FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

望古瀑布

本日は観光地ではないですが地元人だけが知っている憩いの場をご紹介します。「望古瀑布」という簡単にアクセスできる滝です。台北市内からだと車で1時間弱くらい。近くに十分や平渓など有名なランタン飛ばし名所もあり、日帰りのプチ登山旅行におススメします。

場所は台鉄「望古火車站(望古駅)」の近く。「慶和橋」を渡りましたら、駅周辺に駐車できるスペースがあるのでそちらで下車して徒歩する形がお勧め。「望古火車站(望古駅)」は「平渓駅」と「十分駅」の間にありますが、台湾人でも用がないと行かないので知っている人があまりいないかもしれません。

001_201808231704183b4.jpg
下車してからここから徒歩スタート。目の前にある高い建物は慶和吊橋の遺跡です。あの遺跡を通りましたら滝への歩道が見えます。下車から歩道まで約5分くらい歩きました。

002_20180823170419d3c.jpg 003_20180823170421eae.jpg 004_20180823170422861.jpg
005_20180823170423084.jpg 006_20180823170425bcc.jpg 007_20180823170426411.jpg
下車すぐの所に廃墟みたいなレンガの建物がありました。お家だったと思います。ここでまたカッコいい写真が撮れます。(自由に出入り可能)

008_201808231704288ee.jpg
ただしこの廃墟の奥にはすぐ崖です。落ちないようにお気を付けください。

吊橋の遺跡を通りましてすぐ歩道発見。階段を上ったら一気にジャングルに入った気分になります。階段を上がってから今度は砂利道が続き、しばらく歩いてから右側に下りの階段があり、そこを下りていったら到着。歩道入口から滝までの所要時間は大体5分くらいかな?

009_2018082317043088f.jpg
この階段を下りましたら滝到着。

010_20180823170431f2e.jpg
滝の向こうに小さな池?がありました。ここ蚊とかの虫が多いので虫よけをお忘れなく。

013_20180823170436c33.jpg 011_201808231704332e1.jpg
012_20180823170434b76.jpg 015_201808231704390e4.jpg 016_20180823170440853.jpg
目の前が瀑布です。水の量は雨によりますので完全に水がないことも考えられます。ただし水が本当にきれい。そしてここにいるだけで涼しいです。夏の旅行にピッタリかも。

014_20180823170437a5f.jpg
滝の横に注意の看板が立たされています。水深が深いって。実際私たちも水の中に入りましたが滝の方には行ってませんのでどれくらい深いかは知りません。

<基本データ>
住所:新北市平溪區 「望古火車站」付近
電話:なし
アクセス:台北市内から車で約1時間弱。ナビを設定するなら「望古火車站」が良いでしょう。
開放時間:24 時間

<20号のちょっとひと言>
台湾人なのに知らなかった駅と滝が現れました!ここに来て、単純に良いなと思いました。月曜日に行きましたので、着いたら人はいないだろうと思いきや、1時間の滞在に5-6組の観光客も来ました。自由に水の中に入れますが水深が分からないのでお気をつけながら行ってください。台北市内からわざわざ来る必要はないと思いますが、十分や平渓にランタン飛ばしに行く途中、ちょっとバリエーション付けてここを寄っても良いと思います。

お薦め度★★★(都市で生活している人々のプチオアシス。立派な滝ではないですがアクセスが簡単ですのですぐには行けます。)
アクセス難易度 (そんなに登山しなくても行ける。車を降りてから徒歩15分以内なので親子旅行にふさわしいと思います。)
(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(宜蘭)礁溪一碗小羊肉宜蘭旗艦店

可達休閑羊場を後にし、日も暮れてきたとこで
夜のご飯処をGoogleで物色。

1_20180416201614b3b.jpg

春先とは言えども、夕方以降は涼しい宜蘭。
農場から車で5分のとこに、Google評価の高いお店を発見!
「礁溪一碗小羊肉宜蘭旗艦店」
肌寒い日の夜ご飯に、ぴったりの温かい薬膳スープを提供しているお店です。
お店の正面入り口です。旗艦店だけあって、素敵なたたずまいではないですか。

田園の中に、たたずむレストラン。正直、外観からは中華提供していると感じることが出来ないアンバランスさ(笑)
2_201804162016157c7.jpg

営業時間の看板をパシャリ📷
平日は11時~14時半、16時半~21時まで、休日は通し営業 11時~21時まで、毎週水曜は定休日だそうです。
3_2018041620161665f.jpg

さて、玄関入り口から入ると、1階に席はないそうで階段で地下1階へ通されました。そして、こんなに素敵な空間になります。

4_2018041620161757b.jpg

傾斜を利用して建てられた建物のようで、地下1階ではありますが、外の風景が眺められて、とてもロマンチックな雰囲気です。一見、ステーキなど洋食が出てきそうな錯覚に陥ります。

5_20180416201619237.jpg

ちなみに、夕暮れに見える外の景色がこんな感じです。暗がりだったので、池に魚がいるかは観察できませんでした。
6_20180416201832449.jpg

駐車場完備で、この池の隣の空き地に車を停めるこが出来ます。
7_20180416201834190.jpg

メニューです。メインの鍋から始まり、お鍋に入れる具材
8_20180416201834c03.jpg 9_20180416201836e90.jpg

一品料理の炒め物も提供していいます。大体200元前後/品 と言ったところでしょうかね。チャーハンや焼きそばなどの、ご飯ものもありました。
10_20180416201837bbb.jpg 11_201804162020041a6.jpg

焼き物や前菜系、ドリンク系。 お酒の種類、結構充実しています。
12_20180416202005726.jpg 13_201804162020058cb.jpg 14_20180416202007b39.jpg

お薦め料理まとめてたコースも頼むことが出来ます。頼み方が不安な方は、コースで注文してもいいかもしれません。
15_20180416202008087.jpg

注文は、店員さんに口頭となります。写真つきのメニューではないので、難易度が高いかもしれません。

おすすめは、もちろんお店の看板メニュー
一碗小羊肉  200元/一人前
ミニカセットコンロに一人一鍋で提供してくれます。クコの実がたっぷりの薬膳スープ。ショウガもたくさん入っており、肉と一緒に頂くことで、消臭の役割をしています。お肉は骨と皮つき。食べ応えありました。
16_201804162022018fc.jpg 17_201804162022035f2.jpg

そして次は 涮羊肉 200元/一人前
こちらも、スープのベースは同じです。クコの実とショウガがたっぷりの薬膳スープ。お肉をしゃぶしゃぶして頂きます。
18_201804162022032d1.jpg 19_20180416202204cfc.jpg

しゃぶしゃぶ時間は、ほんの数秒でいいそう。少しレアな状態を残し、特製豆板醤につけて頂きます。軟らかくて新鮮。ほとんど噛まずに食べることが出来ました。
20_20180416202206606.jpg 21_20180416202314dfb.jpg

スープは、薬膳ではありますが苦みなどはなく飲みやすかったです。

羊油麵線  50元
そうめんに、山羊油をかけて薬味をのせた一品。とっても香りがよく、食欲が湧きます。そして、一口食べたら箸が止まらない美味しさ。あっという間に、完食でした。
22_20180416202315b79.jpg

夏威夷炒飯 100元
トロピカルチャーハンパイナップルが入っており、しょっぱい中に酸味を感じられ意外にいけました。100元なんですが、量が半端なく多く食べきれずにお持ち帰りになりました。
23_20180416202316c28.jpg

酸白菜羊肉 250元
ちょっと、失敗した一品。もっと酸っぱい&辛いのパンチが効いた味を想像していたのですがまろやかな酸味過ぎて、全くインパクトなしでした。
24_20180416202317d7e.jpg

<基本データ>
住所:宜蘭縣員山鄉深洲路72號
① アクセス台北駅から台湾鉄道を利用して宜蘭駅。
② MRT市政府駅に隣接している市府転運站から首都バス(1571番)を利用して宜蘭転運站。  そこからは、タクシーの利用をお薦めします。
タクシー乗車時間は約20分です。
※ちなみにタクシー5時間貸し切りのお値段相場は約2000元となります。
電話:03-922-9288
営業時間:平日11:00~14:30 , 16:30~21:00(水曜は定休日)
       休日は休憩なし。

<AG号のちょっとひと言>
何といっても雰囲気がよいです。カップルでも、家族でも、接待でも使えるマルチなインテリア。
景色がよいので、昼でも夜でも楽しめます。
料理にボリュームがあるため、この価格ならお得感を感じることができます。
宜蘭で掘り出し物を見つけた気分です。
山羊肉と漢方のバランスがよく、飽きずに最後まで美味しくいただけます。

お薦め度★★★★(田園と湖畔の風景を眺めながら、洋風な空間で頂く薬膳スープ、お薦めです。)
リピ度★★★★(次に近くに行ったら必ずリピします。)

(担当特派員:AG号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(宜蘭)可達休閑羊牧農村

こんにちは。
宜蘭に日帰り旅行してきましたよ。
雪山トンネルが開通してからは、約40分程度で台北kら宜蘭に行けるようになり、より近く感じるようになりました。
より近く感じるようになったおかげで、各地からの観光客が増え、特に週末は日帰りや一泊で宜蘭に訪れる為、雪山トンネルは渋滞が多発状態。

ちなみに、渋滞を避けるポイントは、やっぱり早朝(8時前)に出発することですね。
帰りは、残念ながら避けようがありません。
大型連休などを避けた普通の週末、渋滞と言っても40分が倍の1時間半程度になるくらい。ひと眠りしたら、台北到着!みたいな感じです。

さて、今回ご紹介するのは入場料が無料!のお得な牧場です。

推薦する台北からのアクセス方法は、2つ。
① 台北駅から台湾鉄道を利用して宜蘭駅。
② MRT市政府駅に隣接している市府転運站から首都バス(1571番)を利用して宜蘭転運站。
個人的には、バスをお薦めします。40分で宜蘭着。
10~20分間隔で発車しており、Wi-Fiやトイレも完備なんですよ。

残念ながら、宜蘭はあまり公共交通機関が発達していない為、タクシーの利用が便利です。
宜蘭駅&宜蘭転運站から牧場まで約20分弱となります。

さて、牧場の入りぐ口です。
正直、あまり牧場らしくない入り口ですな。
ですが、牧場っぽい臭いは、ぷんぷんしてきます。

1_20180409152717be2.jpg

先に進んでいくと、カウンターがあります。

2_20180409152719ce6.jpg

ちょとしたカフェも運営しており主に羊乳を使用したお饅頭や、羊乳ティー,羊乳アイス
羊乳ワッフルなどが頂けるようです。

3_20180409152720591.jpg

正直、とても清潔とは言えない環境なので食べるのは控えまして
動物の餌やり体験と行きますかね。

餌やりの材料は全て20元均一となっておりカウンターで先支払いです。

山羊用の草 一束20元

4_20180409152722375.jpg

その他、DIY体験もできます。
DIY体験その① 陶器に色塗り体験 100元

5_20180409152723913.jpg

特に予約は必要ありません。↑の棚から好きな形の陶器を選び
カウンターで支払いをすると、絵の具一式渡され好きに陶器に色を塗ります。
色が乾いたら、そのまま持ち帰りOKです。

体験その② 山羊の乳しぼり 100元
カウンターにて、擠羊奶(ジーヤンナイ)をしたいと伝え先払い。
乳しぼりが出来る山羊のところへ行き、教えてもらったように乳しぼり体験。
しぼったミルクは、そのまま頂くことが出来るそうです。

今回は、DIY体験せずに餌付けのみの利用でした。

まず最初に小山羊にミルクをあげました。
ミルク 1本20元
多くの観光客がミルクをあげているからか、小山羊たちはお腹いっぱいのご様子。
結果、ミルク哺乳瓶の半分くらい残ってしまいました。

6_20180409152905de3.jpg

次は、ウサギちゃんにニンジンをあげました。
一袋 20元

7_201804091529069fd.jpg

ウサギのみなさん、これまた結構満腹のようでニンジンにあまり興味なし(;’∀’)

8_201804091529081db.jpg

牧場入り口は狭かったでしたが、後方はこんなに広かったですよ。

9_20180409152909425.jpg

そして、最終餌付け体験は山羊への草やりです。

相当飢えているんでしょうね。
草を持って近づくだけで、たくさん寄ってきます。

仁王立ちでフェンスの上から顔を覗かせる積極的な山羊。

10_201804091529114ee.jpg

すんごい迫力でガツガツ草を食べてます。

11_20180409152912999.jpg

そして、不注意していると草ごと奪われます。
あっという間に、二束なくなってしまいました。
恐るべし、山羊の食欲。

12_20180409153245edc.jpg

牧場内には、ほかの動物たちもいます。
喧嘩ばかりしている鶏

13_20180409153247788.jpg

全然、人怖じしない鴨

14_201804091532481ef.jpg

子豚など

15_20180409153249a95.jpg

カフェの利用はしなかったので、滞在時間は1時間程度でした。
時間制限ありませんよ、ゆっくりしたい方は1日いても大丈夫。
休みの日には都会から離れ、動物たちと戯れるのもよいストレス発散となります。

<基本データ>
住所:宜蘭縣員山鄉惠深二路二段125號
電話:03-922-5650
営業時間:9:00~17:00

アクセス:
① 台北駅から台湾鉄道を利用して宜蘭駅。
② MRT市政府駅に隣接している市府転運站から首都バス(1571番)を利用して宜蘭転運站。  そこからは、共にタクシーの利用をお薦めします。
※タクシー5時間貸し切り約2000元が一般的なお値段。
農場から車で3分のとこに、KAVALAN蒸留所(噶瑪蘭酒廠)もありますよ。

<AG号のちょっとひと言>
多くの農園や牧場が入場費100元や150元徴収している(園内で相殺できる場合もあります)中、入場費用が無料なのは超魅力的です。冒頭でも述べましたが清潔感が足りないのは欠点ですが、そこは無料なので良しとしましょう。動物たちの奔放なしぐさ、柵はありますが自由さを感じることが出来ます。動物たちに触れあうと安らぐことができ、また一週間頑張ろうという活力になります。

お薦め度★★★★(入場無料で体験したい餌のみ実費購入なのがステキな農園です。)

リピ度★★★(近くに住んでいれば、ちょくちょく行けますが、わざわざまた行くのは難しいかも)

(担当特派員:AG号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(台東)鸞山森林文化博物館

台東の山奥深くにブヌン(布農)族が守り続ける『鸞山森林文化博物館
があります。名前は博物館ですが、建物はありません。現館長の阿力曼(アリマン)さんが
この土地がリゾート会社に買い占められる計画があることを知り、私財を投げ出し借金をして
ブヌン族一帯の土地を買い上げ、現在は「森の生態を守り、部族の伝統を伝承する」目的で
博物館として運営しています。

博物館を訪れるのには必ず事前予約が必要です。
しかもこちら(sazasa2003@yahoo.com.tw)からのメールのみにての受付となります。
今回17号一行が参加したのは9:00~14:00の一日体験食事つきコースです。

朝9時に集合場所の鸞山派出所にこの日のツアーに参加する人が全員集まります。
輪の真ん中でみんなに説明しているのが、館長の阿力曼(アリマン)さんです。
ここから森林の博物館までは大型車は入れない山の中な為、
ここまでバスで来た人たちにはバンがお迎えに、自家用車の人たちにはバンが先導して
全員で山の中に入ります。
集合場所警察署 アリマンさん

約10分ほど山の中に入り、森林博物館に到着すると先ず、
「小米酒」のウェルカムドリンクが振る舞われ、竹の串刺しにされた猪の肉(生肉)を渡されます。
それを火にかざし焼けるのを待ちながら小米酒をいただきます。
ウェルカムドリンク 猪の肉BBQ

大森林を散策する前に、持参した米酒とビンロウをお供えし『山の神様に挨拶』する儀式
が行われます。メールで予約を申し込んだ際に、当日は1グループにつき1セット、
必ず米酒とビンロウを用意するするようにとのリクエストが届きます。
それをここでお供えし、「これから森林にお邪魔いたします」とご挨拶します。
森の神様に挨拶

さていよいよアリマンさんに先導されてブヌン族の森の中へと入って行きます。
険しい山の中をガジュマロの木に掛けられたロープのハシゴをかなりの高さまで登ります。
梯子 ガジュマロの木の梯子

またこんな狭い岩場の合間をくぐり抜けて前に前に進みます。
こんな狭い隙間ぜ~ったい無理!と思ってもみんなすり抜けられる不思議。
岩と岩の間 岩と岩

洞窟のを進み、急な斜面もロープにつかまりながら下ります。
トンネル 下り

約2時間この険しい大自然の中をアリマンさんに先導してもらい、ロープにつかまりながら
なんとか探検しましたが、ブヌン族の祖先はこの森林の中をロープも無く裸足で狩りをし
走り回っていたというのですから驚きです。

ブヌン族が守る大自然を満喫した後は、アリマンさんの奥さんはじめブヌン族の人たちによって
朝から用意されていたご馳走をいただきます。

キッチンにはもちろんガスはありません。かまどに火を起こして調理します。
キッチン かまど

美味しそうに肉が焼かれるグリルとかまどで煮込まれるスープ
肉BBQ 煮込み料理

アリマンさん曰く、ブヌン族では「レディーファースト」なんだそう。
なのでこの体験でも、キッチンから中央のテーブルに料理を運ぶのは全部男性の仕事。
「女性はただ微笑みながら座っていて下さい(笑)」と言われました。
大自然のご馳走 ご馳走

ご飯も一人分ずつ男性がよそってくれます。
女性はそのお椀を持って中央のテーブルへ行き好みのおかずをピックアップ。
お米 一人分
大自然の中を駆け回り普段の何倍もの運動をしたせいか、
ここでいただいたランチは忘れれないくらい美味しい味でした。

私たちは事前に用意が無かったので、恥ずかしながら食事の際にお椀と割り箸をお借りしましたが
予約時の返信メールにはエコの為、マイ碗とマイ箸を持参する旨のメッセージが届きます。
ブヌン族の人たちはこの森を「森林銀行」と呼んでおり自分たちの貯金だと誇り大切にしています。

<基本データ>
住所(集合場所 鸞山派出所):台東縣延平鄉鸞山村鸞山路21號
TEL:0911154806
予約メール(事前予約必須 中国語or英語):sazasa2003@yahoo.com.tw
一日体験コース(食事つき):9:00~14:00 600元/一人

<17号のちょっとひと言>
普段台北で生活する17号にとっては、まるで違う国に来たかのような体験でした。
まだまだ知らない奥深い「台湾」がたくさんあるのだとこの体験で改めて実感。

お薦め度★★★★★(原住民文化に興味のある方は是非一度訪れて見て!)
大自然度★★★★★(17号の人生の中で間違いなく自然度NO.1の体験でした。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

老梅綠石槽

なんか最近ここも絶景ポイントとして注目されてる?らしい
1_20170501135758e2a.jpg 2_2017050113580056b.jpg 3_20170501135801bfe.jpg
4月~5月の期間だけ藻が写真みたいに石の上に発生して美しい緑色になるらしい。今年はなんかちょっと早めに3月から発生したらしいのでとりあえず3月中旬ぐらいから5月一杯ならこの状態見れるって事であともう少し。見たい人は急いでGO。に

4_2017050113580221a.jpg 5_201705011358046a6.jpg
とりあえずまず現場に到着した時に目に入る風景はこの写真。なので到着した時は「うん??これキレイか??」ってなる事は間違いない笑。ただ近づいて行けばそれなりに綺麗さがわかってくる感じ。ちなみにすごい広く長―い海岸線全部がこうなっている訳ではないので規模的にも実際現場に行くとこんなもんかって気にもなる。あまり過度な期待を抱かずに行った方がいいかも。

6_20170501135816fc7.jpg 7_20170501135818fd4.jpg 8_201705011358197ef.jpg
9_20170501135821c3a.jpg 10_2017050113582242a.jpg
駐車場があるんだけど中型バスとかは入れない。よって我々は写真の手順で歩いて現場に行った。これバスで行った日とも多分同じようなルートになるんじゃないかな?メインストリートから歩いて五分位。ワゴン車とかなら駐車場に車入れられるし、公衆トイレもあるからご心配なく。

11_20170501135854095.jpg
藻はこんな感じで結構鮮やか。

12_20170501135855d91.jpg 13_2017050113585703c.jpg
なんだかいい感じな並びの流木もある。大体全部が出てくるとこんな感じにグリングリンしてくるのでシャッターチャンスを逃さないように!

<基本データ>
住所:新北市石門區老梅社區沿海
(MRT淡水駅前または台鉄基隆駅横から淡水客運と基隆客運バスが運行していて「老梅」ってバス停で降りればいいらしい。いくらかはわからんが大した金額ではないだろう。所要時間は90分ぐらいではないだろうか?)
TEL:なし
営業時間:24時間開放(っていうか海だからいつでも入れる)

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここでのシャッターチャンスは干潮時のみ。満潮だとこれ全部水の中だから見えないから!全然そんな事を気にしてない状態でここ行くと全く意味がなくなるのでココ重要。今回撮影した写真のタイミングは9時が満潮、15時が干潮タイミングの丁度間ぐらいの時間に撮影した写真。11時~13時ぐらいの間ここにいたけど、到着時の11時段階ではほぼほぼ見えてなかった。台中の高美湿地同様潮の満ち引きがビジュアルに大きな影響を及ぼすという非常に面倒な場所なのだ。でも一見の価値はあるって感じなので、ここ行くなら近所の富貴漁港とかにも行って新鮮な海の幸も一緒に食べるぐらいな感じの方がいいかも。基本これ以外何もないから。あっ、この周辺粽屋が多いからおやつに粽もお薦め。どういう訳だかミニサイズも販売している。

お薦め度★★★★(ちょっと想像よりも範囲がミニサイズなのが残念)。
みんなの写真がキレイすぎるだろ度★★★★★(うん。行ってみてわかった。絶対みんな修正してる笑)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード