独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(新竹)石家魚丸

新竹の名産といえば米粉(ビーフン)と貢丸(豚肉団子)が思い浮かびますが、
もう一つの隠れた名産をご紹介します。
新竹在住の日本人の友人曰く、新竹で生まれ育った人が留学や仕事で海外へ行き、
久しぶりに帰国した時に先ず最初に食べたいと思うのがこちらのお店の魚丸(魚のすりみ団子)だそうです。
名刺

いきなり大きく「76年老店(76年の老舗) 別無分店(支店は一切なし)」
とシンプルにしかしはっきりと主張した看板が目に入りました。
76年老店

お店は細い道を挟んで一方の左右に二軒、
店舗左右

そして反対側にもまた一軒
店舗お向かい
と時間と共に徐々に拡張されていった歴史が感じられます。

二軒並んだ店舗の一軒の店舗の奥では従業員さんがテーブルを囲んで団子を丸めています。
出来上がった魚丸は前方のおじさんにパスされ、そのままテイクアウトのお客さん用に量り売りされたり
イートインのお客さん用に店頭(といってもすでに店の外)の煮えたぎった大鍋の中に入れられて行きます。
作業中 作業2 調理中

イートインのメニューはいたってシンプル
メニュー
またここにも「別無分店(支店は一切なし) 僅此一家(この一軒のみ)」
との表記がメニューの両端に。よほど強調したいのでしょう。きっと。

さてさて、絶品魚丸スープと魯肉飯に煮卵を追加していただきます!
魯肉飯プラス煮玉子

ここで魚丸は想像以上のお味なのにビックリ!!!
魚丸
この汚いかじりかけの写真では、美味しさと感激がお伝えできず申し訳ない限りですが
同行したもう一人の台北在住日本人の友人も、会社で誰かが新竹に出張に行くと必ず
ここの魚丸をお土産に買ってくるほどファンが多いというのも納得できました。

この日はこの後、長時間にわたり予定が入っていたのでテイクアウトは諦めましたが
次回は是非最後にここに寄って持ち帰りたいです。
ホームページには電話かFAXで注文すればクール宅急便で自宅まで配達してくれる
と書いてあるので、一度注文してみようと思います。

大満足でお店を出ると50メートル先に一字違いのお店発見。
魚丸!? 
分家
なんと本家の石家魚丸の弟で(けんか別れ?)して分家したそう。
それ故「僅此一家(この一軒のみ) 別無分店(一切支店なし)」
をあれだけ強調していたのですね。まぁ日本でもよく聞く話ですが
どちらも大変ご繁盛なようでなによりです。

<基本データ>
住所:新竹市興學街27號
TEL:03-5242965
営業時間:8:00〜17:00 、土日(~18:30)、月曜休み

<17号のちょっとひと言>
もともと「魚丸?」と大して期待をしていなかったのですが、今はそんな自分を殴ってやりたい。笑
もう一度この魚丸を食べに(&買いに)新竹へ行きたいくらい。

お薦め度★★★★★(新竹にかれた際は貢丸よりこちらの魚丸を是非とも食べて見て~。)
フレッシュ度★★★★★(お隣の店舗の次から次へと手作業で作られた魚丸がそのまま煮えたぎった鍋に放り込まれ、出来たてのアツアツが運ばれてきます。)

(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

饅天香

なんとたった写真三枚でブログ紹介の荒業敢行(笑)
1_20170501144004bfe.jpg
通りがかかりにふと見たらええーーーってものを販売していた。

2_201705011440057b1.jpg
え??

3_20170501144007681.jpg
マジで???このキャラマン凄すぎだろ。実は食べてはいないので味がわからないんだが、このキャラマン以外のマンの種類はかなりある。蒸し器の中に入ってる種類を見てもらえば一目瞭然なんだけど、じゃあこのキャラマンの味はどうなってるのか?気になる。

<基本データ>
住所:台北市杭州南路一段143巷2號
(MRT東門駅から徒歩8分にする。理由はこの店の隣だから⇒青島豆漿店)
TEL:02-2312-2388
営業時間:5:00~20:30

<コーディネーターのちょっとひと言>
ってことで通りがかりにパチリな状態で実態がわからない。って事で15号に電話して聞いてもらう
・「それぞれのキャラマンいくらですか?」 1コ35元 、3コ 100元です
・「味は全部違うの??」 ぞれぞれ違う、味が決まってないようです、先に予約なら、指定できます
・「蒸してないけどすぐ食べれるの?」 半分は蒸してないけどすぐ食べれる、半分は蒸する必要ある
蒸してないけどすぐ食べれるの意味が不明笑。どうやらすでに蒸し終ったものが半分、蒸してないモノが半分って事らしいので蒸し終ったモノのみすぐ食べれるということらしい(またもや新語「蒸する」登場)。味が決まってないって・・・。予約すればこの味でこのキャラでっていう事も可能って事らしい。以上、お隣の伝統的な朝食店からのこの店だとちょっとギャップが激しいけどおもろいはおもろい。タピオカミルクティもあるし、かき氷もあるしなんだかいろんなものを販売しているお店らしい。

お薦め度★★★★(ちょっと想像よりも範囲がミニサイズなのが残念)。
キュート度★★★★★(こんなに沢山のキャラマン作ってるからね。あれ?よく見たらクマモンとかキティちゃんとかブラウンとかがいる笑)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

包包 Bunsbao(芳包にリニューアル)

台湾式ハンバーガー的な存在の「割包」。ボリュームある豚の角煮をピタパンで挟み込んだものなんですが、台湾ではいわゆる屋台系B級グルメとして存在しているのでおしゃれ感はゼロな店で買う、食べるが一般的。なのに、こんなシャレオツな画期的な店があったんですねぇ。

1_20170330173601224.jpg
実はもっとオシャレなおっきな店舗があったんだけど、今はこの小さい店しかないらしい(また別の所にオープンさせるつもりだとは言ってたけど)。店の大きい小さいは味にはなんの関係もないので気にしない。

2_20170330173602543.jpg 3_20170330173604da3.jpg 6_20170330173639f68.jpg
どうしてこんな雰囲気の店でこの割包って今まで販売されていなかったんだろう?って今さらながら疑問に感じる。どう考えてもマックやモスに対抗できる台湾伝統ファストフードなのに。で、今逆にふと思ったのは何故モスなどでご当地メニュー的なモノとしてこの割包を提供してなかったんだろう?って言うのもなんとなく謎。

4_201703301736051d3.jpg 5_2017033017360700d.jpg
お店で販売しているモノは非常にシンプルで割包のみ笑。余計なモノを販売するとコストも人でもかかりますからね。これでいいでしょう。材料はこだわりの台湾産食材。で、フレーバーは全部で6個。バンズは小麦粉のみと黒糖の二種類から選べます。一個90元。うん、少々高い(笑)。が、これだけこだわってるんだから妥当な価格でしょう。

行った時は叉焼と照り焼きチキンの二種類を用意してくれました。
7_20170330173640821.jpg 8_20170330173642ec7.jpg
照り焼きチキンを黒糖のバンズで挟む。肉以外に挟まれているモノはタマネギ、キュウリ、パクチーでかかってるのがピーナッツパウダー。ソースはそれぞれのフレーバーごとに変る。で、この照り焼きチキンは何ソース?って聞いたら照り焼きソースって言われた。当たり前笑

9_20170330173643f2d.jpg
こちらが叉焼でソースは?バーベキューソースだそうです。

10_20170330173645d30.jpg
これテイクアウト用のBOX。こういうセンスもなかなかいい感じ。この箱だけでも売れそうな予感。

<基本データ>
住所:台北市松山區南京東路五段66巷2弄9號
(MRT南京三民駅から徒歩約5分)
TEL:02-2756-7606
営業時間:11:00~21:00(月曜休み)


※住所、電話番号は同じですが包包から芳包という店へリニューアル。
営業時間、商品も変わりました。

住所 台北市松山區南京東路五段66巷2弄9號
交通 MRT南京三民駅2番出口より徒歩約5分
電話番号02-2756-7606
営業時間 月~金7:30~14:30(土日定休)
商品はパンを選べる3種類で展開。
料金:經典滷肉酸菜85元、黃金泡菜薑汁燒肉75元、番茄肉醬莎莎65元
https://www.facebook.com/funbaonj/

<コーディネーターのちょっとひと言>
正直この割包を何回ぐらい食べたことあるか?って聞かれたら2回ぐらいとしか答えようがないほど縁遠いB級グルメだったことは確か。で、何年ぶりかに食べたけどメチャクチャうまいじゃん!となる。これは是非ロケの移動飯にしたい。まずバンズはフワフワもっちり系。中の肉などの食材の味付けもかなりしっかりした味付けで、逆にキュウリとかがさっぱりさせてくれる感じ。いいいい、キュウリ絶対必要!正直昼飯に一個は少し足りないかな?って大きさなのでマジランチなら一人二個。三時のおやつなら一人一個って感じかな?デリバリー確か30個以上だったような・・・・。20個でやってくれたらかなりな頻度で出動してもらう事になりそう笑。店の番号携帯に登録しておこっと。場所は24時間営業のおしゃれマッサージ「六星集」の裏手。マッサージ行って、後ろのジューススタンドでジュース買って、ここで割包買ってって流れで無駄なく動けるな。良しよし。

お薦め度★★★★★(伝統的なモノを今風にした感を感じる。元々うまいものだとは思うけどこのおしゃれ感で更においしく感じるから)。
手軽に食べれる度★★★★★(時間がないけど台湾っぽいモノをパパッと食べたい時にはマジぴったり。まさに台湾の代表的ファストフード)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

青島豆漿店

出会っちゃいました。素晴らしき朝食店に!

1_20170330122100ced.jpg
こんな見た目の店絶対スルーしちゃいそうな感じですが、ここ絶対にスルーしてはいけません。台湾的朝食と言えば「おかゆ」ではなく「豆漿」ですが(多くのメディア関係者の方が勘違いしているので声を大にして説明しますが、朝食=おかゆは香港です)、モチの論でこの「豆漿」はうまいけど、サイドメニューの焼き●●マン系が驚くほどのうまさだったのです!

2_2017033012210221f.jpg 3_20170330122102c01.jpg
席はこれしかない。ただ座れなかったらテイクアウトして中正紀念堂辺りに行ってもいいかなと(中正の後ろエリアは歩いて3分で行ける)。そして衝撃的うまさの焼き●●マンたちはこの場で焼かれて誕生しているのです。

とりあえず焼き肉まんの調理工程(焼き部分)を見てほしい
4_20170330122104f01.jpg
この絵図らがたまらなく台湾感。まず上で表面を焼く

5_20170330122105dd6.jpg
そしたら思ってもみない展開へ。上のマンたちを

6_20170330122117841.jpg
下の小さい窯の中にエントリー

7_20170330122118004.jpg
こんな感じでまんべんなく詰め込んでいって

8_20170330122120db4.jpg
がーーーっと焼く。で、完成。

9_201703301221216b1.jpg 10_2017033012212399a.jpg
11_2017033012215778f.jpg 12_201703301221581f0.jpg
もちろんオープンキッチンだからその他の調理工程も見学可。これはニラマンづくり。最後はカルツォーネ風に成形される。

13_20170330122200acd.jpg
こちらのお店を利用する場合のルールは「まず席を確保」。並んで買ってから席をキープではなく、席をキープしてから並べばいいのでご注意を。

14_201703301222012a9.jpg
焼き肉まんの中はこんなに肉タップリで当然ジューシー。胡椒餅よりも生地が薄くて小さいから軽めに食べれるのはうれしい。これ絶対食べてみてほしい!

<基本データ>
住所:台北市中正區杭州南路一段139-3號
(MRT東門駅から徒歩約8分?ここ魔の三角地帯みたいな感じで中正紀念堂、台大醫院、東門の丁度真ん中笑 最も近そうなのは中正紀念堂駅っぽいけど実は駅の出口が真逆な所にあるから東門から行く方が早いに一票)
TEL:02-2393-4958
営業時間:5:30~11:30(第2・第4日曜定休)

<コーディネーターのちょっとひと言>
朝食の店って朝食食べない派の自分としては仕事でしか行かない訳ですが、仕事で行くときも実はそんなにバリエーションがある訳ではないかったのであんまり色んな店に行ったことがなかったという事実。で、今回も味云々ではなく店のビジュアルでこの店に行ってみよう的な感じになって来ただけだったんですがいやはやビックリ。こんな焼き方をしている店初めて見たし、きっとこの焼き方だからこそこんなにおいしく仕上がるんだろうなと。ちょっと穴場店として大切にしていきたい。そんな店です。ちなみにお店の人が秘密?情報くれた。店的な一番のおススメは蘿蔔絲餅(大根の千切り入り焼きマンジュウ)なんだって。行った時にはこのメニューは11:00頃じゃないと販売しないって言ってた(店11:30クローズなのに笑)。焼くのに時間がかかるらしい。次食べてみよう。なんとなく想像はつく味。きっとオリジナルフレーバーのつけだれは必要になるのではないかという気はするが、素直に一押しとして頂くとしよう。

お薦め度★★★★★(台湾らしさ、そしてうまさ。すべてにおいてグレート)。
行列度★★★★(タイミングで並ぶことはあるけど、待っても10分じゃないかな?結構日本の方も食べに来ててビックリ⇒なんでお前が知らないんだって話ではある汗)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

蛋要酷手工蛋餅專賣店

今回紹介するお店は手作り蛋餅の専門店です。
蛋餅というと朝食のイメージですが、「蛋要酷」の蛋餅は皮からしっかり手作りされて
トッピングもバラエティーに富んでおりボリューム満点。しっかりお腹いっぱいになります。

最初の出会いはOK号からもらったこのチラシ。
蛋餅のお店は朝食の時間から遅くてもお昼過ぎまでの営業というイメージなのですが
なんとココは19:30まで!早速次の日OK号の案内でランチを調達に。
チラシ

台北駅裏通りの予備校街、信陽街の路地中にあります。
コノ↓看板。この路地を入っていきます。 
隠れたグルメ路地
この路地を侮るなかれ。蛋要酷だけでなく、冷麺、絶品フルーツジューススタンド、懐かしのオムライス、などなど隠れた名店が潜むグルメストリートなのです。

路地の後半に右手にこの↓オレンジの看板がみえたらそこが「蛋要酷」。
目印は右側のオレンジの看板

オープン式キッチンで奥まで見渡せます。
店内はオープンキッチン様式

メニューは蛋餅とドリンク三種類のみですが、豊富なトッピングにいつもどれにしようか迷いに迷います。
豊富なメニュー

オーダーは注文してから一枚づつ丁寧に焼き上げてゆくので、多少待たなくてはなりません。 
電話で先に注文してからピックアップすることも可能だと店内のポスターにかいてありました。
調理中

焼き上がりクルクルにまかれた蛋餅をまな板の上に乗せ換えて丁寧にカット。
丁寧にカット

注文エリアから中が良く見える冷蔵庫の中には、紅茶、ミルクティー、豆乳の三種類のドリンクと
自家製の小魚と唐辛子のソースが販売されています。辛党の方は是非トライを。
このソースのみギフトボックス付で売っていましたので固定ファンもいるようです。
冷蔵庫

この日のランチ、「高麗菜豬排起司(キャベツとポーク、チーズ入りエッグロール)」80元とミルクティー20元。
ミルクティーとセットで

日本にはないこのサクサクの食感に虜になること間違いなしです。
高麗菜豚排起司


<基本データ>
住所: 台北市中正區信陽街26-4號
TEL:02-2312-2300
営業時間:7:30〜19:00 、土日休み

<17号のちょっとひと言>
トップレンジャーズお気に入り定番ランチの一軒です。
一つ一つ丁寧に焼き上げるのでちょっと時間がかかるのが唯一の難点。
でもそれを差し引いても、また食べたいと思わせる一品なのです。

お薦め度★★★★(蛋餅専門のお店で19時まで営業している店舗は貴重。ちょっと待つのがマイナス一個)
メニュー充実度★★★★★(蛋餅オンリーでこれだけバラエティーに富んだメニューの数々!いつもどれを頼むかが悩みの種)

(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード