、値段はかなり高です。食事したら、1人で平均NTD1000くらいかかります。幸い今回はご馳走されました。今後広東ダックを食べたいなら、このレストランの広東ダックをお薦めしたいです。

お勧め度★★★★(場所はお洒落ですし、料理も美味しいですが、値段ちょっと気になります。)
ダックの美味しさ度★★★★★(満点。ダックの味は素敵しか言えません。)

(担当特派員:TOP22号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。






龍茶味點

見た目がとっても可愛い点心のお店に出会ってしまいました!!!友達との食事会で連れて貰ったお店ですが、点心が可愛くて美味しかったので、ご紹介することに!

001_20180614184316d2a.jpg
じゃじゃーん!こちらのお店「龍茶味點」です。今年で台湾に進出した香港の有名店だそうです。台湾では最近、本当にこういう味だけでなく見た目でも勝負する点心のお店って流行っていますね!このお店がある「信義微風デパート」の同じフロアに、「點點心」という点心のお店もそうです。ただいつも行列ができている「點點心」より、こちらのお店が美味しい気がします。

003_20180614184319513.jpg
入口に置いているこの自動予約機が素晴らしい。人数に相応するアイコンをクリックすると、自動的に予約番号が出ます。あと何組待ちか知ることも、持ち帰りすることも可能です!

002_2018061418431732a.jpg
初めてのお客様には、当店の看板料理のご紹介があります。これに準じて注文したら失敗はないでしょう。

004_201806141843206c7.jpg 005_20180614184322c36.jpg 006_20180614184323ed0.jpg
007_2018061418432556f.jpg 008_20180614184326808.jpg 009_20180614184328379.jpg
店内の雰囲気です。結構広めで、明るい店内です。デパ地下とはいえ、こんな広くてきれいなお店はなかなかです。

010_201806141843297d3.jpg 011_2018061418433160c.jpg 012_20180614184332e5e.jpg 013_20180614184334d5d.jpg
そして店員さんが持ってきたのはスマートフォン、じゃなくてなんと注文用のiPhoneみたいのマシーンです。しかも何故か一部しか日本語メニューがございません。謎すぎます。

014_20180614184335bb4.jpg
まず20号大好物の鶏の爪を注文。見た目はあれですがコラーゲン一杯ですよ。

015_20180614184337804.jpg 016_20180614184338469.jpg 017_20180614184340e49.jpg
お店一押しの「龍蝦西施泡飯」(ロブスター入り海鮮スープ、蒸し米入り)NTD360。
お米は硬めで煮込み上げて、歯ごたえが良かったです。スープも美味しいです。

018_2018061418434132b.jpg 020_20180614184343c66.jpg
こちらもお店のお勧めに入っている「腩叉蘿蔔糕」(香港風豚バラチャーシュー乗せ焼大根餅)NTD298。大根餅は美味しい!!豚バラとは別々で頂いても良いような気もしますが…。

021_20180614184656eda.jpg 022_20180614184657059.jpg
「珍寶鮮蝦腸」(エビ腸粉)NTD138

023_20180614184658e7e.jpg
「黑松露素餃」(黒トリュフと野菜の蒸し餃子)NTD118

024_20180614184700377.jpg
「蓮子茸飛象」NTD138
中身は白あんみたいな甘い餡が入っています。美味しかったです。

025_20180614184701139.jpg 032_20180614184712f82.jpg
「蜜蜂鹹水餃」NTD138
これめっちゃ可愛いでしょう~~~~~(キャー)
しかも美味しいです!!中にはお餅と味付けした豚ひき肉が入っています。

026_20180614184703245.jpg
「龜仔焗叉燒包」NTD98
これも可愛くてたまらないですよ~。カメちゃんの形をしているチャーシューマンです。

027_20180614184704c89.jpg
「鮮蝦白兔仔」NTD98
こちらはうさぎちゃんの蒸し饅頭?中身にエビがあります。

028_2018061418470686e.jpg
「醬皇蒸鳳爪」NTD108
鳳と書いていますが鶏の爪です。美味しゅうでございます笑。

029_20180614184707c09.jpg
これは何なんだろ。。。名前を忘れました。ただしこれも美味しい記憶が…。

030_20180614184709d2d.jpg
「小黃流沙包」(ミニカスタードクリームマン)NTD118
熱いうちにどうぞの一品です。

031_20180614184710fbc.jpg
「千絲蘿蔔酥」(千切り大根入りサクサクパイ)NTD118
これはニンジンの形をしたサクサクパイですよ!中に入った千切り大根の味付けが好き~~。

033_20180614184713c6b.jpg 034_201806141847155a9.jpg
「八爪魚紅豆酥」NTD118
これは満腹で食べれなかったです。中身はあんこらしいです。

035_20180614184716293.jpg
「香煎蘿蔔糕」(焼き大根もち)NTD98
最初のチャーシュー乗せ焼き大根より断然こっちのほうが好き。大根の塊まで食べれます。超お勧めです。

036_201806141847184d2.jpg
「楊枝甘露」(マンゴーポメロサゴ)NTD118
最後のデザートとしてマンゴーポメロサゴを。甘いものはやはり別腹。これは何杯でも入れます。

友達6人で来ましたので、いろんなお料理が味わえてよかったです。お腹いっぱいまで食べてもお一人700-800くらい。とてもリーズナブルだと思います。また立地も抜群ですし、最高です。

<基本データ>
住所:台北市信義區忠孝東路五段68號 微風信義B1
電話:02-2723-3311
アクセス:MRT「市政府」駅から直通している「微風信義」方向に行き、すぐです。
営業時間:11:00–21:30、無休

<20号のちょっとひと言>
元々点心が好きなので簡単に満足できます笑。点心に対してかなり寛容ですのでなんでも美味しいと思いました。(多分、見た目のかわいらしさもプラスになったかも。)とはいえ決してまずいお店ではないのでご安心して召し上がってみてくださいね!

お薦め度★★★★☆(この値段でこんなに美味しくて可愛い点心が食べれて最高です。)
インスタ映え度★★★★★(点心がとにかく可愛いよ~~~。食べるのにもったいないくらいです。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(2018ミシュラン/ビブグルマン) 彭家園

michelin_logo_20180501001123616.jpg
彭家園」という名前は今回ビブグルマン掲載店として初めて名前を知りました。
検索をかけても日本語のページには全くヒットしないので、日本人にとってはまだ未踏の名店
のようです。

場所は敦化南路と東豊街の交差点から約20メートルほど非常に分かりやすい立地。
外観
実はこのエリア徒歩5分以内にミシュラン一つ星のMUMEを始め、オシャレ台湾料理の攤TUA
中国家庭料理の陸光小館の支店など話題のレストランが密集しています。

店内は大変オーソドックスなインテリア。映画やテレビに出てくる中華レストランのイメージです。
内観

この日も大人の事情で2名で訪問。人数が少ない場合一番悩ましいのが
メニューの注文。特に名店には数品だけでは味わいつくせない看板メニューが
たくさんあるので出来れば6名以上での訪問が理想です。

メニューを見て悩んでいると、お店の方が、この↓2-3人のコースを勧めてくださいました。
お店の代表的な料理も入っているから間違いないわよ!とのこと。
人数メニュー
結果その一語で、「適合2-3人1180元」コースに即決。

他にも微妙に料金が異なる人数に合わせたコースや
人数メニュー

豪華円卓の宴会料理コースのメニューまで予算に合わせたメニューがあります。
宴席料理メニュー

このページ「特別紹介」はお店の代表的な看板メニューが紹介されていますので
迷った時はこのページを見れば良いのですが、どのコースにもこのページの中の
料理がバランスよく盛り込まれていますので人数に応じたセットメニューた頼むのもアリでしょう。
看板メニュー

では「2-3人分 1180元コースの第一品目、鹽酥中蝦(エビのから揚げ)
エビのから揚げ

二品目、京都排骨(酢豚のような料理  ちなみに日本の京都とは全く関係ありません。)
京都排骨
特別紹介メニューの中に記載されているだけあり、美味!

こちらがNO.1の看板料理、ミシュランガイドにも登場した芋泥酥鴨(タロイモとダックのフライ)
オイスターソースベースのタレにつけていただきます。
タロイモとダックのフライ.
タロイモとダックが好きな方にはたまらないご馳走なのでしょうが、どちらも苦手な17号にはとても残念な一品でした。

清炒時菜(季節の野菜炒め)
野菜炒め

西湖牛肉羹(牛肉と溶きたまごのとろみスープ)
牛肉と溶きたまごのとろみスー
広東料理店に良くあるスープですがお酢をちょっと入れても美味しくいただけます。

<基本データ>
住所:台北市大安區東豐街60號
TEL:02- 2704 5152
営業時間:11:30~14:00, 17:30~21:00

<17号のちょっとひと言>
総合的に味は良し!中華の中では広東料理が一番好きな17号としては
「特別紹介」のページのオススメ料理を全部制覇するまでは通って見たいと思える
お店との出会いでした。

お薦め度★★★★★(素直にもう一度訪れてみたいと思えるお店。)
オススメメニュー充実度★★★★★(オススメメニューがとてもはっきりしている。ココに来たらコレを注文するという看板メニューあり!)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


(2018ミシュラン/ビブグルマン)醉楓園小館

michelin_logo_2018051016042295c.jpg

本日はずっと期待していた広東料理のレストランにやってまいりました!こちらに来る前にインターネットでいろいろ調べまして、とても好評でしたので楽しみにしていました。

001_2018052017053582c.jpg 002_20180520170537a82.jpg
まずお店の外観です。場所は台湾テレビ局「台湾電視公司」の裏にあります。こちらは隠れた名店だとネットで言われています。確かに、外観から見るとそんなにきれいなお店ではなかったのですが、雰囲気はありますよね。名前の「楓」の字が入っていますので、看板も分かりやすく紅葉の形にしています。

003_20180520170538ff2.jpg
周辺は、閑散な住宅街です。

004_20180520170540ddc.jpg
家庭感がある店頭です。この時点でバカ高いレストランではないと確信しました。

005_20180520170541d24.jpg 006_201805201705435c2.jpg
お店に入ってからすぐ、お客様で賑やかになりました。ほぼ満席状態でした。家族連れや友達同士のグループが多かったです。

007_201805201705442da.jpg008_20180520170546276.jpg
さりげなく壁にはめたこの水槽が何故か不思議感を感じます。

014_20180520170555e47.jpg 013_2018052017055300d.jpg 012_201805201705524a2.jpg
011_20180520170550e19.jpg 010_20180520170549659.jpg 009_2018052017054790d.jpg
こちらのレストランのメニューです。お通しから粉物まで、かなりバリエーション多いです。

015_20180520170556462.jpg
注文に迷った私たちを見て、店員のお姉さんは親切にお店のカードを渡してくれて、「ヒントを教えてあげるよ」と一言添えました。可愛いらしいお姉さんでした。そういえば、このお店の店員さん達は親切なお姉さんたちでして、話しかけやすいです。人数を見て注文が多すぎましたら、「もう十分だよ!あなたたちは食べきれないよ!」と注意してくれますw

016_20180520170558967.jpg 017_201805201705593ea.jpg
まずはこちらのお店の看板料理「瓊山豆腐」、小でNTD350(¥1,400)。台北の香港料理レストランではもうなかなか食べれない逸品です。名前に「豆腐」がついていますが、実は卵白と牛乳でつくられたプリンのようなものです。スープ状に入っている一本一本のは千切られた貝柱です。

019_20180520170602856.jpg 020_20180520170604990.jpg
こちらもお店の看板料理「芋泥香酥鴨」(タロイモと鴨肉のサクサク揚げ)。小でNTD280(¥1,120)。驚くほどおいしかったです。骨までサクサク。鴨肉とタロイモのバランスもグッドです。

022_20180520170641d69.jpg
「酥炸肥腸」(豚モツ揚げ) 小NTD340(¥1,360)。最初はめっちゃ腸の臭みがあってびっくりしました。失敗したーーと思ったら、暫く放置したらにおいがなくなりました。歯ごたえはかなりあり、歯が悪い人にはお勧め致しません。

018_20180520170601975.jpg
「銀絲卷」(揚げ饅頭)NTD100(¥400)。隠しメニューであります。子供から大人まで大人気な揚げ饅頭、練乳につけて食べるのが最高に美味しいです。

021_201805201706396ca.jpg
全体が茶色いなので野菜を注文。「炒A菜」(A菜の炒め)NTD160(¥640)。台湾ではA菜という野菜があります。20号はかなり好き。空心菜より美味しいと思います。A菜とは俗称ですので、調べたら本当の名前はなんと「本島レタス(台湾レタス)」です!レタスなんだ~知らなかったです…。

023_20180520170642939.jpg
お料理が出てくるのが早かったので集合写真が撮れました。

024_20180520170644e72.jpg
また食後に緑豆のお汁粉も出してくれました。大大大満足でした!

以上は20号を魅了された「醉楓園小館」の紹介でした!!地味なお店外観、はずれがない旨さ、人情あふれる店員さん達、リーズナブルな値段。なんとなくミシュランビブグルマン入選の理由が納得しました。

<基本データ>
住所:台北市松山區八德路三段8巷5號
電話:02-2577-9528
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00、無休
アクセス:台北MRT緑線「台北小巨蛋」駅2番で口から徒歩10分。

<20号のちょっとひと言>
とにかく美味しかったです。今まで広東料理=高くて美味しくないと思った20号はこの店に出会ってしまいました。多分今後広東料理が食べたくなったらこのお店に決定だと思います。

お薦め度★★★★★(素敵です。満点。親切すぎるお姉さん達も最高。)
親切お姉さん度★★★★★(注文の仕方から量までアドバイスしてくれてありがたいです。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

添好運

行列になんか並ばないポリシーの1号ですが、並ぶつもりで行ってみましょうと人をお誘いしたにも関わらず、結果30分の遅刻をし、人を並ばせるという非情な行為を行ったという心からお詫びしたい日のレポート。本当に申し訳なかったと心から思っている。あちこちからわざとだろ!って言われてしまいそうな人となりな自分が憎い・・・・。

気にせずにはいられないほどの行列
こんなに混んでいるのに遅刻したことにより即エントリー。感謝です。完全なる憶測トークにしかならないが多分30分は間違いなく並ぶのだろう。

外があんなんですから 中は当然こんな状態で
エントリータイム11:45なり。それでこの状況である。どんだけみんな食べたいんだ!?

その中でも最上級の 灼熱の下座に通されました!
そして再び恒例の下座へどーぞ。店の中でも最も下座に座る確率はすでに90%なのは間違いない1号。これも日ごろの行いの賜物ではなくお仕置きなのでしょう。ちなみにこれからの季節にこちらのレストランを訪問する方にアドバイス。この下座シートめちゃくちゃ暑いから!ただの下座ではなく、苦行のような下座である事も申し伝えておこう。右の写真の扇風機の重要性がひしひしと伝わってくる。

メニューはテーブルの上のこの紙 お薦めらしい
さてどんだけメニューがあるんだろうって思ってたら意外と少なかった(左の写真が横にならないのはワザとではなくどーにもならないって事)。この店が人気の理由はミシュラン一つ星を獲得したシェフの店だってことだとお伺いしておりますので、ミシュラン一つ星を獲得したシェフの店はメニューは少なくても十分勝負できるのでしょう。お手頃価格で食べれるミシュランの味ですからね。ササッと食べてササッと帰るって事なんでしょうね。

注文は セルフな模様
メニューを見て食べたいものを自分で書き込むセルフ注文システム。どんだけ食べれるか?はわからないがとりあえずいろいろ注文してみた。

これ最初に来た笑
でた。台湾では必ず最初に出される〆のメニューであるはずご飯もの。こちらでもその法則通りに粽が出てきた。うん、間違いなく香港味。何と表現していいかわからないが1号的にはちょっと甘いソース味。

四天王① 四天王②
メニューで強烈アピールされているこの四天王メニューは注文しないとならないでしょう。まずは大根餅。ミシュラン味の大根餅。うまさは伝わってこなかった爆。そもそもおいしい大根餅っていうのはどんなものなのだろう?そこがわからない人には絶対にわからないだろう的な一品。香港飲茶と言えばライスクレープで具を巻いた腸粉!いつもはエビを頼むが四天王のモノが違うモノだったので注文してみた。オーマイガーなレバー味。レバーが食べれない訳じゃないが、あえてレバーを選ぶこともないだろうという味。

四天王③ 割ってみた
四天王のもう一つはメロンパンのようなチャーシューパイ的なモノ。中には通常の甘い風味のチャーシューパイの具材が。外の皮もほんのり甘い(意外と見た目ほどボソボソではないしっとり感)。甘い具材にほんのり甘い皮=味は甘い認定。これは見た目通りボリューミー。

四天王④(上)とゆかいな仲間たち 忘れたころにやってきたゆかいな仲間たちその2
奥には四天王の最後の一つ黒糖蒸しパン。もちろんこちらの味も甘いという言葉で表現される味。でも想像はつくから問題なし。しっとりフワフワ感はちゃんとあって、さりげないしっとり感もあって、何を隠そう黒糖蒸しパンが好きな1号としては○なお味。そして四天王と共に頼んだその他セイロものたちも続々とテーブルに。右の写真のゆかいな仲間だけが何故かかなーり遅れて登場。

この店が入っているビルはフードコートビル的になっている
突然ですが、ビルのご紹介にうつります(笑)。このビルってなんか最近いろいろレストランが一杯入っているフードコート的なビルになっている。何か地下にも入れるようになってるからエントリー。

地下が こんなんなってて
へー。こんなんなってるんだ。店の数は多くはないけど温野菜とペッパーランチが入ってる。あとはなんだか台湾な店。

シーザーパークとプチ繋がりなのだ
えっ?!シーザーパークホテルの地下のフードコートにもなんとなく繋がっているという事実を初めて知る。

<基本データ>
住所:台北市忠孝西路一段36號1F
(台鉄台北駅、MRT台北車站からすぐ)
TEL:02-2370-7078(電話は合っても予約は出来ませんよ~)
営業時間:10:00~22:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
あの行列の意味はきっと「ミシュランの一つ星を獲得したシェフの本格的飲茶をミシュランの一つ星を獲得したシェフのレストランの料金としては格安の料金で食べれるレストラン」って事なんだって事で了解!一般価格として考えたら別に安くもなんともないから爆。ミシュランの一つ星が果たしてどんなもんなのか?って事の価値観がわかってないとその良さを理解する事も出来ないって事も知る。台湾味に慣れている1号的には実際香港に行っても香港の味をおいしいと思ったことがないから、ミシュランだろうが何だろうがおいしいと感じることが出来ないっていう残念な結果に。ただ薄味が主流な台湾においては、確固たる濃厚な味、しっかりした味(主に感じる味覚「甘い」)で提供するという香港ポリシー?で料理を作っているので、すべての料理でいずれにしても何らかの「味」を感じる事が出来る料理であることは紛れもない事実だったので、こーいう味付けは最近の台湾ではなかなか食べれないかも!?とは思った。

お薦め度★★★★(とにかくこの行列がなくならない限りは最高レベルにはならんやろ)
お手軽価格度★★★(この価格設定をそうだというのだろうか?)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード