FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

六堆伙房 樂業店

独特な味付けと風味で、ついついご飯をお替りしたくなる台湾でも人気の客家料理。
今回は、お手軽なお値段で客家料理が楽しめるお店「六堆伙房 樂業店」をご紹介しちゃいます!

MRTの六張犁駅から徒歩7,8分ってところでしょうか。
訪れたのは、メイン通りから少し入った落ち着いた路地にある楽業店。
緑の看板が目印です。
1_201804231313196cf.jpg

ワンフロアにテーブル席と円卓があります。
2_20180423131321933.jpg

メニューです。
麺やご飯系以外の一品料理でもお値段がほとんど200元以下。
かなりお手頃価格と言うこともあり、ピーク時には行列が出来ることも。
3_20180423131321b83.jpg

写真付きのメニューもあります。
しかも、嬉しいことに日本語訳つき(微妙な訳ではありますが)。
4_201804231313227ca.jpg 5_20180423131324d23.jpg

6_2018042313145516b.jpg 7_2018042313145797c.jpg

ちなみに、注文はオーダーシート式です。
記載を終えたら、店員さんに手渡します。
注:テーブル番号を書くのを忘れずに。
8_20180423131457186.jpg

お茶や食器の準備は全てセルフとなっており、自分で取りに行きます。
9_201804231314583aa.jpg

日本で言う、副菜にあたる【小菜】
冷蔵庫から好きなものを取ってテーブルに持ってきてOKです。
値段と料理名が明記してあるので、安心ですね。
10_20180423131500a1a.jpg 11_201804231316142c3.jpg

私が選んだのは、小菜こちら。
蒜泥茄子(ナスのおひたしニンニクおろし風味) 42元    
葱燒柳葉魚(シシャモのネギソースがけ) 63元
12_201804231316153d9.jpg 13_20180423131617526.jpg

どちらも味が濃いめなので、お酒にも合います。
ちなみに、お店で提供しているお酒は台湾ビール飲みです。

豆香腐乳鷄(豆腐乳の鶏唐揚げ) 178元
豆腐乳と言われる発酵食材(個人的な解釈では味噌っぽいイメージ)に漬けてから
揚げた鶏の唐揚げ。
独特の匂いと、まろやかさが絶妙な一品。
14_20180423131618942.jpg

芋頭梅干扣肉 185元
(タロイモとからし菜類の漬け物と豚バラ肉の蒸し物)
残念ながら、これは失敗。
蒸し時間が長すぎたのか、豚バラが薄い為、お肉がパサパサ。
味も薄く、イメージしていたものとはかけ離れた一品でした。
15_20180423131620419.jpg

客家小炒(客家炒め) 178元
スルメや豚肉、セロリやネギなどの具材を香ばしく醤油ベースで炒めた
これもまたご飯がすすむ一品。
16_20180423131759a77.jpg

破布子炒水蓮 148元
破布子=塩漬けされた樹子(木の実)のことで、台湾でもポピュラーな調味料。水蓮と一緒にあっさり炒めてありシャキシャキ感と塩加減が美味しい。
17.png

北菇菜圃鷄湯(切干大根と鶏のスープ) 88元
とっても具沢山のスープ。
切干大根から出るダシが良いです。
椎茸と鶏肉はテッパンな組み合わせ。
コスパ最高!
18_201804231318017e0.jpg

<基本データ>
住所:台北市大安區樂業街42號
アクセス:MRT六張犁駅から徒歩7分
電話:02 2736 9063
営業時間:11:30 - 14:00 、 17:30 - 21:00
支払い:現金のみ

他にも店舗あります。詳しくは公式HPをご参考ください。

<AG号のちょっとひと言>
利用しているのは、ほとんど付近に住む台湾人の人たちです。日本語は通じません。
今回は、お料理系を中心に注文しましたが、周りを見渡すと麺類やご飯もののみを食している人たちが多かったです。一人でも気兼ねなく利用できる雰囲気です。忙しい時間帯だった為、お料理が出てくる時間が長かったですが、小菜が豊富なのでカバーできてます。とにかくコスパが良いです。

お薦め度★★★★(お手軽な値段で本格客家料理が食べれる、結構お薦めですよ)
リピ度★★★★(他の人たちが頼んでいた麺類系に次はチャレンジしようと思います。とっても美味しそうでした。)

(担当特派員:AG号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(2018ミシュラン/ビブグルマン)美麗餐廳

michelin_logo_20180501001123616.jpg

本日は「ミシュランビブグルマン2018」に入選された台湾料理屋さんにやってきました!そういえばこのお店、なんと20号の家の近くですけど…全然知らなかったです!!「ミシュランビブグルマン2018」におススメされなかったら私一生知らないでしょう。笑。

m01.jpg
お店の外観はこちらです。上記写真の赤い看板の所です。2階以上は普通の住宅らしいです。私いつもここを通りますけど、全然入ろうとしていなかったですね…。

m02.jpg m03.jpg
近寄ってみるとちゃんとしたレストランでしてきれいです。ガラスには「ミシュランビブグルマン2018」のシールも貼ってあります。

m04.jpg m05.jpg
ちょっと面白いのは横の看板「美麗餐廳」に対して両方の柱に「美麗」にかけて対聯が貼っていることです。「美麗」は女将さんの名前らしいです。その二文字をそれぞれイニシャルの字として、別々の文にできたのがすごいと思います。

m06.jpg
店内の様子です。左の鮮やかな黄色いのブラウスを着ている方は美麗さんです。笑。
お店は一階だけなので8人くらいのテーブルも5個くらいしかないです。ご予約がお勧めします。

m07.jpg
で、注文しようと思ってメニューをリクエストしたら、店員さんが壁に指をさしました。壁を見ましたら、「え?メニューはこれしかないですか?」と思わず聞きました。そしたら「そうですよ」と当たり前のように答えられました。マジかーーー!こんなにバリエーションがない台湾料理屋さん初めて出会いました。それにしても「ミシュランビブグルマン2018」には入選されたから、味には相当腕があるのでしょう。。。とこの時点から期待し始めました。

m08.jpg
ドリンク(ビールもあり)は冷蔵庫の中に入れてあり、セルフサービスになっています。

m09.jpg
とりあえずお料理を一通り注文しました。お通しは漬け大根です。

m10.jpg m11.jpg
一品目はお店の看板料理「魯腸(モツと大根の煮込みもの)」です。これが小(人数に合わせて注文可能)でNTD390になります。

m13.jpg
特別なのはこのモツ!!一個だけではなく実は何個もはめているのです!結構歯ごたえがあり、臭みもないし美味しいです!!

m12.jpg
「白斬雞拼盤」 NTD390(小)。柔らかい鶏肉とレバーの盛り合わせ。こちらは特製の唐辛子醤油につけて食べるのです。

m15.jpg m16.jpg
こちらも看板料理の「煎菜瓜(ヘチマの焼き餅)」NTD340(小)。これがと・て・もお勧めです!さすが看板料理。ほかの所ではこんな特別な料理を食べたことはなかったです!韓国の海鮮チジミみたいなものですが、中身はヘチマとエビで、ヘチマが焼いてからなんと柔らかくてモチモチしていてチョー美味しい!!

m17.jpg
「芹菜小卷(イカとセロリの炒め)」 NTD420(小)。メニューには「小卷」と書いていますけど最後お会計の請求明細には「中巻」と書かれています。まあ同じもので大きさだけの違いですが…。こちらのイカも新鮮で身がプリッとしています。美味しゅうでございます。

m14.jpg
「開陽白菜」 NTD180(小)。「開陽白菜」(普段は干しエビと一緒に炒めているものです)と言っても白菜の煮込みに近いかもしれません…。野菜がなかったため注文した一品ですが、こちらも例外なし美味しいです。

m18.jpg
最後の会計金額。ご飯も注文しましたのですが別計算しているみたいです。二人で合計NTD1750(約)¥7000)。まあまあ良い値段します…ただし味は上げ足を取るところはありませんでした。ほぼ満点かな。

<基本データ>
住所:台北市中山區錦州街146號
電話:02-2521-0698
アクセス:MRT「中山國小」駅もしくは「行天宮」駅から徒歩約8分
営業時間:12:00~14:3(昼は要予約)、17:30~21:30、無休
カード:不可。

<20号のちょっとひと言>
これはこれは、美味しい店にあってしまいました。家の近所ですので、今後はもっと利用したいと思います。「ミシュランビブグルマン2018」ありがとう!(?)

お薦め度★★★★★(メニューは少ないものの全部おいしい。とにかく味は完璧だと思います。ご飯2杯も行けると思います。)
腕自信度★★★★★(あれだけメニューが少ないには腕にある程度自信があると間違いなし。確かにすごかったです。感心感服です。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

棻蘭家廚

北台北の流行発信地である東区(MRT忠孝敦化駅)から台北アリーナ方面に歩いてわずか10分のところ、閑散な住宅エリアがあります。そちらのこっそりと隠れているこちらの家庭料理レストラン「棻蘭家廚
」は、本当は独り占めしたくて、紹介したくないくらいの美味しいお店です。

001_201709211419497bc.jpg
お店の外見は普通のマンションのようで、お店の看板もとてもシンプルに玄関の左に店名を書いただけです。中が見えないガラスなので、入りにくい雰囲気もあります。初めての方としては、ここが一つ目の試験だと思います。(一つ目、ということは…。)

002_2017092114195117f.jpg
はい、お店に入りました。一気にレストランっぽくなりまして、一安心しました。

003_20170921141952a26.jpg
お店の名前「棻蘭家廚」の通り、「家廚」は家の台所の意味で、こちらのレストランは人の家の中にいるような居心地しています。

006_20170921141957c08.jpg 007_20170921141958fcc.jpg
お店の壁は一面だけ鮮やかな赤にしていて、とてもレトロな感じがして可愛いです。

004_20170921141954341.jpg
はい。こちらが2つ目の試験です。こちらは本来メニューなしレストランで、食べたいものを女将さんに言ってもらってその場で調理してくれるのですが、日本人客が増えたため、日本語の“食材&調理法説明”リストも作りました。左の欄は食材で、右の欄は調理方法です。そう、一つの食材でもいろんな調理方法ができるのです!言葉が通じなくてもこれを見れば分かる、のはずですが…日本語をチェックしたら意味不明の所が点在していてやはり食べたいものを注文するのが難しいかも!

005_20170921141955aae.jpg 008_201709211420001e8.jpg
本日3人で来店しましたのでこれくらいの量を注文しました。やはり赤の壁は写真映えですし、妙に食欲をそそられていました。

009_201709211420011db.jpg
こちらは上記日本語メニューに書いてある12番の「芋頭肉絲(タロイモとの肉の細切り炒め)。タロイモと豚肉のほかにさやいんげんとカリフラワー、エリンギ、もやしも食材に入っています。さっぱりしてますが塩味がちゃんとしみ込んでいてご飯との相性が抜群です。

010_20170921142003f6e.jpg
こちらは13番の「茄子」。「茄子」だけ書いてますので調理方法はなんだか分かりません。でも味はしっかり醤油で煮込んでいるようで美味しいです。

011_20170921142004af9.jpg
こちらは25番の「紅焼肉(豚肉の角煮)」です。かなりの美味でした。

以上の3品はこちらのおかみさんの十八番だそうで、特におすすめだそうです。確かにこの3品を私たちは速いスピードで完食をしました。注文まではハードルが高いですが注文が失敗して出てきたものは想像と違っても間違いなく美味しいと思います。

<基本データ>
住所:台北市松山區八德路三段12巷70弄14號
電話:02-2570-6608
アクセス:MRT忠孝敦化駅から台北アリーナ方面に徒歩10分。
営業時間:11:30~14:00、 17:00~21:00、 日曜休み

<20号のちょっとひと言>
ここは本当に美味しい!しかも安いです。隣の丸いテーブルの客たちもずっと「美味しい」や「毎日食べたくなる」と連発。家庭料理なのでお母さんの手料理も懐かしくなったときにピッタリかもしれませんね。

お薦め度★★★★★(とにかく美味しいです。また食べたいです!)
入りにくい度★★★★☆(外観から注文の仕方まで勇気が必要。言葉が通じれば何でもできる気もしますが、注文したものと出てくるものが違う可能性大です。)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

(桃園/大溪)溪友緣創意料理店

2 (2)
大溪老街は有名な観光スボットです。豆干 花生糖..など歩き食べるの屋台料理がしか食べれることのイメージがあると思います、実は大溪老街の近くにレストラン何軒もあります、その中一つ人気な客家料理「溪友緣創意料理店」を紹介いたします

1 (7)
「溪友緣創意料理店」は客家料理の創意料理です、客家の伝統料理の以外に客家風創意料理もあります、2013年に行政院客家委員から「客家料理レストラン」認めます

1 (5) 1 (8)
内部のデザインは中華風です、2階もあります、20人以上座れます。多い人数でも大丈夫です

1 (12) 1 (10)
1 (17)
レストランは色々どころで色々な飾りしてます。色が鮮やかな客家風の工芸品も置いてます。

1 (6)
ここの客家創意料理が有名ですが、多い人数の量なので、店スタッフからお薦めに従って、二人分のボリューム客家小吃メーニュで選びます。

1 (13)
全部5品に頼みました。

1 (14)
滷肉飯 30元
煮込み豚肉かけ飯です、ここの滷肉飯は大溪で多い人にいい評価をもらったです

1 (19)
柴魚過貓 120元
これもさっぱりした料理です、新鮮なクワレシダを炒めして、冷やしたら、
クワレシダ(山菜)の上で鰹節とマヨネーズをかけます

2 (1)
客家燜鯽魚 90元
しフナ魚の蒸す料理「燜鯽魚」は有名な客家料理です。香辛料としフナを8時間に蒸させて、骨までたべれます、香ばしい魚料理です。

1 (1)
五味乾絲 140元
大溪名物烏日豆干と白菜、香辛料、レモン和えものです、ちょっと酸っぱい料理です、食べたら食欲がわいてくるです

1 (15)
金桔油雞 140元
からし菜包みの鶏肉スライス、金桔醬(柑橘系のタレ)添え、
冷やし鶏肉と金桔醬はよく合います、さっぱりおいしいのでいくらでも食べられます

<基本データ>
住所:桃園市大溪區仁愛路9號
TEL:03-387-7769
営業時間:11:00~14:30 17:00~21:00
稀有緣A
(老街へすぐ)

<15号のちょっとひと言>
大溪老街は豆干 花生糖..など歩き食べるの屋台料理がしか食べれること、もしレストランでご飯を食べるなら、別のどころに行かなければいけないのイメージがあります。1日大溪老街を観光したら、ここでゆくっり食べれるどころです。

お薦め度★★★★(メニューは日本語があります、老街へすぐ、また客家料理なので、観光したら食事いいどころです

(担当特派員:TOP15号)

From1号→●●度のどころ断りもなく一つ削除してるのは何かに反旗を翻してる系?「がしか食べれること」等の創作日本語と共に、客家料理なのか客家料理風なのか?よくわからない紹介にイライラ笑。2013年に風から客家料理レストランにやっと認められたって事か?風からの昇格みたいな。しかし見るからにデカ盛りっぽいな。ボリューム客家小吃メーニュから選んだからって事か??何か紹介してもらってるんだがいつも謎が残る15号の店紹介ブログ。最後の疑問は店に行って確認しろみたいな・・・えっ?実はステマ??

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

你家我家客家菜

実はこの店、11年ほど前にこのブログで1号さんが紹介してくれたのですが、不評のようでして…。味を改良したのかどうしたか、この2年くらい20号の愛店になっています。仕事柄でもよく日本人の方を連れてきてご飯を食べています。店名の通り客家料理の店です。客家料理と言ったら台湾料理よりもこってりで、お酢やお塩を多めに使っているイメージがありますが、白ご飯との相性が良いので必ず2杯目のご飯に行く方も多いですよ。

01_20170529142800268.jpg 02_2017052914280168c.jpg
↑本日20号が訪ねたのはすでに夜なので、すっかり夜の外観になっていて写真が見づらいかもしれません。「どうしても昼間の写真が見たいっ!」のお客様はネットお探しください。すみません。

03_20170529142803679.jpg
↑営業時間は玄関のプレートにちゃんと書いていますが、定休日は書いていませんのでご注意ください。月曜日だそうです。

04_20170529142804258.jpg 05_20170529142806fa1.jpg
↑店内の様子。奥の左側にまた一室ありまして結構お客様が入れるようです。が、いっつもここにきてガラガラ。おいしくないわけがないが(39年の老舗ですし高くないし)、なぜ?

06.jpg
↑メニューです。中国語しかないが看板メニューはちゃんと写真が載せています。指さして注文できるタイプなのでご安心ください。

07_20170529142809533.jpg
↑ドリンクはセルフサービスです。台湾のお茶は大多数砂糖が入っていますがちゃんと“無糖”(砂糖が入っていない)のお茶も置いてあります。

さて、本日注文したお料理をご紹介させていただきます。本日は20号以外全員この店初めてなので結構20号の好みで(笑)注文したものが多いですが、どれもここに来たら逃せない人気メニューです。

09.jpg 10_2017052914281300f.jpg
↑「豆腐(炸→揚げ)」と「煎蛋→オムレツ(蝦仁)」を選びました。お豆腐の調理方法は揚げ以外ネギ焼やソテーも頼めます。オムレツはエビ以外カキや切り干し大根やトマト、台湾バジルを入れてもらうことも可能。

11_20170529142815dc1.jpg 12_2017052914281697f.jpg
↑「炸紅麴魚片→ベニコウジ漬け魚の切り身揚げ」に「九層塔炒茄子→台湾バジルとナスの炒め」

13_20170529142818778.jpg 14_201705291428198aa.jpg
↑客家料理と言えば欠かせない「梅菜扣肉→高菜の古漬けと豚バラ肉の角煮」と「薑絲大腸→針ショウガと豚のモツの炒め」。どちらもご飯との相性が抜群でどんどんご飯が進める一品です!

15_20170529142821f10.jpg 08.jpg
↑「客家小炒→豆腐干、肉絲とイカの炒めもの」に「冬瓜排骨蛤蠣湯→冬瓜、スペアリブとあさりのスープ」。「客家小炒」はかなり代表的な客家料理ですが私個人はそんなに好きでは御座いません。客家料理初心者の方にはお勧めしないかも。

16_20170529142822392.jpg
↑お料理の集合写真。本当はこの後「炒粄條→客家きしめんの炒め」も追加で頼みましたが写真を忘れました泣。「炒粄條」もすんっっっごいおいしかったのに!!!当日頼んだ料理は現場にいた日本人もみんな好評でした。全部おいしいですって。よかったです。

17_20170529142824db3.jpg 18_20170529142825905.jpg
食べてる最中にこの子の存在が気付きましたw 人が怖がらずにむしろ親しみたい感じでずっと足元にいました。

20_201705291428276e4.jpg
最後もちゃんとお客様をお見送りしましたよ!かわいかったにゃ~♡

<基本データ>
住所:台北市中山區吉林路135號
電話:02-2561-1869
営業時間:火~日11:30~14:00、17:30~21:00(月曜定休)
アクセス:地下鉄オレンジ色の中和新蘆線「行天宮」駅降りて、1番出口から歩いて5分くらい。

<20号のちょっとひと言>
ここ本当においしいのになぁ…。いつも行くときにお客さんの少なさに疑問を持っています。もっともっと人に知ってもらいたいです笑。あんまりご飯を食べていない20号でもここならご飯2杯目に行けそうですもの。あと値段が高くないのもすごく良心的だと思います。とにかく押します。
お薦め度★★★★★(とにかくおいしいです!)
ディープ度★★★★☆(初めの方だと入ろうとしてもガラガラの店内を見たら入りつらくなるかもしれません。その時は騙されたと思ってこの記事を信じて思い切って入りましょう!)

(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード