独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台東)寶桑豆花

台東で美味しいデザートのお店で必ず名前が上がるのがコチラの「寶桑豆花」
字の通り豆花のお店です。
外観 店内2

場所は台東市の中心道路の一つ「正氣路」の西南の外れです。
店内

実際行ってみて驚いたのですが、日本語メニューもありました。
豆花に合わせるトッピング、ピーナッツ、緑豆、小豆、タピオカの四種類。
中国語メニュー 日本語メニュー

人気の秘密は濃厚な豆乳に甘すぎない自家製の蜜。
トッピング4種類がすべて入っている「総合豆花」でなんと35元という安さ!
総合豆花

夏限定でレモンシャーベットドリンク(30元)がこれがまた超美味で
すぐに飲み干してしまいました!
レモン氷沙

<基本データ>
住所:台東市正氣路115號
TEL:08-934-7213
営業時間:14:00~22:00
<17号のちょっとひと言>
台東での食後にはオススメのデザート屋さん。
濃厚な豆乳に甘すぎずさっぱりした自家製蜜の豆花、
しかもトッピングが4種類ものって「35元」とはありえないお値段!
夏は冷たい氷でいただきますが、冬季にはホットで提供されます。
夏にいらっしゃる方にはレモンシャーベットのドリンクもオススメです。

お薦め度★★★★★(台東市内で間違いないデザート店。)
古早味度★★★★(お客さんには子供の頃から通っている方多数!昔から変わらぬ味を提供しています。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。



(花蓮)立徳布洛湾山月邨

太魯閣国立公園として花蓮を代表する観光地である「タロコ峡谷」には
多くの観光客が訪れますが、峡谷のゴールの天祥との丁度真ん中の地点に
布洛湾」といわれる集落があります。
MAP

その布洛湾にはこの地に暮らす原住民太魯閣族の集落跡に造られた
レストランが併設された宿泊施設「立徳布洛湾山月邨」があります。
外観

屋外の光が差し込む円形のロビーに一歩入ると大自然から一気に幻想的な雰囲気に早変わり。
ロビー

ホテル内のレストランは宿泊客以外も利用でき、タロコ峡谷の観光と一緒に
ここで本格的な原住民料理を味わうことができます。
レストラン

メニューはセットメニューの他、チャーハンなどの単品メニューもあります。
メニュー1 メニュー2

ベジタリアンメニューも
ベジタリアンメニュー

看板メニュー「太魯閣焼烤豬肋排」630元
ランチA
太魯閣族の代表的な料理である豚肉のグリル、竹筒の蒸しご飯、山地の野菜などが原住民独特のスパイスで調理されており食欲をそそります。

レストランの窓からは綺麗な芝生の向こう側に宿泊できるコテージが見えます。
次回は是非ゆっくりと時間のながれる大自然の中でゆっくり宿泊してみたいと思います。
コテージ

<基本データ>
住所:花蓮縣秀林郷富世村231-1號
TEL:03-861-0111
営業時間:12:00~14:00、18:00~20:00

<17号のちょっとひと言>
タロコ峡谷に行った際のランチは、天祥のリージェンホテルか花蓮市内に戻るしかないと思っていましたが
新たな選択肢があることが分かりました。しかもなかなか本格的な原住民料理をいただけるので
時間に余裕のある方は是非ランチをこちらでとられるか、もっと時間のある方は国立公園の大自然の中で
一晩泊まってみるのはいかがでしょう?レストランの他にも原住民の方の小物や織物を扱うギフトショップ
もありそちらの商品もとても素敵でした。

お薦め度★★★★★(原住民文化に興味のある方は是非。)
大自然度★★★★★(360度見渡す限り大自然。まさにここは国立公園の中。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(花蓮)液香扁食

花蓮に行ったと台湾の友人に言うと「ワンタン食べた?」と言われたことはありませんか?
花蓮でなぜワンタン?と思いますが、その昔蒋経国前総統が花蓮を訪れた時
あるワンタン店を訪問しとても気に入られたという有名な話があり、その店が今回ご紹介する
液香扁食」です。
外観

もともと餃子やワンタン、麺類などの粉ものは中国の東北地方の主食として日常的によく
食べられるそうなので、蒋経国前総統もご飯ものばかりでなく粉もの類を好んで召し上がって
いたのかもしれませんね。
歴史を感じる店内.j 総統来店
店内には歴史を感じさせる写真も展示されています。

広々とした店内はいつも大入り満席の人気店。
客席

メニューはシンプルにこれ一つのみ!自慢の絶品ワンタンスープ70元
ワンタン

店内の入口にはテイクアウト専用コーナーがあり地元の太太たちが生のワンタンをテイクアウトしていました。
その他、冷凍ワンタン、贈答用ボックスも用意されそのまま宅配の手続きもできるようです。
テイクアウト

<基本データ>
住所:花蓮市信義街42號
TEL:03-8326761
営業時間:10:00~売切れ次第終了

<17号のちょっとひと言>
つるりと薄い皮に包まれた豚肉のミンチ入りワンタンとセロリとニンニクのみじん切りフライが入った
スープのコンビネーションが抜群の一品。花蓮では是非とも立ち寄っていただきたいお店です。

お薦め度★★★★★(花蓮を代表するグルメ店。)
御墨付き度★★★★★(なんといっても前総統も愛した味。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(花蓮)公正包子

花蓮の繁華街中山路の行列のできる超有名店といえば「公正包子
店内

いつも店先では店員さんたちが手際よく、次から次へと包子を包んで行き
どんどん蒸籠が積み重なって行きます。
その場で手作り

人気の理由は美味しいのはもちろん何と言ってもこの安さ!!!
蒸餃(蒸し餃子)が一籠10個で30元小籠包(ミニ肉まん)1個5元
料金

蒸餃一籠と小籠包4個を注文。このボリュームで合計なんと50元!
中の餡は蒸餃も小籠包も共通でちょっと甘めの懐かしい味です。
小籠包蒸餃

1969年に開業したこのお店はいつも賑わい大忙しの様子。
よほど忙しいのか壁にはこんな↓言葉が額に入れて掛けられていました。
看板
「在百忙當中也許忘了微笑、請接受無言的”抱歉”
(忙しい中笑顔を忘れる事をあるかもしれません。そんな時は無言の謝罪を受け取ってください。」

<基本データ>
住所:花蓮市中山路199之2號
TEL:03-8342933
営業時間:6:00~20:30

<17号のちょっとひと言>
確かに忙しいのは間違いないようです。17号が訪れた時もお店の外まで人が溢れかえっており
なかなか店員さんに話しかけられませんでした。もちろんみなさん大忙しで笑顔は消えていたので、
額の言葉通り無言の謝罪を受け止めました。笑

お薦め度★★★★(花蓮の中心地繁華街のど真ん中。通りかかったら是非10元で二個買えるフカフカミニ肉まん(小籠包)を買って食べながら花蓮の街を散策するのも楽しいでしょう。)
混雑度★★★★★(混雑してない時は珍しいほどの行列店!テイクアウトも多く回転も速いので待ち時間は意外に少ないです。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


(台東)那都蘭工作室

花蓮・タロコ峡谷の原住民族「太魯閣族」の胡秀蘭さん
代々受け継ぐ民族機織の工房を訪ねました。

外看板
外からは小さいく「那都蘭工作室」という看板があるのみなので
なかなかわかりずらいですが、敷地内にに入ると
中看板
こんな立派なのぼりが現れます。

胡秀蘭さんの工房では作品の製作以外に展示販売もしています。
店内 店内

太魯閣族に伝わる伝統的な織物は、下の写真の苧麻(チュウマ)と呼ばれる
植物繊維を自ら収獲、染色し、それを紡いだ糸で編み込んで行きます。
チュウマ.

その糸を手織りする複雑な機具がこちら
織物機
裏側はこんな感じ
織物機 裏側
胡さんは16歳からおばあさんとお母さんより織り方を習い、
現在はご自分の息子さんに伝承しています。

工房内にはキーホルダーや化粧ポーチなどの小物から
大判のストールまで様々な作品が販売されていますが、
事前予約時にDIYのブレスレット作り(所要時間90分、350元)
が出来ると聞いてトライしてみました。
先生指導中
胡さんは日本語もかなり達者なので、丁寧に日本語で教えてくださいます。
ブレスレット製作
一通り編み方とコツを教わったら自分で編み始めます。
が、なかなか思うようには行きません!!!
胡さんに助けられながらなんとか完成!
自分だけのオリジナルのブレスレットをゲットして良い思い出になりました。

<基本データ>
住所:花蓮縣秀林鄉秀林40號
TEL:、0912-243-040(要事前予約)
その他:見学は無料(織物体験などは別途参加費が必要)

<17号のちょっとひと言>
特筆すべきは、胡さんは日本の織物の展示会等にも参加されたことがあり、とても日本語がお上手なのです。
こちらの工房へ行くには公共交通では行けないのですが、胡さんは電話で時間を予約していただければ、最寄りの新城駅(太魯閣駅)までお迎えに行きますよ~とおっしゃっていましたので、原住民の文化に興味のある方は是非電話で胡さんのご都合を問い合わせて見てはいかがでしょうか。

お薦め度★★★★(原住民の機織文化に興味のある方は是非。)
購買意欲度★★★★★(シンプルな模様から複雑な模様の組み合わせまでカラフルなものからシックな色味のものまで色々欲しくなること間違いなしです!)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード