2015年09月01日
Oyster Bar by Fujin Tree
 

富錦街全体の活性化プロデュースを続けるFujinグループがまたまた新しいお店をオープン。大人の為のオイスタ-バーという情報が14号→1号へ。聞いてすぐにGO。おいしい生ガキ食べれる店なんて数軒しか台北にはありませんから善は急げです。

外観
とりあえず住所だけでなんとなく来た1号。で、来てみて気づく。

お隣は台菜香檳
隣は同じFujinグループのおしゃれ台湾料理レストラン「富錦樹台菜香檳」だった。前こちらのレストランにお邪魔した時にお隣改装工事してて、このレストランが拡張みたいな感じでお店の人に話を聞いていたがどうやら別のお店になったのですね。

こんな感じで 店内は
内装はシンプルで、落ち着ける雰囲気。ハデハデしくない所がそんな気にさせてくれる感じなのでしょう。なんだか大人な夜のゆっくり楽しみたい感じです。

お酒もタップリ カキもタップリ
バーカウンターの奥にはたくさんお酒並んでいます。そしてカウンターの横には新鮮なカキが!ここから選ぶのかと思いましたがあくまで陳列ね。熱炒店と勘違い汗

メニューは こちら
さて、お腹ペコペコで到着。カキを食べつくそうぐらいなつもりで来た我々ですが、メニューを見てちょっとビックリ。フードがほとんどない・・・・。そしてメインのカキには恐怖の「時価」。で、いろいろ聞いてみた。どうやら訪問した日はプレオープンしたばかりの日でフードメニューはまだ揃ってない状態だったって事が判明(今後はお隣のメニューとかも食べれるようにする予定的なお話でしたが果たしてどうなるか?)。うん、わかったじゃあカキで勝負だ!恐る恐る値段を聞く。うん1200元でカキ3個が一人セット。えっ!?今日三人。それぞれが頼んだらもはや3600元(1号おごる宣言してきちゃった!)。その上のグレードのセットメニューは焼きカキが一個プラスで1800元。えっと、えっと、じゃあセットじゃなくて一個単位だったらお幾ら?種類にもよるけど480元から。うーーーんと(みんな頭で考える)、セットの方がいいね。うんじゃあ1200元のセットでお願いします!ドリンクは・・・・大蔵大臣1号は二人に聞きもせず一番安いボトルワインにして下さいで決定。すでにこの段階で単純計算4700元決定。あわわわわわ。

カキセットのアミューズ
セットを頼むとこういうのも出てくるんですね。腹ペコペコな三人は二口で完食。

冷製スープ
この冷製スープもとてもうまかった。

で、いよいよカキ盛り合わせのスタート
1つめ プリプリ度がお分かり頂けますね
一個目は鳥取産。鳥取ってカキ有名なの?知らなかった。巨大なプリプリで一個目から大満足。

2つめ 小ぶりですがプリプリ
二個目はフランス産。ちょっと小ぶりなんだけどプリプリ感はあり。

3つめ こちらもプリ厚
そして三個目は徳島産。プリ厚感はあり。がプリプリ感は鳥取がNo1.

あっという間に終了(涙)。一個を食べるのに3分もかからない。

で、お腹空いてたまらないのでオーダーの時にチーズ盛り合わせとか何でもいいからカキ以外のモノで何かお酒のつまみとして食べれるものないですか?って聞いたらこれはOKという事で注文で来たのがこれ
追加で頼んだメニューにないステーキ
ステーキ480元。訪問時はメニューにないから裏メニュー。でも腹ペコ三人組はあっという間に平らげる。

お腹が空いてたまらない3人。ここでまったり大人の時間を過ごすことが胃袋の問題でできず滞在たったの1時間余りで退場。次はお腹いっぱい食べてから下記とお酒だけを楽しむつもりで来ることを誓って。

<基本データ>
住所:台北市敦化北路199巷15號
(MRT台北小巨蛋駅から徒歩約10分。自力は結構難しい深い場所)
TEL:02-8712-0650
営業時間:11:30〜23:00(暫定的なので10月以降変更の可能性はあり)

<コーディネーターのちょっとひと言>
カキって高級品なんだっていう事を実感させられた(笑)。でも、食べたカキは(特に鳥取産)は、ヤバイぐらいにおいしかった。大きさも半端ないし、一口で食べたらもったいない気がしてたまらない。でも生カキって一口で食べるしかないよね?!みたいな。どうにかしてスポンサーを連れて再訪しようと思う(爆)。多分今後は(っていうかすでにかも)メニューが増えるだろうし、おとなりのメニューも食べれるようにとは言ってたからそれなりに増えるんだろうけど、やっぱりここでは絶対生ガキ食べないと意味がない。で、生ガキが時価って事は変わらないと思うから、それなりにお金を握りしめてかないとな。カキってどうしてこんな罪な食材なんだろう。高いのはわかってるがそれでも食べたいと思わせる憎いやつ。なおこちらのお店のある場所はタクシーの運転手でも住所行ってもよくわからないぐらいなシークレットガーデンなエリア。そんな場所にあることがまた価値があるんだけどね。あっ、カキに添えられている緑の物体ですが、シークレットガーデンだけにレモンじゃないですからね。ライムです(←わかる人にしかわからないネタ)。

お薦め度★★★★★(カキを食べたい人には多分これ以上のカキは台北では食べれないんジャマイカなレベルのカキをお召し上がりいただけえますので)
大人のお値段度★★★★★(やっぱりいいものだからね。うん、相当大人じゃないと受け入れられない金額。大人ゾーンはそれなりです)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

スポンサーサイト
 
 
 

本格的なウイスキーを楽しみたい方へお薦めのお店。 

外観
場所は信義エリアにあるHOME HOTELの三階です。クラブやラウンジバーで賑わう街の中でひっそりと佇んでいる隠れ家のようなお店です。

内観
全体的に薄暗い店内はエレガントな雰囲気です。

スコッチモルトウイスキー
ここでは、スコッチモルトウイスキー協会が世界のスコッチウイスキーを作る蒸留所と協力をし、樽の中に眠っていた状態のモルトウイスキーを瓶詰めしたものを提供しています。酒瓶に貼られたボトルリストによってどこの蒸留所でいつ作られたものかが分かるようになっています。とても貴重なお酒だそうです。

牛肉の煮込み
おつまみのメニューはポテトなど揚げ物の他、牛肉の煮込みなど台湾らしいおつまみも提供しています。


SAMURAI
こちらがモルトウイスキーで作ったカクテル、「NAME OF SAMURAI」。梅酒としそリキュールをシェイクしたものです。その他、有名なジャズソングやバンド名を名付けたカクテルも数多くあります。

毎週水曜日の夜にはジャズバンドによるライブも行なわれていますが、週によっては週末に行なわれることもあるようです。

<基本データ>
住所:台北市松仁路90號 HOME HOTEL3F
(MRT101/世貿駅より徒歩約5分)
TEL:02-8789-8166
営業時間 19:00~2:00 金・土19:00~3:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
友人同士で訪れるというよりは、大切な方とゆっくりと飲むのにお勧めのお店です。ウイスキーの種類は台北のバーの中でもかなり豊富です。値段的には安くはありませんが、貴重なモルトウイスキーを味わいながら会話を楽しむには最適でしょう。カウンター席もあるので一人で飲みたい方にもお勧めのお店です。

おすすめ度★★★★★(良い雰囲気のお店です)
しっぽり度★★★★★(静かな夜を過ごしたい方へ)

(担当特派員:TOP14号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

 
 
2013年05月21日
whinos BAR&KITCHEN
 

勝手に名付けた菲姐ではなく菲街(理由はこちらをクリック)の別のお店のご紹介。
フェイジェストリート

こここれからこの手の店が増えると思われる。素敵ストリートに生まれ変わろうとしています!今日は菲姐のお店の斜め向かいにあるおしゃれなバー。「whinos BAR&KITCHEN」をご紹介。

外観
店の前には高級車ベンツが停まっている。

店内は こんな感じ
ホントはもうちょっと奥まで席があるんだが、結構混んでて撮れんかった。オープンキッチンがあって、その裏には巨大なワインセラー。個室っぽく仕切られたソファー席が奥にあるがトイレの前なので誰もが通る席。なので奥に座った方が丸見えかも?芸能人の方ご注意ください。

ピンクの塩がポイントアップ
席は全部で40席ぐらいかな?テーブルに塩コショウが置いてあったがピンクの高級ソルト。いい気遣いね。

メニューは シンプル
後ろの段ボール全部のメニューで違ってたから、こういうのを捨てないで利用している模様。エコ。メニューも変更になったら付け替えられるようにしてるし、なかなかのセンスですな。

今宵は白ワイン
飲み物はほとんどがワイン。で、ボトル売り。カクテルとかはないみたい。なのでワインバーと言っていいでしょう。ワインセラーの中のワインを見ても種類が豊富なのがよーわかる。

で、つまみもワインに合う物が揃えられている。
生ハムサラダ
生ハムのサラダ(NTD200)。バルサミコソースでいただきます。

ソーセージ盛り合わせ
ドイツ風のソーセージ盛り合わせ(NTD380)。ザワークラフトがGOOD。

チーズ盛り合わせ
チーズの盛り合わせ(NTD680)。マーマレードやブルーベリージャムも添えられているニクい感じの盛りが素敵度アップ。

ガーリックシュリンプ
ガーリックシュリンプ(NTD250)。見た目辛そうなんだけど全然そんなことない。しっかりとした味付けが特に白ワインに合う。美味。今宵白ワインにしたことが正解だったって思う味付け。

イタリア式半生牛肉(と書いてある)
牛のカルパッチョwithチーズだな(NTD220)。

パンも熱々フワフワでおいしい
パンがフワフワでうまい!しかも暖かいし。心憎い気遣い。

フィッシュ&チップスだがポテトフライ
こういうアメリカンなものが食べたくなるのが飲みの席。よーーく考えてみたらこの店のつまみは世界中のおいしいつまみが揃えられている模様。世界つまみ博覧会的なね。でも日本はまだ不参加な模様。TPPかよみたいな(笑)

エビのソースは こんな風にしてパンにつけていただきます
さっきのガーリックシュリンプの余ったソースは、こんな風に小鉢に入れてくれてパンのソースとして二次利用。これがもしかすると日本代表食べるラー油かもしれない。

<基本データ>
住所:台北市四維路14巷7號
(MRT忠孝敦化駅から歩いて12分ぐらいでしょう)
TEL:02-2705-0656
営業時間:15:30-23:00(平日)、15:30-24:00(休日) 月曜休み

<コーディネーターのちょっとひと言>
最近台湾にはこういう素敵な雰囲気のバーが増えとる。って事はですよ、昔々の女子は人前で酒をあまり飲まない的な都市伝説はすでに崩壊しているという事で間違いないですな。この都市伝説は基本40代以上の方に当てはまるもので、今の人たちは普通にみんなで楽しくお酒を楽しむ文化になっているのでしょうね。このバーのお客さんのレベルも非常に高い!なんていうんでしょう、洗練された台北っ子が集う場所みたいな。雰囲気、味ともにかなりの高レベルなのでお薦めです!外人も来てる(っていうか自分たちもよく考えたら外人だけど(笑))。フードの値段が安いのがまたありがたい。で、量はメチャクチャ多いわけではないが、お酒を飲みながらの食事ってちょこっとずつつまめればOKじゃん。そんな感じで考えると一皿を4人でシェアーなら抜群な量。ワインは若干値が張る感じではあるが、種類も多いし、この雰囲気ならありな値段設定でしょう。そして一応コーディネーター目線で見ると、すべての椅子のデザインが違う。ここいいね。お気に入りの椅子をバラバラに配置。お気に入りの椅子で楽しむワイン。これで十分コンセプトとしては成立しますから。この周辺、本来は住宅地だがこれからもこういう店が続々とオープンしそうな気配。菲姐は自分のレストランをオープンさせただけでなく、街おこしまでしている模様。今後が楽しみなニュースポットです。そしてこれから1号ランチにwhinos弁当も登場しそうな予感(笑)

お薦め度★★★★★(コスパ的にもOKだし、何よりうるさくない大人な雰囲気のバーであることが非常にポイント高い)
自己陶酔度★★★★★(ここにいるだけでおされな人になっているような&こんな場所知ってるんだぜ的な気分になれる笑)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

 
 
2012年04月20日
草山夜未眠
 

今回はデートスポットの聖地、台北陽明山に参りました。その山の中に文化大学があって大学の裏側の斜面から台北市の夜景を楽しむ絶好の場所とされています。その斜面のもう少し下に夜景レストランが何軒あってその中の1軒は今回のロケの場所となっていて皆様に台北イチオシの夜景をお伝えしたいと思います。
こちらの店までは二つのルートがあるのですが、
一つは仰大道から登り、文化大学の裏側の道を潜るというルートと、天母の三越デパートを通って東山路という山道を登っていくルートがあります。台北市内からだと、文化大学ルートは距離的に遠いのですが、道が広く走りやすいです。それに対し、東山路ルートは直線距離短いですが、この山道は非常に細いので車のすれ違いが大変です。車同士はお互いに譲らないと通れません。また、雨が降ると山道の信号が狂うことが多く、運転上級者じゃない方はチャレンジしないように・・・

夕方3
夕方はこんな感じです。台北市が陽明山と淡水川に囲まれていることがよくわかる景色です。

貸切の部屋から
店内は階段が多く基本的に二つのブロックに分かれていて上はガラス張りの部屋となっていて下は開放感のあるテラス席となります。そのほか、貸切の部屋もあります。今回は貸切の部屋でお店の料理に舌鼓。

具の盛り合わせ インゲンそぼろ炒め

今回、用意してもらったのが「海陸情人套餐」(魚介類と豚肉牛肉の盛り合わせ恋人コース)です。魚介類と野菜の具がたっぷりお皿の中に入っております。出汁はさっぱり系です。

客家小炒 鍋料理2
単品で「干扁四季豆」(インゲンのそぼろ炒め)、「客家小炒」(豚肉、スルメイカ、葱、セロリの醤油炒め)を頼みました。もう一品はなんでしたっけ?汗夜景レストランにしては、味が濃くてしかっりとしていて美味しくてびっくりしました。こういう店なんかはどうせ雰囲気だけなんだろうと思ったら大間違いです。

サプライズケーキ レインボー台湾
ロケのリサーチというのもありますので、お店に特別にスペシャルケーキを作ってもらいました。この店はワンホールのケーキはないので、何個のカットケーキとフルーツの組み合わせで素敵な演出を見せてもらいました。本日利用されたのケーキはブラウニーです。甘さが控えめでしっとりしていておいしいです。 ドリンクはレインボー台湾という飲み物を作ってもらいました。(レインボー台湾なんていう飲み物はメニューには載っていません。裏メニューです。クランベリーとリンゴのジュースです。)もちろん、お酒も揃っています。カクテル系のものが多いようです。

夜景 夜景2 夜景3
さてと、本日の夜景です。霧がかかっていたのですが、それはそれで綺麗です。

蝋燭の台
店内に出っ張っている丸いガラス張りの台があって普段は写真撮影の絶好ポイントだけど(告白聖地!?)、日曜日になると、ライブの場所として使われています。台に蝋燭を置くとこういう感じになります。(普段蝋燭のセッティングはありません)

<基本データ>
住所:台北市士林區東山路25巷81弄99號(芝山駅からタクシーで20分~30分)
TEL:02-2862-3751
営業時間:月曜~金曜日17:00~03:00
     土曜・日曜日15:00~05:00
ライブの演奏:日曜日のみ 19:30~22:00

<TOP10号のちょっとひと言>
昔は陽明山の某夜景レストランに行ったことがあって雰囲気は申し分はないけど、食べ物は高い割には非常にまずかったです。そこから夜景レストランに「どうせ冷凍食品しか使わないんだろう」という偏見を持ち始めました。今回の経験でその偏見を消しました。ロマンチックの夜景を見ながら、お腹をいっぱい食べたい方に超オススメです。ただし、斜辺にへばりつく作られたので、階段がやたら多いです。雨の日、霧が濃い日には足元すべすべの可能性が高いので、お年寄りの方はちょっとキツいかもしれないです。(雨の日なんかは誰が行くんだよと突っ込まれると思うけど、平地は天気いいのに店に着いたら、霧がかかってきたりすることが多いらしい)。10号は二日連続行ったのですが、一日目は昼間のが微妙だったのに夜景はすごい綺麗に見えました(夜景の写真は一日目)。二日目は昼間快晴だったのに、夜景は霧にやられて綺麗に見えなかったです。しらけないように、行く前に、ちゃんとお店に夜景見えるかって一本電話をいれたほうがいいです。

夜景満喫度★★★★(もう少し高いところで作られたら、お店の前の木がなかったら、星は間違いなく5つになってるのに…)

ロマンチック度★★★(食べ物おいしいし、夜景も綺麗だけど、休日だったら人がいっぱいでロマンチックというより、なんかみんな和気藹々でご飯を普通に食べてるような感じ…ここでロマンチックのデートをしたい方は、平日に来るか、貸切の部屋を使うかのどっちかですね。)

(担当特派員:TOP10号)

 
 
2011年12月09日
Standing Room
 

台北市内いろんなバーがありますが、今回紹介するのはスタンディングバー、その名も「Standing Room」。今でこそ立ち飲み的なバーはちらほら見かけますが、スタンディングバーのさきがけとなったお店でもあるようです。最初にこのお店を訪れたときの印象は居心地がいいなという印象。そして、インテリアや室内空間は日本式じゃないんだけどなんだか懐かしい感じが。。。というのも、こちらのオーナーは日本人。なるほど!と納得。ではでは、ローカルに根付いているバー、でも台湾風でもなく日本風でもないStanding Room風をご紹介します!


外
敦化北路と長春路の交差点、西側の長春路上にあります。
騎樓の下の看板のペンギンマークが目印です。

入ってすぐ左
お店に入ると左手にバーを囲むようにカウンターがのびています。
木目調のカウンターが温かい空気を作り出し、店内は落ち着いた雰囲気です。
30平米ぐらいの空間には、カウンター、3テーブルと20人くらいは入れるかんじ。


スタンディングバーと聞いていたのに、椅子があります!
日本では立ち飲みは当たり前の様に受け入れられていますが、
台湾人にとって立ち飲みというのはまだまだ新しい発想のようで、
「どうして椅子がないの?」という人も多いとか。

メニュー
ちょっとびっくりなのが、フードの種類の豊富さ。
バーと聞けば、軽食系を想像しがちですが、、、
こちらは、麵、ブレッド、米、揚げ物、煮物一通りそろってます。
食べ物メニューはバーの上の黒板にズラっと。。。
こちら、単なるバーではなく、「レストラン&バー」だとか。納得。

パーティー
ひと通りオススメされたものを注文してみました。
おろしぽんず唐揚げ、明太子釜揚げうどん、チーズプレート、野菜スティック、赤ワインレバー、フライドポテト。
和に洋に中華風とジャンルひろし!

■2014年4月15日修正■
メニュー大幅リニューアル。魯肉飯とか煮卵とか中華メニューきたー。で、全部一個50元というミラクルプライスに(一部以前のメニューは残しているのでそれは50元ではない)。中華でお酒ってのもできるようになったのです。ってことで上の説明一部修正ね。写真・・・・・あった、下記が現在の一部メニューね。
改訂版メニュ 料理の一部
(修正担当特派員:TOP1号)
↓もはや若干つじつまが合わなっくなってきた?☆のお言葉放置してみる笑

どうしてこんなにフードの種類が多様なのかというと、
どうやらお酒の種類にも関係しているようです。
焼酎 ノンアルコール
お酒の種類も、ビール、カクテル、焼酎、日本酒、ワイン、ウィスキーとビックリな品揃えです。
お酒にあったフードでさらに楽しんでほしいという思いがあるようです。
そして、お値段のほうもお手ごろ。ビール150元、カクテル180元から。
ドリンクメニューにはびっしりとドリンク名が。。。しかも英語。

というのもこちらのお客さんは、ローカル台湾人だけでなく、日本人、外国人とインターナショナルだそうです。3つの言語をメニューにのせるのはムリがあるというのと、あとはスタッフと気軽にコミュニケーションをとってほしいというオーナーの思いがあるのだそうです。
どうりでスタッフは自然体なんだけど、とっても親切☆


好きなお酒、どんなのが好きと伝えればスタッフがおすすめしてくれます。
カクテル2
ちなみに、甘くてフルーティーなカクテルをお願いしてでてきました。
「ジャパニーズスリッパ」(180元)
グリーンとチェリーのコラボがかわいい~乙女心がくすぐられますね。


カクテル
お酒を飲めない人のためにもノンアルコールドリンクもありです。
このあたりは、オフィス街ということもあり、仕事帰りの人が1人でプラッとよって帰ったりすることもおおいとか。女性一人客も結構いるようです。

たしかに、店内はとても清潔なうえに、必要以上の装飾もないのでリラックスにはいいかも。


そういえば、ここのスタッフ日本語、英語、中国語ができるとか。。
オーダーする時の面倒なやりとりもここじゃランゲージフリーだから問題なし。

看板
店内にはペンギンがピョコピョコ。
このお店のロゴ的存在でもあるようです。
これもまたおもしろいコンセプトがかくされていました。
地球上哺乳類の中で立っているのは人間とペンギンだけ、そして、そとからこのお店をのぞいたときにラフ立ってお酒を飲んでる人たちは、まるで群れを成してるペンギンのようにみえない?と。
たしかに。

スタンディングを基本とし、日本のお酒やフードの提供というスタイルにはオーナーの熱い思いがこめられています。食材やお酒選びはオーナー自らが行い、おいしいもの、おいしいお酒、そして日本のお酒文化を台湾にしってもらいたいという思いがあるそうです。


お薦め度★★★★★
一人でプラっといっぱいなんてのにはもってこいです。年齢層は若干高めなかんじで、まったりおしゃべりには素敵な場所だと思います。スタンディングバーでもこれだけフードがそろってるということで、食事にこられる人もおおいとか。フードメニューは年に数回変わるそうで、和洋折衷と幅広いジャンルのフードメニューの更新にはみんなが首を長くしてまっているそうです。

<基本データ>
住所:台北市長春路508號
(MRT南京東路駅から徒歩約5分。駅をでて、慶城街を北へまっすぐ歩き、長春路を右へ曲がり3分ほど歩くと左手にみえます。)
TEL:02-8712-0879
営業時間:17:00m ~24:00


(担当特派員:TOP☆号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード