FC2ブログ

独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

花博入園人数60万人突破  エコロジー交通のおかげ 2018年11月14日←From1号:またまた斬新なミス!大型新人?現るw

初めまして!担当特派員TOP23号です。本日初めての投稿です!みなさまのお役に立てる様な、そしてたまには面白い!と感じていただける様な情報をお伝えできる様がんばりたいと思います。よろしくお願いいたします。先週93歳の男性から、昔の台湾のお話しを聞かせていただきました。自分が想像できない時代の内容だったのですが、笑顔で70年前の様子を語ってくださる姿を見ながら、感謝の気持ちでいっぱいでした。中国語や台湾語を含め5ヶ国の言語が話せるのよ、とにっこり微笑む姿を見て私もまだまだ勉強しなければならないことが沢山あるな、見習わなければと感じました。ということで、まずは台湾語の挨拶からスタートしてみよう!と思います。

From1号→日付に花博のコメントで今日は一体何の日?みたいな表記。23号今後の暴れっぷりに期待が持てそうですw

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 19~23度
台中 曇り 23~29度
高雄 曇り 23~28度
花蓮 雨 19~24度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2615NTD
1NTD→3.645JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.11.12発表)/02,03,05,13,18,36/第二区ナンバー08
大楽透(2018.11.13発表)/07,21,35,36,42,43/特別ナンバー10
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「花博入園人数60万人突破  エコロジー交通のおかげ」
今月3日に開幕した台中花博、来場者は12日正午までで62万6180人を突破しました。1日平均6万人超、また先週末は2日間連続10万人という記録を更新しました。台中交通局長の王義川氏によりますと、この数字は今回のイベントでの台鉄、無料シャトルバス、バスなどの路線等、綿密な運送計画により効果を発揮できたと発表しております。
12日正午までの統計によりますと、后里森林與馬場園エリアでは13,700名、外埔園エリアで7,800名、豊原園エリアで8,100名、合計29,600名、開幕から昨日までに59万6580名となり、今回の数字という結果になりました。それぞれの交通機関の中でも、台鉄は非常に高い運送力を発揮しております。特に后里エリア、豐原エリアは駅を出るとすぐ会場という立地がアクセスの良さの要因となっており、潭子、北屯、東南区のお客様にとっても、足を運びやすくなっていることも要因であると考えています。
無料シャトルバスは本数も多く、また高架駅として新たに設置された駅を利用することで、バス停も各地に分散されわかり易い場所に設置されています。自身の好きな停留所から乗車できること便利さ、運賃の安さも関係し、利用度も高くなっています。園内での渋滞もほとんどなく、自分自身で運転するより、環境にとってもエコな移動手段となっています。
その他、バス各会社は花博各エリア行きの路線を事前に発表したこともあり、台鉄や、シャトルバスも当初の予想通り上手く運行しており、各エリア周辺の、三豊路、后科路、甲后路、豐原大道、圓環北路などの流れもよいと考えています。
王義川氏は今後元旦、冬休み、春節に向け更に来場者を増やすため、市政府も交通状況を更に分析、調整を重ね、花博を訪れるみなさまに素敵な思い出を残していただきたいと考えています。
(情報: 新頭殼 
開幕からたった10日でこんなに大勢もの方が足を運んだ花博、どの様な会場なのか自分の目でしっかり確認してみたいですね。台中でのアクセスも非常に便利ということで、今週末にでもカメラを持って訪れてみたいなと思います。
(担当特派員:TOP23号)

From1号→そろそろ全員に花博ネタ禁止令を出した方がいいかも?何か面白いネタ、新しい情報がある場合はアップしてもいいけど内容吟味してからアップするか考えるようにと業務連絡。ただちょうどいいタイミングで恐ろしい情報が!なんと
選挙が行われる11月24日(土)は休園らしい!
そしてその日にロケに行こうとするというところがもう何か悪い気が流れているようにしか思えない恐怖。担当17号。雨ではない嵐と悪い流れのコラボでとんでもないことにならない事を祈るしかないw ってかさ、国際的イベントなのに内政の問題で休園。さすが台風休みよろしくな台湾。こんな事普通。しかーし、おかげでスケジュールがめちゃくちゃだ!怒

本日もクリックお願いします!

2018年11月13日

はじめまして、今日からブログ記事更新させていただくことになり)ました担当特派員TOP24号です。初めて記事作成のでいくつ言語をツレてしまいところがありますと思いますが、台湾のいろいろを皆さんにお伝えますように何卒よろしくお願いいたします!昨日台湾故宮北院は2020年末から3年の改修工事に伴い休館することを発表しました。所蔵文物は工事期間中嘉義ある南院へ転送して展示されます。前年開幕した嘉義南院の低訪問率を上げるように政策を決またろうと思っているが、嘉義南院へアクセス手段などまた整備できなかったものの、そういう政策を決まったことは国民たちは少し受け入れない様子も見れます。ビックリした中、訪台客においてとても惜しい話だと思います。(追記:今朝の緊急会見により、故宮北院の工事期間は休館しないようの方向へ検討)

From1号⇒新人の練習用の内容だったのですが上記の故宮ネタをコメントとして採用したセンスを買い一発目からアップ(これが記事の方がいいけど難しいからコメントにシフトしたと予測。その判断力もナイスって勝手に想像w)。当然間違えはあるのでそこは青字で指定。15号のように我れ関せずではなく、振り返り青字をなくしていく努力をして頂きたく。今後に期待。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 雨 19~21度
台中 曇り 20~28度
高雄 曇り 23~28度
花蓮 雨/曇り 20~24度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2619NTD
1NTD→3.631JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.11.12発表)/02,03,05,13,18,36/第二区ナンバー08
大楽透(2018.11.09発表)/ 04,12,14,15,22,48/特別ナンバー28
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾最大ハンドマイドマーケット展覧会開催 日本最大級の手つくり作品通販サイト「MINNE」も出展」
松山文創園区で11月15日から18日、クリエイターのための大型国際展覧会「Pop Up Asia 2018」が開催されます。イベントにはアジア中20国以上から三百社超え様々な企業とブラントが出展し、作品販売や素材などのブース、ワークショップとセミナーなども用意されています。イベント史上最大規模と言われ、四日の展覧期間で5000万台湾ドルの売り上げを見込みます。なお、日本国内最大級のハンドメイドマーケット「MINNE」が「POP UP AISA 2018」へ出展することも分りました。「Pop Up Asia 2018」で三つの展示館があります。アジア国々から集まったローカルブランドが出展され「ブランド館」で魅力的な手つくり作品を購入できます。「主題館」にて国によってステージを分けて設立しています。日本、韓国、タイ、マレーシア、インドなど様々国のハンドマイドマーケットの現状を伝えるよう、越境ECサイトや販売通路に関する企業出展します。「材料館」にてハンドマイドに関して材料や素材を販売している会社の展示をメインにして、3Dプリントや手つくりなど子供までも参加できる有料ワークショップ開催することもあります。三百社超えの出展企業の中、日本企業の数は最多と発表しました。日本最大級ハンドメイド作品通販サイト「MINNE」含め、「ARLEQUIN」、「SOGU」など企業を出展することだけではなく、地方創生を目指して地方素材しか使っていない京都、広島と北海道など手つくりブラントも参加します。東南アジアの方は、現地で話題になっている「Bentuk Bentuk」、「Oh&Ah」、「Bendang Studio」 と「The Batik Boutique」などブラントの出展は決まりました。また、アジアのハンドメイド市場全体面を分かれるよう、今勢いている人物を依頼、日本、台湾、タイとカンボジアの現地市場や企業事例について4つの講演を行います。公式の発表によると、今回参加した講演者たちはハンドメイド市場での成功者です。イベントを通して彼たちの成功経験を習いたり、ビジネスモテルをシェアされたり、創業事例を交流できますので、参加者たちはハンドメイド市場への認識と海外出展に役に立て、ハンドメイド市場をもっと盛り上げれましたらなりより幸いです。今年の「pop asia 2018」は「2018台北国際スターアプ展覧会」の一環としてコラボレーションします。台北をスターアプ企業に対して最適な企業環境になれるよう目指しています。
(情報:聯合新聞網
イベント料金は220台湾ドル必要です。コンビニで予約や現場購入でも大丈夫です。残念ながら日本語ページはありませんが、英語のガイドと会場マップが用意しています。松山文創園区は台北駅からMRT(台北メトロ)で15分だけ行けますので、興味を持つ方はぜひお足を運んでみてください。
(担当特派員:TOP24号)

From1号→なんか記事の内容と合わないな?って思って本人に確認したところ、記事の翻訳をしないとならないにもかかわらず他の記事も引用しオリジナルの記事を作ってしまったという過去にない新しいニュースの作り方を初日から披露してきた。が、新聞記者でもなんでもないんだから記事を作るなんてことはしないようにという注意はしたもののもうできちゃったから今日はそれを使って今後はあり得ないであろう、TOPオリジナルニュース?的な形でアップ。上記のニュースサイト以外に参考にしたのは下記のニュースや情報だという事なのでとりあえず翻訳としては全く違いますがご容赦を。
・イベントチケット販売サイト:https://www.accupass.com/event/1811061447271048455573
・ECサポーター:http://tsuhan-ec.jp/news/archives/106907
・上報:https://www.upmedia.mg/news_info.php?SerialNo=50873

本日もクリックお願いします!

望古瀑布

本日は観光地ではないですが地元人だけが知っている憩いの場をご紹介します。「望古瀑布」という簡単にアクセスできる滝です。台北市内からだと車で1時間弱くらい。近くに十分や平渓など有名なランタン飛ばし名所もあり、日帰りのプチ登山旅行におススメします。

場所は台鉄「望古火車站(望古駅)」の近く。「慶和橋」を渡りましたら、駅周辺に駐車できるスペースがあるのでそちらで下車して徒歩する形がお勧め。「望古火車站(望古駅)」は「平渓駅」と「十分駅」の間にありますが、台湾人でも用がないと行かないので知っている人があまりいないかもしれません。

001_201808231704183b4.jpg
下車してからここから徒歩スタート。目の前にある高い建物は慶和吊橋の遺跡です。あの遺跡を通りましたら滝への歩道が見えます。下車から歩道まで約5分くらい歩きました。

002_20180823170419d3c.jpg 003_20180823170421eae.jpg 004_20180823170422861.jpg
005_20180823170423084.jpg 006_20180823170425bcc.jpg 007_20180823170426411.jpg
下車すぐの所に廃墟みたいなレンガの建物がありました。お家だったと思います。ここでまたカッコいい写真が撮れます。(自由に出入り可能)

008_201808231704288ee.jpg
ただしこの廃墟の奥にはすぐ崖です。落ちないようにお気を付けください。

吊橋の遺跡を通りましてすぐ歩道発見。階段を上ったら一気にジャングルに入った気分になります。階段を上がってから今度は砂利道が続き、しばらく歩いてから右側に下りの階段があり、そこを下りていったら到着。歩道入口から滝までの所要時間は大体5分くらいかな?

009_2018082317043088f.jpg
この階段を下りましたら滝到着。

010_20180823170431f2e.jpg
滝の向こうに小さな池?がありました。ここ蚊とかの虫が多いので虫よけをお忘れなく。

013_20180823170436c33.jpg 011_201808231704332e1.jpg
012_20180823170434b76.jpg 015_201808231704390e4.jpg 016_20180823170440853.jpg
目の前が瀑布です。水の量は雨によりますので完全に水がないことも考えられます。ただし水が本当にきれい。そしてここにいるだけで涼しいです。夏の旅行にピッタリかも。

014_20180823170437a5f.jpg
滝の横に注意の看板が立たされています。水深が深いって。実際私たちも水の中に入りましたが滝の方には行ってませんのでどれくらい深いかは知りません。

<基本データ>
住所:新北市平溪區 「望古火車站」付近
電話:なし
アクセス:台北市内から車で約1時間弱。ナビを設定するなら「望古火車站」が良いでしょう。
開放時間:24 時間

<20号のちょっとひと言>
台湾人なのに知らなかった駅と滝が現れました!ここに来て、単純に良いなと思いました。月曜日に行きましたので、着いたら人はいないだろうと思いきや、1時間の滞在に5-6組の観光客も来ました。自由に水の中に入れますが水深が分からないのでお気をつけながら行ってください。台北市内からわざわざ来る必要はないと思いますが、十分や平渓にランタン飛ばしに行く途中、ちょっとバリエーション付けてここを寄っても良いと思います。

お薦め度★★★(都市で生活している人々のプチオアシス。立派な滝ではないですがアクセスが簡単ですのですぐには行けます。)
アクセス難易度 (そんなに登山しなくても行ける。車を降りてから徒歩15分以内なので親子旅行にふさわしいと思います。)
(担当特派員:TOP20号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

2018年11月12日

先日、コーヒー豆を挽く機械を買ってみました。お店で豆を購入するときはもちろん挽いてもらうのですが、旅先で買ったものやいただいたものが豆のままの状態で、本当は近所のスーパーで持ち込んで挽こうと考えていたのですが、行ってみると故障なのかなんなのか全然使えない。コーヒー屋さんにお願いしてもよかったのですが、先日ふらりと訪れた雑貨店で割と安い値段で自動のものが売っていたので購入してみました。ですが挽く速度が信じられないくらい遅くて、約2杯分の豆を挽くのに30分くらいかかります。信じられない…。ありえないと思って店で確認してみるとこれが正常とのこと。しかも「象印」だと思って、象印ならきっと問題ないだろうと思っていたのですが、よく見てみると「日象」といという中国のブランド。久々にやられた!と思いました。まさに安物買いの銭失い。はっきりいって手動の方が100倍くらい早いです。意地でも使おうかと思いますが、絶対そのうち使わなくなるのも目に見えてますね。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 21~26度
台中 晴れ/曇り 22~28度
高雄 晴れ/曇り 23~28度
花蓮 晴れ/曇り 21~27度
今週のお天気→12~15日までは東北風の影響で北部及び東北部は涼しくなり、それ以外の地域では曇りまたは晴れとなりそうです。16日は東北風の影響が弱まり、気温が上昇、各地曇りのち晴れの予報ですが、17日からはまた東北風の影響で涼しい気温へと変化や局地的短時間の雨が降る恐れががありそうです。各地この一週間の最低気温は20度前後です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2612NTD
1NTD→3.649JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2018.11.8発表)/04,11,16,19,25,29/第二区ナンバー01
大楽透(2018.11.9発表)/04,12,14,15,22,48/特別ナンバー28

ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「大台南バスストーリー館 開館」
台南市政府交通局では麻豆バスセンター2階空間を利用して「大台南バスストーリー館(大台南公車故事館)」を設置しました。実物を導入し、台南バスの歴史と進化を紹介、ならびに近年のバスの地下鉄化、及びバスセンター駅の開発と改革の成果を展示。多くの古いディープな展示品とその歴史はかなり見応えがあるものとなっています。
バスストーリー館内では旧式のチケット売り場、バスの乗客イス、時刻表、もぎり、降車ベル、バス停およびバス路線看板などを展示、また、全台湾で唯一旧式バスの実物もあります。これは鎮館の宝であり、壁には台南バスが日本時代からどのように異なる変遷をたどったかが展示されており、協成客運、台南客運などのバス会社の歴史も見ることができます。また、バス路線のおすすめスポットやバスターミナルの特色など、その内容は豊富で多様性があります。
交通局副局長の熊萬銀氏によると、市政府は102年よりバスの地下鉄化を推進しており、サービスの品質は目に見える形で表れました。改革前のバスの歴史を記憶に留めるため、バス会社へ特別に昔のバスの品々を提供してもらうよう依頼、ならびにバス文化協会とも協力を行い、麻豆バスセンターの2階にバスストーリー館を設立しました。空き空間の活性化以外にも、バスターミナルの特色を打ち出し、利用客へ大台南バスの変革の軌跡を理解してもらえればとしています。
麻豆バスセンターは台南の中心部と高速バスなどを繋ぐ総合バスターミナルとなっており、建築や建設の賞を受賞しています。熊萬銀氏は大台南バスは市民生活には欠かすことのできない交通ツールとなっており、市民にこれからも寄り添っていきたいと考えています。ぜひみなさんバスに乗る際や休日はストーリー館を訪れ、今と昔のバス旅行を体験してください。
(情報:台灣新生報
台南のバスは近年この「大台南公車」というシステムになってから大分路線がわかりやすくなったようです。本数は台北に比べるとやはりそこまで多くないので、待ち時間なども発生しますが、上手に利用すると便利に旅ができるようです。麻豆バスセンターも郊外の駅なのでなかなか利用する機会は少ないと思いますが、訪れた際にはぜひ2階にも立ち寄ってみましょう。
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!

(ベトナム/ハノイ) Kem Caramen Duong Hoa / ケムカラメン ズォン・ホア

ベトナムのおやつと言えばプリン。
北部ではバインフランと呼ばれていますが、南部では「ケムカラメン」と呼ばれているそうです。
ハノイには「プリン通り」なる素敵な名前のストリートがあるらしく、そんなの行かないわけにはいきません。
プリンを食べるぞ!プリン通りで!と最初から意気込んでいたのですが、ガイドさんがあの辺は車が止められないから無理とか言われ、それでも諦められるわけがない、ということでテイクアウトで味わうことに。

DSC_1253.jpg
お店の外観はこのような感じ。
左側の黄色い壁のところがイートインスペースになっていて、みなあの低い椅子に座ってプリンを食べていました。

DSC_1242.jpg
写真のデータを見ると時刻は14時頃。ちょうどおやつ時ですね。

DSC_1244.jpg
メニューは壁に貼ってあるこれで今見てもどれがどれで値段も全く分かりませんが調べたところ、一番ノーマルなただのプリンがKem caramen(ケムカラメン)7,000ドン(約35円)らしいです。

で、プリンに色々アレンジしてあるのが看板の赤い文字のところのようで、こちらも調べてみると、

TRAN HAU→タピオカ
THACH→寒天
HOA QUA→フルーツ
NEP CAM→黒もち米
COT DUA→ココナッツミルク

とのこと。
とりあえず全部注文してみました。

DSC_1246_20181107154807d97.jpg DSC_1248_201811071548104a2.jpg
製造風景。
プリンに各種トッピングを入れて、台湾のドリンクスタンドみたいに機械で蓋をしてくれます。

DSC_1257_20181107154828ee1.jpg DSC_1259_20181107154829047.jpg

トッピングは台湾のおやつとも似ていますね。
でもどれもココナッツミルクがかかっているのがさすがベトナム。
優しい味のプリンが大変こってりとしたデザートに仕上がっておりました。
個人的には寒天があっさりしてよかったかな。

でも正直なところ一番ノーマルなプリンが一番美味しいかもしれません。
かなり小ぶりなので2個くらい余裕で食べられそうだなって思いましたよ。
DSC_1251.jpg

ちなみにプリン以外も冷蔵ケースの中には焼き菓子などが売られていました。
DSC_1241_20181107154746127.jpg DSC_1239.jpg

このエクレアっぽいものを買ったのですが満腹で食べられず。
DSC_1238_20181107154744c09.jpg
冷蔵庫に入れたまま忘れてきてしまったことをいま思い出しました……。

<基本データ>
所在地:29 Hang Than, Quan Ba Dinh, Ha Noi
電話番号:0979-314-123
営業時間:8:00~23:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
とりわけものすごく美味しい!というわけではないのですが、素朴で優しい味のプリンはやっぱり食べておくべきベトナムスイーツでしょう。聞くところによるとハノイのプリンは牛乳の代わりにコンデンスミルクを使用し、カラメルにはコーヒーが使われているらしいです。プリン通りには認識できなかったけれど、ほかにも何店舗かプリン屋さんがあるようなのですが、こちらのお店がやはり評判がよいようです。味に差はあるのか。ぜひ食べ歩いてみたいところです。
(担当特派員:TOP14号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード