FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

柳隅茶舎

MRT「龍山寺」の駅ナカ茶藝館「柳隅茶舎」。駅構内の地下街は占いやマッサージのブースが有名ですが、そのエリアの角に約40坪の広々としたシックな空間が広がっていました。
21_20210301185606d1d.jpg 22_2021030118560862d.jpg

こちらのオーナーGINさんはカナダ・モントリオール育ち。中国語、台湾語に英語はもちろん、フランス語や広東語、スペイン語も堪能です。
23_20210301185609266.png 24_20210301185611e0c.jpg
茶芸館のあるこの場所は、もともとGINさんのお母さんがカラオケを楽しめるお店を営んでいたのだそう。2014年に茶藝館として再出発する時、「お母さんの時代からの地元の常連、龍山寺を訪れる外国人観光客、どちらも気軽に台湾茶を楽しめるアプローチを考えました」とGINさんはいいます。

25_2021030118561202b.jpg 26_202103011856142d0.jpg
たとえば、店内で飲む台湾茶。台湾人は「シェア」の文化に慣れているものの、欧米人や日本人は「ひとり1セット」を好むので、シンプルな小さなお茶のセットで提供しています。GINさんによると「日本の方はもちろんですが、フランス人も台湾茶をゆっくり楽しむ時間を好んでいます」とのこと。お値段も160元からととても手頃。「台湾茶は生活の一部。値段や作法で敬遠せず、気楽に楽しむのが一番」というGINさんの考えが反映されています。気軽で手ごろ、台湾茶もカフェ感覚で立ち寄って飲むことができますね。

27_202103011856155e7.jpg 28_20210301185617134.jpg  
一煎目はGINさんがテーブルで淹れてくれます。7か国語が堪能でとってもきさくなGINさん、「日本のドラマが大好きなので聴く分には理解できるけど、話すのは難しいですね。でも、気軽に質問してください。わからなかったらGoogle翻訳もあるし」と笑っていました。お茶の淹れ方はGINさんのやり方を見様見真似でOK。この茶藝館の願いでもあるように、気軽に自分のペースで台湾茶を楽しみましょう。

29_20210301185618beb.jpg 30_20210301185620b95.jpg
茶葉は台湾産のもの。契約農家のお茶マスターが手作業でもみ、じっくり時間をかけて発酵させた「紅烏龍(280元)」をおすすめされました。ふくよかな緑の香りがして、口当たりは濃厚でありながら渋みも少なく、さっぱりとしたのど越しです。日本の方に人気がある「東方美人」も、280元~楽しむことができます。美しいメニューもぜひゆっくり堪能して!
31_20210301185700c8a.jpg 32_20210301185701b04.jpg

お向かいには占いのブースが並んでいます。小さく区切られたスペースは大勢入れないので、グループで来た方はここでお茶を飲みながら、順番に占いに行くのだとか。日本語可の先生もいるし、ひとに聴かれたくないこともある。グループ旅行で占いをする時は、ここでお茶を飲みながら待機すれば心も落ち着きそうです。店内は10卓のテーブルがゆとりをもって配置されているので、社交的距離もちょうど良い感じです。
33_202103011857031da.jpg 34_2021030118570679b.jpg

店名にある「柳」は、お母さんの名字からもらったのだそう。GINさんの名字は「藍」で「文字の印象が四角く、お茶のゆったりした雰囲気に合わないと思いました。柳なら、揺れる感じがお茶を飲む空間にふさわしいと思い、母の名字から拝借したんですよ」とのこと。

35_20210301185707208.jpg 36_20210301185709410.jpg
お茶のパックも1両(約38g)からと、サイズも価格も手が届きやすい設定に工夫されていました。台湾では「大きいことは良いことだ」精神が根強く、お土産や贈りものは大袋、大箱になりがちですが、これならプチギフトやご自宅用、お試し用にも求めやすいですね。「仕事やお酒を飲んだ後にリラックスできる烏龍茶が欲しいです」と尋ねたところ、「<四季春>ではちょっと子供っぽいかな、<金宣>はミルキーだから、大人のティータイムには<翠玉烏龍茶 (180元)>がいいかな」とGINさんが選んでくれました。

37_20210301185710068.jpg 38_202103011857124e3.jpg
お土産に面白そうなのは、店内でも使われているひょうたんの茶こし(150元)。軽くて手頃、のどかな雰囲気なのも可愛らしいでしょう。茶こしを持っていない人も多いかもしれないので、喜ばれそうです。急須を置いて水はけができる小さな丸い台は800元でした。

39_202103011857131a6.jpg 40_2021030118571471f.jpg
パワースポットのお寺や下町散策、グルメも楽しい龍山寺の賑わいに突かれた時や、台湾特有の急な雨、真夏の日差しの日も、「柳隅茶舎」は避難や癒しに駆け込める駅ナカ・オアシスになりそうです。

<基本データ>
住所:台北市萬華區西園路一段145號 龍山寺地下街商場地下一樓10號
(MRT「龍山寺」駅構内)
電話番号:02-2308-9743
営業時間: 11:00〜21:30 金・土 ~22:00 無休

<コーディネーターのちょっとひと言>
茶藝館は駅から少し歩く場所にひっそりと隠れているイメージが強いので、堂々と駅ナカでこれだけのスペース、お手頃値段で美味しい台湾茶が楽しめるのは驚きでした。占いの順番待ちや、ちょっとしたグループ旅行の利用も良さそうですね。今までは龍山寺の猥雑さにあたってぐったり、逃げるように帰ることが多かったけど、これからは「柳隅茶舎」でのんびりリセットを楽しみたいです。
(担当特派員:TOP33号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


龍團茶品

台湾で旅行来るの海外観光客が多くなっている、お土産として、台湾茶は海外観光客に人気な商品です、最近、台湾茶にテーマするの店も多くなってます。いま台湾茶にテーマするのおしゃれ店「龍團茶品」を紹介いたします。龍團茶品のオーナーの出身は南投の鹿谷の百年歴史があるのお茶屋さんです、もともと医療人員だったが、彼の父親が年になって、彼は家業を継ぐために,仕事を辞めて、台湾茶商売が初めて、台湾で品茶は年上の人しかやらないのイメージがあります、オーナーは若い人でも受けるため、ブランド「龍團茶品」を作りました。2018年に臺灣文博會Creative Expo Taiwanに指名されてます

1l_201906211437384c6.jpg
「龍團茶品」の店は信義区信義路六段にあります、バス乗り場「國稅局宿舍」すぐ前。
店の外観はおしゃれカフェような感じ

3l.jpg
店の內部です、木色と紫色の色を使って、一般お茶やさんの感じと違います、龍團茶品は台湾ブランド「PiliWu-Design」の創辦人にお願いして、龍團茶品の全体イメージをデザインしました。壁の飾りはお茶の缶 お茶用茶壺 お茶用の竹ひごを編み込んでかごなど、配列して、いい感じです

2l.jpg
調理室
とでも綺麗ですね、一般お茶飲むのイメージには、オーナーはお客前に座って、お茶入れるが多いです。ここはカフェような感じです

4l.jpg  5l.jpg
龍團茶品は主に台湾茶です、一般のホットや冷やしお茶「冷泡茶」 、自家特製の炭酸入りお茶があります、今日は冷やしお茶「冷泡茶」の桂花尋露と四季尋露を選びました。ここの冷やしお茶、全部お茶の鮮度 味を壊さないようにのやり方でやるそうです。

6l.jpg
お茶入れの器はペットボトルを使う、カラス瓶で使ってる、これ見て嬉しいです。ペットボトルは確かお茶の味に影響なります。お茶は長い時間に冷やしすると、たまに美味しくなるです、ここでお茶の美味しさ と鮮度も保留しました、とでも美味しいです

<基本データ>
住所:台北市信義區信義路六段32號
(バス299の永春高中まで降りてから徒步6分,バス20 22 46 88 207 588信義幹線の國稅局宿舍まで降りてからすぐ,)
電話::02-2727-2292
営業時間:10:00~20:00

<15号のちょっとひと言>
15号以前はあまりブルーツ茶や花茶がすき、台湾茶があまり飲まないです、台湾茶好きな友人がいって、彼から初めて台湾茶の美味しいが知りました。女性一人でも入りやすいの台湾茶専門店はなかなかないです、ここでゆっくり台湾茶

お薦め度★★★★(タロイモ好きの方には是非一度お試しいただきたい1品)
映え度★★★★★(この分厚さ、珍しさはやっぱり目を引くと思います)
(担当特派員:TOP23号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


開門茶堂

本日は「富錦街」の近くにあるティーサロンに参りました。「富錦街」と言ったら元々生活品質が最も良いと言われた住宅団地ですが、近年インスタ映えのおしゃれで可愛い店が次々とオープンされ、若者に注目され始めたエリアで知られています。本日訪れたティーサロンも、インスタ映えでのんびりした午後にピッタリなお店です。

001_201803291736017eb.jpg 002_20180329173602396.jpg
お店はあのパイナップル名店「サニーヒルズ」の近くにあり、民生東路四段から80巷を右に曲がり、一つ目の路地(1弄)を左折します。街路樹のガジュマルが目立つ路地です。そんな中密かにガジュマルの後ろにティーサロンがありました。

003_201803291736036a2.jpg
「開門茶堂」というティーサロンです。一面のガラスが窓側の席にあり、採光が良さそうですね。このティーサロンのオーナー許さんはインテリアデザイナーで、事務所もお店と同じ場所にあります。

005_20180329173606b37.jpg
店内に入るとすぐメニューが立ててあります。この玄関のデザインも好きです。

004_20180329173605b2e.jpg 006_20180329173608f9f.jpg
店内は明るくて落ち着いた雰囲気です。テーブルや椅子は木製で統一されていて暖かみを感じました。お店なので、家に帰ったような快適さでした。

007_20180329173609e8c.jpg 008_20180329173611de9.jpg
お茶が頂ける以外、茶器なども販売しています。

009_2018032917361244d.jpg 010_201803291736141fe.jpg
本業がインテリアデザインなので、実は店内の家具や棚も販売していますと!本当にどれも素敵でほしいです。(よく見ると棚に値札が付いていますよね。)

011_20180329173615d72.jpg 012_20180329173617453.jpg 013_20180329173618aa8.jpg
店内の十数種類のお茶は、どれもオーナーが全国を回り厳選したお茶です。台湾各地お茶の産地からセレクトされたお茶が一回で楽しめることができますし、茶葉を買って帰ることもできます。ギフトボックスのパッケージもステキですね。

014_20180329173620d63.jpg 015_20180329173621f1d.jpg
20号はこの茶葉入れに目を引かれました。とても繊細な柄できれいです!しかも値段もそんなに高くないです。

021_20180329174013a8a.jpg 016_2018032917362330c.jpg
そしてこちらの茶葉の一個一個の箱も可愛いですね。お茶葉の産地によって箱も異なるのです。お土産にいいかもしれません。

019_20180329173627084.jpg 018_201803291736264ba.jpg
020_2018032917362909f.jpg 017_2018032917362426f.jpg
店内の様子。ソファーもあってどれも快適です。ここでは午後の時間をゆっくり潰したいですね。一面のガラスが張った席もステキです。

030_2018032917402661f.jpg 031_20180329174028c4c.jpg
メニューはこちらです。台湾茶と、ミルクティーがあります。お茶のホットだと鉄急須で入れてくれますが、アイスだと500ccくらいのガラス瓶で出してくれるそうです。ミルクティーだと琺瑯製の鍋で入れてくれます。

022_20180329174014a7e.jpg 023_201803291740169eb.jpg
今日は一人なので急須と比べて量が少なそうなミルクティーを頼みました。こちらは「黑糖鮮奶紅茶(黒砂糖ミルクティー/NTD260」です。茶菓子の「茶香蛋白霜(お茶の香りメレンゲ/NTD40)」も一個ついています。

025_20180329174019010.jpg 024_20180329174017191.jpg
そして茶菓子ももちろん頼みました。3種類以上頼みましたら木のトレーに並べて運んでくれます。
それぞれは:(手前左)祕製緑豆糕(自家製オリジナル緑豆ケーキ) NTD40、(手前右)紅茶生乳達克瓦茲(日月潭紅茶を練り込んだダッチワース) NTD65、(後ろ左)迷迭蜂蜜杏仁果(ローズマリー蜂蜜アーモンド) NTD60、(後ろ右)楓糖夏威夷豆塔(メープルシロップ漬けマカダミアナッツのタルト) NTD45。

027_20180329174022d92.jpg
「紅茶生乳達克瓦茲」これは美味しい!!!!!甘さ控えめで、挟んだのクリームが凍ったバターみたいな食感に近づいています。これは20号強力お勧めです笑。

029_20180329174025239.jpg
「祕製緑豆糕」は、オリジナル配合の手作りで、中には棗餡、松の実、もち、ベリー果実が入って、しっとり柔らかい豆の香りと良く合っています。

028_20180329174023cfd.jpg
「迷迭蜂蜜杏仁果(ローズマリー蜂蜜アーモンド)」アーモンドをカリカリの蜂蜜の衣で包んでいます。香ばしくてつい食べ続いてしまいます。楓糖夏威夷豆塔(メープルシロップ漬けマカダミアナッツのタルト)も、ナッツ好きな方にはたまらないと思います。

026_20180329174020fa3.jpg
このステキな空間で、午後をゆっくりと潰しましょう。食事時間制限がないため、今度は絶対ノートブックを持ってきてここで温かい日差しを浴びながらお茶を楽しめたいと思います。

<基本データ>
住所:台北市松山區民生東路四段80巷1弄3號
電話:02-2719-9519
アクセス:MRT「松山機場」駅もしくは「台北小巨蛋」駅から徒歩約15分
営業時間:11:00~21:30、火曜休み

<20号のちょっとひと言>
このお店は結構前から気になっていました。実際行ってみて、お茶と茶菓子も十分楽しめまして、満足でした。平日午後だからでしょうか。店内にはそんなに人がいませんでしたので、のんびりとさせていただきました。今度は友達を連れて、ゆっくりと楽しめたいと思います。

お薦め度★★★★★(完全な中国式ではなく中洋合併のスタイルが好きです。室内空間のデザインもかなり落ち着かせますのでお勧めします。)
光合成度★★★★★(窓側の席で日差しいっぱい楽しめます。と言っても直接当たってはいなく間接的?な温かさが感じれて、エネルギー不足の時にこちらでチャージ可能です。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

逸馨園

台湾茶は外国や地元人にも人気です。今日は地元人しか行くの茶藝館「逸馨園」を紹介いたします。

1_20180320113720fe1.jpg
場所は台北市のお隣の新北市板橋の南雅夜市中にあります。店の入口です

2_201803201137218f5.jpg
1階の池
店は1997年できました、江南式の庭園感じで建てました、鯉が泳ぐ流水や石橋があります。店の外は夜市なのに、一歩中に入ると外からは想像もつかない空間です、大きな池があるし、古典的な様式の建物があり、場所は広くて、ほとんどの部屋は個室ですので、迷路のような茶藝館です

3_20180320113723331.jpg 4_20180320113724195.jpg
池を囲むように建てられた個室ようです、緑が豊富し、部屋の窓から鯉や 池を眺めなら台湾茶を楽しことができます。

5_2018032011372653f.jpg 6_20180320113742dcb.jpg
1階の一部です、どこでも、台湾昔しい時代に戻ってる感じです

7_201803201137361d7.jpg
奥に子ども向けの遊戯施設があります、そこに滑り台、ブランコ、ブロック、絵本、ゲームの機械などが設置されていました。台湾ママさんの間では親子カフェとしても知られています。広いので、土日時に地元の家族連れ来るが多いようです。

8_2018032011373882c.jpg
遊戯施設の隣にあるオープン席です、全部40人座れそうです。

9_20180320113739782.jpg
二階の階段

10_2018032011374132b.jpg
オープン席から個室&半個室まで全部あります、自分好きなペースを選ぶできます。

11_20180320114054f47.jpg
今回個室お願いしました、これは2人個室です、全部40部屋以上の個室があるそうです、大人数の個室もあります、1つ1つの個室の入り口にはカーテンや引き戸があります。4Hの時間制限があり(空いているときには特にいわれないこともあり)

12_201803201140556d8.jpg
座ったら、店はお茶一杯とおつまみ用意してます

13_201803201140560cd.jpg
メニューです、お茶セットやジュース コーヒーなどあります、ドリンクの種類が豊富なです、一杯の値段は200~150元、お茶セットなら値段は630元~300元。食事したいなら、食事セットメニューがあります。料理は全部鍋料理です、値段は360元~400元、プラス150元でドリンクとデザートが付きます。最低消費200元(子供150元)/人、お茶の場合お湯代100元(茶葉持ち込みは150元)/人、サービス料別途10%

14_20180320114058dac.jpg
食事がしたくないで、おつまみも一杯種類が選ぶできますです。ドライマンゴー 茶梅 ドライグアバ ピスタチオ 瓜子 緑豆のケーキ パイナップル 香酥魚塊(揚げ物)  揚げモチ(地瓜球)などあります。値段60元~100元。

15_20180320114053b66.jpg
「冰鎮油雞(冷やし油漬け鶏)」(360元)頼んだです、サラダや油 、鍋、野菜、果物があります。量がとでもおおいです、一人で食べきれないです。

16_2018032011434559e.jpg
サラダです、和風香醋を使ってるようです、エビもあります

17_2018032011434669e.jpg
鍋の中で、貢丸(豚肉のすり身団子) 豆腐 エリンギ シイタケ イモが入ってます、薄味スープです、健康的な感じです

21_201803201157075f3.jpg
冷やし油漬け鶏、熱い鍋 白ごはんと一緒に食べることがちょっといいです

18_20180320114348980.jpg
デザートはもち と凍った焼き芋 茶梅です、お茶ととでも合います、凍った焼き芋と茶梅が美味しいです。

19_2018032011434941e.jpg 20_2018032011434409a.jpg
お茶セット
電気ポットではなくやかんでお湯を沸かしてくれますです、珍しいです。最初だけ店員さんがお茶の淹れ方を説明してくれて、あとは放っておいて感じです

<基本データ>
住所:板橋市南雅東路45號
電話:02-2965-8080
アクセス:MRT板南線府中駅の3番出口から徒歩13分
営業時間:月~木 日11:00~24:00/金~土11:00~翌1:00
公式サイト:http://www.tea-room.com.tw

<15号のちょっとひと言>
値段は外国人価格ではなし、雰囲気もいい、敷地が広い、中国の伝統的な建築の茶芸館です。ゆっくり台湾茶と食事を楽しめます。また「板橋林家花園」に近いので、観光することができます、夜になると南雅夜市が始めり、帰り時に夜市をぶらぶらすることができます、MRT駅が近くにある、交通の便がいいのでお勧めです

お薦め度★★★★★(雰囲気がいい、敷地が広い、中国の伝統的な建築が見える)
観光度★★★★★(近くには「板橋林家花園」「南雅夜市」があります、観光するでも楽しめます)

(担当特派員:TOP15号)

From1号→油断してると「始めり」って打つんだよな。急に来るから毎回くやしいけど笑ってしまう。冒頭の「地元人しか行く」、「とでも」、本当はちょうどいいなのに「ちょっといい」など安定の15号ワードがちりばめられる中で新しい「くれますです」に「ほおっておいて感じ」など新たなワードも入ってきて15号ワールドは衰えるどころか更に進化しています。故に1号もおお忙しい←今度15号に使ってもらいたい新語なり。
*すいませんが、値段表記の時に高い金額~安い金額って止めて下さいね。

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


柳偶茶舍

台湾でお茶を飲みたいなら、観光客に永康街や貓空などどころしか飲めるイメージです。観光客に人気な観光スポット「龍山寺」の近くに美味しい台湾茶を飲めるどころ茶芸館「柳偶茶舍」があります。今日紹介いたします

1_20180309153502b39.jpg
「MRT龍山寺」に着いたら、「龍山寺地下街」に行ってください

2_20180309153153119.jpg
「龍山寺」へ行く方に(と書いてある方向に向かって下さい)

3_20180309153155224.jpg
また入った「龍山寺」へ行く方に、(また入った解読不能)

4_20180309153156353.jpg
龍山寺 廣州街夜市」の出口前にあります

5_20180309153158446.jpg
龍山寺地下街でマッサージ―や占い お土産屋さん、服屋さんなどが並んでます、でもお茶を飲める店があまりないです、「柳偶茶舍」は龍山寺地下街で唯一ゆっくり台湾茶飲めるのどころです。

7_20180309153214b7e.jpg 8_20180309153216477.jpg
店の内部です、中華風でオシャレ感 綺麗感があります。長い時間で座るでも大丈夫そうです。
店結構広いので、30人座れます、人数多いでも、構いません。テーブルとテーブルのあいた、ちゃんと距離作ってますので、狭い感じしません。

9_20180309153821d11.jpg 10_20180309153211def.jpg
台湾茶も買えます。ここで色々なお茶種類があります。サイズも色々な種類があります、好きなタイプ選ぶことができます。

11_201803091532136c1.jpg
シンプル系の茶器も売ってます。

12_20180309153229d89.jpg
お茶のおつまみも売ってます、りょくとうケーキ ドライマンゴー 白瓜子(かぼちゃの種) スルメ…などあります、Sサイズ40元 Lサイズ60元 二種類70元

13_20180309153230fb4.jpg
メニューです、昔しい書法の本ような感じ

14_201803091532327db.jpg
手書き感じで、英語の説明があります。ここでお茶飲むはコーヒーような三つレベル選ぶゆできる種類があります。味が軽い香り(どんな味だよ!) しかりしてる香り オリジナルを選ぶできます。

15_20180309153226b62.jpg
高山茶ページです、大寓嶺高冷茶480元 梨山高冷茶380元 山林溪高冷茶320元 阿里山高山茶220元の4種類が飲めます。

16_20180309153227807.jpg
日本人に人気な包種茶 東方美人茶 台湾紅茶も飲むことができます

17_20180309153354f8e.jpg
お茶のおつまみはりょくとうケーキしました、60元です

18_20180309153356477.jpg
お茶頼んだ、店の人はテーブルにお茶セット持って来ます。やり方がわからないでも、店の人が替わりやることができます。このあいたに店の人と話したです、オーナーは来るお客に自分家でお茶飲むような感じ、お客にさせたいです、店の内部やサービスも、できれば人にリラックスできるようにしてます、観光客結構多いです、英語は大丈夫です。

88_20180309154258dba.jpg
茶こしはユウガオ形(何故アサガオではない?w)です、かわいい

20_20180309153353019.jpg
品質を認めた茶葉のみを使用して、いいお茶が飲めます

<基本データ>
住所:台北市萬華區西園路一段145號B1-10
電話:02-2308-9743
アクセス:MRT「龍山寺」駅から徒歩3分。
営業時間:11:00~21:30、無休
公式サイト:http://liuyutea.com.tw/ 

<15号のちょっとひと言>
この茶芸館はMRTの地下街にある、また龍山寺の近くにいます、場所がとでも便利です、
店中も綺麗し、台湾茶がゆっくり楽しみことができると思います
お薦め度★★★★★(場所がとでも便利です、店中も綺麗、台湾茶がゆっくり楽しみことができる
便利度★★★★★(MRT龍山寺地下街にあります)

(担当特派員:TOP15号)

From1号→結構時間経っちゃうとやっぱり解読できない言葉が増えてくるなぁ。「選ぶゆできる種類」マジわからん涙。頻繁に15の言葉に触れてないとダメだと反省(なぜかw)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。




プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア




カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード