FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

南華村豐年祭

毎年の8月~9月から花蓮原住民の豐年祭時期です、この時期花蓮にある原住民の村はぞれぞれ豐年祭を開催します。豐年祭は台湾原住民の一年一回祭りです、豐年祭の意味は一年の収穫を祝い、神様(祖靈)に感謝することです。今日花蓮の吉安鄉にある小さい村「南華村」開催する豐年祭を紹介いたします。

39386248_295516194589539_9111979233944535040_n.jpg
南華村はアミ族の村です、人口約1300人です、村の近く「大陸麵店」「蓮城蓮花園」「吉安慶修院」など人気な観光スポットがあります、この村の豐年祭はいつも毎年8月の第二土曜日開催します。
南華村は昔しすごく貧乏だったので、豐年祭やってなかった、ずっと30年前から、社会は自分の文化探しと伝統文化を伝承すること重視すること始めて,また原住民差別させることが少なかったら、豐年祭またやり始めた、豐年祭参加の人は年々多くなってます、開催の場所でも年々大きいくなってます、今年の場所また去年より大きなってます(関西弁?)、参加の人も多くなってます。


DSC_0914.jpg
豐年祭始める時に、招待した各村の頭目(リーダーを意味してます) 議員など人スピーチしたら、始める式が始めり、村の人たち、頭目から歌しなから、順番で代表する農作物を会場の前に持って来ます。司会から;「祖靈と父なる神様から一年平和の生活と美味しい食べ物がいたたくこと感謝します」言って、豐年祭も始めります。ここの豐年祭は1日だけです、朝8時から午後4時まで、一般人には原住民の祭りならば、みんな朝からいっぱい酒を飲むのイメージがあると思います、南華村は豐年祭を開催するときにあまり飲まないように、終わっうちに戻ったら自分の家でお祝いして、酒をのむことです。

DSC_0918.jpg DSC_0919.jpg
用意した農作物はパパイヤ、スイカ ドリアン カボチャ 米と緑色野菜など

DSC_0920.jpg
檳榔と米酒も欠かせない物です

39389874_538406019933504_4874621949193486336_n.jpg
会場でバナナと檳榔を飾りしてます。

39394012_828092844064571_4517909457673388032_n.jpg
「出所の不明な酒やタバコを飲まない 吸わないで、酒を飲み過ぎないように」のポスター

DSC_0654.jpg
今年は軍隊募集もあります

DSC_0523.jpg
村の頭目です

DSC_0760.jpg DSC_0767.jpg
村から離れて、ほうが地区で生活してる人たちも、わざわざ戻って参加することです。ここみんな全部親戚や知り合いです、踊らない人も静か見るじゃなく、ずっと盛り上げため、いろいろ声出す、また原住民の特にあるユーモア、現場は笑いが絶えず、楽しくて面白いです

DSC_0543.jpg
今年司会者です、南華村の豐年祭を再開催できるのは彼のおかげです。
アミ族の伝統服は地区による、ちょっと違います、花蓮でも山にいるアミ族の伝統服と海にいるのアミ族の伝統服でもちょっとちがうようです。司会者はアミ族男性の伝統服を着てます、伝統は上着を何にも着ないですが、いまみんなTシャツを着ますね

189230_10150273080137768_2780144_n.jpg DSC_0690.jpg
女性ならば、頭飾や服は赤色に基本して、デザイン種類ほうが多いです。

DSC_0507.jpg
踊り始めて、年下から年上まで、みんなともに参加します、もうあまり立たない老人たちも、椅子座って踊ります。

DSC_0570.jpg
子供組

DSC_0742.jpg
青年組

DSC_0669.jpg DSC_0724.jpg
DSC_0718.jpg
踊り方も色々あります、みんな休ないでずっと順番で行って、踊ります。

DSC_0769.jpg
終わる前に、 「大會舞」をします, 現場民衆も全員で一緒に踊ります

DSC_0857.jpg
ラスト 「大會舞」時に頭目たち先に初めて、また村人たち、最後に現場民衆を誘って、みんな一緒に踊りことです。

DSC_0906.jpg DSC_0909.jpg
ライス大會舞の踊り音楽は音楽を流すじゃなく、アミ族の伝統歌う方法で歌ってます。

39400780_1821439987946678_6367103027056214016_n.jpg
木の棒をもって、大きい木を叩きしなら、歌うことです。何の感じ、なかなか説明にくいので、
当時に録画しました,ご覧ください↓


<基本データ>
所在地:花蓮吉安鄉南華村
開催時間:毎年の8月第二土曜日

<15号のちょっとひと言>
「花蓮縣原住民族聯合豐年節(住民の豊年フェスティバル)」にみたいにぎやかですが、観光宣伝ためじゃなく、観光客がいないので、、原住民特にあるのユーモアと熱さ、地元の雰囲気、一般アミ族の豐年祭の感じなど体験することができます
地元の雰囲気★★★★★(観光客がいない、みんな全部親戚や知り合い)
にぎやか
★★★★★(踊り人は踊り、見る人も静かに見るじゃなく、歌うや盛り上げにしてる)
(担当特派員:TOP15号)

From1号⇒原住民の豊年祭りを見たことがない1号の希望で今回記事をアップしてもらったのでまずはありがとう。みんな全部親戚や知り合いって事ですが15号との関係はいかに?最後のライス大會舞ってなんだ?って思ってたんだが、なるほど「ラスト」が「ライス」??いい加減にしろ!w

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(鶯歌)宏徳宮

衝撃的な寺へ。
1_20180824145016129.jpg
外観はなんてことないけど・・・・

2_20180824145018f36.jpg 3_20180824145019811.jpg
右の写真に注目!一列に恐怖のアイテムが並んでいる。

4_20180824145021ac6.jpg
その1「剣山椅子地獄」。ここに座って数秒静止でクリア。何秒とかそーいう細かい制限はない。痛くないのか?痛いって!やってないけどw ちなみに各地獄の名称は独自で付けたオリジナルの名称だから。

5_2018082414502280b.jpg
その2「剣山徒歩地獄」。ここを歩いて渡れって言われても・・・・。ケンケンで渡ったら最強レベル。でもここは力の入れ具合で意外と抜けれる?やってないけど見た感じの感想。

6_20180824145044578.jpg
その3「釘ベッド仰向け地獄」。ここに寝ろって言われても・・・・。ちなみに一気に寝るなんて不可能なわけだから足の方か徐々にって事になるけどかならずどっかに力が集中するからケツに集中されるが一番いいかも?イメージね。

7_20180824145046c5f.jpg 8_20180824145047ab5.jpg 9_20180824145049697.jpg
その4「包丁橋」。ここを歩いて渡れって。でもありがたいことに手すりがある。誰でも絶対にこれにすがるだろう。最もエスケープの恩恵を受けるポイントでもあるでしょう。大体ほぼ宙を浮いた感じで歩いてるw

10_20180824145050434.jpg
そして最後がこれ。逃れられない最後の恐怖。その5「包丁梯子GO TOセカンドフロア」。上まで登れってよ!

11_20180824145119228.jpg 12_20180824145121062.jpg
これもつい横の木の部分を持ちたくなるよね!?でもアドバイスでは木の部分もたない方がいいって。手は一段上の刃の部分をもち、呼吸を整えれば痛くないって(ホント?)。でも実際それでちゃんとみんな登ってるから登れるものではあるらしい。ちなみにやる前にキュウリ持って来て叩いて切った。恐怖をあおる余計なパフォーマンスもやってくれる。

13_201808241451225ec.jpg
で、クリアした人だけがここで拝める。下ったり、逆流してスーパー厄除けとかはしないからご安心をw いやーしかしやりたくない。見てるだけでも疲れる、苦しくなる、痛くなる。

<基本データ>
住所:新北市鶯歌區中正一路303巷1號
(台北市内から車で45分位かな?)
TEL:02-2679-4029
開放時間:5:00~21:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここはまだ日本のメディアでも紹介されてないんじゃないだろうか?そもそもこの厄除けセット?は旧暦の元旦10:00と14:00にしか用意されないものらしい(って事を現場で初めて知った、なんで行った日に用意されてるかと言えばそれはロケだから特別に用意してくれたんだと、先に言ってくれそーいうことは!って感じだったけどまあええ)。これをやりきる事で苦行を乗り越えた=厄も払われるんだとか。もともとはお坊さんたちの修行の時にやるものらしいんだけど、今の時代はここまでやる人はいないからって言ってた。って事は例えばミャンマーみたいなリアルに修行しているようなところにはこれ有るって事??これ実際やるってマジ恐い。ただよっぽど辛いことや大変な事が起きてる状況なら何が何でもやりきってどうにかしたいって思うかもだよなーとも思う。これ怪我しないのか?って聞いたらちょっと切るぐらいはあるけど大丈夫って何を根拠におっしゃってるのかよくわからない問題ないコメントもいただきましたが、くれぐれも自分自身でご注意ください。とにかく力を抜けば怪我しない、痛くないって言っていた。でもさ-力抜けねーだろ!マジで怖いって。この恐怖に打ち勝つ強い心が何よりも必要なんだろうな。

お薦め度(お薦め出来るわけはない。怖いし怪我しない保証はないと思う)。
厄除け出来る度★★★★★(多分最強でしょ?ここまでやって厄除けできてないなんて困る。なので最強厄除けスポットとして信じたいので★5つねw)
(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

桃園メトロ空港線乗車レポート

2017年3月2日、待ちに待った空港直通のMRTが開通しました!

快速(直達車)に乗ればわずか35分で桃園国際空港へ到着。いままでは高速バスで1時間前後かかっていたのに比べるとかなりの時間短縮になります。乗車料金は普通車、直達車ともに160元。2017年3月中は半額で乗車できるキャンペーンを実施中。各種ICカードも使用できます。

今回の記事は2月の試乗期間に1号が桃園空港第2ターミナル→台北駅、3月の正式開通後にOK号が台北駅→桃園空港第2ターミナルまで乗車したのを各々のニュースでレポートしていたのですが、せっかくなのでまとめ記事としてここに残しておきます。ぜひ雰囲気と車内の様子をご覧くださいませ。


【2017年2月20日 1号試乗レポ(代筆OK号)】

まず、現在試乗するには整理番号が必要です(試乗期間はすでに終了)。
配布の時間は7:40、9:40、11:40、13:40の一日4回。
この日1号は桃園空港第二ターミナルにて整理券配布時間の10分前に到着。
そうしたらなんと並んでいる人数はさほど多くなく、32番の整理券(と紅包袋)をゲット。1号曰く、桃園空港ならば空港利用者のみが並んでいるっぽいので例え5分前でも整理券を手にすることができる可能性は高いかも。かなりの穴場。とのこと。
乗車するターミナルも第一だと第二で乗ってくる乗客が多いため、満席の可能性も高いけれど、第二ならば座れる可能性も高い。ただし直達車に限るとのこと。
1_20170220181455130.jpg 2_20170220181456821.jpg 3_2017022018145803c.jpg

すぐにきた電車は普通車で込み合っていた為見送り。しかし次にやってきたのはなんと始発でなんなく座席をゲット。 スーツケースは置けないけれどそこまで圧迫感は感じない座席幅と車内は飲食禁止なのになぜかついている簡易テーブル。そしてなんと列車は後ろを向いたまま台北に向かって走行し続けたとのこと。確認した所、列車は回転させないので直達車の場合、座席によっては後ろ向き走行があるとのこと。
4_201702201814590d0.jpg 5_20170220181501e6c.jpg 6_201702201823249e3.jpg

手もたれについているこのボタン。リクライニングなはずなのに使えない!と腹を立ててみたけれど上を見上げると読書灯だったというおち。
7_201702201823264e4.jpg 8_20170220182327ff0.jpg

列車はなじみのないのどかな風景を走っているかと思いきやものすごい高いところを走ってみたり、飽きずに外を眺めているとあっというまの35分。無事台北駅に到着です。
9_20170220182329c42.jpg 10_20170220182330a5a.jpg 11_201702201825008dc.jpg

さてここからは新しい空港線の台北駅構内の写真をご覧ください。地図や表示はこのような感じになっていて、普通車と直達車も乗る場所が違うようです。

12_2017022018250241e.jpg 13_20170220182503a17.jpg 14_20170220182505aa7.jpg 15_20170220182506d15.jpg

何度かトップニュースでも取り上げた自動チェックインと手荷物預け機のコーナーに券売機はイメージカラーの紫。
16_2017022018265579b.jpg 17_20170220182657f69.jpg

ものすごく天井の高い構内。見上げると上に通路があるのがおわかりでしょうか。
18_201702201826585eb.jpg

試乗の感想はどうだったか聞いてみると「ものすごく便利!」とのことです。無料試乗期間は3月1日まで。桃園国際空港ご利用の方は配布時間が近ければならんでみると1号のように案外すんなり乗れるかもしれませんよ。


【2017年3月3日 OK号乗車レポ】

台北駅から桃園空港第二ターミナルまで直達車に乗ってまいりました!
本日OK号は地上から駅へ行きました。場所は以前の国光バスターミナルの真後ろの位置です。
P1100005.jpg P1100006.jpg P1100007.jpg
ただここ、人気はないのですが車通りが結構激しいので車にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

こちらの位置は出口1。駅からの距離はこのくらい。
P1100014.jpg P1100011.jpg P1100010.jpg

この階はがらんとしていますが改札は下にあるので下へ下へと下がっていきましょう。
P1100009.jpg P1100019.jpg P1100024.jpg

切符売り場はこんな感じで色分けしているから直達車と普通車で買う券売機が違うのかと思いきや、紫は券売機、青はカードのチャージ機のようです。
P1100028.jpg P1100031.jpg P1100030.jpg

そしてここがこの駅のポイント。直達車と普通車で乗り場が違うのでお間違いのないように。これらのスポットに行きたい方はこの駅で降りてくださいね。
P1100035.jpg P1100036.jpg P1100037.jpg

P1100041.jpg P1100044.jpg P1100042.jpg

さて中に入ります!入ってみるとボックス席が端の方にいくつかありますが基本的には同じ方向を向いています。ただ、前を向いている方と後ろと向いている方で半々くらいに分かれていますので車酔いしやすい方は進行方向をご確認の上乗車されるとよいでしょう。荷物置き場もいくつかあって、3段式なので新幹線よりも収納量が多そうで安心。
P1100047.jpg P1100051.jpg P1100045.jpg

そしてチェックしたかったことがWi-Fi。試乗時の台湾の記事を読んでいたらあまり接続状態がよくない、みたいなことがあって気になっていたんです。でもそんな心配は全くなしで、すぐ繋がるし安定の速度でした。便利。「Ty Metro」というやつです。オレンジのボタンを進んでいくと完了。利用時間は30分です。
P1100059.jpg P1100063.jpg P1100065.jpg

台北を抜けて、工業地帯、のどかな水田など眺めながらしていると、
P1100057.jpg P1100068.jpg P1100071.jpg

安定の35分で到着です!平日の日中は混雑もせず楽々で座れました。ちなみにこのシートの配列は直達車のみで普通車は台北MRTのような横一列配列のプラスチックイスのシートです。

そして改札を出て、あれなんだかここは見覚えのある所だぞ!って思ったら地下の美食街、フードコートのある場所でした!

P1100093.jpg P1100094.jpg P1100119.jpg

<OK号のちょっとひと言>
実は普通車にも乗車しました。平日の帰宅時間だったのですが結構な乗車率で台北市内のMRTと同じような車内雰囲気。まだ開通したばかりとは思えないような、すっかり市民に溶け込んだ雰囲気を醸し出していました。ちょっとあれ?と思った点は台北から乗車の場合は普通車、直達車と乗り場が違いましたが、桃園国際空港第2ターミナルから乗車するときの乗り場は1ヶ所で、乗務員さんに聞いてみたところ、やはり同じ場所から発車するとのこと。一つのホームに普通車も、直達車もやってきますので目的地に合せて乗車しましょう。そこだけがちょっと混乱。でもずっと待っていただけに全てきれいな施設や新しい車両、ここはどこなんだろう、という見たとのない風景を見るたのしみ、いろいろなわくわく感があって、これもいつかはふつうの感覚になってしまうのでしょうがしばしこの気分を楽しみたいと思います!

お薦め度★★★★★(ぜひぜひ一度お試しください!やっぱり便利)
快適度★★★★★(早い、楽ちん、Wi-Fi 繋がるといまのところ文句なし)

(担当特派員:TOPOK号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


【号外】国光バス桃園空港行きバス乗り場及び降り場

バスターミナルがなくなってからの台北駅周辺はもうグチャグチャ。とりあえず市民大道にはたくさん警察がいて駐車違反をとしまりしてるから君品ホテル宿泊の方の送迎メチャクチャ大変。そんな仕事上の文句は置いておいて、一般客として初めて新しいバス停から桃園空港に行ってきました&帰ってきましたって事で簡単にご説明。この説明、MRT桃園空港線が開通したらあまり必要ないインフォ?かもですがとりあえず。

2_201611301812567c8.jpg 1_20161130181254cb9.jpg
まずバス乗り場がどこに行っちゃったかが問題。簡単に説明すると今まで台北駅まで移動してきた時に降り場になってたところが二乗り場になっただけっていう長いこと住んでた人だけにわかる説明笑。駅をシーザーパークホテル側から見たら右ね。

3_20161130181257835.jpg 5_201611301812596f2.jpg 4_201611301812587be.jpg
駅の出口でいうと東三門って言う出口が近い出口になるのでそちらに向かって下さいませ。

8_201611301813178f5.jpg 6_20161130181314daa.jpg 7_20161130181316775.jpg
はい、登場!なんでしょうこの簡易的な切符売り場は。また移動するっぽさプンプン臭ってきます。その為なのか?台湾らしさが随所にちりばめられているトラップ&理解不能な仕組みの数々。この売り場に付いた瞬間から??がタプリ。

まずここに立って悩む事。事前に切符買うんですか?並んで後から買うんですか??よく見えない右側に切符売り場がありますので先に買って並んでください。大体列は外にはみ出していますので先に並んではいけません。切符を買って並ぶこと。さもなくば途中で気付いて列から出され切符を買ってまた最後へ・・・という悲しい出来事が発生します。
更にどこに並ぶのかトラップ。列は実際は三本。一番右は切符売り場と直結してる。とりあえず一番左、センターに写真のような両方に桃園空港看板のマジック。この段階でどっちの列が正解か?はわからないという事。

9_20161130181319e0c.jpg
で、結局聞く。この列は桃園空港行きバスの列ですか?YES。で、並ぶ。言葉が通じない人は長いモノにまかれて並ぶのみ。多分あってるでしょう笑

15_20161130181353a0c.jpg 10_20161130181320535.jpg 
はいきましたー次のトラップ。左の写真は誰も並んでいないのにまた桃園空港行きの列はこちらみたいなワナかのような看板。センターラインの列の途中にはこれからバスに乗ろうとしているにもかかわらず出口の看板。もうメチャクチャ。気にしない。前へ前へ。

16_201611301813546b8.jpg
ここまでくれば安心だが、最後に確認しよう。この列は桃園行きのバスですか?このおっさんが最後の砦。

17_20161130181356745.jpg
でもってまたこういう無駄なシステム。荷物がない人まで荷物を入れる人を待たないとならない。故に列が長くなるという仕組み。
はい。これで無事に乗車しましたら桃園空港までひとっ飛びです(途中三重とかによる事もある)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、こっちは台北到着編。空港でバスに乗って終点の台北駅に着いた人はこんなところに降ろされます。
18_2016113018135732e.jpg
写真の↓はバス乗った場所ね。東三門。その向かい側の何もない無機質な場所に無造作に降ろされるって事。

19_20161130181359010.jpg 20_20161130181409dbc.jpg
地下鉄の駅には横にあるこの出入り口からエントリー。何と天成飯店(コスモスホテル)宿泊の方は下車後徒歩15秒のベストポジションで降りれます。

今までは現乗り場で降りれてて雨降ってても一瞬だけで駅構内にエスケープとか出来てたけど今度は雨の場合は間違いなく濡れる。迷惑な場所に降ろしてくれたもんだ。

(担当特派員:TOP1号)
本日もクリックお願いします!

意一堂中醫診所

本日は摩訶不思議台湾な世界にいざないましょう。
この店 なーんだ?
まずここはどこだって話なんですね。写真見ただけだったら絶対に思い浮かぶのはカフェまたは茶芸館でしょう。が、ブブーなんですね。

看板 これでわかったかな??
この看板でなんとなくわかるかもですが、こちらは簡単に言ってしまえば漢方薬屋さん、台湾的に正式に説明するならば中国四千年の歴史よろしくな中醫と呼ばれる先生が常駐し診察する病院です。という事で正解は「オシャレな病院」なのです。

漢方薬屋さんなんです が・・・・ 全然見えませんよね!?
病院ですが、別に入っちゃいけないわけではない。一階はいわゆる薬局同様のスペースですからね。とにかくおしゃれ感ハンバない珍しい中醫病院。

席に着くとお茶をいただける 今週のお茶はこれって感じでディスプレイされています 江戸時代の書状のようなお茶の説明書
で、席に着くとお茶を出してくれるんだけど、この茶が毎週かわるらしい。漢方をブレンドした体にいいお茶を無料で提供されています。基本ここで待っている方のほとんどは診察待ちなので当然無料提供なんだけど、フリーでここに入った人も出してもらえるのか?に関しては太っ腹な台湾ではそんなこの人には出す、この人には出さないなんてことなないので頂ける(でしょう)。

で、実際に診察を受ける人しかここには来ないのか?っていったらそんな事はないらしい。最近は中国大陸や香港からある秘薬を求めていらっしゃる方が多いらしいのでその秘薬とご紹介しましょう。
一押しの商品がこちら! 西太后が毎日食べていたと言われている秘薬ね
じゃじゃーん。真珠粉(真珠のパウダー)でございます。西太后が毎日食べていたと言われるこのパウダーを販売しております。聞くところによるとこの真珠パウダーっていうのは結構まがい物が多いらしい。純度100%じゃないやつね。もちろんこちらのお店で販売しているモノは漢方薬屋さんが直接すりつぶして(このすりつぶし方にも技術が必要らしい。仕上がりのキメの細かさが大変重要だという事です)純度100%のモノを販売していますので品質はご安心あれ。

真珠粉の効能ってなんなんですか?に関しては、まあ見れば大体想像つくと思うけど、美白効果が非常に高いモノであるって事で西太后さんはこれを毎日食べていたらしい。食べて中から美白に、そして塗れば外から美白にって事でとにかく漢方の中で最も高い美白効果を得られるものはこの真珠であるという事です。ここまでの話だと真珠粉は女性だけのモノ?って気になりますが、実はカルシウムも多く含まれているから骨にもいいんだって。なので、お子様が食べるっていうのもお薦めらしい(こんな高価なものを子供になんてこと、我が家では絶対にありえない話だが涙)。また、骨粗しょう症などで困ってる方にももってこいな薬。美白にもなり骨も強くなるらしい。更に更に、コエンザイムQ10も含まれているので老化防止、アンチエイジングにもピッタリらしいから老若男女問わずに食べた方がいいモノであるという事を知ったのであった。

パッケージも 各種 ご用意されております
この真珠粉ってモチの論で安くはない。それなりの金額を払う事になる。なのにも関わらずいけてないパッケージとかで持って帰るとなんか小麦粉とかと間違えて使っちゃうなどしてしまうかもしれません。せっかくの高級品なんだからしっかりしたパッケージで販売しようということからお店ごとリニューアルし、商品も素敵仕上げにされた模様。ナイスです。

お得なギフトセット
はい、わかってます。皆さん気になるのは料金ですね。このギフトセットでなんと11500元(日本円約4万円)。ちなみに今の所、支払いの時にカードは使えないので現金オンリー。

これが一番安い笑
で、こっちは2400元(日本円約8500円)。

当然みんな安い方に手が出そうですが、上の商品同じ真珠粉でも使い方異なりますので説明ね。まず安い方。これは外用薬。この粉を水で溶いて顔に塗る。で、上のギフトセットに入ってる大きい入れ物の方が食べるもの。一日何回食べればいいのは?2回って言ってた。塗る方は使えば使っただけ効果は得られるって事らしいから暇を見つけては塗って下さい。その変り減りも早くなるけどね笑。ちなみにギフトボックスで購入ではなく単品で食べる方を購入する場合の料金は9000元(日本円約32000円)なり。白い陶器の入れ物等はあくまで贈答用としてデザイン陶器なのでご自身でのご利用時にないと困るものではありません。スプーンが入ってて大匙が大人用、小さじが子供用という事です。9000元のやつで80gあるんだけどこれで大匙何回分か?を聞くの忘れたことに今気づく。でも相当量あるんじゃないかな?一カ月は持ちそうな?無理??

ちょっと自分では手が出ないけど、こーいう秘薬を求めている方は多いでしょうから、ちょっと飲んでみようと思う人は是非ご訪問下さいませ。

こちらの駅に初めて降りました
最後に、この駅から歩いて2分位なんだけど、初めてこの駅に降りました。なんだかとってもローカルな雰囲気の残る場所なので探検とかしたら楽しそうな感じ。

<基本データ>
住所:台北市羅斯福路五段295號
(MRT萬隆駅2番出口から徒歩2分)
TEL:02-2932-9777
営業時間:月~金9:00~21:00、土日9:00~18:00 ※要予約
*中医の先生の診察を受ける場合は、水木金15:30~18:00、19:00~21:00、土9:00~12:00までの間に予約してから来てください。で、診察時間は予約出来ない。例えば水曜日の夜に来たいなら水曜日の夜という形で予約をして後は早いもん勝ち。裏ワザとして診察開始30分前に来ると早め診察受けれるらしい。

<コーディネーターのちょっとひと言>
間違いなくいい商品であることは説明を聞けば理解できる。が、やっぱり崖または富士山から飛び降りる気持ちじゃないと買えない1号は別の試みを行う事に。さっきも説明したけどここは病院なので先生に診てもらってどうにかしてダイエットさせてほしいとお願いしたら耳に置き針系の食欲減退ツボ刺激&体の中から調子を整え代謝を良くする事でダイエットに取り組むこととなる。美白トライは17号にでもしてもらいましょう笑。ちなみに耳の置き針ですが装着初日の夜風呂に入った時に速攻で二個取れた(全部で三か所やられてた)。で、取れた後から無性に腹が減る。これは本来3つついてないとならないのが一つになって化学変化を起こし、食欲推進のツボのみが刺激されているという事だろうか?とりあえず来週また病院行くからそこで聞いてみるけど、この食欲はどうしてくれる?涙。ちなみにあの針取れないように(濡らさないようにする)なんて絶対無理。懐かしのシャンプーハットかぶらないと不可能だ路って感じ。とりあえず耳のツボ刺激以外にも漢方も飲んでるからきっと体調は良くなっていくんだろうという事でしばらく通ってみる事にする。ちなみに診察、耳に置き針、一週間分の漢方を処方してもらってたったの190元って安すぎでしょ(←これ台湾の健康保険効いてる金額)。
あっ、例えば観光で来てる人とかも先生の診察を受ける事は可能らしい(でも事前予約必須ね)。診察自体は脈をチェックして舌を見るだけ。トークは不要。先生が診たてた身体の悪いところに効く薬を処方してもらいそれを飲めばきっと身体は良くなるって事なので、挑戦したい人は保険無診察を。1000元ぐらいでOKらしい。で、薬も何使うかによって金額変わるけど大体1日300元ぐらいでは?って言ってた。
折角ここまで行ってあの真珠粉買うなら、診察も受けちゃって、真珠粉にプラスα効果を狙うもいいかもですね。実はこちらのお店の先生の御嬢さんは日本語話せたりするので彼女がお店にいてくれれば鬼に金棒ではあるが、毎日いる訳ではないので、とりあえずメールでも送ってみてはどうだろうか?日本語で打ったものならお姉さんが見てくれるかもしれないし。って事でお店のサイトは下記でございます。完璧で美しい日本語ホームページで更に詳しく商品の素晴らしさを知って下さい。お店公式位サイトはこちらを→クリック

お薦め度★★★★(誰でも気軽にって場所ではないですが、こういうニューズがある人にはベストチョイスです)
健康になれる度★★★★★(当然でしょ。中国四千年の歴史のある秘薬の数々ですからね)
(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード