FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

蜜吐 MeToo

台湾の朝食専門店、どこがお薦め?と聞かれても「わざわざ遠くへ行かなくたって、近所で良いじゃない」と内心思っています。でも駅からちょっと遠いこの「密吐 MeToo」は、ローカル色とおしゃれカフェ風が融合した二面性と穴場な感じが面白くて、紹介したくなりました。場所は落ち着いた住宅街が広がる民生社區。富錦街や人気のパイナップルケーキ店が点在し、散策も楽しいエリアです。とはいえ地下鉄駅からかなり歩くため、知名度があるわりには観光客の姿はそれほど多くありません。今回は、便利なバスのアクセスもあわせてご紹介。民生マダム気分を楽しめる穴場の朝食店に出かけてみましょう!

1_20210301190217a85.jpg 2_20210301190219ab8.jpg
この店の正面、オープンキッチンを兼ねた受け付けは、台湾によくあるローカルな朝食専門店の風情。こちらでテイクアウトするのは、男性陣が多いようです。ジャージ姿の近所のお兄さんや、常連風の運転手さんたちが次々に朝食を買いに訪れていました。お隣の白い壁、プランターが並んだ可愛いお店は、朝から開いているカフェかしら…と思ったら、こちらが「蜜吐」のイートインコーナーでした。

3_20210301190220a54.png 4_20210301190222ae1.jpg
イートインはキッチンの裏側とつながっています。撫遠街に面したガラス張りのカフェ風、こちらは女性の利用が多いみたい。富裕層が多く暮らすエリアなので、「民生マダム」がローカルな味を落ち着いたおしゃれ空間で楽しんでいるようです。

注文シートにチェックを入れ、先に会計を済ませます。
5_20210301190223c89.jpg

ここの人気メニューは、鉄板で香ばしく焼いた蛋餅。オーソドックスなハムやチーズもあるけれど、クラブハウスサンドを意味する「總匯(65元)」にしてみました。
中にはスライスしたキュウリと玉ねぎ、バーベキューチキン。ソースがほんのりスパイシーなので、「無糖豆漿(25元)」のやわらかい味がとても良く調和します。
6_202103011902256a8.png 7_202103011902269f9.jpg
この日の台北は冬の暖かな1日。外にひとつだけある二人掛けのテーブルに陣取り、民生エリアの緑を眺めながらゆっくり朝食タイムです。
8_2021030119022836b.png 9_20210301190229864.jpg

メニューはサンドイッチやバーガー類、炒麵など幅広く揃っています。台湾では朝食からしっかり重め、肉やご飯は重すぎる……とおびえる方には、ピーナツバターの厚切りトースト「花生厚片(45元)」とコーヒー(45元)という組み合わせはいかが?他に、バター(奶油)やイチゴジャム(草苺)、チョコレートソース(巧克力)などのフレーバーも選べます。喫茶店のモーニング風のボリューム、これなら、普段朝食を食べない方でも食べられそう。カウンターには作り置きのサンドイッチもあるので、眼で見て選ぶのも良いですね。台湾肉デンブ「肉鬚」、レタスやとまと、りんごスライスのサンドイッチは30元でした。
10_20210301190231611.jpg 11_2021030119030211e.jpg

店を切り盛りするのは、朝から元気はつらつなお姉様たち。
「日本って朝食専門店がないのよね。東京に行った時、困っちゃったわよ!」
「台湾はいいでしょう?安くて美味しい朝ごはんが食べられるんだから!」
からっと元気にグイグイとアピールされたので、
「はい、おっしゃる通りです」
と抵抗せず受けいれました。シンプルで可愛いカフェ風のイートインや、入口に置かれた綺麗な手洗いコーナーは心遣いもきめ細やかだったから。
12_20210301190304eac.jpg 13_202103011903073ec.jpg
アクセスに公共の交通機関を使う場合は、バス「307」番を利用すると便利です。台北で一番本数が多いと言われる路線は、「西門」駅、「台北」駅や林森北路、南京西路、「台北アリーナ」を経由します。「民生國中」のバス停で降りると、お店は眼の前。帰りは「撫遠街」を渡った反対側から乗って台北駅方面へ戻るもよし、富錦街方面か、基隆河沿いの公園へ出て散歩もよし。朝食からの街歩きで、民生エリアのロコ気分を満喫しましょう。

<基本データ>
所在地:台北市松山區撫遠街211巷1號
(バス307番「民生國中」駅下車すぐ)
営業時間:平日6:00~13:00、祝日7:00~13:00 (不定休)

<コーディネーターのちょっとひと言>
ローカル色満点のキッチンカウンターと、可愛いイートインコーナーのギャップにちょっと面喰いましたが、手入れが行き届いて気持ちの良い空間で美味しい台湾の朝食がゆっくり食べられる、穴場だと思います。民生社區は台北在住者にとって、カフェや食事、散歩にも人気のエリアです。少し地下鉄駅から遠いのも、落ち着いた時間を楽しめる理由に。二度目以降の台北旅行をゆっくり楽しみたい方に
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。




「呷好圓」ローカル人気の湯圓店、地元で認められた二代目の味

11_20210111154418649.jpg
「湯圓」はもち米素材の白玉団子で、台湾の冬の行事に欠かせない伝統的なもの。冬至や元宵節には、丸い形を「円満」、「圓」を「縁結び」に重ねて食べる習慣があります。
22_20210111154419243.jpg
MRT南京三民駅から少し歩くと、昼間は青空市場、夜は屋台街になる通りがあります。この地元感溢れる店「呷好圓」を教えてくれたのは、時々行くカフェのバリスタ。
「この店、とても美味しいよ。冬至の日は早く売り切れるから、店が開いたらすぐ買いに行って」
アドバイスされ、冬至の日の昼過ぎに来てみました。
33_2021011115442194c.jpg
通常は夕方5時から深夜0時まで営業するこの湯圓専門店、台湾の人たちが湯圓を食べる「冬至」や「元宵節」の日は、昼の12時からオープン。いつもなら屋根の下にイートイン用のテーブルが広げられていますが、この日ばかりはテーブルも畳まれ、注文待ちと持ち帰りや宅配の対応でごった返していました。

44_20210111154422a38.jpg
家に持ち帰った「桂花綜合湯圓」(60元)。ピーナツペースト餡、黒ゴマ餡の大きな湯圓が各2個と、紅白の小さな湯圓が、モクセイの甘い香りがほのかに立ち上るさっぱりした甘さのシロップスープに入っています。冬至は「縁」を大切にする日なので、湯圓は偶数食べるのが良いそう。縁結びの神様「月下老人」に「湯圓」をお供えする人が多いのも、「圓」と「縁」の発音にかけているのだとか。

55_202101111544240f3.jpg
創業30年のこのお店を現在仕切っているのは、二代目の若旦那。もち米を何度も洗い、手作りする湯圓は温かいスープに溶けて崩れることもなく、丸く柔らかく餡を包んだまま。この歯ごたえとのど越し、餡やスープと程よく絡まる塩梅。何でもないようで後を引く、また食べたいなとふと思い出す味わいでした。のどに詰まる心配も少ないから、小さい子供や高齢者もゆっくり食べることができそうです。
腰を悪くしたお父さんに替わって大学院を出てから後を継いだ二代目に、近隣の市場の人たちはちょっと懐疑的だったのだとか。けれども努力を重ね、お父さんの味を守りながらSNSなどで現代の若い台湾人にもアピールする方法で、今は市場の人たちや、新たなお客さんにも美味しさを支持されています。
66_20210111154425db6.jpg 77_20210111154427bd3.jpg
ここではスイーツ系湯圓だけでなく、塩味のおかず系湯圓もぜひ食べたいメニュー。「鮮肉鹹湯圓」(80元)は香りのよい豚肉のお団子いり。ニラや青菜、揚げたニンニク入りのさっぱりしたスープにたっぷり5個入っているので、これだけで夕食や夜食替わりに。湯圓はお餅や麺、ご飯ほどお腹にもたれないけれど満足感はあって、腹持ちもそこそこ良く、軽めの食事にぴったり。気の置けない相手と一緒なら、塩系とスイーツ系を両方頼んでシェアするのもいいですね。

88_202101111544296fb.jpg
こちらは基本の冬メニュー。湯圓だけでは足りなければ、鶏絲麺や客家板條湯(各60もと)など麺類をメインにして、鮮肉鹹湯圓2個(25元)のトッピングで、食べたい分だけカスタマイズも可能です。

99_20210111154430996.jpg
ここは夜市というほどの規模ではないけれど、午前中は市場、夕方からは食べ物屋台が軒を連ね、近所の人たちや学校帰りの子供たちがおやつや夕食を求めて気軽に立ち寄る場所。人がぶつかるほどの混雑はなく、通り過ぎる車のライトが照らす、台北の生活感たっぷりの風景です。散歩気分の夏の夜は、夏季メニューのかき氷と湯圓の組み合わせで涼むのも良いですよ。
1010_2021011115443153c.jpg
「紅豆牛奶冰」(70元)に芝麻(ゴマ)と花生(ピーナツ)の湯圓(各10元)を1個ずつ追加しました。冷たいざくざくの氷に温かい湯圓を乗せるスイーツ、台湾で結構流行っています。あずきどっさり、練乳と氷に大きな湯圓。もう思い残すことはないな!台湾ならではの甘い・冷たい・温かい三昧を楽しみましょう。

1111.jpg
こちらは夏メニュー。右側の画像、かき氷のトッピングが23種類から選べました。11月は夏季メニューから冬季メニュー入れ替わりの時期なので、営業時間が変則的に。公式Facebook等で、確認して出かけましょう。

<基本データ>
所在地:台北市松山區南京東路5段291巷10號(MRT「南京三民」駅徒歩5分)
電話番号:0905-779-366
営業時間:17:00-24:00(夏季は16:00-24:00) 月・火曜休
URL:https://www.facebook.com/HowYuan.tangyuan/

<コーディネーターのちょっとひと言>
知る人ぞ知る街で人気の湯圓店。屋根はあるけどほとんどアウトドアのテーブルで食べると、しみじみとしたローカル気分になります。駅から近く治安も悪くないし、細い通りから台北101をちらっと見ることもできるロケーション。昔ながらの市場のエリアで二代目と婚約者の女性、若いカップルが真面目に爽やかに一生懸命頑張って、美味しさを受け継いでいる姿を応援したくなります。持ち帰りもできるので、自宅や職場、ホテルでゆっくり味わうのも可。
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


西門町80’sレトロポップな台湾から揚げイートイン「師園鹽酥雞」

1_20210111153117f2f.jpg
師大夜市の老舗から揚げ店「師園鹽酥雞」が西門町のMRT駅からほど近い成都路に支店を出したのは2年ほど前。師大夜市の店とは違う、西門店ならではの魅力をご紹介します。

2_202101111534155bb.jpg
まずは西門店のイートインコーナー。黒と白の格子のタイルにネオンチューブ、1980年代のレトロポップ。鏡を配した壁側のカウンター席と、フロアに丸テーブルが4つほど。背もたれの無い脚長スツールが沢山並んで、華やかな時代のイートインの空気が蘇ったみたいでしょう。しかもここ西門店は、学生街の師大店と異なり、店内でビールを飲むことができるのです。営業は昼の12時から深夜0時まで。夕方や真夜中の気まぐれなやさぐれた時間に、から揚げとビール。大人と不良がひっそり行き交う西門町だから、それもちょっと良い感じです。

まずは入口に戻り、から揚げをオーダーしましょう。
3_202101111531205b6.jpg

店の前には中国語、日本語、ハングル、英語のオーダー表が用意されています。ディスプレイされている桃ロゴのオリジナルバッグ(100元)も気になりますが、まずは食べてから。
4_202101111531223b9.jpg 5_202101111531231a2.jpg

店先にずらりと並ぶ食材の脇で支払いを済ませ、中で待つことしばし。
オーソドックスな鶏のから揚げ「鹽酥雞」(60元)とさつまいものフライ「地瓜薯條」(40元)、りんごジュース「蘋果汁」(30元)を注文しました。
ドリンク類はレジでカップを渡されるので、好きな飲み物をセルフサービス。フライはオーダーごとに作り、揚げたてを出してもらえます。
6_202101111531252c2.jpg
イートインのミニマムチャージは100元から、利用は最長60分まで。
ここではビールは2本までの制限あり。飲み過ぎないのも、から揚げを美味しく食べる秘訣なんだそう。

7_20210111153126078.jpg 8_20210111153128998.jpg
鶏のから揚げと、さつまいもの素揚げに台湾バジルもアクセント。赤いプレートに桃ロゴペーパーを敷いて、可愛く盛り付けてくれました。「師園」の鶏のから揚げはガーリックフレーバーが有名なので、量や辛さも好みでカスタマイズできます。でも私はいつも、ニンニクゼロ、辛さもゼロにしています。揚げ物+ニンニクでは刺激が強すぎると感じる体質の人は、コントロールできるのでご安心を。新鮮な素材、塩と油、そしてビール!のシンプルな味わいも、美味しいですよ。

9_20210111153129c15.jpg
お店のシンボル、桃のロゴを使ったネオンサインと鏡の使いかた、それほど広くないイートインコーナーを明るく広く見せています。

紅樓側の裏口にはビニールのカーテンがかかって、外から眺めるとちょっと怪しい雰囲気に。西門ならではの退廃的な色気、写真に撮りたくなるムードです。
10_20210111153131308.jpg

お店のスタッフはみなさん明るく感じがよく、とっても健全で清潔なお店。フライ用のオイルや素材も毎日新鮮なものを使い、食の安全も心がけているそう。夕方や深夜に小腹が空いた時、軽くビールと鶏のから揚げ、おひとり様や女性同士でも安心して立ち寄ることができる、駅近の美味しい老舗です。
11_20210111153416f30.jpg

<基本データ>
(西門店)
所在地:台北市萬華區成都路32號(MRT「西門」駅徒歩1分)
電話番号:02-2314-3966
営業時間:12:00-24:00 無休

<コーディネーターのちょっとひと言>
とにかく桃のロゴが可愛すぎる師園さん。西門店の雰囲気とビールが飲めるところも、師大夜市店と違った魅力でとても好きです。桃ロゴのオリジナルグッズも、台湾土産にぜひ。
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


阿義滷肉飯 

今日紹介するのは龍山寺エリアにあるルーローハンのお店です。友達の香港人の旦那さんが台湾に来たときルーローハンが食べたいと言い、皆でネットで見つけた結構評判のいいお店です。
未命名6

まずはMRT龍山寺駅まで行きましょう!出口を出たら目の前に龍山寺が見えます(左写真)。そのあとお寺の左の路を真っ直ぐ歩いてください(右写真)。このエリアは夜市もあり賑やかです、特に年上の方が多いです。あと仏教の物を売っているお店もたくさんある感じです。
未命名17 未命名16

約3分歩けば道路の左側に交番が見えます(左写真)、そしたら左に曲がってください。曲がった後歩き続けてください。関係ない話ですが台湾はやはりバイク多いですね(右写真)!
未命名15 未命名14

歩き続けば左と右側にお寺のような入り口があり「華西街觀光夜市」と書いてあります。右の方に入ってください!中は商店街のようです、でも食事のお店がメインで、少し怪しい雰囲気なお店もあります。
未命名13 未命名3

少し歩けば右側に黒い看板の白字で「阿義魯肉飯」に到着です!思ったよりお店が大きいでした!外には屋台のようなところで料理を調理しているようです。席もあります。
未命名4 未命名12

中の席の方が綺麗とエアコンが付けているので、今回は中に座りました!先に席を探し座ったらテーブルに注文の紙が置いてあります。テーブル番号と注文も書いたら外の屋台の隣で先にお会計です。
未命名7 未命名5

今日は4人で行ったので、小菜をいっぱい注文しました!並べたらこんな風です。
やはりこのような食事は人多い方が良いですね、小菜の種類をたくさん頼んで一口ずつ食べて味見で楽しめますから!
未命名1

27号が注文したご飯はカキのルーローハンです!ネギもたっぷり、でも27号はネギが嫌いです(笑)、なのでお友達に食べてもらいました!カキは小さい方ですが量は多い方です、ネギとカキの下には普通と同じようなルーローハンが入っています。
右の写真は友達が食べた普通のルーローハンです、ルーローがぷりぷりたっぷりです。あと横に漬物も1つ付いています。実は27号あんまりルーローとか脂身が多い豚バラ肉のような食感が好きではないので、もしくは苦手の方です、でもここのルーローは少し食べれました!ルーローがそんなに柔らかくないのが原因かな?
未命名2 未命名9

こちらはキャベツの炒めの小菜です、ちゃんと味付けいしご飯をが進むほど美味しいです。
しかもNTD.30安くて量も少なくはないです。
未命名8

これは当日大人気のルー豆腐です。ちゃんとたれが豆腐の真ん中まで通ってとても美味しかったです!
友達が一人で3つ食べちゃいました(笑)、もちろんルーローハンと合わせて食べて、すごい!
未命名10 未命名11

他にも控肉、油豆腐、魯白菜、筍絲、魯鴨蛋と魚丸湯もあり皆で分けて食べました、それが原因で更に美味しく、楽しく感じています。平民グルメとして本当に満足でした!

<基本データ>
住所:台北市萬華區華西街151號(MRT龍山寺駅1番出口から徒歩約7分)
電話:0958-860-213
営業時間:11:00~20:00、月休
<27号のちょっとひと言>
正直に言うと27号はあんまり龍山寺エリアで食事とはしません、行くとしてもお寺だけ行き食事はまたMRTに乗り他に移動します。やはり近くの雰囲気が好きではないので、、、でも今回行って休日で賑やかでした、あとあちこち美味しそうなB級グルメなどもあり全部食べたかったです!あと今回紹介したお店のある位置「華西街觀光夜市」も怪しい街とよく言われています(笑)、観光として面白い思い出になりそうなので皆も龍山寺に行ったときはぜひ寄ってください!

お薦め度★★★★★(台湾有名なルーローハンが飽きたらプラスカキで新しい!)
激安度★★★★★(美味しくてお腹いっぱいなのに安い!)
(担当特派員:TOP27号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


賣麵炎仔 金泉小吃店

迪化街のすぐ近く「永樂小学校」の路地裏の中にある小さな麺専門店は、朝から行列の絶えない人気の食堂。外観だけを見れば「本当に美味しいの?」と首を傾げたくなるのが本音ですが、実際にこのお店の麺を食べると「なるほど」と納得できます。

また、2019年に「切仔麵(チェザイミェン)」でビブグルマンを獲得した事により更にお客様が増えました。最近では観光客の方々も地元の方に交じって並んでいる姿を見掛ける様になりました。

この日23号は朝9時半頃お店を訪れたのですが、約5名ほど並んでいました。想像より人が少なかったので一安心!正直並ぶのがそこまで好きでは無い私にとってはラッキーでした。

IMG_9898.jpg

「何を食べようかな?」と悩んでいる時間もなく、あっという間に自分の順番がやってきました。このお店ではほとんどの方が、賞を獲得した「切仔麵(チェザイミェン)汁無しバージョン」を注文している気がするのですが、朝からちょっと重い・・・と感じた私は、胃にも優しいスープ麺「麺・湯(20元)」を注文する事に決定。

ちなみに初めてこのお店を訪れる方にちょっとした注意点を記載しておきます。

1、なかなか注文が決まらなかったら、後ろの人からさっさと入店してしまいます。
2、初めて見る方にとっては、メニューがなかなか謎なのです。
2、注文は口頭で告げ、店内に入ります。(ちなみに支払いは後払い)

これくらいでしょうか。

正直そこまで大きな問題ではないかもしれませんが、私がここを初めて訪れた時は結構躊躇しましたよ。非常に忙しそうに注文を取る入口の店員さん。料理を運ぶ忙しそうな店員さんに、質問ができなかったからです。どうしよう、どうしようと思っていたら・・・後ろの方々がどんどん席に着くといった感じでした。そんな下町の空気がびゅーっと流れる店内、今ではかなりお気に入り♪

常連さんは食べたい物が既に決まっているので、自分の番が来たら注文と同時に席についていました。なので、お店を訪れる前にこのメニューをチェックしておいてください。先ほど私が「謎」と言った理由はこちら。これ、結構ハードルが高くないですか?

IMG_9893.jpg

この店のもうひとつの看板料理は小皿の「鶏肉」かと思います。23号は未だ食べた事がないのですが「前または後ろ」がセレクト出来る様ですね。私が注文しない理由はこの写真の赤丸部分にあります。

S__7036930.jpg

作りたての鶏肉を店内テーブルの上に、どどん!と置いているのですが、見た目がかなりリアル。勝手な想像ですが、きっと骨が付いたまま提供されるのでは?と思っています。そうなると私が少し苦手とする鶏肉なので、チャレンジした事がないのです。どなたか食べた事のある方はぜひ感想をお聞かせください。

そんなこんなで私はオーナーが「バンッ!」っと気合いを入れて、店頭でいつもカットしていた「紅焼肉(1人分・50元)」を注文する事にしました。

IMG_9895.jpg

はい、やってきました。スープ麺(20元)

IMG_9884.jpg

ほんのりエシャロットの香りと、セロリの香りが漂います。そこまで重くなく、塩加減も丁度いい感じ。実はこれ1椀でお腹がいっぱいになってしまいました。

お店特製ソースと、たっぷり生姜がトッピングされた豚肉はこちら。

IMG_9880.jpg

あまじょっぱいソースなのですが、個人的には何も付けず食べるのがベストだと思いました。表面はカリカリ&サクサク。中はジューシー、塩加減が非常に素晴らしいのです。朝から揚げ物は・・・と思いながら注文したのですが、あっという間に完食しました。

この店を一人で利用すると、店内の様子をじっくり見る事ができます。黙々と麺をすすりながら、店員さん同士の掛け声(・・・に聞こえます)に耳を澄ますのも楽しいですし、店員さんと常連さんがちょっとお喋りしている姿を見れるのも楽しい。食べ物からだけでなく、店内で流れる空気からも元気がもらえるのです。

とってもローカル店ですが味は素晴らしい♪更には冷たく感じる接客ですが実は愛情たっぷり。何度か台湾を訪れている方々にぜひ立ち寄っていただきたい食堂です。

<基本データ>
住所:台北市大同區安西街106號
(MRT中和新蘆線大橋頭駅2番出口から徒歩約10分)
電話:02-2557-7087
営業時間:08:00~15:00

<23号のちょっとひと言>
個人的に店内でお店をじっくりチェックしている、少し年配の男性(ぽっちゃりしてます)の、ぶっきらぼうなのに、たまに笑いかけてくれる接客が好きです。しかも記憶力がすごい!店内様々な方が同じ様な物を注文しているにも関わらず、ちゃんとテーブルに運んでくれます(というか指示している様にも見えますが、笑)。普段あまりこの様なお店で食事をする機会はないですが、数ヶ月に1度食べたいなぁと思い出します。この店では「赤焼肉」は必ず注文してくださいね。

お薦め度★★★★(個人的にはかなり好きですが、初台湾の方にはちょっぴりハードルが高いかもしれません。)
メニューの謎度★★★★★(まだ食べた事の無い小菜ばかり!気になるけどいつも同じ物を注文してしまいます。花枝(イカ)は美味しいという事なので、機会があればお試しくださいね)
(担当特派員:TOP23号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード