独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台東)鸞山森林文化博物館

台東の山奥深くにブヌン(布農)族が守り続ける『鸞山森林文化博物館
があります。名前は博物館ですが、建物はありません。現館長の阿力曼(アリマン)さんが
この土地がリゾート会社に買い占められる計画があることを知り、私財を投げ出し借金をして
ブヌン族一帯の土地を買い上げ、現在は「森の生態を守り、部族の伝統を伝承する」目的で
博物館として運営しています。

博物館を訪れるのには必ず事前予約が必要です。
しかもこちら(sazasa2003@yahoo.com.tw)からのメールのみにての受付となります。
今回17号一行が参加したのは9:00~14:00の一日体験食事つきコースです。

朝9時に集合場所の鸞山派出所にこの日のツアーに参加する人が全員集まります。
輪の真ん中でみんなに説明しているのが、館長の阿力曼(アリマン)さんです。
ここから森林の博物館までは大型車は入れない山の中な為、
ここまでバスで来た人たちにはバンがお迎えに、自家用車の人たちにはバンが先導して
全員で山の中に入ります。
集合場所警察署 アリマンさん

約10分ほど山の中に入り、森林博物館に到着すると先ず、
「小米酒」のウェルカムドリンクが振る舞われ、竹の串刺しにされた猪の肉(生肉)を渡されます。
それを火にかざし焼けるのを待ちながら小米酒をいただきます。
ウェルカムドリンク 猪の肉BBQ

大森林を散策する前に、持参した米酒とビンロウをお供えし『山の神様に挨拶』する儀式
が行われます。メールで予約を申し込んだ際に、当日は1グループにつき1セット、
必ず米酒とビンロウを用意するするようにとのリクエストが届きます。
それをここでお供えし、「これから森林にお邪魔いたします」とご挨拶します。
森の神様に挨拶

さていよいよアリマンさんに先導されてブヌン族の森の中へと入って行きます。
険しい山の中をガジュマロの木に掛けられたロープのハシゴをかなりの高さまで登ります。
梯子 ガジュマロの木の梯子

またこんな狭い岩場の合間をくぐり抜けて前に前に進みます。
こんな狭い隙間ぜ~ったい無理!と思ってもみんなすり抜けられる不思議。
岩と岩の間 岩と岩

洞窟のを進み、急な斜面もロープにつかまりながら下ります。
トンネル 下り

約2時間この険しい大自然の中をアリマンさんに先導してもらい、ロープにつかまりながら
なんとか探検しましたが、ブヌン族の祖先はこの森林の中をロープも無く裸足で狩りをし
走り回っていたというのですから驚きです。

ブヌン族が守る大自然を満喫した後は、アリマンさんの奥さんはじめブヌン族の人たちによって
朝から用意されていたご馳走をいただきます。

キッチンにはもちろんガスはありません。かまどに火を起こして調理します。
キッチン かまど

美味しそうに肉が焼かれるグリルとかまどで煮込まれるスープ
肉BBQ 煮込み料理

アリマンさん曰く、ブヌン族では「レディーファースト」なんだそう。
なのでこの体験でも、キッチンから中央のテーブルに料理を運ぶのは全部男性の仕事。
「女性はただ微笑みながら座っていて下さい(笑)」と言われました。
大自然のご馳走 ご馳走

ご飯も一人分ずつ男性がよそってくれます。
女性はそのお椀を持って中央のテーブルへ行き好みのおかずをピックアップ。
お米 一人分
大自然の中を駆け回り普段の何倍もの運動をしたせいか、
ここでいただいたランチは忘れれないくらい美味しい味でした。

私たちは事前に用意が無かったので、恥ずかしながら食事の際にお椀と割り箸をお借りしましたが
予約時の返信メールにはエコの為、マイ碗とマイ箸を持参する旨のメッセージが届きます。
ブヌン族の人たちはこの森を「森林銀行」と呼んでおり自分たちの貯金だと誇り大切にしています。

<基本データ>
住所(集合場所 鸞山派出所):台東縣延平鄉鸞山村鸞山路21號
TEL:0911154806
予約メール(事前予約必須 中国語or英語):sazasa2003@yahoo.com.tw
一日体験コース(食事つき):9:00~14:00 600元/一人

<17号のちょっとひと言>
普段台北で生活する17号にとっては、まるで違う国に来たかのような体験でした。
まだまだ知らない奥深い「台湾」がたくさんあるのだとこの体験で改めて実感。

お薦め度★★★★★(原住民文化に興味のある方は是非一度訪れて見て!)
大自然度★★★★★(17号の人生の中で間違いなく自然度NO.1の体験でした。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

老梅綠石槽

なんか最近ここも絶景ポイントとして注目されてる?らしい
1_20170501135758e2a.jpg 2_2017050113580056b.jpg 3_20170501135801bfe.jpg
4月~5月の期間だけ藻が写真みたいに石の上に発生して美しい緑色になるらしい。今年はなんかちょっと早めに3月から発生したらしいのでとりあえず3月中旬ぐらいから5月一杯ならこの状態見れるって事であともう少し。見たい人は急いでGO。に

4_2017050113580221a.jpg 5_201705011358046a6.jpg
とりあえずまず現場に到着した時に目に入る風景はこの写真。なので到着した時は「うん??これキレイか??」ってなる事は間違いない笑。ただ近づいて行けばそれなりに綺麗さがわかってくる感じ。ちなみにすごい広く長―い海岸線全部がこうなっている訳ではないので規模的にも実際現場に行くとこんなもんかって気にもなる。あまり過度な期待を抱かずに行った方がいいかも。

6_20170501135816fc7.jpg 7_20170501135818fd4.jpg 8_201705011358197ef.jpg
9_20170501135821c3a.jpg 10_2017050113582242a.jpg
駐車場があるんだけど中型バスとかは入れない。よって我々は写真の手順で歩いて現場に行った。これバスで行った日とも多分同じようなルートになるんじゃないかな?メインストリートから歩いて五分位。ワゴン車とかなら駐車場に車入れられるし、公衆トイレもあるからご心配なく。

11_20170501135854095.jpg
藻はこんな感じで結構鮮やか。

12_20170501135855d91.jpg 13_2017050113585703c.jpg
なんだかいい感じな並びの流木もある。大体全部が出てくるとこんな感じにグリングリンしてくるのでシャッターチャンスを逃さないように!

<基本データ>
住所:新北市石門區老梅社區沿海
(MRT淡水駅前または台鉄基隆駅横から淡水客運と基隆客運バスが運行していて「老梅」ってバス停で降りればいいらしい。いくらかはわからんが大した金額ではないだろう。所要時間は90分ぐらいではないだろうか?)
TEL:なし
営業時間:24時間開放(っていうか海だからいつでも入れる)

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここでのシャッターチャンスは干潮時のみ。満潮だとこれ全部水の中だから見えないから!全然そんな事を気にしてない状態でここ行くと全く意味がなくなるのでココ重要。今回撮影した写真のタイミングは9時が満潮、15時が干潮タイミングの丁度間ぐらいの時間に撮影した写真。11時~13時ぐらいの間ここにいたけど、到着時の11時段階ではほぼほぼ見えてなかった。台中の高美湿地同様潮の満ち引きがビジュアルに大きな影響を及ぼすという非常に面倒な場所なのだ。でも一見の価値はあるって感じなので、ここ行くなら近所の富貴漁港とかにも行って新鮮な海の幸も一緒に食べるぐらいな感じの方がいいかも。基本これ以外何もないから。あっ、この周辺粽屋が多いからおやつに粽もお薦め。どういう訳だかミニサイズも販売している。

お薦め度★★★★(ちょっと想像よりも範囲がミニサイズなのが残念)。
みんなの写真がキレイすぎるだろ度★★★★★(うん。行ってみてわかった。絶対みんな修正してる笑)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


(金山温泉)水尾漁港

舊金山總督温泉からほどなく行くと行き止まり突き当りがこの水尾漁港。何かあるなんてこれっぽっちも思わずとりあえず近くまで来たんだから行ってみよう的な感じで向かってみた。

1_201702081556425ea.jpg
看板

3_20170208155644164.jpg 2_20170208155643bf6.jpg 4_20170208155645ad0.jpg
目の前が駐車場でこんな感じ。まあ冬の海なんで日本海的?なのはある意味しゃーないかと。

5_20170208155647ad5.jpg 8_20170208155706d02.jpg 6_20170208155704301.jpg
何とレストランがある。しかもこれでも本日だって営業中!笑 店の前に置いてあったこの椅子。多分カメラマンさんの大好物系。もらって帰りたいぐらいな人気撮影小道具なり。こーいうの持ってる人捨てないで是非譲って下さい(破れててもOK)。

7_20170208155706a25.jpg
カラフル電力ボックス浦島太郎バージョン。大、中?、中、中、小、5個が並ぶ珍しい場所かと。ちなみに何故??

9_201702081557089bf.jpg 10_201702081557093bb.jpg
廃墟キタ―――。中の廃墟状態もナイス。

11_20170208155725322.jpg
で、ようやく水尾漁港を見る

14_2017020815572985b.jpg 13_201702081557275a0.jpg 12_2017020815572722c.jpg
奥まで行ってさっきの反対側から見てみた。

16_2017020815575718b.jpg 15_2017020815573067f.jpg
どうも一番奥に階段があって、見晴台っっぽいから登ってみたらその先に行けるようになっている。

17_20170208155759869.jpg
もちろん降りる。ただここ多分干潮満潮とかで通れなくなりそうな気も・・・。行った時は通れた。

18_2017020815575989d.jpg 19_20170208155801e3d.jpg
こーいうのみんな弱いのでは??この洞窟みたいな感じの先に誰もが行ってみたいと思うでしょう。もちろん行ってみる。

20_20170208155802504.jpg 21_20170208160007e2e.jpg
何とその先は大混雑!こんなにもたくさんの人がすでにいた。で、この写真の奥の奥まで歩いて行っていいらしい。さっきのマップにはよーく見ると「神秘海岸」って書いてあるエリアもあり。絶対に神秘でもなんでもないと思うけど興味ある。が、遠いから断念。いつかはその神秘に触れてみようと思う笑

22_201702081600089d6.jpg 23_20170208160009bc2.jpg 24_201702081600119f7.jpg
多分「野柳」の近くって奇岩だらけになるのが必然?ちなみにコケエリア滑りますから調子に乗って行かないように!すってんころりん一名目撃しましたから!

でもって、この奇岩エリア(勝手に神秘海岸ゾーンと命名)を後にてもう一か所のなんだかビーチっぽいとこに行ってみる。この橋は漁港と温泉の間にある。
25_201702081600126ed.jpg
この橋を

28_201702081600348db.jpg
27_20170208160032f84.jpg
26_201702081600318c6.jpg
越えるとビーチにイン。色味が何かいい感じなので撮影にも使えそう。

29_20170208160035615.jpg 30_201702081600375d9.jpg
橋の上から周りを見る。うん、なんもない笑

31_2017020816011953d.jpg 32_20170208160120bc8.jpg
で、橋の下はこんな感じの憩いの場的な状態なのでここもなんかいい感じ。また持って帰りたくなってしまう小道具の昭和な椅子も発見。なーんか結構いい感じかもこのエリア。

<基本データ>
住所:新北市金山區民生路2號
(台北からは車で1時間位は前回の温泉紹介でお知らせ済み。って事で、舊金山總督温泉から港までは車で一分。歩ける)

<コーディネーターのちょっとひと言>
って事で次何かの撮影をここにご案内してみようかな?って気になる面白い場所なり。温泉アリーの、海アリーの、廃墟アリーの、神秘海岸アリーの、魅力的な小道具放置アリーので充実したロケが期待できそうな予感。多分この場所だけで3時間は撮影出来るのではないだろうか?最強アイテム漁船も撮影可能なモノに入ってくると更に魅力を増すような気が。漁協に連絡してみよう!

お薦め度★★★★(旅でここに来てもショーがないかもだけど流れでここに来て見る分には悪くないかと。じゃあどんな流れがあるか?多分テレサ流れか、野柳流れしかありえないかもだな笑)
人気無し度★★★(満点っぽいがあの秘密の洞窟を抜けた先に何故か人が一杯いるから意外と人気?)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(金山温泉)舊金山總督温泉

丁度寒さも温泉にピッタリぐらいなどんよりした天気の日に来れて良かった!(負け惜しみではない笑)。ほとんどしたことがないドライブという行為の流れでこちらに。
1_201702081752345c4.jpg 2_20170208175236f1e.jpg
何とものどかな何もない場所にあるんだってことを初めて知る。

3_20170208175236f97.jpg 4_201702081752381fc.jpg
現在は終了してしまった懐かしの番組「世界温泉遺産」では多分3回ぐらい来てると思われるこちらの温泉施設。でも実際自分は来たことがなかったので今回はとある撮影の下見を兼ねて訪問してみた。車出してもらえたから来れたようなもの。Tちゃんに感謝。

5_20170208175239ad3.jpg 8_20170208175257088.jpg
受け付けはこちら。昭和ラブホの受付のような雰囲気なノスタルジック感。これは階段やデザイン全般的にそんな感じ。リアルに昔そーいう施設だったなんてことはないだろうな?笑
こちらでお金を払うとちゃんとタオル(大、小)を貸してくれるではないか!持ってこなくてもいいんだなと。個室風呂とかなんとか風呂とか種類があるけど、一般的に日帰り入浴の人って4Fの露天風呂だよなって事でココの料金は平日300元、休日は350元。露天風呂のみで男女別裸で入る風呂だす(台湾混浴水着入浴(何ともダサいスイミングキャップ着用)とかあるから要注意)。

6_201702081752548f8.jpg 7_201702081752555b4.jpg
昭和デザインの階段を上り、更に登って3Fへ。そこに関所有。ピンクのおばさんに紙を渡して更に4Fへ。

9_201702081752581ce.jpg 10_20170208175259c17.jpg
男湯、女湯それぞれの入り口

11_201702081753348e4.jpg
こっから男風呂。まずは行ったらこんなベンチがあって外が風呂。実はこのベンチの右端に洗い場みたいな場所がある。ここで普通に体洗ったりしてシャワーの角度を変えられるとびしょぬれの刑となるのでこれも要注意(かけてる本人は反対側も見ているので全く気付いていない為相当な勢いで濡れる)。

12_20170208175336bbc.jpg
鍵付ロッカーがあるからここで荷物も服も全部入れてて鍵閉める(20元。なお開ける時にお金が戻らない捧げるタイプのコインローカーらしい)。

13_201702081753378d6.jpg 14_20170208175338add.jpg
外に露天があるんだが湯船は三タイプ。一番左真水、真ん中一番温度が高い(43度位)、一番右はぬるま湯。行った日みたいにちょっと肌寒い日はぬるま湯に入ると寒くて身体出せない。しゃがんだまま風呂を移動。ここは温泉につかりながら海を眺められると思っていたんだけど実は半透明のバリアがされてるから入ってたら見えない。ちょっとだけ見えるところあるけどもしそこで立ち上がったら外から逆に丸見え。故に以前は丸見えだったという事だろう笑

そして事件が起きる
15_20170208175339802.jpg
Tちゃんは鍵を開けようとしたら鍵が折れた。当然ロッカーが開かなくなる。スタッフを呼ぶ。スペアキーを持って来て空けてくれるのかと思いきや・・・・。

16_20170208175355f07.jpg
解決方法は破壊笑 ワイルド

17_201702081753568a2.jpg
なお施設前にある無料の駐車場の脇にも共同浴場がある。うん?ここは・・・過去の10号が紹介した共同浴場だ!過去紹介記事はこちらをクリック
あの橋もチラッと写り込んでるではないか笑 そしてアクセスに関しては大変親切に入力されているのでご参考に笑

<基本データ>
住所:新北市金山區民生路196號
(とりあえず場所だけお知らせ。台北からは車で1時間位)
TEL:02-2408-2628
営業時間:9:00~22:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
懐かしの10号の記事にたどり着き、そして何度もお世話になった温泉でのんびり過ごす。ここに来ていたトップレンジャーズはみんな一生懸命働いていたんだろうが申し訳ない笑 って事で完全に旅人感覚でココの温泉について語るが、ぬるいところはマジでぬるい。が、肩までつかってればぶるぶる震えるような感じではないので、温かいお湯の所とぬるいところ交互に入ると長く入れる。で、温泉の泉質がどうなのか?よくわからないが海底から湧いている温泉を引いてきているようでかなりしょっぱい。それと多分硫黄をかなり含んでいると思われちょっとピリピリ系。肌がチクチクする感じはある。だからさっきの鍵の壊し方もワイルドだが、お湯の泉質も何だかワイルド感あり。

お薦め度★★★★(長く入りたいから休憩室とかあるといいんだけど、限られたスペースしかないのでそれが出来ないのが難点)。
混雑度★★★(露天風呂は30人までって人数制限をしているから混んでるって状態にはならない所はいいかも)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


(宜蘭)古意生活藝術館

山奥にある知る人ぞ知る場所につき、自力で行くのは困難だと思いますが、そんな場所でも是非行って頂きたい、そして一瞬だけでも心穏やかに過ごしていただきたい。そんな思いでご紹介。何故今こんな文章を打っているか?といいますと、はらわた煮えくり返っているから!どいつもこいつも!!!怒

外観 横に長いんです 周りには何もない笑
って事で、実際はこの場所にいませんが、写真を見ながら、こちらの紹介文章を打ちながらあの時と同じ気持ちになりながら紹介。ホントに山奥で周りには何もないような場所。写真で一目瞭然だとは思いますが、まだまだこういう手つかず的な場所が残ってるんですな。建物自体は横ながスタイル。きっと「何とか式」とかあるんでしょうね←すっかり他人事。

裏には家庭菜園と オープンキッチン
周りにも自然はいっぱいですが後ろにも自家菜園が。更にこれぞオープンキッチンというスタイルのアウトドアキッチンが。リアルにココで料理もしているという事です(主に煮込み系)。

かたつむりも巨大に育ちます
こんだけ自然が残っている場所ならそりゃーこういう生き物たちも巨大化されていきますね。これは食べるのか?

お店の中には こんな感じに なっていて
こちらがダイニング。お茶飲んだり食事した入りするスペース。

予約制ですが こんなセットメニューが食べれます お茶とラクガン
250元でこのセットメニューのお食事が可能。地元産の食材を使った宜蘭セット的な食事。なんかほのぼのする家庭の味です。鴨や自らの星三つと名乗る「三星葱」を使ったメニューなど優しさを感じるお食事をお楽しみいただけるでしょう。

地元産の商品も多数販売
地元へのこだわりは料理で使う食材だけではございません。地元で生産されている地物の販売もしています。米、調味料、お茶、雑貨など商品は多岐にわたります。

で、ダイニング以外の場所はオーナーのコレクション展示室、子供用の読書室、革製品などの雑貨を作る体験が出来るDIYルームなどになっています。展示品のアンティークなどは基本すべて販売可能なものとして展示されています。

美ジュアル1 美ジュアル2 美ジュアル3
さりげなく並べてある物すべてが美ジュアル。なんか写真撮ってるだけでも楽しい。この場所でおいしい空気を吸いながら過ごすたった数時間って、結構大切な時間かも?って改めて訪問時を振り返りながら思う1号でした。とりあえず打ち出す前に煮えくり返っていたはらわたは今収まってる笑

<基本データ>
住所:宜蘭縣冬山鄉中山村新寮路461巷28號
(台鉄冬山駅から車で約20分位。駅からたったそれだけでこんな自然タプリな場所になるのです)
TEL:03-958-0990
営業時間:10:00~17:00(不定休なので営業確認してから行きましょう!)
注:入場料のようなシステム有。見学(買い物)のみの場合は入場料として100元をお支払い。中でお食事をされる場合は必要なし。さっき紹介したセットメニューは250元だから何にも食べないで100元よりは食事を楽しんだ方がいいでしょうね。お茶やお茶菓子だけでも100元~いくつかメニューバリエーション有。

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここのオーナーさんは元々上海で仕事してたんだけど、都会での生活より、のんびりとした穏やかな生活がしたいって事でこちらに移住されたという事で、その気持ちわかるなーって。出来る事ならもはや自給自足でも良いって思う今日この頃。オーナーさんと話してるとこの田舎生活は決して便利ではないけど、不自由とも感じず、逆にストレスを感じる事も全くないと。味のある古民家に自分のコレクションのアンティークを並べ、ゆったりとそれを眺めながら過ごす。そして食材も有機農法で栽培されたものを中心に優しい料理をベースにした食生活を送る。ここは観光施設のような場所ではあるものの、ベタな観光を楽しむための場所ではなく、台湾宜蘭のスローライフを体感する為の場所として訪問しましょう。ただの観光地的な感覚で訪れる目的ならちょっと趣旨が違うから行かない方がお互い(受け入れるオーナーさんにとっても)にいいかもしれないよーな気がしやす。

お薦め度★★★★★(なんかここに行っただけでいい人になったような気になる笑)
ナチュラル度★★★★★(周りの自然だけではなく、建物、そしてそこに住んでるオーナーも含めてナチュラル。人も含めての天然素材感たっぷり)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード