独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

小蔬杭 上海風蔬食飲茶

小蔬杭は小籠湯包が食べられる、江浙料理と上海料理のレストラン「蘇杭」が経営する素食(ベジタリアン)レストランです。台湾には現在1店舗。MRT松山新店線の新店寄りの駅「大坪林」から徒歩1~2分という立地のよさも魅力です。

メニューは上海式飲茶を主流とした新感覚の飲茶で、肉、魚は使わず、減油、減塩、野菜たっぷりというコンセプトのもと、豊富なメニュー構成で目も舌も楽しませてくれるお店でしたよ。

お店は新北市立図書館新店分館のビルの1階にあります。
IMG_2472.jpg

休日の昼間に予約なしで行って、なんとか入れた感じで、お店は幅広い層のお客さんでいっぱいでした。素食はやっぱりこんな感じで根付いているだなぁ、とこういうところにくると思います。
IMG_2421.jpg

昼の営業が終わって、お客さんがいなくなったところをすかさずぱちり。
グリーンの壁が鮮やかで明るい印象のお店です。2人掛け、4人掛け、円卓などの座席構成で、狭くはないけれど思ったより広くもない印象です。
IMG_2464.jpg IMG_2466.jpg IMG_2467.jpg

飲茶だけれどワゴンとかのサービスではなく、オーダーシートで記入しての注文です。
IMG_2423.jpg

見やすい立派な写真付きメニューもあるのでとてもわかりやすいです。
おすすめ料理に人数が多い時はセットメニューもあります。
IMG_2424.jpg  IMG_2425.jpg IMG_2426.jpg 

冷製料理に点心、炒め物、
IMG_2427.jpg IMG_2428.jpg IMG_2431.jpg

麺、ごはん、お粥に汁もの色々、
IMG_2432.jpg IMG_2433.jpg IMG_2434.jpg 

そしてもちろんデザートもあり。
IMG_2435.jpg

さすが野菜がメインなので色鮮やかでメニューの段階で期待が高まります。

まず、トマトと金柑の冷製「冰金桔番茄 NT$ 98」と甘酸っぱいピクルスとローゼルのサラダ「洛神沙拉NT$68」
IMG_2439.jpg

もちパリの皮にしゃきっとした野菜がたっぷり巻いてある「香椿時蔬捲餅 NT$ 98」
IMG_2441.jpg

やっぱりこれははずせない手作り点心の「小蔬杭湯包 NT$ 68」と「四季美人蒸餃 NT$ 68」
IMG_2442.jpg IMG_2445.jpg
湯包の中はとろみのついた餡でキノコなどの具材が入っていてとろっとした食感。こんな風に包めるなんてすごいなーとその技術に感動。四季美人蒸餃は緑の野菜がぎゅっと入っていました。

そしておすすめメニューの中にあったチャーハン「松子什錦菜飯 188元」
IMG_2451.jpg
しっかりとした味付けで細かく刻まれた野菜がたっぷり。すごく美味しかったです。

デザートは「紅毛丹山粉圓 60元」。バジルシードのデザートです。
IMG_2461.jpg

さすがちゃんとしたレストランの系列だけあって、どれもしっかりとした味付けではずれなしといった印象でした!

<基本データ>
所在地:新北市新店區北新路三段105巷2號
交通:MRT大坪林駅1番出口より徒歩約2分
電話番号:02-2910-0549
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:00

<OK号のちょっとひと言>
充実のベジタリアンメニュー。お値段もお手頃なので、お肉が食べられない人も台湾らしい小龍包などここで味わえるので、来て損はないレストランだと思います。オーダーシートの名前だけだと全然イメージがわかないけれど、写真メニューがあるから安心。とりあえずシェフのおすすめみたいなページがあるのでそれを注文しておけば間違いないでしょう!

お薦め度★★★★★(駅近、美味しい、値段も手頃といい感じです!)
野菜度★★★★★(ベジタリアンレストランだから当たり前だけれど、ここはあっ、これ野菜なの?!みたいなもどき料理とかじゃなくザ・野菜って感じのメニューだなーって思いました。故にこれ!)

(担当特派員:TOPOK号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

長春素食

ヘルシー中華の代表的な素敵店舗を紹介してませんでした!っていうかプライベートではいかないから爆。こちらのお店は本気ベジタリアン料理(一部そうじゃないのもあり)のビュッフェスタイルレストランで、お店もキレイ(この手の店っておしゃれ感はあまりないのが台湾スタンダード)。女子受け間違いないお店でしょう。

外観 座席の一部
ツアーで台湾に来た方ほとんどの方が立ち寄るであろうお土産屋さん「金龍」のお隣にあります。が、この店の前を通り過ぎると店の入り口前にたくさんの観光客の皆さんがお土産屋さんから脱出?して外待機していますが、いっその事、お土産購入時間とご飯の時間をセットにして、買い物したくない人はここで飯とかにすれば時間も無題にならないよーな?

店内の座席スペースはかなりある。が、基本満席っていう大人気状態。予約しておいた方が無難。

非常にわかりやすい値段
ただねー、さっきのツアーのご飯に組み込んじゃえば?提案に立ちはだかるのは料金だろう。一般的な価格設定からするとちょっとお高めなことは事実。まあ後で紹介するけど施設、料理とも充実のラインナップともなればこのぐらいの料金設定はいたしかたなしって事ではあるとは思うけど。って事で料金は、時間帯によってことなりやすので下記は覚えておいてくださいませ。
ランチ:11:45~14:00/NTD550
アフタヌーンティ:14:30~16:30/NTD360
ディナー(土日祝日は終日この料金):17:45~21:00/NTD600
もちろんアフタヌーンティが安いって事は食べれるメニューも少なくなるって事ではありますが、なんとなくだけどアフタヌーンティでも結局ビュッフェなんで問題ないんじゃない?的な気がします。

では、お店の中がどんな感じがざざー――っと写真の貼り付け(乱暴)
店内1 店内2 店内3
店内のあらゆるスペースに食べ物が置いてあります。

店内4 店内5 店内6
途中でなくなると全く違うものにチェンジされたりするので食べたいものは即ゲットで。なんと臭豆腐まである笑。が、店内に匂いは漂ってはいなかった。

店内7 店内8 店内9
刺身に見えるメニューは材料蒟蒻や寒天で作ったモノ。ベジタリアンフードの定番ですな。

で、この店の凄いところはスイーツが豊富な事。
スイーツ1 スイーツ2 スイーツ3
まずびっくりなのがケーキ屋のショーケースのようなケーキコーナー。このバリエーションはすごい。

スイーツ4 スイーツ5
なんと、アイスまで!

その場で作る 麺コーナーも!
麺も4種類から選べるその場で作ってくれる麺コーナーもあり。これはボリュームあり!

何故かビールのお供が・・・・
最初回った時になかった台湾の最強枝豆が登場!これ、台湾スタイルの安い居酒屋的レストラン「熱炒」でしか食べれないと思っていたら(最近は熱炒にもないことが多い)、こんなところで登場。この枝豆粒胡椒がビールのお供として最高なんだが、この店ビールあるのかな?そー言えばそんな事は聞いてなかった。で、聞いてみた。あるらしい笑。ベジタリアンレストランとビールっていうのは問題ないんだなと。

<基本データ>
住所:台北市新生北路二段38號
(MRT中山駅から徒歩約18分?近い訳ではないが歩けるという距離感)
TEL:02-2511-5656 or 5926
営業時間:11:45~14:00、14:30~16:30、17:45~21:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
台湾のいわゆる「素食」って言われるベジタリアンレストランや、メニューって実は厳密なベジタリアンメニューになってないって事がとても多い。前にもどっかの店の紹介の時に説明したと思うけど、概念が違うのか?卵とかミルクとか使っていい的考え方。いいわけねーだろって思うけどそれが当たり前な感じで出してる店もある。で、こちらの店は?というと、実際こういうメニューも存在している。が、ちゃんと卵が入っているモノ、ミルクが入っているモノってプレートで前に「卵含んでます表示(含蛋)」みたいに表示されているから解りやすく、そして安心な対応をしているのです。これなら本気ベジタリアンさんも疑心暗鬼にならずドンドン食べれますね。とにかくメニューの数が半端ないのでビュッフェ2回転位でお腹いっぱいになっちゃう。味も以外と濃くてその辺のなんだかよくわからないがやけに薄味に変えてるレストラン達よりはよっぽどうまい!素食をなめてはいけませんね!ちゃんとした食事として成立するって事を認識した1号でした。今回写真に撮らなかったけど、ドリンクコーナーがガストレベルで充実もしてるからアフタヌーンティでちょっと休憩でも利用価値ありかも?なんてったってお変わり自由ですから笑。最後に外観の写真でお坊さんが写り込んでいましたが、この店お坊さん率かなり高い!って事は本気ベジタリアンであるという証でもある。たまにはこんな店もいいかもですよー。あっ、そうそう、お店のスタッフの人が意外と日本語話せてビックリ。いろんな食べ物の事日本語で説明してくれたりして新設度もMAXだった!

お薦め度★★★★★(素食を見直すことが出来たからね!)
意外と長居出来ちゃう度★★★★★(間違いなく時間制限はない笑)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

永晉藥膳坊

台湾って薬膳料理のレストランが死ぬほどあると思われているみたいですが実はそんなにございません。あったとしてもレストランのメニューの中に何個か薬膳系のメニューがあるって言うのがほとんどで本気漢方よろしく薬膳料理ってなかなかないんですね。中国大陸にはある「らしい」ですが(あくまで聞いた話)、一緒にされても困ります。とりあえず台北近郊で本気薬膳ならここしか知らないからご紹介。

普通の住宅街
一般の住宅街。しかもかの「三重」にございます。こんなところ入っていいのか?って不安になる街並みの中を突き進みます。

外観 漢方薬屋さん「だけど」レストラン
外観はモロ薬膳って感じでしょ?で、中もしっかりと漢方薬屋さんだ!っていう証の棚みたいのとかツボみたいのとか並んでる。うん見た目合格。

こういうのあるだけで本気って感じがする
この漢方棚?(って表現でいいかは不明)は迪化街とかにある漢方薬屋さんや、中医と呼ばれる病院の薬を調合するとこにもありますね。って事でマジです。ご安心ください。モチの論で中に漢方薬入ってます。

種類も豊富 単品のお値段はこちら
薬膳料理って基本スープですから。肉焼いて薬膳とか、炒めて薬膳とか無理でしょ基本。まあやってるところも一軒あるがいきなり行って、はいこれ食べたいってオーダーは不可能。なので薬膳料理を食べたいならスープって認識で訪問して頂くという事で。しかしスープだけでも一体何種類あるんだ?って感じ。

薬膳ですから色はこうなりますとも!
で、見た目は漢方が入っているから全部こんなマックロケッケになっちゃうわけですよ。これが緑とかピンクとかだったらオモロだがどうにもならない。このスープは十全大補湯で写真入りメニューでは1600元って書いてあるがこれはお持ち帰り用の粉末ティーバックみたいな状態の商品の料金。単品メニューの方で一杯ずつの料金があるが、あれ?十全単品料金書いてないじゃん!でも食べさせてくれるからさっきの料金を÷6すればよろしいって事で一杯266元に決定。十種類の漢方を含んだ体力増強にピッタリなスープということらしい。他のスープもいろいろ効果が違ったりするけど全部は説明しきれん。大体漢方の世界ってとってもわからない世界だから説明する時は悪いが時にアバウト爆

中に入っているもの 全部だしてもらったら こんなんなった!
十種類の漢方って何?って聞いたら全部漢方棚から出してくれた。一個足りないけどご愛嬌って事でよろしくどーぞ。ちなみに、まんまぶちこんでスープにしている訳ではございません。ちゃんとすりつぶしたりしてティーバックの袋みたいのに入れて水に入れて煮だしているという事。中の肉は別に鶏肉じゃなくてもOKみたい。

<基本データ>
住所:新北市三重區萬全街72號1樓
(MRT中和新蘆線三重國小駅から徒歩10分以内でしょう。台北市内からも車で20分位。意外と近い)
TEL:02-2976-1281
営業時間:17:00~21:00(土日祝日は12:00~21:00) *火曜日休み

<コーディネーターのちょっとひと言>
とにかく奥深い漢方の世界。そして通訳する時に困るのがその漢方の成分の名前は絶対に日本語では言えない。故に書く。様々な効果のある漢方を組み合わせてそのテーマに沿った薬膳スープをご提供というのがこちらのお店の薬膳レストランとして営業方法。これ以外のメニューは食べれませんからスープだけ飲んでください。婦人科系の病気に効果ありとか、何とかに効果ありとかそれぞれにテーマはあるけど、自分の症状とか改善したい内容を伝えてそれにピッタリなスープを紹介してもらった方がいいと思う。オリジナルを調合して作ってもらうも可能だと思うけどそうなると一杯料金は無理だろうな。もうお持ち帰り用の粉末にした上でご購入&現場でスープの試飲しか不可能でしょう。味は苦いけど甘みもある。飲めないって感じではない。ただおいしーでもない。それが漢方笑。ちなみにですが出来上がったスープのお持ち帰りは出来ませんのでご注意を。ここの店行くなら絶対先に予約した方がいい。さすればお知り合いの日本語が上手な方を呼んでくれると思う。それがないと薬膳を楽しめないと思うので。

お薦め度★★★★★(薬膳はおいしいとかおいしくないとかで語るものではない。なので、本気の薬膳料理かどうかで判定。もち満点)
ひっそりと営業してる度★★★★★(普通は誰もしらんだろって感じ。でも薬膳料理の店としては表彰されたりされてるぐらいグレードの高い店なのだ)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

原生園

今日はトップレンジャーズと呉問地チームのサミット。両社の1号がWithスタッフで会食というスタイル。呉問地チームは若きエース3号が参加しましたが、トップレンジャーズ代表は15号。1号の秘書的立場で参加。大丈夫か?

外観
本日のサミットのテーマ「ヘルシー料理を体験してみる!」で、選ばれた店は呉問地チームから強烈プッシュを受けたこちらのお店。ここにたどり着く前にタクシーに乗った1号と15号。当然行き先は15号が運転手に告げる訳だが「民権西路○段・・・・」と言った段階で「ブブー」。ウルトラクイズなら強制送還だぞ!全く・・・・民権東路です行くのは。行き先もちゃんと告げれていない15号。そんな状態でなんとか到着。ビルの二Fが店らしい。

絶対にみんなここに導かれるはず
多分90%の人はこの入り口に導かれるでしょう。この看板には入り口は「林森北路側です」と記載されているのでこっからは入れないのです。ならばこんな人を吸い寄せるような目立つ看板を作らなければいいのにって思いながら別の入り口へ回る。

ここ入るの? 普通のビルの入り口からエントリー
逆にメインのエントランスが「こっから入るの?」って心配になるような一般ビルの入り口笑。入って階段で登る。別にエレベーター使ってもOKですけどね。

入り口
はい、入り口。

お店はね綺麗。清潔です。 photo by 15号のムーディーカット
お店は綺麗、明るい。更に15号カメラマンによる撮影のようにすれば若干ムーディー。

どういう店なのか?よくわからないで来ちゃったんだけど(もちろん呉問地チームからは細かいご説明は頂いておりましたが全く予習をしておらずすんまそん)ベジタリアンメニュー的な素食レストラン的経営方法の店ですね。店内を見渡せば一目瞭然。
草 草草 草草草
牧場かよ!ってほどの草の量。

草時々キノコや他の野菜
で、草以外にはこのようにキノコとか

天ぷら(草) 野菜 何故か?減りが早い(笑)肉系も
天ぷらとか、野菜炒めとか肉系のメニューのブッフェコーナーもある。で、肉が異常に減りが早いという店のコンセプトとは異なる食材人気となっていたりする笑

フルーツてんこ盛りにケーキまで これでもか!のサラダコーナー
フルーツにデザートもありーの、あんなに葉っぱが一杯あるのにサラダコーナーとかもある。

基本上記のアイテムを食べ放題システムで好きなだけ食べてって感じ。で、鍋の具材としてそれぞれの食材を置いているのが基本なんで、材料ピックアップして鍋として頂くことになるようです。
スープは二種類。まずは葷 こちらは素
って事で一人一鍋。スープは二種類。一つは素(完全ベジタリアン)、もう一つは葷(ベジタリアンだけど牛乳、卵とかOKという1号的にはなんちゃってべジタリアンと呼ぶ人達用)。どちらか選んでください。ちなみに味見しましたがどっちもどっちでした~(爆)。いずれにしても超薄味。

この状態 まさかの
とりあえずお店のメイン食材は「草」。とにかくここにある「草」は見ても全くわからないような草ばかり。でも全部種類は違うのは見てわかる。どんな味か?全くわからないから食べてみるしかない状態なので全部ちょっとずつ取ってみる。で、お皿に並べたら・・・・まさかの草食動物キリン飯。

エスケープ1
もちろん1号はゴリラではあるがキリンではないのでこれでは食事になりません。って事でたくさんのエスケープ食材をピックアップ。なお、この中に入っている春菊だと思われる食材の天ぷらは大変おいしゅうございました。多分若干麻痺していると思うけど。

掟破り1 掟破り2
牛肉に豚肉。ここで理解。この店はベジタリアンレストランではないんだ。有機野菜をメインにした鍋屋さんである事を。だから肉も食べれるからベジタリアンじゃない人もOKなんだと。

これなしではいられない!
鍋屋に行った時にあまり重要視していないタレですが、このお店では絶対に必要!何故ならスープに味がないから笑。タレの種類もいろいろあるんだけど、どれもちょっと見たことない、食べたことないような調味料が多く使い勝手がわからない。とりあえず15号が作ったものを味見し、この配合でOKを確認してから同じものを作らせる1号。だってドロドロの醤油とかあるんだよ。そんなの使えないでしょう。なお、思うに裏技としてポン酢の持参をお薦めします笑

なんと!
葉っぱをよーくご覧ください!虫食ってるではないか!!でもこれがきっと有機の証。勇気を持って食べましょう。

そばや 米苔目だって素で
ご飯もある。ただご飯と共に食えそうなおかずに乏しい1号は麺を食べる事にする。そばと日本のうどんに近い麺「米苔目」あり。そばはぶっちゃけ食べてないからよくわからないんだけど、米苔目はなんか粉から体にいいものを使っている風。不思議な味と食感の米苔目だった。

いろんな健康、ナチュラルコスメも販売
レジ横にシャンプーとかクリームとか売ってた。食べる以外にも体にいいものを販売する店なんですね。

で、一通り食べ終わった後サミットの会場は「五右衛門」に移動となり、ハンバーグやらカレーのルーやらを食べ直すという流れに・・・・・。やっぱり、これだけだと食べた気にならないんだよね。夜じゃなくて昼にくればよかったとサミット開催時間に誤りがあった事を悔やむ笑。

<基本データ>
住所:台北市民権東路一段67號2F
(MRT中山國小駅から徒歩約3分)
TEL:02-2595-1186
営業時間:11:30~15:00、17:00~22:00
料金:平日ランチNTD399、平日ディナー及び土日祝日(終日)NTD499
*別途10%のサービス費がプラスされます。子供料金NTD199、幼児料金NTD59といろいろ細かく設定されている。

<コーディネーターのちょっとひと言>
個人的に草を食べるだけで「食」にはならない胃袋なのでご飯には出来ないなと。ただ、食材の葉っぱとかを見てる限りでは相当珍しい有機栽培したであろうものを使っているんだろうなって事はわかる。心からベジタリアンの人ってこれで満足出来てるのだろうか?って謎に思ったけど、ベジタリアンの人からすればこんなに珍しいいろんな種類の葉っぱがある訳だから、我々にとって焼肉屋に行って「タン、カルビ、ロース、ホルモン、トモバラ・・・・」とかいろんな種類の肉食べれてご機嫌なのと同じように感動するぐらいの商品ラインナップなんでしょうきっと。仕事的には非常に取材価値のあるレストランだと思います。が、ここですべての草の説明は漢方薬の説明に匹敵するほど至難の業。2号の得意技、シイタケもシメジもエノキも全部これなんですか?と聞かれたらキノコの一種ですと答える戦法と同様の通訳の仕方になるでしょうね。先に誤っておこう。申し訳ありませんと(笑)。なんか台湾って精進料理を食べる人が多いからこの手のレストランが多いと思われているので、それを実証するためには非常にいい食材をお使いになっているレストランだと思いました。今回のサミットではこの手のヘルシーメニューが得意な人が一人もいなかった為学ぶことが出来なかったが、誰か詳しい人が一緒に行けばきっと学ぶことが出来るのかもしれないという事で次の取材に期待。

お薦め度★★★(1号には良さが良くわからない。葉っぱでお腹いっぱいには絶対にならないから。ここまでしてヘルシーにこだわっている人だからこそわかる潜在的価値は大きいとは思いますが)
味が薄い度★★★★★(タレがなければ何も食えない。スープも超薄味。それが店のコンセプトなのはよーくわかるが・・・・)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

眾流素食

台湾には数々ベジタリアンフードレストランがあるんだけど実はどれもなんちゃってってのが多い。このなんちゃっての意味は台湾のベジタリアンフードの概念が違うって事。乳製品、バター、卵を使っていいという概念で営業してるから本気のベジタリアンの方は食べたら腰を抜かすかもしれない。この店は正真正銘のべジタリアンフードのレストランだから安心してお食事して頂けるでしょう。

入り口
お店自体はあまり目立つ感じでもなく

店内
店も広いわけでもなく的ひっそり営業。

とにかく行ってみると感じると思うけど、お客さんは女性が多い!やっぱり食べ物に気を使ってるんだろうなぁ。

とりあえずどんな感じか?メニューを紹介いたしましょう。

基本見立てね うんアワビっぽい
大体、魚とか肉とかに食感を合わせる素材ってのはキノコ類が基本らしい。見た目は完全アワビ風。食べても言われなければアワビだと思って食べちゃう感じの前菜。

エビ見立てと書いてないが これは撮影盛りかもしれない 
これはエビに見立てた何かが入ってるフライ風。何から何まで「風」なのがべジタリアンレストランの特徴ね。これ見た目には揚げてるっぽく見えるけど揚げてはおりませんよ。オーブンでカリッと焼いたんです。ちょっと盛りが特別だな。うん、撮影だからまあこうなる。普通はメニュー同様の盛りでしょう。

揚げか? この子だけど・・・
メニューには揚げって書いてるけど揚げてません。揚げ物風ね。大豆を擦って肉に見立てて作った料理。うん、大豆もうまい具合によく肉に化けるよね。

これは 確かに酢豚にしか見えん
酢豚風。この素材は確か猴頭茹(日本語だと山伏茸)をベースにして作ったものだったと思う(忘れた)。ちなみに猴頭茹を初めとするキノコさんたちはベジタリアンレストランでは大活躍アイテム。肉に見立てたいならこれを使いなさい!って感じでこのキノコが大活躍。

撮影用に 出していただいたモノ
で、こーんな美しい盛り付けのメニューもわんさかある。竹の子のを使ってポテトフライ的にしたものとか、エリンギ使って作ったまたまた酢豚みたいなものとかとにかくメニューが豊富。で、素材的にもヘルシーなものばかり。もちろんカロリーだって低いって事で、中華の味わいを楽しみつつ体に優しい料理を楽しみたいって人にもお薦めなレストランなのだ。別にベジタリアンじゃなくても行っていいし。毎日ガッツリドップリ中華飯よりはこんな変化球を絡めてもいいかもしれませんよ。

<基本データ>
住所:台北市龍江路102號
(MRT南京東路駅から徒歩約5分)
TEL:02-2516-5757
営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
さっきもちらっと説明したけどベジタリアンフードの概念が違う事はちょっと頭に入れておいた方がいいと思う。素食っていうのが台湾に置いてのベジタリアンフードの意味なんだが、書いてあるから完全ベジタリアンか?っていうとそうじゃない事が多い。何なんだろう?肉を使わない=素食って事なんだろうか?卵も乳製品もガッツリ動物性。前、自分が失敗した例として、完全ベジタリアンの人を鼎泰豊に連れてって野菜餃子ってのを頼んだら中に肉が入っててびっくり。野菜餃子って書いてあっても野菜が多めの餃子って意味で中には肉が入っていた。まあこれは野菜って書いてあるから勝手に肉はないと思って頼んじゃったんだけど、野菜餃子って書いてあるのに肉入ってるならただの餃子じゃん!みたいに頭来たからクレーム付けたけど、ただのうるさいババア的行動にしかなってないな。それからはメニューに「素」って書いてあるメニューがとりあえずベジタリアン用だという認識の元、そんなオーダーをしなきゃならない時には野菜餃子に目もくれないようになったが、その「素」も100%信じていいかどうかがはっきりわからんのも台湾の摩訶不思議。だって素食レストランって名乗ってんのに卵とか乳製品とか使うんだよ。これありなのか?ホント境目が良くわからない危険なワードでもある「素食」。
更に1号はもう一つ不思議な事があるんだが、なぜ肉を食べたくないからベジタリアンになった人の為に酢豚風とかアワビ見立てとかにして出さないとならないのか?こういうのって病気とかで食べれない人ならまだしもベジタリアンならむしろこういう見た目も嫌だったりするんじゃないの?っていう疑問もある。わざわざ肉に見立てたりとかして作る必要があるのか?って事もよくわからないんだよね~。多分こういうレストランてベジタリアンの人用にってやってるのではなくて一般の人でヘルシー御飯が食べたい人用にやってる店なんだろうね。そうじゃなきゃ商売がなりたたないか。

お薦め度★★★★★(味はマジでおいしいし、食感とかもほとんど本物に引けを取らない。そして味付けが風に近いから更にびっくり。調味料の世界にベジタリアンフードの制限はないということか?)
本格的度★★★★★(前この手のレストランに一気に5軒ぐらい連絡して、卵、バター、乳製品を使っていないと言ったのはこの店だけだったから。他にもあるんだろうがメジャーところはことごとくアウトですよ)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード